人気ブログランキング |

<   2001年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2001/10月 オーストラリア探鳥

e0183106_17144227.jpg2001年10月19日から28日までの10日間のオーストラリア・ケアンズ方面の鳥見旅行のIndexです。
昔のサイトに掲載していたものを復活しています。
17年前は通信速度も遅く、ビュワーの画面も小さかったので画像サイズが小さかったのですが、復活するにあたりあまりにも見苦しい物は元データを探して大きくしています。画面キャプションの鳥名が間違っている物も有りますが、修正するのが面倒なので本文のテキストを正として下さい。

ケアンズ2回目準備編
10/19 成田を出発
10/20-1 空港からCROCODILE FARM
10/20-2 CROCODILE FARMとMichaelmas Cay
10/20-3 Michaelmas Cay 2
10/20-4 Michaelmas Cay 3
10/21-1 Centenary LakesとMareeba
10/21-2 Hasties Swamp National Park
10/22 Centenary Lakes/Emerald Creak Falls
10/23 単独行動開始/Esplanade
10/24-1 Centenary Lakes 5/Cassowary House
10/24-2 Cassowary House 2/Emerald Creak Falls 2
10/25 Cassowary House/Hasties Swamp National Park 2/Kingfisher Park
10/26-1 River Tour/Red Mill House
10/26-2 Cape Tribulation National Park
10/27-1 Red-backed Kingfisherを探して
10/27-2 みたびSacred Kingfisherに会いに
10/28 Hasties Swamp National Park 4
ケアンズ2回目総括


この旅行は2001年1月に一人でケアンズに行った時の模様をブログとMLで流した所、当時参加していたWingというmailing listのメンバーで行きたいという事になり、メンバーの一人の大手旅行代理店社員さんが仕切って実現したものです。
僕は個人で参加して、前半5日間をMLの団体と一緒に行動し、10/23からの後半は一人で行動しています。


■1回目の1月のケアンズはこちら

■他の旅行のIndexはこちら



■2018/03/18追記
今日のExciteブログの障害は酷かったですね。朝から夕方の5時頃まで全然繋がらなかったです。Exciteの方は何もなく繋がるんだから、そっちで障害の案内を出せばいいのに、一切書いてないんですから…

■2018/03/19追記
昨日までが暖かかったおかげで、今朝は寒いです。
サチがいなくなって散歩をしなくなったら、途端に体重が増え始め、一時期58kgまで減った体重が62kgになってます。そろそろ運動をしなければ・・・

■2018/03/20追記
東京は雨で、今朝も寒いです。ますます散歩とかする気になりませんね。
今日で2001年10月のケアンズが終わって、明日からは「2000年1月のバリ島」1999/1月ランカウイ島探鳥」の復活掲載を始めます。慣れてきてスピードアップしてます。




by river_kingfisher | 2001-10-29 15:00 | 旅行Index | Trackback | Comments(0)

ケアンズ2回目の総括

再びケアンズ Page-18/19

■総括
ケアンズ周辺では下記の9種類のカワセミ類がリストされている。
  1. Blue-winged Kookaburra(アオバネワライカワセミ)
  2. Laughing Kookaburra(ワライカワセミ)
  3. Collared Kingfisher(ナンヨウショウビン)
  4. Sacred Kingfisher(ヒジリショウビン)
  5. Forest Kingfisher(モリショウビン)
  6. Red-backed Kingfisher(コシアカショウビン)
  7. Buff-breasted Paradise-Kingfisher(シラオラケットカワセミ)
  8. Little Kingfisher(ヒメミツユビカワセミ)
  9. Azure Kingfisher(ルリミツユビカワセミ)
こののうち、前回見る事が出来なかった太文字のカワセミ類の2種の、Sacred Kingfisher(ヒジリショウビン)とRed-backed Kingfisher(コシアカショウビン)を見るのが今回の旅の目的だった。しかし、Wing MLのツアーと言う好都合な企画と、10月末なら乾期の終わりで上記2種に加えてBuff-breastedも見られるかも知れないという美味しい誘惑に負けたのが敗因だったと思われる。
やはり乾期バリバリに行かなければまずかったのかと反省。しかし内陸部に行けば、Daintreeあたりでゴロゴロ見かけたForestに匹敵するくらいRed-backedがいるらしいので、地域的な問題も多そうだ。
次回はケアンズではなくもっと内陸部に行く事を考えよう。

カワセミ以外の特筆は、やはり今回の前半がWingMLのツアーと行動を共にして、ローコストにプロのガイドの案内が受けられたことだろう。探鳥場所の土地勘が付いた事が前回よりも観察種類が多かった原因だろう。
また観察種に関しては、Webmaster自身のオーストラリアの鳥に対する感が出来てきた事もかなり大きい要因である。事前に図鑑を見る時間が沢山あったので、見た瞬間に「あれは***ではないかな?」と予想した物がかなりの確率で当たるようになった。やはり2回目だと落ち着いて見る事が出来ると言う事だろうか。



今回見ることが出来た鳥 151種(うち初見42種 ●)
(SimはSimpson & Day図鑑の個別No.・ColはCollins図鑑のPage No.・SlaはSlater Field Guide図鑑のPage No.)

