<   2006年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

うなぎ

e0183106_23005377.jpg

本日は「うなぎ
役所宏司は好きな役者です。
それでは117分後に。





う~~ん、なんと言えばいいんだろう。
服部桂子役の清水美砂はいい女だな。ちょっと惚れるかも。
自殺しようとした桂子を見つけるちょっと前に、川の中でうなぎの餌のエビを取っている場面があります。その時聞こえてくる鳥の声!!!
なんとアカショウビンの声です。千葉県佐倉市にアカショウビンがホントにいるのか。それとも今村昌平監督のこだわりのアフレコなのか・・・謎は深まる。



■2018/06/29追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-03-30 20:36 | 映画 | Trackback | Comments(0)

春が来た

2〜3日前から巣箱を偵察に来ていたシジュウカラ夫妻が入居を決めたようだ。

e0183106_23404272.jpg
Nikon D2H, AiAF80-200F2.8(135mm), 1/2000s f/3.5, ISO200


今朝から♂が盛んに巣材を運び込んでいる。♀は近くの電線にとまって励ますのかはっぱをかけているのか、盛んに囀るだけ。♂はシンドイです。


■2018/06/17追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-03-29 23:41 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

SHINOBI

e0183106_22555682.jpg

さて、今日のDVDは「SHINOBI」です。
今から見ます。





・・・そして101分後

失敗しました。見なかったことにしたいです、トホホ。
あずみ」にしておけば良かった・・・って、似たような物か。

「朧」役の仲間由紀恵は美しかったです。
「お幻」役のりりィって、あのりりィですか?知らない間に女優になっていたんですね。
りりィと言ったら「私は泣いています」ですよね?
え、知らない?
そうだよねぇ・・・中島みゆきは歌手で頑張っているけど、りりィは「お幻」だものねぇ。
俺も年を取るはずだ。



■2018/06/29追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-03-29 21:18 | 映画 | Trackback | Comments(0)

16:筆記試験

e0183106_18332825.jpg

筆記試験に関してはどこの会社でもデザイナー以外と同じ、言語・非言語・総合・適正の4セットで行うと思います。
私の務めている会社でもこの4点セットを行います。

筆記試験に関しては、世の中の就職活動情報にいろいろとサンプルがあると思いますので、その辺をご自分で調べてください。筆記試験は人事部が行いますので、私は詳細は知らないので就職活動をしているあなたの方が良く知っていると思います。

一般的な応募の学生さんの平均に比べてデザイン系の学生の得点平均は低いです。人事もこれは納得しているので、一般の足切りラインよりもデザインは1ポイント低めでもそれを原因で切られることはありません。

逆にどうしてもデザインとして取りたい人物とデザインセクションが押せば、1項目くらいは2ポイント低くても可能性はあります。ただし、4項目が全て低い場合はデザインの後押しも効かない場合があるのでご注意ください。

適性検査は他の筆記ほど重視はしませんが、あまり低いポイントだとNGが出ます。
私の務めている会社では「ストレス耐性」を測定するという「G9コーピング適性検査」というのを受けていただきます。これは思いのほか正確に出てくるようです。

他の筆記でのボーダーラインは中間よりも上に設定してあり、デザインはそれよりも1ポイント低いのですが、適正は中間よりも下がボーダーになっており、これはデザイナーも他の職種と同じになっています。
ストレス耐性は職種に関係ないという扱いでしょうか。

いずれにしろ、デザイナー採用は感性を重視しているので、学科(一般常識含む・笑)は他の職種に比べて有る程度は大目に見てくれるが、適正は一緒だと思ってください。

対策は・・・他のサイトで探してください。私は採点を行っているわけじゃないので分かりません。


アカショウビン Ruddy Kingfisher (Halcyon coromanda)
Nikon D2X, Ai AF-S 600mmF4D, 1/500sec, f4, ISO800, 2005/7/30鳥取県
「火の鳥」としてバードウォッチャーに人気の高いこの鳥を見るために、鳥取まで遠征するのは3回目。昔は高尾にもいたというのに・・・


■続きは17:面接試験(正式版)、Indexはこちら



by river_kingfisher | 2006-03-28 12:56 | デザイナー支援 | Trackback | Comments(0)

レンジャク

じゅんさんから情報を貰って、レンジャクを見てきました。

予報は晴れだったのに、ずっと曇り空で空抜けの写真はバックが真っ白で色が出ない(涙
低いところになかなかとまってくれないので、適当にあきらめて下諏訪温泉の片倉館千人風呂に入って帰ってきました。

e0183106_23390086.jpg
Nikon D2H, AF-S500mmF4II, 1/1000s, F6.3, ISO200


もうちょっと下がりたかったけど、後ろは国道で下がれない。
このアングル以外は枝がかぶって撮れない。
一応、キレンジャクと分かるから、まあいいか・・・

e0183106_23432089.jpg
Nikon D2X, AF-S600F4, 1/640s f/4, ISO100



■2018/06/17追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-03-26 23:39 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

