<   2005年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

やっとこさスターウォーズ

e0183106_17474844.jpg

やっとこさ「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」を見てきた。

明日からめちゃくちゃ忙しくなることが目に見えているので、ちょっとだけ気が緩められたすきに、映画を見に行くことにした。
10/1から上映内容が変わるようなので、その前に見ておかねばと思ったのだけど、どうも10/1以降もやっているみたいですね〜。ま、いいけど・・

映画はけっこう長いので疲れてしまった。延々とライトセイバーでのチャンバラをやっているのだけど、あれって子供の頃からチャンバラを見慣れた日本人にはまだるっこいんじゃないかね?
アメリカ人はレジェンドが好きだからああいうのが受けるんだろうなあ。

今までの謎が解き放たれるから、見ておいて良かったとは思うけど、見終わってから「俺ってひょっとして第5作を見てないんじゃないか?」と思ってしまった。う〜〜ん、やっぱり見て無い気がするなあ・・・

写真は嫁さんが携帯で撮影して送ってくれたノンタン(^_^)


■2018/06/14追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2005-09-27 23:48 | 映画 | Trackback | Comments(0)

行きたかったなあ〜〜

9時頃にbada氏から「なんで来てないの?今日は今シーズン最高の出だよ!」と電話が入る。広場上空の低いところをうじゃうじゃ旋回しているそうな。ハァ(´o`)

どうも白樺は外すなあ・・・

e0183106_17455742.jpg

僕は父親の形見の椅子の修理。メーカーに頼もうとデジカメ写真を送って見積もってもらったら、すでに廃番になった型だそうで新たに部品を作るので¥33,600かかるとのこと。しかもそれに輸送料金がかかるし。

なので、自分で修理することにした。分解が難しいと思っていたら、思いの外に簡単であっさり直りそうな予感(^_^)V


■2018/06/14追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2005-09-23 23:46 | 日曜大工 | Trackback | Comments(0)

頭文字D

つい「頭文字D」を見てしまった。

CG無しの峠のバトルはなかなか見応え有った。B級映画とは言え大画面で見ていると、けっこう楽しめる。
香港映画だと言うことを忘れさえしなければ、まあ許せるんではないのかな?

俳優達の演技は違和感ばりばりですけど(笑)
なんで香港映画って、あんなにオーバーアクションなんだろうねえ?


■2018/06/14追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2005-09-21 23:44 | 映画 | Trackback | Comments(0)

白樺峠2日目

月曜は比較的雲が多く、風も涼しかったので低いところを飛ぶことが期待され、実際に低かったのだけどいかんせん前半のピークは日曜で終わり。
今日は午前中に20羽ほどしか飛ばなかったので、さっさとあきらめて渋滞が始まる前に中央高速の笹子トンネルあたりを通過しようと、お昼に向こうを出発した。
でも、世の中そんなに甘くなくて笹子トンネル3km、談合坂から20kmの渋滞に巻き込まれて、行きは2時間半だったのに帰りは5時間半以上かかってしまった。6時近くに家に帰り着いた頃にはもうグッタリ疲れきってしまった。

写真は18日朝のミサゴ。ローパスにゴミが一杯付いているわ・・・

e0183106_17375779.jpg
Nikon D2X, AF-S500mmF4II+TC-17EII, s1/400 F6.7 ISO250, Crop


白樺峠のサイトによると月曜は89羽しか飛ばなかったみたいで、見切りを付けて切り上げたのは正解だったみたいだが、渋滞を考えると夕方まで粘って向こうで仮眠して夜中に戻ってくるという、当初の予定通りにした方が良かったようだ。

本日のハイライトは、皇室のさるお方が松本市長と一緒に見に来たこと。売店横の貴賓席(つ〜か、単にロープで囲って場所取りしただけだけど)で観察されてましたけど、私がなにげに近づいたらSPと思われる黒づくめの男に眼光鋭く睨まれました。ちょと怖かった、ブルブル。


今週のデータを見た上で週末の出撃を検討しますが、私の予想では来週の土曜日辺りが2回目のピークになるんじゃないかと思います。なので、結局また行くことになると思います(笑)

白樺峠のデータは<Url:www10.plala.or.jp/ayac/shirakaba/,こちら


■2018/06/14追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2005-09-19 23:39 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

白樺峠

金曜の1,856、土曜の927を見て来週まで待てないと、急遽土曜夜に出発を決意して行って参りました。

20:50に決意してMLに出撃メールを投稿して、すぐに荷造りをして出発したのが24:15。買い置きのカップラーメンが3個しか無いので途中のコンビニで買わなくては・・・
順調に車を走らせ、白樺峠に到着したのは02:45。はっ!持ってくるのを忘れた歯ブラシと、缶チューハイ・ウィスキー・おつまみはコンビニで買ったけど、カップ麺を買うのを忘れた・・・まずい!
ここはウィスキーとおつまみを食べて、空腹をごまかして寝てしまうことに決定。寝る前に歯を磨こうと、車の外に出たら月があまりにもきれいで、思わずカメラを出して撮影。でも、面倒だから車の屋根にレンズを乗っけて撮影してます。

e0183106_21300220.jpg
Nikon D2X, AF-S500mmF4II+TC-17EII, s1/500 F6.7 ISO100


日曜はとてつもなく良い天気で、上昇気流が立ちまくったせいかタカがはるか遠くで高いところに上がってしまい、通過するときは豆粒。朝と夕方の気温の低いときに高度が低かった以外は写真にはならなかった。