英名
学名
和名
Oct
'01
Jan
'01
Nov
'99
Nov
'98
Sep
'97
Dec
'95
頻度
Sim
Col
Sla
Southern Cassowary Casuarius casuarius ヒクイドリ     UC 2 18 10
Orange-footed Scrubfowl Megapodius reinwardt オーストラリアツカツクリ   C-LC 4 20 86
Australian Brush-turkey Alectura lathami ヤヤブツカツクリ LC 6 20 86
Australian Pelican Pelecanus conspicillatus コシグロペリカン LA-C 92 108 50
Brown Booby Sula leucogaster カツオドリ       LA 97 100 42
Great Frigatebird Fregata minor オオグンカンドリ         LA 99 106 46
Australian Darter Anhinga melanogaster オーストラリアヘビウ   MC 103 102 48
Little Pied Cormorant Phalacrocorax melanoleucos シロハラコビトウ   A 106 104 48
Great Cormorant Phalacrocorax carbo カワウ   A 107 102 48
Little Black Cormorant Phalacrocorax sulcirostris ミナミクロヒメウ   A 108 102 48
Australasian Grebe Tachybaptus novaehollandiae ノドグロカイツブリ     MC 111 42 12
Magpie Goose Anseranas semipalmata カササギガン       LA-C 112 32 60
Black Swan Cygnus atratus コクチョウ   A-C 113 30 60
Wandering Whistling Duck Dendrocygna arcuata オオリュウキュウガモ   LA 116 26 62
Plumed Whistling Duck Dendrocygna eytoni カザリリュウキュウガモ         LA 117 26 62
Pacific Black Duck Anas superciliosa マミジロカルガモ A 120 36 84
Grey Teal Anas gracilis ハイイロコガモ       A 122 40 66
Pink-eared Duck Malacorhynchus membranaceus サザナミオオハシガモ           LA-UC 127 38 68
Hardhead Aythya australis オーストラリアメジロガモ     LA-C 128 34 62
Green Pygmy-goose Nettapus pulchellus アオマメガン     C 132 34 68
Buff-banded Rail Gallirallus philippensis ナンヨウクイナ       C 135 150 94
Red-necked Crake Rallina tricolor ミナミオオクイナ       UC 139 148 94
White-browed Crake Porzana cinerea マミジロクイナ           LC 143 152 92
Dusky Moorhen Gallinula tenebrosa ネッタイバン   C 147 154 96
Purple Swamphen Porphyrio porphyrio セイケイ   C 148 154 96
Eurasian Coot Fulica atra オオバン         LA-C 149 154 96
White-necked Heron Ardea pacifica シロガシラサギ       MC 151 110 54
White-faced Heron Egretta novaehollandiae カオジロサギ     C 153 110 54
Cattle Egret Ardea ibis アマサギ       LA-C 154 112 52
Great Egret Ardea alba ダイサギ   C 155 114 52
Little Egret Egretta garzetta コサギ   C 156 112 52
Eastern Reef Egret Egretta sacra クロサギ     C 158 112 52
Striated Heron Butorides striatus ササゴイ   LC 159 118 56
Rufous Night Heron Nycticorax caledonicus ハシブトゴイ     C 160 116 54
Black Bittern Ixobrychus flavicollis タカサゴクロサギ         LC-UC 163 118 58
Glossy Ibis Plegadis falcinellus ブロンズトキ         LA 165 120 58
Australian White Ibis Threskiornis molucca オーストラリアクロトキ   LA-C 166 120 58
Straw-necked Ibis Threskiornis spinicollis ムギワラトキ   C 167 120 58
Royal Spoonbill Platalea regia オーストラリアヘラサギ   C 168 122 58
Yellow-billed Spoonbill Platalea flavipes キバシヘラサギ           C 169 122 58
Black-necked Stork Ephippiorhynchus asiaticus セイタカコウ     LC 170 108 50
Sarus Crane Grus antigone オオヅル         LMC 172 146 50
Ruddy Turnstone Arenaria interpres キョウジョシギ       MC 175 178 116
Eastern Curlew Numenius madagascariensis ホウロクシギ MC 177 168 122
Whimbrel Numenius phaeopus チュウシャクシギ MC 178 168 122
Grey-tailed Tattler Heteroscelus brevipes キアシシギ     C 183 176 116
Common Greenshank Tringa nebularia アオアシシギ   C 186 172 124
Marsh Sandpiper Tringa stagnatilis コアオアシシギ           MC-UC 190 172 124
Black-tailed Godwit Limosa limosa オグロシギ MC 196 166 120
Bar-tailed Godwit Limosa lapponica オオソリハシシギ C 197 166 120
Sharp-tailed Sandpiper Calidris acuminata ウズラシギ     C 201 188 112
Red-necked Stint Calidris ruficollis トウネン   A-C 207 182 108
Comb-crested Jacana Irediparra gallinacea トサカレンカク   C 222 196 94
Bush Stone-curlew Burhinus grallarius オーストラリアイシチドリ     C-LUC 224 158 86
Masked Lapwing Vanellus miles ズグロトサカゲリ C 228 214 98
Red-kneed Dotterel Erythrogonys cinctus ワキアカチドリ           C 233 212 100
Black-fronted Dotterel Elseyornis melanops カタアカチドリ           C 243 212 100
Black-winged Stilt Himantopus オーストラリアセイタカシギ         C 245 200 132
Silver Gull Larus novaehollandiae ギンカモメ LA-C 253 224 136
Caspian Tern Sterna caspia オニアジサシ     MC 262 230 140
Gull-billed Tern Sterna nilotica ハシブトアジサシ     LC-UC 263 230 140
Sooty Tern Sterna fuscata セグロアジサシ       A 269 238 148
Crested Tern Sterna bergii オオアジサシ   C 273 230 140
Lesser Crested Tern Sterna bengalensis ベンガルアジサシ         C 274 230 140
Common Noddy Anous stolidus クロアジサシ         A 275 238 148
Black(or White Capped) Noddy Anous minutus ヒメクロアジサシ           C 277 238 148
Osprey Pandion haliaetus ミサゴ   MC-UC 283 132 78
Black Kite Milvus migrans ニシトビ   A-LA 286 126 76
Whistling Kite Haliastur sphenurus フエフキトビ     C 287 126 76
Brahminy Kite Haliastur indus シロガシラトビ         UC 288 126 78
White-bellied Sea-Eagle Haliaeetus leucogaster シロハラウミワシ MC 289 132 78
Wedge-tailed Eagle Aquila audax オナガイヌワシ         C 290 134 78
Collared Sparrowhawk Accipiter cirrocephalus アカエリツミ           C 293 130 72
Spotted Harrier Circus assimilis ウスユキチュウヒ         MC 296 136 74
Papuan Harrier Circus spilonotus チュウヒ           V 297 136 74
Nankeen Kestrel Falco cenchroides オーストラリアチョウゲンボウ   C 303 138 82
Wompoo Fruit-Dove Ptilinopus magnificus ワープーアオバト     LC 307 256 156
Pied Imperial Pigeon Ducula bicolor パプアソデグロバト         C-MC 308 254 158
