人気ブログランキング |

<   2006年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

ボディがチタンとは知らなかったぞ。

e0183106_21331457.jpg

ソニーのPCM-D1が欲しくなった。
デンスケなんて、もう絶滅していると思っていたけど、DATからICに切り替わって生き延びていたんですね・・・

でも、値段が問題だ。欲しいからといって手軽に買える値段じゃあないし。


しかも、使い道ないし(笑)


■2018/06/20追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-05-31 23:33 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

そう言えば思いだした

e0183106_21312391.jpg

ハノイの公園で早朝鳥見をしたとき、正体不明の鳥がいた。

何しろ高い梢にいてなかなか姿を見せてくれないうえに、雨降りときているからシルエットしか分からない。とりあえず写真を色々加工して何とか雰囲気は分かるようにしたけど、これじゃ全然分かりませんね。

サイズはムクドリくらいだと思うけど、もう少し小さかったかも知れない。色はこの写真だと赤褐色っぽいけど、実際に見たときはシルエットだけで全然分からなかったッス。

クチバシ太いねえ‥‥‥


■2018/06/20追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-05-30 23:31 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

存在の耐えられない軽さ

e0183106_16464013.jpg

本日はフィリップ・カウフマン監督の「存在の耐えられない軽さ」。

公開はだいぶ前だよな・・・と思ったら、なんと1988年!
おいおい、そんなに前のことだったのかい。18年も前だよ。この日記を見ている大半の人はまだ自我を持っていないくらい前の話ですね。

歳をとる訳だよ、まったく(´o`)

しかし、長い・・・173分後にお会いしましょう。


写真の花は戸隠でひっそりと咲いていた野花。花は素人なので名前は分かりません。




ひゃぁ、まいった‥‥‥

DVDプレーヤーがおかしいのか、それとも神様が天罰を与えたのか、とにかく音声は英語のみ(これはまぁ許せる)、そして字幕も英語のみ・・・

苦悩の3時間弱を過ごしていました。

とりあえず聞き取りはほとんど「What can't I hell to do.」(どないしたらいいかわからへん)状態だったけど、字幕があったおかげで70%くらいは意味が分かりましたです。

でも、難しい単語は飛ばしているので肝心な部分で誤解しているかも・・・
日本語字幕と違って、いい加減に見ていると読みとれないから、真剣に見なくちゃいけなくて、めちゃくちゃ神経を使って疲れてしまった。


ストーリーはラブストーリーなんだけど、1968年のチェコスロヴァキアで起こった「プラハの春」事件のニュースフィルムに巧みに合成されていて、臨場感のある映画だった。

プラハの春なんて、今これを読んでいる人はほとんど知らないでしょうね。ああ、やっぱり俺は年を取ったよ。



■2018/06/30追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-05-30 20:55 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ノンタンの写真にコメントを頂いた皆様

e0183106_16432431.jpg

個々にコメントを返すと同じような内容になってしまうので、まとめさせていただきます。ごめんなさい。

うちには21年前に近所のネコおばさんから託された初代の「ノンタン」がいました。この子は19歳と半年生きました。お風呂が好きで、バケツの湯船に一人で浸かってました。

ノンタンがうちに来た1年後に、ビーグル犬♀(食欲大魔王)の「サチ」がうちに来ました。2匹は仲良くけんかする事もなく、同じ毛布で寝ていたりしてましたけど、一緒に遊ぶということはあまり無かったです。

ノンタンがひざの上にいることが多かったので、サチはそれがうらやましくてひざに乗りたがるのですが、重くて足がしびれるのであまり長時間乗せてあげられないのがサチは不満。そんなサチも、2002年4月に15才で逝っちゃいました。

ペットロスの寂しさをもう味わいたくないと思ってましたけど、嫁さんが昨年散歩に行って今のノンタンを拾ってきちゃいました。彼女いわく「うちに来るためにあそこにいたんだ」そうです(笑)。

写真はお風呂で温まる、前のノンタン



■2018/06/30追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-05-30 20:53 | ペット | Trackback | Comments(0)

