<   2004年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

減量

e0183106_23221853.jpg

本社に遠距離電車通勤(東京じゃ普通だけど)を始めて、はや3ヶ月。なんと3kgも体重が減った!
しかも気になるお腹周りの脂肪がサクッと減っている。ズボンもウエストがゆるくなってきて、ベルトも少しカットした。

28才で東京に来た時に、1ヶ月の寮研修でやることが無くて食べまくったおかげで3kgほど増えてしまい、生まれて始めて60kgを超して、「こりゃイカン!」と初台から青山まで自転車通勤をした事があった。

その時は3ヶ月ほどで無事元の体重に戻ったのだけど、今回はそれからウン十年経っている。そして、生まれて初めて70kgの大台に近づいていたのだから、そうそう簡単にはやせないだろうと思っていたけど、あっさりとやせてしまった。

このまま電車通勤を続けたら(続けるしかないんだけど)年末には60kgを割るかも(^_^)V


んな訳ないな(笑)


■2018/06/08追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-06-30 23:23 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

闇へ降りゆく—ストレンジ・ハイウェイズ2

e0183106_23213650.jpg

ディーン クーンツの「闇へ降りゆく—ストレンジ・ハイウェイズ2

久しぶりにクーンツを読みたくなった。彼の短編集は読んだことがなかった(と思う)ので、電車の中で楽しいひとときを過ごせた。夢中になりすぎて電車を2駅乗り越したのは秘密(笑)
★★★★★


■2018/06/08追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-06-29 23:20 | | Trackback | Comments(0)

高度6万フィートの毒殺

チャットでKOUさんが「うちは物置をつぶされました」と言っていた。中の物が濡れちゃうから、ブドウ棚の方が被害は少ないと言っても良いなあ。


e0183106_23180273.jpg

デヴィッド・モートン「高度6万フィートの毒殺」

分かった分かった、こんな本を読んだ俺が悪かった。表紙に飛行機の絵が描いてあると、ついつい手が出ちゃうんだよね。
わざわざ原爆の起爆装置を使って何がやりたかったのかよく分からないなあ・・
★☆☆☆☆


■2018/06/08追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-06-28 23:18 | | Trackback | Comments(0)

ブドウ棚を修理2

e0183106_23151775.jpg

朝5時に起きて作業をしようと思ったら、天気が曇りのせいかま薄暗い。新聞を読みながら時間をつぶして、5:30より作業開始。

成長したブドウのツルがからみ合っているブドウ棚は重たく、外れてバラバラになりかかっている結合部分をはめ込むのも一苦労。

ようやく組み上げて持ち上げようとしたら、とても一人で支えられる重さじゃない。寝ている嫁さんをたたき起こして手伝わせて、やっと形にする。

しかし、また台風が来たらバラバラになりそうなので、ここはやはり徹底的な補強をすることにする。
再度HCに買い物に行き補強パーツを購入。涼しくなる夕方に作業を行うことにする。


写真は涼しげな上高地の白樺の小道。


■2018/06/08追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-06-27 23:15 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

ブドウ棚を修理

e0183106_23123239.jpg

ヤマセミの時とは打って変わって、怠惰な時間に起きる。

目標が無いとすぐにダメおやぢに戻る僕なのであった。

昼近くになってやっと重い腰を上げて、落っこちたブドウ棚を修理すべく冷房の効いた室内からベランダに出ると・・・・暑い!
壊れた部品を剥がす為にグラインダーで削っているだけで、汗が滝のように流れてメガネにたまる。嫁さんが「明日の朝早起きしてやったら?」と言うのにサクッと乗って室内に逃げ込む。

とりあえず、HCに壊れた部品を買いに出かけて本日の活動は終了(笑)

夜9時からのNHKスペシャルは面白かったなあ。次回の7/17も忘れないように見なければ。

写真は上高地のウグイス。デジビノのはじっこで撮っているので色収差が出てます。


■2018/06/08追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-06-26 23:13 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

