人気ブログランキング |

<   2003年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

D2Hシェイクダウン

昼過ぎに雨がやんだのでちょっとテストに出かけた。

e0183106_18422320.jpg
Nikon D2H, VR80-400, 1/250 F6.3, ISO640, Raw, トリミング

しかし、いつもの公園下の多摩川に降りたとたんに雨が降り始めて、あわてて戻ることになる。
車に戻る途中で芝生にセグロセキレイがいたから、ちょっとだけ連撮。
しかし、家に戻ってからデータを見たらなぜかシャッター速度優先の設定のまま。ああ、そう言えば部屋で色々いじくっていた時のまま出かけたんだった。

とりあえずISO感度は640になっていたので、撮影は出来ているけど、なんでわざわざこんな雨の中でF6.3で撮らにゃあいかんのか・・俺はアホだ。


■2018/05/23追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-11-30 23:42 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

D2Hカスタム設定

東京は雨
D2Hの取り説を読みつつ、カスタム設定をしながらスイッチ操作を覚える。
今まで使っていた素のD1から2世代進んでいるから、いろいろと高機能になっていて覚えなきゃ行けないことが多くて大変。年寄りにはあまり優しくないなあ・・・
しかし、動作がキビキビしていてとても気持ちの良いボディだ。
雨が恨めしいねえ


■2018/05/23追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-11-29 23:41 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

D2H入手

お昼前にヨドカメから「本日渡せます」と連絡があったらしい。本社出張の帰りに八王子に寄って受け取ってくる。
1FのSLR売り場で「予約品が入った連絡があったけど・・D2Hです」と言うと、いきなり「ALCEDOさんですか?」と僕の名前を出した。
そんなに予約が入ってないって事なのね。店頭サンプルも置いてあったけど、誰も触ってなかったし、、、、

パッケージの色は今までのDシリーズの銀からFシリーズの金へと変更されている(ただし、新しいCIの波の模様が入っているが)。

e0183106_18374250.jpg

これはDシリーズがSLRの本命になったという証拠なのか?
そして記念すべきファーストショットはノンタンです。

e0183106_18375526.jpg

SB28DXを使ってjpg Fineで撮ってます。まだニコキャプ4をインストールしてないんで(^_^;)。

明日ゆっくりいろいろ遊んでみます。
と、書いたけど、高感度のノイズの比較を貼ってみました。

e0183106_18381014.jpg


■2018/05/23追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-11-28 23:38 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

D2Hの入荷予定

wagtailさんのサイトのBBSによると、D2Hの予約者に入荷予定の案内が電話されているようだが、僕の予約した八王子は一切連絡がない。
10月末にやきもきしたいた時も連絡はないし、「やる気有るのかっ!」と言いたいぞ。

お昼休みに電話して「どうなんだ?」と聞いたら即答できずに、後で自宅に「29日の発売日に間に合います。」と電話があったそうだ。

とりあえず週末は遊べそうだ。


■2018/05/23追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-11-27 23:36 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

Nikonキャプチャー

1日有給を取っただけなのにメールの量がもの凄くて、チェックして処理するのに午前中を使ってしまった。スパムの量はさらにもの凄くて、いい加減にアドレスを変更したくなってきたけど、そうそう簡単には変えられないしねえ。

サービス残業して自宅に戻ったらNikonから封書。
Nikonキャプチャーのアップグレードの案内。しかも2通来ている。キャプチャー1と2を持っていたからだけど、2は1のアップグレードだし、もう少し顧客管理をしっかりした方がいいんじゃないのか?>Nikon

そもそも29日発売なのに、今頃UGの案内を寄こすなんて遅すぎだよ。ま、僕は1も2も売っちゃって持っていないからいいけどね。


■2018/05/23追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-11-26 23:31 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

最終日は雨

コンビニでトイレを済ませて、北側の駐車場に車を止めるが、白鳥地区の水面にはマガンはほとんどいない。
明るくなるのを待ってから、傘をさして堤防を中央当たりまで歩いて雁行を待つ。今回も波状の飛び立ちで、1回の個体数は一番少ないくらい。雨の日が不調なのか、今年が不調なのか?