Spotted Turtle-Dove Streptopelia chinensis カノコバト     A 313 242 154
Brown Cuckoo-dove Macropygia amboinensis バラムネオナガバト     C 315 246 156
Pieceful Dove Geopelia striata チョウショウバト C 316 244 154
Bar-shouldered Dove Geopelia humeralis ベニカノコバト     C 318 244 154
Emerald Dove Chalcophaps indica キンバト     C 319 246 154
Red-tailed Black Cockatoo Calyptorhynchus banksii アカオクロオウム         C-UC 331 258 162
Sulphur-crested Cockatoo Cacatua galerita キバタン LA-C 341 264 160
Rainbow Lorikeet Trichoglossus haematodus ゴシキゼイガイインコ A-C 344 266 164
Double-eyed Fig-Parrot Cyclopsitta diophthalma イチジクインコ         UC 350 270 166
Pale-headed Rosella Platycercus adscitus ホオアオサメクサインコ       C 365 278 172
Channel-billed Cuckoo Scythrops novaehollandiae オオオニカッコウ       MC 393 298 184
Pheasant Coucal Centropus phasianinus キジバンケン   C 394 298 184
Papuan Frogmouth Podargus papuensis パプアガマグチヨタカ         UC 406 308 196
Azure Kingfisher Alcedo azurea ルリミツユビカワセミ   MC 418 316 188
Little Kingfisher Alcedo pusilla ヒメミツユビカワセミ         UC 419 316 188
Laughing Kookaburra Dacelo novaeguineae ワライカワセミ C 420 316 184
Blue-winged Kookaburra Dacelo leachii アオバネワライカワセミ     C 421 316 184
Forest Kingfisher Todiramphus macleayii モリショウビン C 422 318 186
Sacred Kingfisher Todiramphus sanctus ヒジリショウビン           C 424 318 186
Buff-breasted Paradise-Kingfisher Tanysiptera sylvia シラオラケットカワセミ     UC 427 320 188
Rainbow Bee-eater Merops ornatus ハチクイ     C 428 320 188
Dollarbird Eurystomus orientalis ブッポウソウ   MC 429 320 188
Noisy Pitta Pitta versicolor ノドグロヤイロチョウ         MC 432 322 202
Brown Treecreeper Climacteris picumnus チャイロキノボリ           C 442 330 272
Red-backed Fairy-wren Malurus melanocephalus セアカオーストラリアムシクイ   C 453 338 248
Striated Pardalote Pardalotus striatus キボシホウセキドリ           C 468 346 304
Helmeted Friarbird Philemon buceroides トサカハゲミツスイ     LC 517 372 276
Silver-crowned Friarbird Philemon argenticeps コブハゲミツスイ       LC 518 372 278
Noisy Friarbird Philemon corniculatus ズグロハゲミツスイ   C-LA 519 372 278
Little Friarbird Philemon citreogularis ヒメハゲミツスイ         C-LA 520 372 278
Blue-faced Honeyeater Entomyzon cyanotis アオツラミツスイ     C-LC 522 374 278
Macleay's Honeyeater Xanthotis macleayana シラフミツスイ       MC 523 398 296
Yellow-spotted Honeyeater Meliphaga notata コキミミミツスイ C 530 378 282
Graceful Honeyeater Meliphaga gracilis ハシボソキミミミツスイ       C 531 378 282
Varied Honeyeater Lichenostomus versicolor タテフミツスイ         MC 537 382 286
Yellow Honeyeater Lichenostomus flavus キイロミツスイ       MC 540 382 284
Fuscous Honeyeater Lichenostomus fuscus コバシミツスイ           C 547 388 288
White-throated Honeyeater Melithreptus albogularis ノドジロハチマキミツスイ     C 554 392 280
Brown Honeyeater Lichmera indistincta サメイロミツスイ       C 564 404 298
Brown-backed Honeyeater Ramsayornis modestus ウロコミツスイ       LC 567 398 292
Dusky Honeyeater Myzomela obscura コゲチャミツスイ C 573 404 294
Lemon-bellied Flycatcher Microeca flavigaster レモンオリーブヒタキ         C-LUC 610 408 220
Pale Yellow Robin Tregellasia capito キアシヒタキ       MC 616 414 218
White-browed Robin Poecilodryas superciliosa マミジロヒタキ           MC 617 418 216
Rufous Whistler Pachycephala rufiventris アカハラモズヒタキ       C 630 436 224
Grey Fantail Rhipidura fuliginosa ハイイロオウギビタキ     C 633 448 234
Rufous Fantail Rhipidura rufifrons オウギビタキ         C-MC 635 448 234
Willie Wagtail Rhipidura leucophrys ヨコフリオウギビタキ   A-C 636 446 234
Shining Flycatcher Myiagra alecto テリヒラハシ         C 640 446 228
Magpie-lark Grallina cyanoleuca ツチスドリ C 649 462 316
Spangled Drongo Dicrurus bracteatus テリオウチュウ C 650 468 316
Yellow Oriole Oriolus flavocinctus キミドリコウライウグイス   C 651 454 314
Figbird Sphecotheres viridis メガネコウライウグイス   A-C 653 454 314
Victoria's Riflebird Ptiloris victoriae コウロコフウチョウ       UC-R 655 466 330
Spotted Catbird Ailuroedus melanotis ミミグロネコドリ   MC-LUC 659 476 328
Golden Bowerbird Prionodura newtoniana オウゴンニワシドリ       R 661 478 328
Great Bowerbird Chlamydera nuchalis オオニワシドリ     C 666 480 326
Black-faced Cuckoo-shrike Coracina novaehollandiae オーストラリアオニサンショウクイ       MC 668 450 210
White-bellied Cuckoo-shrike Coracina papuensis パプアオオサンショウクイ     C-MC 670 450 210
White-breasted Woodswallow Artamus leucorynchus モリツバメ C-MC 675 456 318
Black Butcherbird Cracticus quoyi クロモズガラス       MC 681 460 320
Pied Butcherbird Cracticus nigrogularis ノドグロモズガラス       C 684 460 320
Australian Magpie Gymnorhina tibicen カササギフエガラス LA-C 685 462 324
House Sparrow Passer domesticus イエスズメ   C 720 498 312
Double-barred Finch Taeniopygia bichenovii カノコスズメ     C 723 488 308
Crimson Finch Neochmia phaeton アサヒスズメ         C-MC 729 490 308
Red-browed Finch Neochmia temporalis フヨウチョウ     C 730 490 306
Nutmeg(or Spice) Mannikin Lonchura punctulata シマキンパラ           C-UC 737 494 312
Yellow-bellied Sunbird Nectarinia jugularis キバラタイヨウチョウ C 742 500 298
Mistletoebird Dicaeum hirundinaceum ヤドリギハナドリ   C-MC 743 500 300
Silvereye Zosterops lateralis ハイムネメジロ     C 746 512 300
Metallic Starling Aplonis metallica オナガテリカラスモドキ   C-LC 752 516 314
Common Myna Acridotheres tristis カバイロハッカ C-LC 754 516 316

