<   2004年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

玄関ドア

外壁の塗り替えに合わせて、玄関ドアが赤くなった

e0183106_14335585.jpg

この地に中古の家を購入して住んだ時に、なけなしのお金をつぎ込んで劇的ビフォアーアフターを試みたのだが、何しろお金がなかったので、玄関ドアは自分で塗り替えた。(他にもあちこち自分で塗ったり作ったりした)

その時は青緑色のシックな色に塗ってみた。
しかし、すぐに飽きてしまったので、3年後に赤に塗り替えた。

そして10年前に立て直した時は、新品の玄関ドアに色を塗るのは忍びなく、一般的な茶色の木目のままにしてあったのだが、その無個性さに嫌気がさし、5年ほどで黄色に塗り替えた。

しっかりと下地処理をしてあったし、3回塗りをしたので5年経過した時点では塗装はそれほど痛んでなかったのだが、塗装屋のオヤジが塗り替えを主張したので素直に塗り替える事にした。

当初は自分で塗る事を考えていたので、そのまま上に塗り重ねても破綻が出ないオレンジを考えていたのだけど、塗装屋は「全て剥がしますから関係有りません」と言うので、素直に一番気に入っている赤に決定。

道行く人から奇特な目で見られながら、僕の家は自己主張している。


■2018/06/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-07-31 23:34 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

眼鏡のレンズが…

僕のメガネはデンマークのエアーチタニウムと言うやつだ。

10年以上前にグッドデザイン賞の金賞を取ったのを見て欲しくなり、探してイワキで作った。値段は高いが気に入っている。

今までにセンターフレームの破断で部品を交換した事が1回。レンズを高温にさらして、表面のコーティングにクラックを入れてレンズ交換を2回。
そして新しいフレームを作ったのを機会に、読書用にレンズを作り直したのが4年前。

読書用なので使う頻度は少なく、普段はほとんどしていなかった。しかし、本社に転勤して、長時間電車通勤に切り替えたとたんに時間を持て余し、このメガネの登場となった。

そして先日嫁さんが「そのメガネ、左右で色が違うよ」とのたまった。

e0183106_14321923.jpg

確かに、レンズの色が違うのだ。
プラスチックレンズは時間と共に黄変する。これはしょうがない、あきらめている。
しかし、左右で黄変の度合いが異なるのはちょっとマズイ。

さっそく会社の帰りに立川で途中下車してイワキに寄ってきた。
事情を説明すると、店員は「いかがしましょうか?」と言いやがる。いかがする、も何も、これが正常だというのか?君は。

メーカーに原因を調査させて、文章で回答をくさだい。と言い残してきたが、これってクレーマーかいな・・・・


■2018/06/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-07-30 23:32 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

豪雨

会社帰りに嫁さんのお店で晩ご飯を食べて、もう雨は降るまいと傘を置いて家に戻った。歩き出して10分後、家に帰る道のちょうど真ん中あたりで突如豪雨が降り出した。近くのマンションの玄関に駆け込んで雨宿り。

10分くらい経ったらやんだので、再び歩き始めたら500mも行かないうちにまた降り始めて、今度はうどん工場の軒先で雨宿り。

5分くらいでやんだので、歩き始めたら今度は1kmくらいでまたまた豪雨。今度は50mほど全力疾走してコンビニに入って、しばらく商品を見ながら雨宿り。

普段買わないお菓子とかちょっと買って外を見ると、多少はゆるんだけど相変わらず降っている。
そこでやっとコンビニで傘を売っているのを思い出し、400円払って透明傘を買って最後の200mを帰った。

普段は折りたたみ傘を鞄の中に常備しているのに、なんでお店に置いてきてしまったのか・・・


■2018/06/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-07-29 23:31 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

ねじの回転

e0183106_14290365.jpg

恩田 陸の「ねじの回転

古くて新しいSFネタである、タイムマシン物。

僕は2月26日生まれなので、226事件には興味があるのだ。
面白いのだけど、ちょっと安易な部分も気になった。
★★★☆☆


■2018/06/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-07-28 23:29 | | Trackback | Comments(0)