沼のすぐ脇にずいぶん沢山降りたので、そこを見に行くことにしたら、ハクガンの幼鳥がいた。デジスコを窓枠に乗せて手持ちで撮影したからぶれている。

e0183106_18261464.jpg

そのままbadaさんたちを別れて、来た時の逆経路で帰る。帰りも6時間と40分かかりぐったり疲れた。

今回は撮影は別として、珍ガンを4種自力発見できたから良しとしよう。

しかし白鳥地区の水はあのままなのだろうか?今後の観察場所をどこにするか、かなり悩みそう。


■2018/05/23追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-11-25 23:26 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

2003/11/24-25 伊豆沼ガンウォッチング

2003/11/22〜25 伊豆沼・蕪栗沼ガンウォッチング Page-2/2(2003/12/07初稿)


■2003/11/24(月)振り替え休日■

5時20分にビーナスの湯の駐車場を出発し、伊豆沼の北堤防で雁行を見る。
やはり一回に飛び立つ数が少ないので迫力に欠ける。



Nikon F5, Ai AF-S Zoom-Nikkor 17-35mm f/2.8D IF-ED(17mm), RDPIII


朝ご飯を食べた後、帰るforestさんと別れ、bada氏と2台で若柳方面に群れを探しに出かける。大きな群れは3つほど見つけたが、珍ガンは発見できず。

サンクチュアリセンターでなごんだ後、別行動することにして、僕は蕪栗方面に戻る。


白鳥地区に戻ってきている群れを順番に見ていくと、シジュウカラガンを発見。2羽いる。デジスコで撮影するが遠い上に良い天気のせいでかげろうが立ってとてもまともな写真は撮れない。

e0183106_16390806.jpg
SWAROVSKI AT80HD + KYOCERA SL300R, 1/350, F2.8, ISO100


しょうがないから、じわりじわりと、細心の注意を払って近づく。1時間20分もかけて30mくらいまで近寄ったところで、デジカメのバッテリーが切れた(;_;)。
しかも後ろから追いかけてきた人は、つかつかと歩いてきた割りにはガンは飛ばない。俺の1時間を返せ〜〜。


別の群れの近くで、合流してくるマガンを銀塩で撮影しながら、暇つぶしにカリガネを探す。寝ているのを2羽見つけたがどっちもなかなか顔を出さない。
やっと顔を上げた一瞬に撮影したけどピントが甘い上にブレてます、トホホ。

e0183106_16423832.jpg

ヒシクイもいたけど、写真は撮らずに、戻ってくるマガンの群れを撮影する。





Nikon F5, Ai AF-S Nikkor 600mm f/4D, RDPIII






Nikon F5, Ai AF-S Nikkor 600mm f/4D, RDPIII



カリガネが居た群れが三々五々戻ってくる小群を吸収して、どんどん大きくなって2,000羽以上になったので、飛び立つところを写真に撮ろうと待ちかまえていたが全然飛ばない。
気長に待ちましょう、と大きく構えていたけど、沼では落雁が始まっているのに飛び立つ気配がない。ここまで付き合ってしまったからヤケクソで待っていたら、16時40分に一気に飛び立つ。

あわてて17-35mmを付けたF5のシャッターを切ったら、シャッター速度は1秒以上。想像以上に暗くなってました。トホホ、遅すぎた・・・。まあ、そんなこともあるよ。

堤防に登って最後の落雁を見た後、コンビニの駐車場でbadaさん夫妻と落ち合い、お向かいのJAの駐車場に車を停めて、晩ご飯を食べて寝る。




■2003/11/25(火)■

最終日は雨。

朝5時に起きてコンビニでトイレを済ませて、蕪栗の北側の駐車場に車を止めるが、白鳥地区の水面にはマガンはほとんどいない。
明るくなるのを待ってから、傘をさして堤防を中央当たりまで歩いて雁行を待つ。

e0183106_16523044.jpg

今回も波状の飛び立ちで、1回に飛び立つ個体数は一番少ないくらいだ。雨の日が不調なのか、今年が不調なのか?

