人気ブログランキング |

<   2003年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

わが心臓の痛み

e0183106_23320744.jpg

先週図書館で借りてきたマイクル・コナリー著「わが心臓の痛み(原題:BLOOD WORK)」がなかなか面白い。
カバーがクリント・イーストウッドの顔写真なので、思わず手に取ったら、クリント・イーストウッド監督・主演で映画化予定の帯が付いていたので、まあハズレはないだろうと借り出してみた。
マイケル・コナリーと言えばハリー・ボシュ刑事シリーズなんだろうけど、あんまりイメージに残っていないんだよね。

ところで、この映画2002年12月に封切りしているんだけど、全然話題になってなかった気がするが、どうだったんでしょうねえ?レンタルで借りてみるかなあ・・・と言いつつ、スペースカウボーイもまだ見てないし(^_^;)。


■2018/05/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-02-27 23:32 | | Trackback | Comments(0)

建国記念日

朝から本社出張。ラッシュの時間は外れているけど、それでも混み合った電車で都心にでるのは疲れる。

日経新聞の朝刊の小説の「鉄塔家族」に以前から野鳥が時々登場していたのだけど、このところますます登場頻度が増えている。
先日はトラツグミ、今はアオバズクの鳴き声が物語にからんでいる。
この先どのように展開していくのか楽しみ。

そうそう、今日はこの王国の建国記念日。そして私の誕生日です(^_^;)


■2018/05/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-02-26 23:25 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

お店が雨漏り

お店のトイレが雨漏りするって言うんで、その修理。
屋根側から見ると・・・・こりゃ、ダメっぽい。
そもそも屋根の構造が非常に複雑で、その場しのぎの増築を繰り返してきているので、問題の場所に手が入らない。大穴が開いているのに修理のしようがないのだ。
しょうがないから、そこに雨水が行かないように、応急修理をしてお茶を濁す。

根本的対策を立てるためにには、元洗濯屋さんの巨大な物干し場を壊す必要があるけど、鉄骨で出来ているから撤去にもお金がかかりそう・・・。(´o`)はぁ〜〜


■2018/05/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-02-23 23:19 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

ヒレンジャク

ヒレンジャクが出ているというニュースをあちこちから聞いていて、見たくてうずうずしていたが、近場で出現のメールを読んで出かけた。

e0183106_23174578.jpg

久しぶりのヒレンジャクだけど、鳴き声ですぐに存在が分かった。シメと一緒に地上で餌を探していたが、私が小道を進むと舞い上がって枝にとまった。
聞いていたとおり、7羽で残念ながらキレンジャクは混じっていない。
チリチリと鈴を鳴らすような鳴き声と、チーチーというちょっとカワセミのような鳴き声を使い分けていた。
カワセミは声だけなのでポイント変わらずO009のまま


■2018/05/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-02-22 23:18 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

600m泳いでへとへと

毎週水曜日の恒例でプールに行って来る。(ん、毎週じゃあないなあ・・・先週はさぼった)
たるんだ体にムチ打って600m泳いでへとへと。
僕がプールにいる間、全然休まずに延々泳ぎ続けている女の子がいたが、きっと3km以上泳いでいたんだろうなあ・・・なんで、あんなに泳ぎ続けられるんだろうか?


■2018/05/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-02-19 23:16 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

ヤツガシラ

頭が痛くて会社を半休することにした。

そして、なぜか気づいたら、某公園にいた(^_^;)。
さすがに平日の、しかも天気予報は「午後から雪または雨」の予報だけ有って、ギャラリーは少ない。
広場でぼ〜〜〜っとしていたら、遠くからおじさんが走ってカメラを取りに来て、また走り去っていくのが見えた。こりゃ、出たな!とおじさんが去った方に向かう。

どこだか分からなくて、ウロウロしていると犬の散歩のご夫婦があっちあっちと指さしてくれる。
5mほど下に広がるフランス式の庭園に、奴はいました。う〜〜ん、思ったよりも明るいベージュ。頭は閉じている。
カメラおじさんが300mmF5.6とおぼしきカメラを構えてジリジリ近づいていくと、さっと羽を広げて5mほど移動。移動前に頭が開いたような気がした。

双眼鏡で観察しているとまたまた飛び去る。ありゃ、おじさんそんなに性急に近づいたら飛びますよ、そりゃ。今度は芝生が広がった所に降りた。僕も証拠写真くらいは撮っておこうと、カメラを出したらいなくなってました・・・トホホ(;_;)。

その後かなり離れたところにいるのを発見して近づいたら、今度はビデオを構えたおじさんが近づいて、やっぱり飛び立つ。こんどは道路の向こうに消えてしまう。ううむ・・・・。

あきらめてカメラマンさん達が集っている場所で待つことにして、そこに移動。でも、そのまま何も撮影しないで終わりそうな予感に、定番位置が見える場所でジョウビタキを撮影することにする。

e0183106_23121852.jpg
Nikon D1, AF-S600mmF4, TC-14, F6.3, 1/40, ISO200, Raw, ノートリミング

公園の野鳥は人に慣れているから、こっちが動かずにいればどんどん近づいてくる。テレコンをつけてあったのではみ出しそうなサイズになってしまった。

10時20分に現地を撤退。
良い空気を吸ったおかげで頭痛もすっかり治って、気持ちよく午後から出勤できた。
撮影は出来なかったけど、ヤツガシラをやっとの事で見ることが出来て満足(^_^)v。


■2018/05/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-02-18 23:13 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

餌台にメジロ

東京は雨。
餌台のミカンとリンゴにメジロが来て一生懸命食べている。
ヒヨドリも食べたそうだけど届かないのでやきもきしている様子が面白い。

レンジャクの話題があちこちから聞かれているけど、うちにも来ない物か・・・


■2018/05/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-02-16 23:10 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

ヤツガシラはハズレ

最近話題になってきたヤツガシラを見に行くが、ハズレ。あまりのカメラマンの多さにげんなりして粘る気力を無くすが、知り合いにあった事もあって情報交換しながら2時間ほど現場にいる。

その後気を取り直し、たき火オフ開催地の偵察。しかし、そうそう都合良くヤマセミは現れない。30分ほどで撤退。

更に車を走らせ、トラツグミ現場でコンビにおにぎりの昼食。ここも完全にハズレ。ただツグミさえ現れない。

最後に先週MD不調で不完全燃焼の、オジロビタキをもう一度。

e0183106_23070008.jpg

ここだけはしっかりと愛想を振りまいてくれて心が和む。でも、やっぱ近すぎて違和感は残るなあ・・・。野鳥にイタズラしなければこのくらいの距離が本来自然なんだろうか?

久しぶりに引っ張り出した600mmとF5の感触はとてもよろしい。(でも、この画像はD1。銀塩はまだ現像してません。)


■2018/05/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-02-15 23:07 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

新宿「思い出横町」

昨日は出張の帰りにヨドカメで新しいカメラバッグを購入。
(このいきさつは長くなるのでそのうち別のページで)

その後、約束していた知り合いと飲み会。久しぶりに新宿の「思い出横町」に行く。昔は「ションベン横町」と言ったものだ、などと言いつつ焼き鳥で焼酎を飲む。

家に戻ったら頭が痛くなって、そのまま寝てしまう。グゥ


■2018/05/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-02-14 23:05 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)

アクセス数20,002

朝8:50にアクセスしてみたら20,002でした。
今回は誰だったのかなあ・・・
じゅんさんならすでに画像BBSに書いているだろうと、見てみたが無かったし。

あ、別にキリ番のプレゼントとかは例によって無いです。あしからず。


■2018/05/09追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2003-02-13 23:04 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)