笑の大学

やっとレンタルが在庫していたので、「笑の大学」を借りてきて観る事が出来た。
予告編で見たときからなかなか面白そうな映画だと思っていたけど、期待を裏切らない面白さ。

笑わせて、はらはらさせて、最後にほろっとさせる映画の王道の作り。エンドロールにだけ出てくるヒットラーの握り寿司が笑わせる。面白かった。

一緒に借りてきた「奥様は魔女」を今晩見る予定。ニコール・キッドマンも好きなのだ(^_^)


■2018/06/17追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-03-24 23:37 | 映画 | Trackback | Comments(0)

メイド喫茶

e0183106_22384905.jpg

嫁さんの名古屋の友達が遊びに来て、TVで見た秋葉原のメイド喫茶に行ってみたいという。実は私もメイド喫茶には若干興味が有ったので(笑)、さっそく3人で秋葉原メイド喫茶ツアーを行った。
ネットで検索しメイド喫茶探訪のサイトを探して友人に見せて適当にセレクト。お店の説明と地図をプリントアウトして日曜お昼前に出発した。

最初に行ったのが、会社の若いデザイナー(若干おたくが入っている)も薦めてくれたCafe Mai:lish(メイリッシュ)。ビルの2階にあるのだが、なんと階段の1階まで行列が並んでいる。これは手ごわい。

特にこの店でなければいけない理由も無いので、ウェブでお薦めの2軒目のCos-Cha - Cafe & Kitchenに目的地変更。ここもビルの2階で、特に目立った看板を上げているわけではない。地図が無ければ通り過ぎてしまうようなあんどん型の看板と、チョークで書いたメニューがあるだけ。
階段を上がると店の入り口でおたくっぽい青年二人がなにやらもじもじしている。また行列かと「待っているんですか?」と声を掛けると「いえ違います」と逃げるようにいなくなってしまった。何か悪いことをしたような・・・

ドアを開けて「お帰りなさいませ、ご主人様・お嬢さま」と迎え入れられた店内はお昼前なのに6分の入り。入り口近くのメイドさん達がたむろっている辺りの客席は、何故か高校生が使うパイプ机と椅子で、全員同じ向き(つまりこちら向き)に座っている。

入店した客とメイドを見つめるお客(しかもおたくっぽい)が顔を合わせる形で、非常に気まずい。しかし、店内は広くて奥のほうは普通のテーブル席になっているのでそちらに案内してもらって、嫁さんたちはピラフとジュースのセット、私はカレーとコーヒーのセットをお願いする。

ちなみに店内は撮影禁止なので写真は無し。かなり残念。このお店はミニの黒メイド服で、小物類はそれぞれ自分で用意しているのかちょっとづつ違っていた。嫁さんと友人はあちこちにリボンの付いた娘の衣装が気に入っていた。私は頭にレースの飾りが付いた娘が良かったけど、それは衣装よりも顔のせいかも・・・。

しばらくすると、おたく席のほうで何やらメイドさんとご主人様が話し合ってから、部屋の中心のテーブルにホットケーキをセットしてから、メイドさんが「ただいまよりコスチャ名物の早食い競争を始めます」と高らかに宣言。

どうやらメイドさんとおたく、いやご主人様がホットケーキを早食い競争して、ご主人様が勝つとメイドさんと一緒に写真が撮れるらしい。メイドさんが勝つとご主人様をビンタ!

ちなみにご主人様席のホットケーキは分厚いの大きなのが3枚、メイド席は良く見えなかったがかな~り小さな物だった。結果はメイドさん圧勝!
ご主人様はものすごくうれしそうにビンタを喰らってました。本気のバシッ!っという音が聞こえたから、かなり痛いんだろうけど脳内で痛みは快感に変換されていた模様(笑)

嫁さんも友達もわざわざ来た甲斐があったと大喜び。
ちなみにお客さんは半分くらいがおたくっぽい男の子で、残りは見物に来たっぽい普通の人。カップルも何組かいた。 我々が帰るちょっと前に入ってきた外人のカップルは、おたく席に並んで座って興味深げにじろじろ見てました。この外人さんの相手をいていたメイドさんの英語の発音はなかなか良かったです。英会話を勉強している風でした。

e0183106_22385222.jpg

この後、せっかくおたくの街秋葉原に来たのだからと、以前は半分はPCのジャンク屋だったけど今はおたく系の店だけになってしまっているビルに案内。
ここでおたく系のフィギアを記念に購入。私は当然メイドさんの小さいフィギアを買いました(笑)