頻度欄はSimpson & Day図鑑による
A:abundant(豊富) LA:locally abundant C:common MC:moderately(適度に) common LC:locally common LMC:locally moderately common UC:uncommon LUC:locally uncommon V:vagrant(漂鳥) R:rare

Oct'01 は今回見た鳥/ Jan'01は1月に見た鳥 / Nov'99 〜 Dec'95は過去のこの季節に出かけた方が見た鳥。



■2000年10月のオーストラリア探鳥シリーズはこれで終わりです。表紙はこちら




by river_kingfisher | 2001-10-29 13:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

10/28 Hasties Swamp National Park 4

再びケアンズ Page-17/19

2001/10/28 ■Hasties Swamp National Park 4

どうしてもSacred Kingfisher(ヒジリショウビン)のちゃんとした写真が撮りたくて、4回目のHasties Swamp通いを敢行する。
5:30に起床して、冷蔵庫の冷たいパンをトースターにかけて朝食をとり、昨晩適当に作っておいた荷物をスーツケースに詰め込みTolgaの町の安ホテルを出発。
6:20に観察舎に到着。すぐにSacred Kingfisherがいそうな場所を探すが、見あたらない。昨日に引き続き空振りかと、少し悲観的になる・・・・。
e0183106_10571316.jpg
Hasties Swamp National Parkの駐車場から見た観察小屋。2階建てで立派な作りで、きれいです。ありがちな落書きもない。問題はトイレが無い事で、女性はAthertonの町(車で5分)で済ませておく必要が有る。前回に来た時はSacred Kingfisherはこの観察舎のすぐ左側に現れた。

Forest Kingfisher(モリショウビン)はどこにでもいるのだけど、この駐車場の前の枝にはいつもペアで止まっていた。地面の昆虫を捕っていたようだ。
e0183106_10585978.jpg
Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)


Plumed Whistling-Duck(カザリリュウキュウガモ)は図鑑によれば41〜61cmと大きめのカモだが、(まわりにいたのがコシグロペリカンとかカササギガンのような大きな鳥だったせいだろうとは思うが、)実際に見た感じはもっと小柄な感じを受けた。
飾り羽がきれいな、可愛いカモだった。

e0183106_10594655.jpg
Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)


沼の向こう岸にSarus Crane(オオヅル)の群がいた。
L=115でタンチョウのL=140と比べると少し小さいが、WingSpanは240と同じで、飛んでいる姿はなかなか優雅なのだ。

e0183106_11000854.jpg
Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)

飛ばないかなあ・・・と思っていたら飛んでくれた。
距離が遠いので解像度が今ひとつ。ロクヨンがあればバッチリだったろうが、贅沢は言えない。

e0183106_11023220.jpg
Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)
1/350s, f/5.6, ISO200


そろそろSacred Kingfisher(ヒジリショウビン)Todiramphus sanctus が出てもいい頃なんじゃないかと、出そうな場所を探索に行くと、いたいた!


でも、枝かぶりで逆光でとても写真を撮れるような場所ではない。一生懸命枝が入らないアングルを探して、まずはシャッターを切り、もう少しマシな場所は無いかとゆっくり回り道をしながら近づく。




Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)
1/350s, f/5.6, ISO200


そして、枝が見通せる位置に出たら、トホホ、いなくなってました・・・・。こんなに慎重に動いているのに、なんて用心深い奴なんだ >ヒジリショウビン。


この時点で時刻はすでに7:45。帰りのQF69は12:40出発だから、そろそろケアンズに向かわないと危ない。泣く泣く荷物をまとめて、7:50にHasties Swampを後にする。
結局一番長い時間Sacred Kingfisher(ヒジリショウビン)を観察できたのは、最初にここに来た21日だった。あの時VRじゃなくて、ちゃんとしたレンズを持っていればと悔やむことしきり。



■さらばオーストラリア(また来るぞ!!)
左にLake Tinarooを一瞬だけ見ながら、Godonvaleに向かって峠道を下り、Cairnsに戻ったのは9:20。
予定よりも少し早いので、ガソリンスタンドで満タンにしてエスプラネードに行ってみる。時間が少し遅めなので、渚は少しは近くなっているが、相変わらず干潟は広くシギチはそれほど多くない。

空港のレンタカー用の駐車場にカムリを戻してメーターを見ると955.6km。1月は1,480kmだったから2/3しか走っていない。でも、Cooktownへの長距離ドライブが無い訳だから、同じくらいを走った事になるかも知れない。
駐車場でスーツケースと手荷物の荷造りをごそごそやって準備する。今回は前回のような失敗をしないように、慎重に重さを見極めて振り分けを行う。
今回は何事もなくチェックインした後、レンタカーのキーを返して出国審査を通って中で一服。コインが残っているので自宅に電話をすると、「おみやげの香水は買ったか?」と鋭くチェック。あわてて安くて量が多いのをカードで買って間に合わせる。
後はやる事はないのでVICTORIAビールをA$4.95(¥300)で買って、飲みながらこのメモを書く。

e0183106_11295112.jpg

空港にいると日本人観光客の密度が異常に濃い事に驚く。空港にいる人間の半分は日本人のように見える。Cairnsは台湾や香港の観光客はまだ少ないので、ほとんどは日本人と考えても良いのだろう。
Cairns市内以外は観光客が行くような場所に行かないので、日本人がこんなに来てどこに行くのだろうと思ってしまう。よく考えれば僕が行くような場所には普通の人は行かないのだから、日本人に会わなくて当然なのだ。日本人どころか外人の観光客にもほとんど会ってない訳だから(^_^;)。

予定通りに12:40に飛び立った747は順調に飛行する。
飛び立ったらすぐに右手にGreat Barrier Reefが見えてくる。海の色が白っぽく見える場所が珊瑚環礁。
e0183106_11334731.jpg

初日に行ったMichaelmas Cayもあの中のどれかだろう。またCairnsに来る事があったら行きたい場所の一つだ。

まだ、上昇を続けているうちにPapua New Guineaが見えてきた。
e0183106_11362898.jpg

地図で見ても非常に近いのは分かるが、実際にこんなに近いと、ケアンズをPapua New Guineaの探鳥のベースにする理由がよく分かる。一番近い都会はケアンズなのは間違いない。カワセミ類の宝庫、Papua New Guinea、いつか必ず来るぞ!!
そして、またまた見られなかったRed-backed Kingfisherを見るために、ケアンズにもまた必ず来るぞ!!

