人気ブログランキング |

<   2010年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

タゲリ





Nikon D3, Ai AF Zoom Nikkor ED 80~200mm F2.8D(170mm)
1/800s, f/2.8, ISO 2200, Trim



タゲリ




「おや、タゲリが飛んでいる」と、ぱんたさんがつぶやいた。
真っ暗になるまで飛び回っていた。




by river_kingfisher | 2010-11-20 16:36 | 写真 | Trackback | Comments(2)

仙台名物牛タンを食べる!

せっかく仙台方面に行くのだから、お昼ご飯は牛タンにしようと計画。
伊豆沼方面に一番近い牛タンの「利休」のお店を検索したら、宮城県黒川郡大郷町中村屋敷前78にあるオフト大郷店というのが東北道のインターからも、伊豆沼にも距離的に一番近そう。
なるべくお昼近くになるように東北道をスピードを調節(時速70km)しながら目的地へ進む。

e0183106_12203123.jpg


ナビの指示するほうに向かっていくと、何やら巨大な駐車場のある施設が見えてきた。看板には「オフト」の文字がある。ショッピングモールだと思っていたが、それにしては商業施設っぽさが何もない!
そもそも駐車場に車が止まっていないというのはどういうことか???
つぶれたにしては、妙にきれいだし、看板はそのままだし・・・

ということで近づいてみたら、なんと場外馬券売り場!
本日は競馬開催日ではないので施設は閉まっています。トホホ。

しかし、隣にはさらに立派な建物があり、そっちには車が一杯止まってます。
看板のマークに見覚えがあるものの、ひょっとしたらこっちにも「利休」があるんじゃないかと、とりあえず中に入ってみることにします。

e0183106_12211798.jpg


内部は巨大なスクリーンが2面。そこに向かって観客席が並んでます。

e0183106_12214876.jpg

こっちは競艇の場外船券売場でした・・・・ガックリ

泉まで戻るか、松島に寄り道するか15秒ほど悩んで、松島に向かうことに決定。

e0183106_12221817.jpg


すでに松島観光していたぱんたさん一家と合流して利休松島店で牛タンを食べました。
ちょうどお昼時だったのでちょっと待たされますが、注文は牛タンばっかりだから回転は速いです。


e0183106_12235995.jpg


知ってる人は知っている、仙台名物牛タン。
利休のランチコースは¥1,200で、お腹一杯です。
私は質・量共にこの店が一番だと思いますが、隠れた名店は他にもあるんでしょうね。




by river_kingfisher | 2010-11-20 12:15 | 料理 | Trackback | Comments(2)

月に雁






Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D
1/2500s, f/4.0, ISO6400, jpeg norm, Trim



月に雁




月曜日に有休を取って4連休にしました。
伊豆沼にマガンを見に行ってきます。

撮影時刻は16:30なのですが、かなり暗い状況です。
早いシャッタースピードを使わないとぶれてしまってしょうがない場面ですが、高感度が気軽に使えるようになって、こんな絵が簡単に撮れるようになりました。
フィルムの頃は全滅でした。いい時代です。


しかし、伊豆沼は遠いなぁ・・・・




by river_kingfisher | 2010-11-19 12:40 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)

またまた・・・


e0183106_1220476.jpg
Panasonic DMC-FX100
1/125sec, F2.8, ISO80, NoTrim



またネタ無し。

壁面一杯のカラフルなサッカーボールに度肝を抜かれて、回り道して写真を撮りに行ったけど、ガラスに空が写りこんで上半分はなんともならない。
しょうがないからPhotoshopで適当にマスクして多少見えるようにした。

ちゃんと撮るならPLフィルターを使うんでしょうけど、持ってないし。
だいいち、コンデジだし(笑)



by river_kingfisher | 2010-11-18 12:19 | その他 | Trackback | Comments(0)

今日はネタ切れ


e0183106_22575811.jpg
Nikon D5000, AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR(35mm)
1/2000, f/5.6, ISO200, jpeg norm, Trim



なので写真だけでごまかします。
ちょっと前に印旛沼へシギチを探しに行った時に、なにげに撮ったもの。
ナマズのお飾りは写実的な立体。

いったい何のためにこの街路灯に付いているんだろう??



by river_kingfisher | 2010-11-17 23:01 | その他 | Trackback | Comments(2)

式場のカメラ






Nikon D5000, AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR(24mm)
1/6s, f/5.6, ISO400, jpeg H, Trim, Hand Hold




甥っ子の結婚式にD5000を持っていった事は前に書いたけど、今回はその時の式場のカメラの話。
しかし花嫁さんのドレスのすそが長いですねえ・・・・きっとレンタル料金は高かっただろうなぁ。