下妻物語

e0183106_16385687.jpg

映画評に「下妻物語」を撮った中島哲也監督が…というフレーズを時々見るので、見てみる事にしました。

それでは102分後に再び・・・



20分07秒の所で読み込みエラーでDVDプレーヤーがハングアップ。何度やり直してもそこで止まるので、しぶしぶチャプターサーチの次から8分ほどバックして20分20秒からスタートするという荒技で何とか見終わりました。

ストーリーはまあ任せるとして、たしかにカメラワークは面白いですね。昔懐かしのニューシネマの時代を思い出しました。
具体的に言うと「イージーライダー」あたりですか。

伝説の刺繍師を探して代官山を歩き回るシーンの、わざと感度を落とした荒いタッチの映像に字幕スーパー。「イージーライダー」にそんなカットが有ったのかどうか覚えちゃいませんが、なぜか思い出しました。

あ、そうそう、深田恭子は可愛かったッス(^_^)
街でリアルに見かけるロリータ服の女の子は、なぜかイマイチが多いけど、彼女のような娘なら許せます。



■2018/06/30追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-05-30 00:27 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ネコドア

e0183106_16371104.jpg

ネコハウスが好評だったので、ついでにネコドアも掲載。

自宅を建て直すときに、台所と一部の部屋以外のドアにネコドアを付けた。といってもドアじゃなくて穴を空けただけですけど。

空調の事もあって、常に空気が循環するようにしているので、あえてドアを付けなかったからノンタンは好きなように家中を歩き回っている。

サチが生きていた頃に、嫁さんが出かけた隙をついてサチがこのドアをくぐってノンタンの餌置き場まで到達して、ノンタンの餌を盗み食いしていた事が発覚。
餌置き場の手前だけサイズを小さくしてサチはくぐれなくした事があったのが今となっては懐かしい。



■2018/06/30追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-05-28 23:59 | ペット | Trackback | Comments(0)

ネコハウス

e0183106_16235075.jpg

宅配便で送られてきた荷物を出した後の空箱に早速ノンタンが入っているのを見て、マイミクさん(じゃないけど、良く見に行くネコ好き仲間)のページに段ボールネコハウスの日記があったのを思い出し、うちも作ってみました。

作ったといっても、中にニードルパンチのカーペットを敷いて、入り口の穴を開けただけなんだけど、床に置いたとたんにサクッと中に入りました。
今もお気に入りのぬいぐるみをくわえて中に運び込んで遊んでいるようです。

よっしーさんサンクス!



■2018/06/30追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-05-28 18:52 | ペット | Trackback | Comments(0)

道路標識(というか、ペイントだけど)に「超」という文字が始めて使われたと新聞で読んだ。

わざわざそれを見るために、桧原村まで行ってきました。

e0183106_21293407.jpg

と、いうのはウソで、天候の悪さから戸隠行きをあきらめたので、嫁さんのご機嫌取りに温泉に行くことを企画し、手近な五日市の数馬温泉に行くことにしたのだ。

五日市を過ぎて、払沢の滝への分岐点を過ぎてしばらく行った辺りに、突如このペイントが現れます。もっと急なカーブと思っていたのでちょっと拍子抜け。

数馬方面へは1箇所、逆方向へは2箇所の計3箇所にペイントされてます。もちろん、車を止めてわざわざ写真を撮影していたのは私だけです(当たり前・笑)


■2018/06/20追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-05-27 23:30 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

靴下を履いたネコ

e0183106_16220231.jpg

出かけるので靴下を履こうと思ったら、ノンタンが横にいたので履かせてみました。

そんだけです。



■2018/06/30追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-05-27 23:13 | ペット | Trackback | Comments(0)

ハノイの市バス

ハノイ市民の足はオートバイがメインだが、市バスも走っている。

赤とオレンジの派手なカラーリングだが、洗練されていないのでちょっと野暮っちい。でも、エアコン装備でそれなりに本数も走っているようだった。

e0183106_16193114.jpg

バス停はクール。でも、やっぱり垢抜けていないところが共産主義の国。

e0183106_16193889.jpg



■2018/06/30追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-05-27 11:09 | 旅行 | Trackback | Comments(0)