■続きはこちら、表紙はこちら


■2018/03/06追記
念願かなって、2007/07/08〜14にPapua New Guineaに鳥見旅行に行ってきました。その記事もいつかブログにしたいと思ってます。残念ながら3度めのケアンズは実現できてません。




by river_kingfisher | 2001-10-28 12:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

10/27-2 みたびSacred Kingfisherに会いに

再びケアンズ Page-16/19

■みたびSacred Kingfisher(ヒジリショウビン)に会いに



Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)
1/640s, f/5.6, ISO200


2:30にAthertonを通り過ぎてHasties Swamp National Parkに3度目の訪問。
残念ながらSacred Kingfisherの姿はない。過去2回で現れる場所は推測できているので、現れるのを待つ事にする。
湖面にはAustralian Pelican、Magpie Goose、Plumed Whistling-Duck、等のいつものメンバーがいる。
Australian Pelican(コシグロペリカン)Pelecanus conspicillatus が艦隊を組んで狩りを行っている。いっせいに水面にクチバシを斜めに突っ込む様はなかなか見物だ。




Nikon F5, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm), FUJI RDPII


待っていてもRed-backed Kingfisherが現れないので、観察小屋の中から飛んでいるAustralian Pelican(コシグロペリカン)を撮る事にする。この手の大きな鳥はまっすぐ飛ぶので、撮影はたやすい。(と書きつつ、ちょっとブレてるなあ・・・^_^;)



Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)
1/350s, f/5.6, ISO200


次はMagpie Goose(カササギガン)Anseranas semipalmata。こいつもまっすぐ飛ぶのでピント合わせさえ間違わなければ簡単。飛翔スピードはこっちの方がペリカンより少し早いかな。

e0183106_10454646.jpg
Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)


飛翔水鳥シリーズの最後はPlumed Whistling-Duck(カザリリュウキュウガモ)Dendrocygna eytoni。このサイズだと飛翔スピードはだいぶ速くなるし、鳥のサイズが小さいからレンズの中心に入れにくくなる。(と、言っても飛翔小鳥を撮り慣れてる人から見れば笑っちゃうレベルでしょう。

e0183106_10473353.jpg
Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)


薄暗くなりかかってきてもRed-backedはとうとう現れないので、諦めて帰る事にする。帰ると言っても、今晩泊まる場所はまだ見つけていないので、それもあって早終いなのだ。

観察小屋を出て駐車場に向かうと、農地の電線に止まったLaughing Kookaburra(ワライカワセミ)に小さな小鳥がまとわりついている。双眼鏡で見ると、Willie-wagtail(ヨコフリオウギビタキ)だ。
小さな体で果敢に攻撃している。Laughing KookaburraがWillie-wagtailの巣を狙っているのだろうか?

e0183106_10513590.jpg
興味はあったが、まずは宿泊場所の確保と、後ろ髪を引かれながらAthertonの町に戻る。

Athertonの町の観光案内所でB&Bを紹介してもら多うと思ったら、近くのYungaburraの町で音楽祭があるとかで、どこのB&Bも一杯。結局来る途中に見かけたTolgaの町まで戻った安ホテルを紹介された。
e0183106_10543450.jpg
1泊A$50.00(¥3,000)で、朝ご飯は冷蔵庫の中のパンと牛乳、それにインスタントコーヒーの安モーテルである。
A$50もする割にはシャワーしかないし、レベルは低い。これもきっとYungaburraので音楽祭スペシャル価格なんだろう。普段はA$35位なんじゃないかと推測する(^_^;)。
文句を言ってもここしか空いている所は無いんだからしょうがない。翌朝早立ちするからと先払いで料金を払って、晩ご飯の推薦を聞くと、Tolgaのレストランを紹介された。
紹介されたレストランのシーフードのバイキングは値段が高かったので、隣の少し安い方に行き、ペッパーソースステーキを食べる。値段はメモを忘れたので不明だけど、¥1,000円以下。例によって巨大で満腹。


■続きはこちら、表紙はこちら




by river_kingfisher | 2001-10-27 15:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

10/27-1 Red-backed Kingfisherを探して

再びケアンズ Page-15/19

■Red-backed Kingfisherを探して

今日でDaintreeも最後。朝ご飯を食べながらGoeffさんにRed-backed Kingfisherが見られそうな場所を教えてもらう。

内陸部に行かないと見られないというアドバイスでMount Molloyから右に折れて、1月に走った道を北上して適当なところで折り返して戻り、今度はMareebaまで南下してから西のDimbulah方面に走ってみることにする。

e0183106_17464373.jpg

今朝の庭の池にはAzure Kingfisher(ルリミツユビカワセミ)は来ているが、Little Kingfisherはいない。しばらくカメラを構えて待ってみるが現れなかったので、諦めて8:30にGoeffさんに別れを告げて出発。

DaintreeからMossmanまで電線にとまっているForest Kingfisher(モリショウビン)の数を数えながら走る。その数9。きっともっといたのではないかと思うけど、White-breasted Woodswallow(モリツバメ)と紛らわしかったのは落としたのでこの数。やっぱり季節を問わずこの辺りはForest Kingfisherが多い。


9:30に途中のJulattenのKingfisher Parkに寄って、Buff-breasted Paradise-Kingfisher(シラオラケットカワセミ)をチェックしていく。
果樹園の入り口近くに車を止めて、ゆっくり降りていくと、あっさり正面の枯れ木にBuff-breasted Paradise-Kingfisher(シラオラケットカワセミ)Tanysiptera sylvia を発見。
e0183106_17491377.jpg

観察しているときには気付かなかったが、後でこの写真を見ていてなんとなく変な感じがしたので1月に撮った写真と比べると比べてみると尾羽が短い
まだニューギニアから渡って来たばかりの頃はこのように尾羽は伸びきっていないのかもしれない。思わぬ事に気付いてちょっと得した気分だ。
もう少し近づこうと思ったらが僕が動く前にあっさり森の中に飛び込んでしまい、全然戻って来なかった。まだずいぶん遠かったのに、ひょっとしたら突然上空に現れたWhistling Kite(フエフキトビ)Haliastur sphenurus のせいかとも思ったが、原因は不明だ。
e0183106_17574859.jpg


とりあえず目的は達したので、Kingfisher Parkを後にしてさっさとMount Molloyに向かう。町の手前を右折してシロアリの巣が立ち並ぶ原野をひた走る。
遠くに煙が見えたからひょっとしてあれが有名な乾期の山火事か?と思っていたら、ほんとに山火事だった。
遠くからも立ち上がる煙が見える。かなり盛大に燃えている感じ。
e0183106_18013859.jpg

道路脇にはシロアリの巣だけが残っている。一雨降ればすぐにまた燃えた灰を肥料にして草が生い茂ってくる。
シロアリの巣はほとんど無傷で、中のシロアリたちも熱が伝わらない中心部や地下に避難して、ほとんど影響は無いそうだ。
e0183106_18025447.jpg