デジカメプリント

e0183106_23090387.jpg

帰りにヨドカメに寄って水曜に出したデジカメプリントを受け取ってくる。
こないだ上高地に嫁さんの母親連れで行った時のスナップ写真をプリントしたのだ。

自分でプリントすれば良いんだけど、僕のプリンタはもう旧機種だから小さいサイズのプリントを間近で見るとドットが見えちゃうんだよね。フチ無しプリントも出来ないし。
なので面倒だからスナップはDPEに出してしまうのだ。

36枚プリントして千円ちょっと。高いと言えば高いけど、手間賃だから良しと思ってます。ピクトロプリントだから色あせにくいし〜(笑)

画像は早朝のカッパ橋。5時頃かな・・・


■2018/06/08追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-06-25 23:09 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

サクランボ

e0183106_23071517.jpg

近所のマーケットで安くなってきた国産サクランボを買ってきた。こないだまで頻繁に出て来たアメリカンチェリーと比べると、サクランボと呼ぶにふさわしい可憐な色だ(^_^)。

と、思ったら友人から高級そうな山形産のサクランボが送られてきた。こっちはマーケットの奴とは比べ物にならないくらい粒が大きく色が真っ赤にそろっている。

そして今日の昼間、嫁さんの母親からまたまたサクランボが送られてきてしまったらしい。これも高級な奴らしい。

一気にマーケットで買った可憐な奴がみすぼらしく思えてきてしまった。味も酸っぱいじゃないのよ・・・・

写真は山形産の高級な奴


■2018/06/08追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-06-24 23:07 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

アフターバーン

e0183106_23052031.jpg

コリン・ハリスンの「アフターバーン

娘が不妊であることから、自分の子孫を残すために人を雇おうとする元戦闘機乗りが主人公で、その相手の女が、、と思うと、実は・・・って感じで、話はどんどん思わぬ方向に進んでいく。
なかなか面白く読むことが出来た。ただ、上下2冊の割りに最後があっけなさ過ぎるような気がしたな。
★★★★☆


■2018/06/08追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-06-23 23:05 | | Trackback | Comments(0)

またブドウ棚が崩壊

去年に続き、今年もやってくれました、台風野郎。

e0183106_23014589.jpg

ブドウ棚は去年よりもひどい状態です。ショック大きいなあ・・・

前の職場に午後から出張で、しかも定時帰りできたので会社帰りに久しぶりにヤマセミに行ってみる。
しかし、予想通り上流に移動したようで川には鮎釣りのオヤジばっかり。
車に載せてある6倍のタスコしか双眼鏡がないので、真面目な探索はやる気にならずにすごすご引き上げる。カワセミも姿無し。そろそろそっちも巣立ちだと思うけど・・・


■2018/06/08追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-06-22 23:02 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

風邪の症状は悪化

e0183106_22584735.jpg

着実に一歩ずつ風邪の症状は悪化している。

月曜はノドがちょっといがらっぽいだけ。
火曜は喉の痛みで、会社の診療室に行き、総合感冒剤と喉の炎症止めを調達。
水曜は咳が追加されて、再度診療室で咳止めを調達。
木曜は鼻水が追加されるも、忙しくて診療室はパス。会社のティッシュを使い切る。
そして今日は鼻水止めを調達するために3度目の診療室通い。鼻水止めを所望しているのに、待合室で看護婦さんがくれた薬には総合感冒薬しか入ってないので「カプセルの奴・・名前忘れた。あれが欲しい」とリクエストして再度診療室に戻る。
「ダンリッチは眠くなりますよ・・」と言われるが、とにかく鼻水を止めたい一心の僕は「大丈夫です、飲み慣れています」と安請け合いをして貰ってきたのだ。
これでひとまず鼻水とはサヨナラできるはず。早く効いてこないか・・・。


■2018/06/08追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2004-06-18 23:59 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)