暗夜を渉る

e0183106_14270040.jpg

ロバート・B・パーカーの「暗夜を渉る

さすがチャンドラー研究の第一人者、スペンサーシリーズ以外でもハードボイルドをしっかりと書いてくれます。

嫁さんに浮気をされて、酒におぼれて首になった殺人課の元刑事が、役立たずの提灯署長を捜していた町の黒幕に雇われて・・・という、一風変わった筋立て。
なかなか面白かったです。
★★★★☆


■2018/06/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-07-27 23:26 | | Trackback | Comments(0)

星条旗への謀叛

e0183106_14232128.jpg

デイヴィッツ・キャラハンの「星条旗への謀叛

謀叛って(ぼうはん)と読むんですね。あんまり普通に使わないですよね。どっちかというと謀反(むほん)の方が普通です。

って、そんな問題じゃないか。

「驚愕の陰謀、迫るタイムリミット!アメリカ政府を襲う、史上最悪のシナリオ。」だ、そうだけど、とっても生っちょろいです。何と言うか、ストーリーも甘いし、ディティールもいい加減(のように僕は思える)。イマイチです。
★☆☆☆☆


■2018/06/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-07-26 23:23 | | Trackback | Comments(0)

殺人者にカーテンコールを

e0183106_14184354.jpg

知り合いのペンキ屋さんが「仕事が無くって・・」と泣いていたので、秋にやる予定だった外壁の塗り替えをお願いした。

しかし、夏は窓を開け放つと暑くてシンナー臭い!そして締め切ってエアコンをかけていると、だんだんシンナー臭が忍び込んできて頭が痛くなってくる。

昼間は近くのファミレスに避難して過ごす事になる。マイッタ。次回(10年後だけど)は春か秋にしよう。それか、旅行に出かけちゃうかだな・・・


読んだ本はサイモン ショーの「殺人者にカーテンコールを

売れない二流の俳優が、ちょっとしたいさかいから殺人を犯し、その後売れっ子になっていくサスペンス物。
普通は売れっ子になった後どんでん返しがあるけど、そうならない。殺人もあっけなく進む。
でも、結構面白かったので、続編も読む予定。
★★★☆☆


■2018/06/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-07-25 23:18 | | Trackback | Comments(0)

後付け日記

e0183106_14130829.jpg

まったくのドロナワで、記憶をたどりながら1週間分の日記を書いてアップロードしたのに、気づけばすでに2日分の空白が出来ている。

あわてて何か書かねばと思うのだけど、1日前のことが思い出せない。こうやって記憶にも残らないような平凡な毎日を送っている間に、いつの間にか人間は年寄りになっちゃうんだろうなあ・・・。

などと思いつつ、懸命に昨日のことを思い出してみた。

朝の電車では、僕の前の高校生だけは新宿までしっかり座っていて、両側が立川で席を立った。その右隣もだ。
席を立つ奴の顔を覚えておこうと思うのだけど、覚えられた試しがない。
以前キープしていた立川で降りるお姉ちゃんは、いつも電車内でお化粧をしているので識別できたんだけど、残念ながら最近見ないし・・・

出社してからは・・・・・・格別変わったことは起きなかったなあ。

ああ、怠惰な日記だ。


■2018/06/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-07-22 23:13 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

D2Hファームアップ

今週は4日しか会社に通わなくていいと思うとうれしい。会社で仕事すること自体は嫌いじゃないんだけど、とにかく通勤が嫌なんだよね(;_;)

e0183106_14100312.jpg

帰る前に中島さんのBBSをのぞいたらファームアップの話題が出ていたので、帰って早速ダウンロード。あっという間にファームアップも終了したけど、どこが変わったのか良く把握してない。

週末に奥庭でじっくりいじくってみることにします。


■2018/06/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-07-20 23:10 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

アオバズク探し

ちょっとだけ早起きして、土曜にアオバズクが鳴いていたポイントへ行く。

e0183106_14082647.jpg

ここはかなり前に来ていたけど、最近は来ていなかった場所なので、いつものポイントから移った可能性がある。
この場所はケヤキが崖の途中から生えていて、崖の上は個人の住宅なので崖下からしか観察できない。

鳴き声がしていたあたりを中心に念入りに見上げたが、木の本数も多く茂った葉っぱで見通しが悪すぎて双眼鏡で丹念に探すけど、見つけられない。

そうこうしているうちに暑くなってきて汗びっしょりになってしまい、すごすごと退散。


■2018/06/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-07-19 23:08 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)