道路の脇は少し前に燃えていた感じで、まだくすぶっている木があった。
自然発生する山火事に対し、消火活動などは行われないそうだ。
e0183106_18032641.jpg



あまり車が通らない道路を、周りに目を配りながら走っていると、5〜6羽の鳥が飛んでいるのが目に入る。飛び方は、ひらひら羽ばたきながらグルグル同じ場所を弧を描いて飛ぶ感じ。
車を止めて双眼鏡で確かめるとDollarbird(ブッポウソウ)Eurystomus orientalis が6羽だ。
e0183106_18050419.jpg
贅沢な物で、こちらではブッポウソウはそれほど珍しい鳥ではないから、「ああ、ブッポウソウか!」で終わってしまう所だが、飛んでいるブッポウソウを撮るチャンスはオーストラリアでも余り無かったから撮影にチャレンジしてみる。
と、言っても面倒だからVRレンズで適当に撮影。まあまあ近い距離を飛んだせいもあって、それなりの写真が撮れている。

しばし、ブッポウソウを撮影した後、まわりの様子をうかがうと、道路の反対側の梢にグレーの鳥がいる。図鑑を出そうかと思ったとたんに飛んでこちらに向かってきた。
大慌てでカメラを構えるといったん通り過ぎてから、お願いしたようにUターンしてくれたので、曲がりっぱなを連写。White-bellied Cuckooshrike(パプアオオサンショウクイ)Coracina papuensis でした。
e0183106_18060290.jpg
25日にHasties Swampで見たBlack-faced Cuckooshrike(オーストラリアオニサンショウクイ)と似ているが、こちらは顔の黒い部分がアイマスク状になっている点が異なる。
大きさもこっちの方が少し小さいようだ。

しかし肝心のRed-backed Kingfisherは現れない。そろそろだいぶ内陸部に入ったので、いても良いんじゃないかと思い始めた頃に、右側の電線に大きなカワセミの姿を発見!
すわ!!と思って少し行き過ぎてから停車して、遠くから双眼鏡でチェックすると、残念ながらRed-backedではなくて、Blue-winged Kookaburra(アオバネワライカワセミ)Dacelo leachii だった。
e0183106_18075557.jpg

残念とは言いながらも、1月に来たときには1回だけ、それもチラッと見られただけだから、この鳥も嬉しい。車をUターンさせてゆっくと、飛ばさないように注意しながら近づく。
かなりゆっくり近づいたのだが、やはり車が止まると気になるようで、少し道路から離れた木に移る。こちらもカメラを持って車から降りて近づいていくと、ギャギャギャっと声を上げる。僕を警戒しているのかと思ったが、声は別の方向からで鳴き交わし始めた。
e0183106_18085083.jpg
写真の個体は尾羽が青かったので♂。カワセミ類特有の尾羽を上げ下げしながらのディスプレイをしているが、♀は遠いのと、枝が邪魔で写真は撮れなかった。


OutBackを走っていると日本とはかなり異なる風景を目にする。
その一つが、このGRIDと言うサインだ。

e0183106_18095292.jpg
オーストラリアでは牧場の中を道路が貫通している事は日常茶飯事であるが、道路に牛が出てこないようにする柵が無い所もある。
無い場合は、道路を牛がウロウロ歩いていたりする訳だし、牛の轢死体が道路際に転がっている事もある。
しかし、牧場主にしてみると、貫通している道路を伝って、牛が他の土地に逃げ出す被害の方が大きいらしい。

そこで、柵が道路で断ち切られる場所に、このようなスノコ状の仕切を作り、牛が歩いて渡れないようにしてある。この上を高速で走ると、かなりの衝撃があるので注意を則すためにGRIDと言うサインが出されている。


さて、Mount Molloyから約30km内陸に入ったMount Carbineに着いたのが10:40。さらに奥まで走るかどうするか迷った上で、戻る事にする。
Red Mill HouseのGoeffさんにはこっち方面で会えなければ、Mareebaから内陸に向かうべし、とアドバイスされているので、深追いをせずにUターンをする事にして、Mount Molloyへ戻る。

Mount Molloyへ戻ったのが11:20。そのまま町を通り過ぎ、Mareebaに向かう途中のLake Mitchellでしばし探鳥。

e0183106_18104004.jpg
Black-fronted Dotterel(カタアカチドリ)Elseyornis melanops

Australian Darter(オーストラリアヘビウ)
White-headed Stilt(オーストラリアセイタカシギ)
Australian Pelican(コシグロペリカン)
Glossy Ibis(ブロンズトキ)
Pacific Black Duck(マミジロカルガモ)
Green Pygmy-goose(アオマメガン)
Grey Teal(ハイイロコガモ)
Pink-eared Duck(サザナミオオハシガモ)
Sharp-tailed Sandpiper(ウズラシギ)
Black-fronted Dotterel(カタアカチドリ)
Dollarbird(ブッポウソウ)

等が見られた。

Mareebaに到着したのが12:20。まだお腹は減っていないので、そのまま右折して内陸へ向かう27号線を西に走る。途中でLaughingとBlue-wingedの両Kookaburra、Dollarbird等は見るが、肝心のRed-backed Kingfisher(コシアカショウビン)の姿はない。
途中の小川の上にかかる木にWhite-faced Heron(カオジロサギ)Egretta novaehollandiae がいたので写真を撮って、更に進む。
e0183106_18152100.jpg

Mutchilbaまで35kmほど走って13:00になった所で、ここまで食事をする所も何も無い事に気付いて、諦めて戻る事にする。
帰り道も電線の鳥に注意しながら走るが、行きに見た鳥以外は発見できず、Mareebaに到着。時間がもったいなく簡単に済ませたかったので、いつもの賭屋のハンバーガーとビール(A$6.40:¥390)で手早く済ませて、Hasties Swampに向かう。


■続きはこちら、表紙はこちら




by river_kingfisher | 2001-10-27 12:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

10/26-2 Cape Tribulation National Park/

再びケアンズ Page-14/19

■Cape Tribulation National Park

時刻は11:30。思ったよりもLittleと長い時間遊んで貰った。そろそろCape Tribulation National Parkに出かけよう。瀬戸さんお薦めのBat Houseの美人若奥さんも見なければいけないし(^_^)。
e0183106_17171826.gif
そんな訳で、新しくきれいになったフェリー乗り場からいつものようにフェリーに乗って対岸に渡り、Caw Bayの飛行場を右手に見ながらひたすらCape Tribulationに向かって走る。
まずはGoeffさんから教えてもらったボードウォークの最初の方のMarrdja Boordwalk。入り口の駐車場に車を止めて、案内地図をじっくりと見て全体の長さを把握する。
e0183106_17191031.gif
歩いて45分と書いてあるから、あまり重いものを持っていく気にはならない。双眼鏡と80-400VRを付けたD1を持って左側の木道を歩き出す。