沼のすぐ脇にずいぶん沢山の群れが降りたので、2台でそこを見に行くことにした。
運が良い事にハクガンの幼鳥がいた。デジスコを窓枠に乗せて手持ちで撮影したからぶれている。

e0183106_16495947.jpg

そのままbadaさん夫妻と別れて、来た時の逆経路で帰る。帰りも6時間40分かかり、ぐったり疲れてしまった。


今回は撮影は別として、ハクガン・コクガン・シジュウカラガン・カリガネの珍ガンを4種を自力発見できたから良しとしよう。カリガネの識別もだいぶ自信を持って出来るようになりつつあるし。

白鳥地区の水に関して、蕪栗に詳しいイガさんに問い合わせをしたところ、ポンプの故障で今年は水を入れられなかったのだそうだ。予算がないので修理が間に合わななかったけど、来年は大丈夫そうとの事だ。
12月の飛び石連休にもう一度D2Hを持って行こうかと考えていたが、行くとしたら観察場所をどこにするかでかなり悩みそうだ。


■表紙はこちら



by river_kingfisher | 2003-11-25 12:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

伊豆沼3日目

5時20分にビーナスの湯の駐車場を出発し、伊豆沼の北堤防で雁行を見る。
やはり一回に飛び立つ数が少ないので迫力に欠ける。

朝ご飯を食べた後、帰るforestさんと別れ、badaさんと2台で若柳方面に群れを探しに出かける。大きな群れは3つほど見つけたが、珍ガンは発見できず。

サンクチュアリセンターでなごんだ後、別行動することにして、僕は蕪栗に戻る。

白鳥地区に戻ってきている群れを順番に見ていくと、シジュウカラガンを発見。2羽いる。デジスコで撮影するが遠い上に良い天気のせいでかげろうが立ってとてもまともな写真は撮れない。

e0183106_18203751.jpg

しょうがないから、じわりじわりと、細心の注意を払って近づく。1時間20分もかけて30mくらいまで近寄ったところで、デジカメのバッテリーが切れた(;_;)。
しかも後ろから追いかけてきた人は、つかつかと歩いてきた割りにはガンは飛ばない。僕の1時間を返せ〜〜。
別の群れの近くで、合流してくるマガンを銀塩で撮影しながら、暇つぶしにカリガネを探す。寝ているのを2羽見つけたがどっちもなかなか顔を出さない。やっと顔を上げた一瞬に撮影したけどぶれてます、トホホ。

e0183106_18205206.jpg

ヒシクイもいたけど、写真は撮らず。

この群れがどんどん大きくなって2,000羽以上になったので、飛び立つところを写真に撮ろうと待ちかまえていたが全然飛ばない。
気長に待ちましょう、と大きく構えていたけど、沼では落雁が始まっているのに飛び立つ気配がない。ここまで付き合ってしまったからヤケクソで待っていたら、4時40分に一気に飛び立つ。

あわてて35mmを付けたF5のシャッターを切ったら、シャッター速度は1秒以上。トホホ、遅すぎた・・・。まあ、そんなこともあるよ。

堤防に登って最後の落雁を見た後、コンビニの駐車場でbadaさんと落ち合い、お向かいのJAの駐車場に車を停めて、晩ご飯を食べて寝る。


■2018/05/23追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-11-24 23:21 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

蕪栗2日目

朝5時に起きると、隣りにforestさんのストリームが止まっている。
窓ガラスをたたいて起こし、一緒に南側の駐車場に移動する。
そこから蕪栗の中央の堤防まで歩いて飛び立ちを見る。しかし後から一般人ぽい5人組が来て、どんどん進んでいこうとするから、「そこから先に行く時は注意して充分姿勢を低くして行ってね、飛んじゃうから」と注意したけど、やっぱり少し飛ばす。
今日も波状に飛んだので、迫力はイマイチ。写真では全然迫力は伝わりません。

e0183106_18173912.jpg

駐車場に戻って北側の駐車場を見たらbadaの車が止まっている。forestさんに電話をかけてもらったら、昨晩僕が「北側の駐車場」と言ったんだそうな。何となく自分でもそんな気がしていたけど、やっぱり悪いのは僕でした。

