人気ブログランキング |

<   2006年 06月 ( 40 )   > この月の画像一覧

羽田で時間つぶし

e0183106_23084256.jpg

仕事が降りかかってこないうちに会社を出ようと、定時にソッコー上がりしたので時間が降ってしまった。
そろそろGATEに行こうか…



■2018/06/30追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-06-30 19:39 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

青森に行ってきま

e0183106_23070244.jpg

会社を定時に出て、羽田に直行。
送ってあった荷物を受け取って、秋田まで飛びます。
レンタカーを借りたら、そのまま青森まで走って山の中に入ります。

明日の朝はアカショウビンのキョロロロロ・・・のトレモロで目覚める予定。



■2018/06/30追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-06-30 12:18 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

名古屋から帰ってきました

e0183106_23023441.jpg

高校時代の親友のお通夜と告別式を終えて、名古屋から帰ってきました。

やっぱり同じ年の人が病気で死ぬと、死を身近に感じますね。

疲れた。



■2018/06/30追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-06-29 23:31 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

高校時代の親友が亡くなった

うちには子供がいないから、彼の子供達を夏休みのたびに東京に呼んでやって、パートタイム両親となってあちこち連れて行ってやったりして、家族ぐるみの付き合いをしていたから、子供が泣きながら電話をしてきたというのを妻のメールで読んで思わず目頭が熱くなった。

もうそういう年なんだと分かっていても、自分の年を感じますね。
昔は友達が死ぬのは事故だけだったから、突然の災難って感じで自分に降りかかってくるものとして感じたことは無かったけど、やっぱり病死はいかんです。

自分自身も体のあちこちに不具合が出てきていたりするから、自分の同年代や自分よりも若い友達が病気で逝くと、「自分もいつか・・・」というのが「いつか、じゃなくて近いかも・・・」と考えてしまう。


友人も自分の体のことは良く知っていたから、末の娘が大学を出るまでは頑張らなくてはと言っていたけど、、、
無念でしょう。

合掌。


■2018/06/20追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-06-27 23:03 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

・・・・・

e0183106_23023441.jpg

就職してしばらくした頃、奴から会社に電話がかかってきた。

奴「5分したら折り返しかけてくれ。俺は席を外しているから。」
俺「はぁ?」
奴「で、『Aが死んだ。嫁さんが動転して何もできない状態だから、手伝いに来てくれ』とことづけてくれ。あとは俺がうまくやるから。」

奴はそれで気遣いの言葉までかけられつつ、大手を振ってその日と翌日の有給休暇を取ることが出来たのだ。
携帯電話が無かった頃の、懐かしい思い出だ。(実は俺も奴と攻守交代して、同じ手で有休を取った。)


今日、昼前に珍しく嫁さんからメールが入った。
奴が死んだという知らせだった。

本当に有休の段取りを取り終わって、この話を思い出した。



■2018/06/30追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-06-27 20:58 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

ノンタンも1才3ヶ月

e0183106_22011405.jpg

早いもので、ノンタンがやってきて1年と3ヶ月。すくすくと育ってもう5kgを超しています。すぐに6kgに達するでしょう。

前のノンタンも一番大きくなったときは6kgを超していましたけど、死ぬちょっと前には3.5kgくらいまで痩せました。

・・・・・そういえば、僕も69kgまで太って、本社に転勤になって8kgも痩せちゃったんだよねぇ〜
やっぱりもう長くないのかも。いたわって下さいませ。


写真は靴箱に入ってみたノンタン。
ちょっと君にはサイズが小さいみたいだ。


■2018/06/20追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-06-26 23:01 | ペット | Trackback | Comments(0)

Spy Kids

e0183106_18384306.jpg

今日は何もやる気にならない。
なので、なんにも考えなくていいDVDを見ます。

お気楽娯楽作品「Spy Kids」です。
まあ3まで作られている作品の1作目だから、外す事は無いだろうという安直な選択です。88分という短さも気楽。

それでは88分後に・・・




DVDを見終わって・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・予想はしていたけど・・・・
まあ、こんなもんですよね。子供向けの映画なんだから



■2018/06/30追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-06-26 20:37 | 映画 | Trackback | Comments(0)

アンコール・ワット2

e0183106_18301242.jpg
バルーンから見たアンコール・ワット


アンコール・ワットの中心の第3回廊は、想像していたものとは全く異なっていた。

第2回廊に囲まれた中心に小山のようにそびえ立つ4本の尖塔と、その中心のひときわ高い尖塔。そこにたどり着くには傾斜角約60度以上の、壁のような階段をはい登らなければならない。


e0183106_18302933.jpg
第3回廊から見下ろす


まさに這い登るというのが適切なこの階段は約13mあるが、1段の踏み込みが浅い上に段差がとてつもなく高い(40cmくらいある)ので、登りはまだ這い登れるから良いとしても、下りははっきり言って恐怖です。

現地の在住の方のブログによると、今年2月に韓国のツアーガイドが途中から落下して、意識不明になりバンコクに緊急搬送されたそうです。あまりオープンになっていないようで、現地でこの話を聞いたら登るのを止める人が続出したかも。

周囲の4箇所の尖塔にそれぞれ2つの階段が付いているのでTL8箇所の階段があり、三々五々這い登ってきた観光客は、いざ下る段になって足がすくみます。
1箇所だけ手すりと段差を増やして有る場所が有るので、下り待ちの人々が長蛇の列を成してます。

一箇所しかない手すりのある場所。皆さん慎重に降りているので、順番待ちで長蛇の列になってます。手すりのない場所はとても降りることができません。

e0183106_18304128.jpg


■2018/06/30追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-06-25 18:37 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

カンボジアのツバメ

e0183106_21575756.jpg

5/15の日記に書いた、アンコール遺跡近くのトレンサップ湖で見たツバメ類。

日本のツバメと似ているのだけど、お腹がバフ色なところが異なる。リュウキュウツバメと似ているのだが、下尾胴がお腹と同じ色なのでリュウキュウツバメとも異なる。

日本のツバメ(Barn Swallow・Hirundo rustica)の亜種のHirundo rustica tytleriではないかと思うが、よく分からない。

e0183106_21582167.jpg

ツバメは飛ぶのが早いから、写すのが大変。観光の途中でちょこっとついでに・・・というには荷が重い。

いや、私が下手なだけなんですけどね。


■2018/06/20追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-06-24 23:59 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

アンコール・ワット

12世紀前半に建てられたヒンドゥー教寺院。
ジャングルの中に忘れ去られていたが、1860年フランス人の学者アンリ・ムーオによって発見され、主にフランスが主体となって保存修復されてきたが、70年代の内乱で中座し近年は日本も保存に協力している。

第2回廊前を歩く少年僧侶

e0183106_18250881.jpg

内部の回廊

e0183106_18252312.jpg

ただ1体だけだという口をあけて微笑む女神

e0183106_18255860.jpg


■2018/06/30追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-06-24 22:15 | 旅行 | Trackback | Comments(0)