しばらく歩くと、ギャーっとVictoria's Riflebird(コウロコフウチョウ)の雄が鳴く声が聞こえる。「しめしめ、こりゃ近いところにRiflebirdがいるな!」と思いつつ、声のした方を注目しながら進んでいくと、ほとんど偶然に近い感じで茂った木の間から黒い鳥の姿が見えた。
なんてラッキー!、木道からそんなに離れていない巨木の枝にVictoria's Riflebirdの雄がいた。ただしかなり上の方なのでほとんど見上げる感じで首が疲れる(ゼイタク←俺)。
固唾をのんでじっと見上げていると、急に向きを入れ替えて羽を広げた。身繕いを始めたのかと思ったら、なんとディスプレー!!

e0183106_17200924.jpg
思ったよりもゆっくり翼をバサッ、バサッ、と差し出す。もう感激感激(;_;)。角度が悪いからディスプレーをしている時の顔は見えなかったけど、十分堪能できた。
e0183106_17230096.jpg

最後にまた向きを変えて、今度は翼を片側ずつ広げてほんとに身繕い。やっぱりさっきのディスプレーとは全く違う動作で、「おお、やっぱり俺はディスプレーを見たんだ!!」と感激を再確認。

やっぱり朝感じた「今日は良いことがある!」って言う予感は本物だった(^_^)v。
この後せっかくだから木道をゆっくり回るが、Shining Flycatcher(テリヒラハシ)がいたくらいで、ミツスイ類の声はすれどもなかなか姿は見られないまま出口に戻ってしまう。

気を取り直して次のボードウォークであるDbujiに向かう。ここはMarrdjaと異なり、Kiskが有ったり、すぐ近くにPK's Jungle Village Resortと言うホテルが有ったりするので、観光客も結構いてにぎわっている。時刻は13:30でお腹も減ったので売店でサンドイッチとオレンジジュースを買って、木陰でランチにする。

Dbuji BoordwalkはMarrdja Boordwalkと規模も同じくらいのようだが、ツアー客らしき団体が歩いているので今ひとつ鳥見に気が入らない。ここではRiflebirdの声は聞けなかった。

ここのすぐそばにBat Houseがある。僕はコウモリにはそれほど興味がないのだが、ここの若奥さんは美人だという事なので行ってみることにする。思ったよりも小さな施設で、入り口のすぐ奥のテーブルで話題の美人奥さんは赤ちゃんコウモリにミルクをあげていた。写真が撮りたかったけど、知り合いらしき少年と何やら話をしていて、ちょっと話しかけにくい雰囲気だったので、後ろ髪を引かれつつ寄付金のみお皿に置いて出てくる。

外の駐車場の植え込みにSlender-billed Cuckoo-Dove(バラムネオナガバト)Macropygia amboinensis がいたので写真を撮る。雄はアイリングが赤いはずなので、これは雌でしょう。虹彩(光彩が正しいのか?)が白っぽいからちょっと怖い感じに写ってますけど、実際は可愛かったです。
e0183106_17281023.jpg

Bat Houseを14:30に出て、帰りにWonga Boordwalkにも寄ってみる。ここでもRiflebirdの声は聞けたが、姿は見ることが出来なかった。


Red Mill Houseに帰り着いたのは16:00。朝が早かったから、シャワーを浴びて少しだけ昼寝。18:30にいつものJacanas Restorantでバラマンディーフライとビール16.6A$の夕食。

e0183106_17321590.jpg
Nikon D1, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED
Red Mill House

戻ってから、今までの名前の不明の鳥でデジタル画像があるものをGoeffさんにPowerBookを見てもらいチェックして貰う。1月もこうしておけば後で苦労しなかったのにと反省する。
やっぱり現地の人は画像を見て、撮った場所を聞くとすぐに「これは**。この特徴は**」と的確に教えてくれる。


■続きはこちら、表紙はこちら




by river_kingfisher | 2001-10-26 13:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

10/26-1 River Tour/Red Mill House

再びケアンズ Page-13/19

■River Tour

1月同様にChris Dahlberg's Specialised River Toursに参加する。
例によってChrisさんが5時半に窓をたたいて起こしてくれる。ベランダで軽食を食べて荷物を持って船着き場に向かうと、今回はバスのツアー客が来ていた。総勢12人ほど。

船は船着き場を出て、まず対岸に向かう。枝にBlack Butcherbird(クロモズガラス)Cracticus quoyi の若鳥がとまっている。近づくと戸惑った様子だが逃げはしない。

e0183106_16234461.jpg
Nikon D1, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED

例によって「こんなに近づいていいの?」ってくらいすぐそばまで近づく。日本だときっと問題になる(※注1)近さだ。

水中から突き出した枯れ木にはAustralian Darter(オーストラリアヘビウ)Anhinga novaehollandiae が羽を朝日に向けて乾かしている。
こちらもビックリするほど近くまで船を寄せる。

e0183106_16254777.jpg

e0183106_16264475.jpg
Nikon D1, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED


羽の模様がとてもきれいだ。しかし、体の大きさに比べて羽の大きさが小さく感じる。これでちゃんと飛べるんだろうか?と、思ったらちゃんと飛んでいった。やっぱ、近づきすぎだよクリスさん(^_^;)。

今度はShining Flycatcher(テリヒラハシ)の雄。動きが早い上に真っ黒でなかなか写真が撮れないが、この時はバッチリ朝日が当たっていた上におとなしくしていたので、珍しくきっちり写真が撮れた。
ちなみに雌はこんな色です。
e0183106_16275372.jpg


別の入江に入っていくとWompoo Fruit-Dove(ワープーアオバト)Ptilinopus magnificus。しかも、なんと営巣中。
e0183106_16332989.jpg
Nikon D1, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED, SB-28DX

日本でこんなに営巣中の個体に近づいたら絶対に無いか言われるなあ…(※注1)しかもストロボも炊いてるし・・・と思いつつも、みんな気にせずビシバシとストロボを炊いているし、自分一人意地を張ってもしょうがないからあっさり皆さん同様スピードライトを使う。メンゴ。
胸が紫色できれいなんですが、残念ながら見せてくれませんでした、ちょっと残念。