まずは結婚式が行われた教会の内部。
祭壇の両側にリモコンのカメラがあります。今まさにビデオ録画中でしょう。煌々と明かりがともされてます。

e0183106_12305186.jpg

カメラはリモートコントロールで操作できるようになっています。ギアでコントロールするのはズームなんでしょうね。
ボディは何でしょうか?USBで遠隔操作できる機種なんだろうけど、よく分かりません。こちらは間違いなくデジタルだと思うのですが・・・
同じものが祭壇の左右の両脇に付いています。

こちらは後方の入り口上の2階手すりに取り付けられたユニット。

e0183106_1236835.jpg

前方の祭壇左右の物と同じ物のようです。いいアングルから撮れるからいいですね。

スチルカメラは動作しているところも、スピードライトが光ったところも確認していません。どの位のカットをお値段いくらで撮ってくれるんですかね?
興味がありますが、その後甥っ子には会っていないので不明です。


祭壇に出席者を集めての集合写真を撮るときは、やはり遠隔操作というわけにはいかないみたいで、ちゃんとカメラさんが出てきて撮影します。

e0183106_12333213.jpg

こっちはEOS 1系の頭をしているような気がしますが、やはりよく分かりません。
メガネの反射なんかにも気を使って撮影してました。ライトはクリップオン・スピードライトではなく、横に設置したシネライトで撮影していたような気がします。


そして披露宴の会場に移って、式場カメラさんの装備。

e0183106_1353929.jpg見てのとおりカメラ2台体制で撮影してました。1台はスピードライト付きで、もう一台はスピードライト無し。

前回どこかの式に出たときのカメラさんは小さな脚立を使って積極的に撮影してましたが、このカメラさんは目線の高さだけでした。

それではアップにして細かく見てましょう。
e0183106_12285215.jpg

肩からぶら下げているこの写真のサブカメラは、スピードライト無しのEOS5。

ん??、5Dでも、5DIIでもなく、5です! ふぅーむ、まだ銀塩なんだ!
レンズは35~50mmくらいの明るい単焦点ですね。スピードライト無しでナチュラルな感じで撮影するんでしょうか?


e0183106_12292428.jpg

メインのカメラはシグマっぽいズームレンズ。
ボディは良く分かりません。でも、フィルムを替えていなかった気がするので、こっちはデジタルなんじゃないでしょうか?
しかしCanonのSLRで軍艦部が尖がっているデザインはF1以外知らないのだけど、こんなデザインのEOSってありましたっけ?
軍艦部とアイカップ横の視度調節?が特徴的だから、Canonユーザーならきっと分かると思うんですが、私にはさっぱりです?
(ちなみにNikonでも自分の興味のない機種はさっぱり分からないです。)

ところで、カメラさんの礼服、袖が長すぎです。借り物かな?(笑)


■2010/11/18追記
lightningさんの指摘を確認するためにほぼ等倍ピクセルにしてみました。
結果はコメント欄に書いたように30Dのようです。
e0183106_12352786.jpg




by river_kingfisher | 2010-11-16 12:49 | カメラ | Trackback | Comments(8)

山椒






Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G + TC14E
1/1000s, f/5.6, ISO800, Trim, Hand Hold



エゾビタキ




無理に更新する必要はないと思うのだけど、アクセスログを見ると毎日それなりの人がチェックしてくれているようなので、義務感で更新をする。

と、言っても特に書くこともないし困った・・・

写真の在庫を見直したら、昨日のセッカのデータの4コマ後にエゾビタキの写真があった。2時間後なのだけど空は青空。
ちょっと離れた枝の先にとまっていたのがカメラをかまえたとたんに飛んだので、あわててレンズを振りながら撮影した。
ISOオートが効いているので、早いシャッタースピードになって、なんとか止まっているけど、ピントは甘いですね。

まわりの木はサンショウの木。実がついています。まだ赤くなっていないので熟していないですね。この後赤くなって、中から黒い種子ははぜて飛び散る。なので「ハジカミ」の別名もある。

夏にまだ青い実をむしって食べてみたことがあるけど、「山椒は小粒でもピリリと辛い」という言葉通りに、かなり辛かった。わさびや唐辛子の辛さとは違って、しびれる感じで辛い。
ちなみに四川料理の麻婆豆腐の辛味は山椒で出すのですが、本来使うのは四川山椒なので、ちょっと違うのかも知れませんね。

山椒を食べて、辛くて「ピリリリ・・・」と鳴くからサンショウクイと名前がついたらしいけど、エゾビタキも辛くてピリリと鳴くんですかね(笑)


