タグ:イソヒヨドリ ( 6 ) タグの人気記事

高浜八穴で見た鳥

e0183106_173559100.jpg

高浜八穴を回っている時に、ヒヨドリがすぐ近くの枝に出てきた。
ホヤホヤした産毛が生えていたので、巣立ち雛だろうと思ったが、後で写真をよく見たらヒヨドリでは無くて、イソヒヨドリのようだ。
うろこ状の模様がうっすらと見るので、メスかと思うが、オスのイソヒヨドリのヒナはいつ頃から青くなるのだろう?




by river_kingfisher | 2015-07-02 17:25 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

龍宮窟のイソヒヨドリ





Nikon D3, TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 (Model A05:17mm)
1/5s, f/6.3, ISO1600, jpeg, NoTrim



龍宮窟




伊豆の写真を整理していて、龍宮窟で撮った写真にイソヒヨドリが写っていることに気づいた。

赤丸で囲んだ部分に背中が写っている。

e0183106_0103594.jpg

Exifを見ると写っている写真のほうが1秒後に撮っているので、撮影中に飛んできたはずなのだが、ファインダーを覗いていて全く気づかなかった。
こんな場所で時刻は16:42なので、実際には相当暗い状況だったし、画面の端の方だから気づかなかったのだろう。

2コマを続けてモニターに表示させて見比べていたからイソヒヨドリに気づいたが、昔のようにスライドボックスの上でルーペで見比べていたら、絶対に気づかなかったろう。
だからどうした?と言われれば、それだけの話なんだが(笑)

ちなみに、この2コマではイソヒヨが写っている方が若干ブレが少ないので、そっちを残した。



by river_kingfisher | 2013-01-21 06:10 | 写真 | Trackback | Comments(0)

伊良湖:その15(イソヒヨドリ)


e0183106_13485450.jpg

Nikon V1 + FT1, AF-S Nikkor 300mm F4D
1/800s, f/4.0, ISO 100, Trim, 手持



イソヒヨドリは岩の上とか屋根の上にいることが多い。
木の枝のような揺れ動くものは嫌いなんじゃないかと想像していたけど、止まることもあるんですね。


こっちの方が見慣れている姿。





Nikon V1 + FT1, AF-S Nikkor 300mm F4D
1/2000s, f/4.0, ISO 100, Trim, 手持




by river_kingfisher | 2012-11-05 12:42 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

伊良湖





Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G
1/1600s, f/4, ISO400, Trim, Hand



イソヒヨドリ♂



伊良湖から帰ってきました。
この土日は絶対に当たり!と思っていたけど、どうやら小吉レベルだったみたい。

タカは載せるような写真がないので、代わりに灯台近くのイソヒヨドリ。
去年の台風でめちゃくちゃになった灯台周辺の石垣はきれいに直されてました。
おまけで、駐車場からのアクセスもきちんと整備されて坂を上らなくても行けるようになっていてうれしい。



by river_kingfisher | 2010-10-02 22:35 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)

CanonとNikon:その5




Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4G + TC-14E
1/640s, f/5.6, ISO400, Trim, 手持



MK3に関してはErr99だったのかどうか不明だが、通信エラーらしき動作不能や、シャッターが切れないという事が数回あった。どちらもあせっている時だったのでErrが出ていたのかも覚えていないのだけど、電池の抜き差しかレンズの再装着で再起動できた。

しかし、同様のエラーはNikonでも経験しており、D3で1回、D40では数回あったから、特にC社のエラーが多いというイメージはない。逆にF5やD1の頃にはほとんど無かったから、カメラの電子化が進むに連れてエラーが出る頻度が増えているという印象が強い。




by river_kingfisher | 2009-10-29 12:27 | カメラ | Trackback | Comments(0)

CanonとNikon:その2




Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G
1/80s, f/8, ISO800, Trim, 手持ち




もちろん僕の個人的見解だが、実際の製品の出来に関してはC社のカメラは電気製品で、N社のそれは精密機器だ。

C社の出来が悪いという意味ではない。良くも悪くも最近の電気製品のようにユーザーが欲しがる機能を満載して(実際に使おうが使うまいがかまわず)それなりの結果を出すと言うのが、いかにも日本の弱電屋が作っている気がする。

それと比べるとN社の製品は「おまえが俺に合わせろ」的な匂いがする。はっきり言って使いにくいんじゃないか?と思うような部分も、職人的とかという言い逃れでユーザーに甘んじさせている押し付けを感じる。
職人が使っている機材が、決して使い易くないのと同じで、逆にうまく使いこなせない素人を職人がバカにするためにあえて変えないんじゃないかと邪推する部分もある。

ただし、C社もEOS-1に関してはプロ向という意識からか、N的なこだわりを持って使いにくいユーザーインターフェースを世襲しているようなので、どっちもどっちな気もするが…(笑)




by river_kingfisher | 2009-10-26 23:49 | カメラ | Trackback | Comments(0)