1,722羽と、数が多かった割りには見た気にならない1日だった。ハイライトは台形の上での50羽以上のタカ柱と、1羽だけだったけど威風堂々としたイヌワシ。
通ったタカも多かったけど、それを見に来た人の数もものすごく、僕が見た中では今までで一番の人出だった。主催者発表250人だそうです。

おまけとしては、暑い日差しを避けてカップヌードルを食べに日陰に行ったら、横のおばちゃま達に話しかけられて、タカの説明などしたらお礼におにぎりをどっさり貰えちゃい、食糧難から解放されたのが嬉しかった(^_^)V


■2018/06/14追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2005-09-18 23:31 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

ヤモリ

e0183106_18121968.jpg

家に入ろうと思って鍵を出したら、ヤモリ君がかまちにぺったり貼り付いていた。日本でヤモリを見るのは何十年ぶりだ。
東南アジアのリゾート地では、どこに行ってもトッケは必ず天井をはい回っているし、鳴き声もしょっちゅう聞ける。でも、日本のヤモリはホントに少なくなっちゃったよね。

この後家の中に入り込んだので、しばらくペットとして飼おうかと思ったのだけど、ノンタンが見つけて猛烈に興奮していたので、やむなく屋外退去にした。
嫁さんもヤモリは好きだから飼いたいと言っていたんだけど、ノンタンとは同居できないよね。残念だ。


■2018/06/14追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2005-09-15 23:12 | 動物 | Trackback | Comments(0)

忙しい

またまた横田の在庫から

e0183106_18034503.jpg

このところちょっといろいろと有って、サイトのメンテナンスどころではない状況になっていた。でも、そろそろ時間が取れそうな予感がするので、放ったらかしになっている探鳥記の宮古島の続きを書こうかと思っている。

ん〜〜〜、うっかりすると半年経っちゃうのね。

あ、国民への餌も何か考えないといけないんだった。

ところで、この飛行機はなんていう名前なの?6日のも分からん・・・オライオンかな?


■2018/06/14追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。

「E-3 セントリー」ですね。オライオンは9/6の奴です。恥ずかしい・・



by river_kingfisher | 2005-09-09 23:03 | 鉄鳥 | Trackback | Comments(0)

台風

大型の台風が来ている

e0183106_17593776.jpg

カトリーヌでしたっけ?アメリカの奴はものすごかったですね。やっぱり自然の驚異というのは半端じゃない。
橋がぼろぼろに落っこちている映像を見たときはびっくりしたよ。あんな重たいものがいともあっさりと、しかもほとんどの場所で落っこちちゃうというのは、設計している人間の想像をはるかに超えた波が来たんでしょう。

あんなのが来ても、海鳥は案外平気なのがびっくりだよ。前回の14号の時のどこかの海岸の映像を見ていたら、白波の波頭の上をオオミズナギドリがうようよ飛んでいて、「ああ、彼らにはこのくらいの波風は、ご馳走が浮き上がるくらいのものなんだ」と感動した。

写真は、こないだの横田基地
鳥を撮ってないからデスクトップに転がっていたこれでごまかす(笑)
縮小だけでノートリミング。腕が悪いのがばれますね。
ISO感度はどのくらいだったのか・・・かなりノイズが浮いてますねえ。やっぱC社に鞍替えかなぁ。リチウムイオンだったら・・・


■2018/06/14追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。

写真は自衛隊のロッキード P-3C オライオン対潜哨戒機ですね。



by river_kingfisher | 2005-09-06 23:00 | 鉄鳥 | Trackback | Comments(0)

鳥の持ち方

僕も昔鳥を飼っていたことがある。

中学生の頃にレース鳩。そして大人になってジュウシマツとセキセイインコである。どの鳥を飼っていたときも、バンディングの方々がやるような持ち方をしたことはない。
基本的に向こうから止まってくれるように手を出すだけで、止まってくれないときにだけしょうがなく強権を発効して捕まえる。

e0183106_17555418.jpg

その時は写真のように逃げようとしても身体でカバーできるように、頭を僕のお腹に向けて中指と薬指で足をはさみ、親指で身体を包み込むようにして持つ。
これだとあばれて羽を広げる心配もないし、足に強い力がかかることも無い。足に輪をつけるときもこれでOKだ。

ただ、写真を撮るには羽が見えないからあまり美しくは無いですね。
バンディングは識別能力を養うために、羽をよく見ることも重要なポイントらしいから、足に負担がかかっても羽が見える持ち方をするんでしょうね。

自分が飼っている鳥では、怖くてとてもこんな持ち方は出来ません。


■2018/06/14追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2005-09-02 23:57 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)