ふぅ、なんとかまとまった(まとまってないか・・苦笑)



by river_kingfisher | 2010-11-15 12:14 | その他 | Trackback | Comments(2)

家電エコポイント





Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G + TC14E
1/1600s, f/5.6, ISO200 ,Trim



セッカ




家電エコポイントが12月からは今の半分になってしまうということで、量販店のTV売り場が混み合っているらしい。
まず品物を選ぶための接客が店員不足で待ち状態らしく、それが50人待ちとかとか・・・

実は、嫁さんの部屋のTVを先々週に地デジに入れ替えたのだけど、その時はガラガラだった。やはり、皆さん切羽詰まってこないと行動しないのですね(笑)


写真はアリスイを見つける直前にブッシュから飛び出したセッカ。
ノビタキを探していたから、てっきりノビタキだと思って撮影したけど、画像を拡大してみてセッカだと分かってびっくり!伊良湖でセッカを見たのは初めて。
残念ながら曇り空で、バックは真っ白。



by river_kingfisher | 2010-11-14 20:01 | その他 | Trackback | Comments(2)

2001年宇宙の旅





Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G + TC14E
1/1000s, f/5.6, ISO1000 ,Trim



ボーイング737




栄光のルマンに引き続き、録画してあった「2001年宇宙の旅」の最初の30分ほどを眠気と戦いながら見た。


ちゃんと録画できているか確認するついでに、猿が放り投げた骨が宇宙船に変わるシーンまで見ようと思って見始めたのだけど、なかなかその場面にならない!

こんなに前ふりが長かったっけ?と思いながら見ていたら、15分後くらいにやっと登場。もっとずっと短かったと思っていたので、自分の記憶のいい加減さにちょっとげんなりした。

やっと出て来た宇宙船にPan Amのマークが描かれていたのが懐かしい。そういえば1968年の日本公開時には、乗客の手から離れて漂うペンに「パーカー宇宙ペン」のテロップがついていたような記憶があるのだけど、どうだったですかね?

そもそもCGなどなかった時代にどうやってあの漂うペンを撮影したのか不思議です。(ググってみたら解説があったけど、現場写真を見ないとよく分からない解説でした。)

時間があるときにじっくり見てみるつもりだけど、やはりストーリーは難解でしょうね。


写真は伊良湖上空を低く飛ぶJALのボーイング737。
今回は大きめのサイズにしてみましたが、このくらいのサイズだとISO1000のノイズが見えてきますね。自宅のiMac27だと、わざわざ別ウィンドウを開くならこのくらいのサイズが欲しいですけど、一般的なモニタだとちょっと大きすぎるでしょうか?。

ところで、ボーイング737ってタイヤが見えているんですね。知らなかったよ。



by river_kingfisher | 2010-11-13 22:15 | 映画 | Trackback | Comments(2)

栄光のルマン

NHKで放送したのを録画してあったので観てみた。

1971年の封切り時に元暴走族の友人と観に行き、帰りの彼の運転が非常~~~~~に映画に感化された怖いものになったのが、とても懐かしく思い出される(笑)




Nikon D3, Ai AF-S Zoom-Nikkor ED 17-35mm F2.8D(25mm)
1/500s, f/3.5, ISO3200, jpeg, Trim



ピットやパドックでのカメラマンのカメラにどうしても目がいってしまうのだけど、思いのほかモータードライブを付けていないのが不思議。
長玉もほとんど出てこない。
まあ映画なんだから、実際の状況とは違うのかもしれないけどちょっと不思議な気がした。
でもNikon Fのフォトミックファインダーがでかでかと出てくるのが、Nikonユーザーとしては嬉しいね。

実写場面として使われたレースが1970年のルマンだというのは記憶に残っていたけど、映画の公開がいつだったのかを確認するためにWikiを見て、この映画が商業的には失敗だったというのを始めて知った。
日本ではヒットしたから、海外も同様だったのかと勝手に思い込んでいた。

40年経って見直しても十分楽しめる映画だったんだけどなぁ・・・


ちなみに実際のレースに撮影用のカメラを前後に積んで参戦した908が一瞬写るカットがあったはずなのに見つけられなかった。公開時には見つけて凄く嬉しかったんだけど。


写真は伊良湖のサチ。
いくら工夫をしても波打ち際側には来ないで、陸地側に行く。もう少し海を入れたんだけど。
曇り空の早朝のため、シャッター速度が上がらずブレた写真を量産。
こういう低いカメラアングルで撮ると、バリアングルでちゃんと動体に追従できるカメラが欲しいですね。




by river_kingfisher | 2010-11-12 12:23 | 映画 | Trackback | Comments(6)