3台でまずハヤブサを見てから、ハクガンが飛び去った方向に探索に出発。最初の群れでビンゴ!成鳥と幼鳥の2羽が同じ群れにいた。

e0183106_18180702.jpg

この後、探鳥場所の説明をしながら沼の周りを回り、西側の水田で群れの中からカリガネを探していたら、ハクガン成鳥が飛んできた。つくづくラッキー。

最後に白鳥側に戻ってカリガネがいるという群れ見ている集団に混じってカリガネ探を探す。教えられたくないから自力発見したが、どうも他の人と見ている個体が違うらしい。
香辛料さんも別個体を見つけたので、結局最低3羽はいるということで結論。

4時過ぎに蕪栗の北駐車場に車を止めて、朝とは反対側から中央の堤防まで歩いて落雁を見る。

その後、長沼のビーナスの湯に移動して、温泉に入り、併設のレストランで地ビールの宴会をしてそのまま駐車場で寝る。


■2018/05/23追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-11-23 23:18 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

2003/11/22-23 蕪栗沼ガンウォッチング

2003/11/22〜25 伊豆沼・蕪栗沼ガンウォッチング Page-1/2(2003/12/07初稿)


伊豆沼・蕪栗沼ガンウォッチング
例によって今年も蕪栗沼にマガンを見に行った。

■2003/11/22(土)■

金曜の18:30にリベ郎で自宅を出発。16号線を川越まで走り、鴻巣市・騎西町を通って羽生ICから東北道に乗る。ひたすら眠気と戦いながら古川ICで降りてガソリンを補給し、蕪栗沼の堤防に着いたのは25:10。462km 6時間40分の運転は疲れるよ。
車の後ろを整理してベッドにしてすぐに寝る。

翌朝5:20に起床。珍しく他には誰もいなくて一人きり。お湯を沸かして車内を暖めて、カップラーメンを食べてから堤防にそっと上がってみると、驚くことに内側に水がほとんど無い。
2カ所ほど小さく水が残っている所に少しだけマガンがいるが、ほとんど蕪栗の本来の沼にいるようだ。これはかなりショックだ。

雁行は一気に飛ばずに4回くらいの波状に飛び立ちで、ちょと迫力に欠けた。しかも遠いせいで頭上に来る頃には密度が減っていて、感激が少し薄い。

e0183106_15562972.jpg

飛び立ちが終わった後、沼から虹が立ち上がっていた。立ち上がりの部分のみで、上の方は見えなかったが妙にクッキリ見えていたのが印象的だ。

e0183106_15593757.jpg

その後は珍ガンの探索の旅に出るのだけど、なかなか見つからない。
遠くの群れの中にカリガネを発見したと思って近づいてみたら、マガンの目の周りだけ白化した個体だった。

e0183106_16001564.jpg

ちゃんと両側とも白化している。

e0183106_16033336.jpg

遠くから見ても、妙に目がぱっちりしていると思ったが、まさかこんな個体がいるとは思わなかった。
初日だと、こんなフェイクにもだまされて小躍りしてしまう(笑)。

白鳥地区の群れをチェックしていると黒い頭がいたので、シジュウカラガンだと喜んだけど、よく見るとほっぺたが白くない。あれれ?と思ってよく見たらコクガンだった。
ここでコクガンを見るのは始めてだ。写真を撮ろうと思ったけどその前に何かに驚いて群れごと飛んでしまう。
個人的には北海道に行くとすぐ近くで見られるコクガンより、あまり普段見られれないシジュウカラガンの方が得点が高い気がするのだが・・・(^_^;)。

群れに合流して来るマガンの飛翔をデジスコで撮ってみた。車の窓枠に乗せて手持ちだから、かなりピントが甘い上にブレ気味だ。
飛んでいる鳥をデジスコで撮るのは難しいです。

e0183106_16061609.jpg
SWAROVSKI AT80HD + Nikon E990, 1/146, F4, ISO100, jpeg FINE,トリミング