最後に次の東京探索のために六本木に移動するついでに、地下鉄駅の近くのピンクのミニメイド服という「ぴなふぉあ」に寄ってみたけど、このお店も店外にずらっと行列。入るのはあきらめましたけど、恐るべしおたく文化って感じで楽しかったです。
この後も東京探索は続くんだけど、一回に書くのはしんどいのでまた後ほど・・・

最初の写真はイベントのチラシを配っていたキャンペーンガール。メイド喫茶のチラシじゃなかったです。
フィギアはおたっきーなお店で記念に買ったメイドさんのフィギア¥480円。下に敷いてあるコースターはコスチャのものです(笑)



■2018/06/29追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-03-19 23:05 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

A3ノビプリント

e0183106_22292451.jpg

神戸の友人がコウナゴ(イカナゴ?キビナゴ?地方によって呼び名が違うらしい)の釘煮(佃煮)を送ってくれたので、お礼に写真をプリントした。 家を新築したときに玄関に飾るから鳥の写真が欲しいと言われて、額に入れてプレゼントしたら毎年お礼に釘煮が届くようになって、こちらもお返しの入れ替え用写真をプリントして送っている。

今回は都合でWindowsからプリントしたのだが、色が合わないこと・・・。一部を抜き出して試しプリントで色を合わせてから本番のA3ノビでプリントするんだけど、なんでこんなに色が違っちゃうのかと言うほどカラーバランスが変わってしまう。

ドライバー側の問題なのか、プリンタ内部の問題なのか、全く理解に苦しむ。

結局何枚もA3ノビを無駄にして、やっと不十分ながら納得のいくプリントを出力。紙代とインク代を考えると・・・考えないようにしよう。 そろそろプリンターが寿命でガタが出始めていて、良く見るとヘッドのうねりが見えちゃうからちょっと気が引ける。

年賀状のときにプリンタを買い替えようかと思案したんだけど、とりあえずそれなりに印刷は出来ちゃうから、なかなか買い替えしにくいんだよね。単なる貧乏性なだけという意見もあるけど(笑)

しかし、この失敗プリントを捨てるのが、これまた気が引けるんだよな~。


■2018/06/29追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-03-18 23:03 | PC | Trackback | Comments(0)

爪がはがれてきた

お正月に寝ぼけて玄関ドアに指を挟んだ話を1/2に書いたのだけど、真っ黒になっていた爪がだんだん伸びてきて、いよいよ新しい爪に押し出されてはがれかけてきた。

e0183106_23334666.jpg

爪が伸びるスピードが血豆の部分と比較的軽症だった部分では違うみたいで、ひどいほうが早く入れ替えたいみたいで伸びるスピードが速い。

結果的にどんどん押し上げられるような形になって、とうとう今日はじっこ(写真では上側)のつながっていた部分が決壊してはがれ始めた。

e0183106_23330936.jpg

赤く塗った部分はまだつながっているので、上のはがれかけた部分に何かを引っ掛けると、生爪をはいでしまう事になる。これはかなり痛そうだ。


■2018/06/17追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-03-17 23:34 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

鉛筆削り

e0183106_22250800.jpg

毎朝仕事を始める前に、製図板の前に座って鉛筆を削る。削り方はナイフ研ぎ。
芯を削らずに7ミリほど出して、それを薄く削る。こうすると定規で線を引いたときにすぐに丸まって線幅が太くなったりしない。

寸法線用に4Hを3本、実線用にHを7本。気持ちを集中して削る。削り終わった鉛筆は左側の皿に並べる。そしてタバコに火を付けて、今日の図面を考える。製図板にトレシングペーパーをドラフティングテープで貼ったら、左の皿から4Hを1本。

まずは一点鎖線の中心線を引く。長すぎず短すぎず、間隔も均等に美しく、中心で交わる部分は必ず短い線の中心で。
左の皿の鉛筆が丸まって右の皿に全部移った頃に、仕事は終わり。タバコに火を付けて、図面をじっと見る。まだまだ甘いな、無駄な線が多い・・・



なんて事をしていた時代ははるか昔の話。鉛筆はロットリングに代わり、そしてあっという間にマウスに変わった。今じゃスペースボールで3Dをぐりぐり回す時代だ。おやぢは手を出せないぢゃないかっ!



■2018/06/29追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-03-16 21:18 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)