車のすぐ脇の金網にノスリが止まったが、カラスが数羽ちょっかいを出してきたので、すぐに飛び去ってしまった。
この辺はほんとに猛禽類が多い。

e0183106_16080666.jpg
SWAROVSKI AT80HD + Nikon E990, 1/58, F3.8, ISO100, jpeg FINE,ちょいトリミング


16時過ぎに暗くなってきたので、東京からこっちに向かっているはずのbadaさんに電話して、翌朝の打合せをしてから蕪栗沼の堤防下で寝る。




■2003/11/23(日)勤労感謝の日■

朝5時に起きると、隣りにforestさんのストリームが止まっている。
ひょっとして人違いだったらまずいなあ、とビクビクしながら窓ガラスをたたいて起こし、一緒に南側の駐車場に移動する。
そこから蕪栗の中央の堤防まで歩いて飛び立ちを見る事にする。しかし後から一般人ぽい5人組が来て、どんどん進んでいこうとするから、「そこから先に行く時は注意して充分姿勢を低くして行ってね、飛んじゃうから」と注意したけど、やっぱり少し飛ばしてしまう。

e0183106_16112227.jpg
KYOCERA SL300R, 1/1000, F2.8, ISO100

今日も波状に飛んだので、迫力はイマイチ。写真では全然迫力は伝わりません。

駐車場に戻って双眼鏡で北側の駐車場を見たらbadaさん夫妻の車が止まっている。forestさんに電話をかけてもらったら、昨晩僕が「北側の駐車場」と言ったんだそうな。何となく自分でもそんな気がしていたけど、、、やっぱり悪いのは僕でした。

3台で、まずいつものハヤブサを見に行く。
ハヤブサは電柱にとまっていて、何かを食べている最中。車を止めると別の電柱を移動するが、そこで食事を続けている。さらに4本ほど先の電柱にコチョウゲンボウの♀もいた。
ハヤブサが食事を終えて飛び去ったので、食事中に落とした餌のパーツを見に行ったら、ドバトの首が転がっていた。そのそばの畦でハヤブサの風切り羽ゲット!ちょっと嬉しい。
落っこちていたドバトの頭の写真。ちょっと気持ち悪いかもしれないので、見ない方がいいかも・・・

その後ハクガンが飛び去った方向に探索に出発。堤防の上から見つけた最初の群れでビンゴ!ハクガン成鳥と幼鳥の2羽が同じ群れにいた。

e0183106_16161911.jpg
SWAROVSKI AT80HD + Nikon E990, 2/107, F4, ISO100

この後、探鳥場所の説明をしながら沼の周りを回り、西側の水田で群れの中からカリガネを探していたら、ハクガン成鳥が飛んできた。つくづくラッキーだ。


最後に白鳥側に戻って、カリガネがいるという群れを見ている集団に混じってカリガネ探を探す。教えられたくないから自力発見したが、どうも話を聞いていると他の人と見ている個体が違うらしい。
香辛料さんも別個体を見つけたので、結局最低3羽はいるということで結論にした。
遠くて風が強い上に、カリガネは落ち着き無く動き回るので写真はろくなのが撮れなかった。

e0183106_16252433.jpg
SWAROVSKI AT80HD + KYOCERA SL300R, 1/60, F2.8, ISO100

16時過ぎに蕪栗の北駐車場に車を止めて、朝とは反対側から中央の堤防まで歩いて落雁を見る。

その後、長沼温泉ビーナスの湯に移動して、温泉に入り、併設のレストランで地ビールの宴会をする。ネットで宣伝していたアイスバインは当初出来ないと言われたが「ネットで売りにしているのにおかしいのではないか?」とクレームをつけたら20分かかりますと注釈付きで出された。料理そのものはまあまあでした。

e0183106_16291030.jpg

適当に楽しく閉店まですごして、そのまま駐車場で寝る。
ここの駐車場はきれいな公共トイレ付きの駐車場が隣接しているので、気軽に車中泊が出来て良かった。ただし、トイレの電灯のスイッチがどこにもないのは不思議だが・・・。


■続きはこちら、表紙はこちら



by river_kingfisher | 2003-11-23 12:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)