1月に見た場所とは違う所でPapuan Frogmouth(パプアガマグチヨタカ)Podargus papuensis が営巣している。
申し訳程度の枝を寄せ集めた巣に枝のように紛れて止まっているので、なかなか指さされても識別できない。手前の枝と色柄がとても似ている。
e0183106_16371063.jpg

1月にシロハラウミワシが止まっていた枝にはWhite-breasted Wood-swallow(モリツバメ)Artamus leucorynchus が並んでいる。なかなか可愛い奴らである。
e0183106_16382859.jpg


上空をBrahminy Kite(シロガシラトビ)Haliastur indus が通過。遠いからやっと識別できる程度の写真しか撮れない。
e0183106_16414546.jpg

今回のRiver Tourで見られて1月に見ていないのはBush Thick-knee(オーストラリアイシチドリ)くらいだけど、これはケアンズで見ちゃったから特に新しい種類は無い。
でも、間近で見る鳥はとてもきれいだし、ボートで水面を走り回るのはとても楽しい、


River Tourが終わってRed Mill Houseに戻る途中、電線にForest Kingfisher(モリショウビン)Todiramphus macleayii がいた。朝日が背中に当たってとてもきれい。
e0183106_16423753.jpg
しかし、頭がでかいなあ・・・。とってもキュート(^_^)v。

Red Mill Houseの入り口にはLaughing Kookaburra(ワライカワセミ)Dacelo novaeguineae。こっちもパンダ顔でとっても可愛い。やっぱカワセミ類は最高だなあ・・・
e0183106_16432458.jpg

この個体は1月に来た時にGoeffさんの手からエサを貰っていた家族の一員だろうと推測する。もう少ししたらまた営巣して、Geffさんのテラスにエサを貰いに来るようになるそうだ。



■Red Mill House
泊まった部屋の前の駐車場の上の枝でSilver-crowned Friarbird(コブハゲミツスイ)が巣作りをしている。頭のすぐ上だが、下を通る僕を余り気にする様子はない。逆光なので写真が撮りにくいが、押さえておく。
e0183106_17134177.jpg

いつものようにテラスで朝食をとってから、本日はどこに行くかをGoeffさんと相談。Victoria's Riflebird(コウロコフウチョウ)のディスプレーをCassowary Houseで見られなかった話をしたら、Dubujiのボードウォークで見られる可能性が有ると教えてくれた。
愛知の瀬戸さん達も1週間ほど前にこのボードウォークでRiflebirdを見ているから、可能性は高い。


そんな話をしていたら「池にLittle Kingfisher(ヒメミツユビカワセミ)が来ている!」とGeffさんが叫ぶ。あわてて双眼鏡で覗くと、さっきまでAzure Kingfisher(ルリミツユビカワセミ)が止まっていた小枝にLittleがいる。
青と白の2色のとても小さな可愛いカワセミだ。サイズは12cmと日本のカワセミよりも2まわりほど小さい。とてもキュートでほんとに縫いぐるみのようだ。

e0183106_17144227.jpg

e0183106_17151472.jpg

残念ながら逆光なのでちょっと露出がイマイチだけど、1月には飛び去るところを見ただけだから、じっくりと双眼鏡で眺めてから写真を撮る。幸せな気分。
ほんとに、ほんとにかわいいカワセミだ。

もちろんこの池の主であるAzure Kingfisher(ルリミツユビカワセミ)もちゃんといて、おとなしくしている。けんかをすることは無いようだ。
Azureは18cmなので、カワセミの17cmよりも少し大きいだけだけど、Littleを見た後はずっと大きく感じてしまう。

e0183106_17154838.jpg
Little Kingfisherに視線を戻すと、いなくなってました(;_;)。ま、じっくり見られたから良しとしよう。今日は良い一日になりそう。


(※注1)
何事も「道」にしないと気が済まない日本では、バードウォッチングも「探鳥道」のごとく禁欲的な自然保護のルールによる自然への接し方になる。オーストラリアは人と鳥の密度の点で、少なくともこの辺は非常におおざっぱ。保護すべき所はしっかりやっているけど、「まあ、そう目くじら立てなさんな(^_-)」って感じです。


■続きはこちら、表紙はこちら




by river_kingfisher | 2001-10-26 10:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

10/25 Cassowary House/Hasties Swamp National Park 2/Kingfisher Park

再びケアンズ Page-12/19

■Southern Cassowary(ヒクイドリ)

5:30に起床してカメラ類を用意する。あたりはまだ真っ暗なのでスピードライトが必須。
そのうちドヤドヤと上のベランダに人がやって来る音がする。昨晩聞いた話では、ツアーの団体客がCassowaryを見に来ると言うことだったので、その人達だろうと推測。宿泊客だけではやりくりが苦しいから、Cassowaryを見せて朝食を出すコースを観光業者にオファーしているようだ。

6:30頃になって、やっと少し明るくなってきた頃、川に向かって右手のジャングルからガサゴソと下生えを踏み分ける音と共に、ヒナを4羽連れてSouthern Cassowary(ヒクイドリ)Casuarius casuariusがやって来た。
僕は自分の部屋のドアを開けて、おっかなびっくりで覗いていたのだが、親は早速僕の部屋にやって来て、「私のカワイイ子供にちょっかい出したらタダじゃ済まないわよ!」とにらみを効かす。怖いからドアを閉めるけど、覗き込むんだよ・・

e0183106_14462871.jpg
Nikon E990(8.2mm)
1/119s, f/2.5, ISO100, Speedlight

はっきり言って滅茶苦茶怖い。「蹴り殺された人がいる」という1月の会話を思い出す。
クチバシがガラスに当たってコツコツ言う。大丈夫なんだろうか?と思うが、外の様子をうかがうと、団体さんは平気で外に出てストロボをピカピカ光らせている。

e0183106_15013944.jpg
Nikon F5, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D, FUJI RDPII

親はメチャ怖いけど、ヒナはうり坊のようなシマシマで、とても愛らしい。
歩き疲れたのか、フショを地面に付けてぺたりと座り込んでいる姿が、親とはぜんぜん似つかわしくなくてカワイイ。
e0183106_14542163.jpg
Nikon F5, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D, FUJI RDPII

今年1月に来た時には親と遜色ないサイズに大きくなって縦縞も消えていたから、これから2ヶ月ちょっとであのサイズになるのだろう。あの時はヒナは1羽しかいなかったから、このサイズの鳥でも生き残るのは大変なんだろうと推測する。

物怖じしない外人観光客のストロボの光りに勇気づけられて、僕も外に出て写真を撮る。しかし、相変わらず親が迫ってくるとかなり怖い。



Nikon D1, Ai AF-S Zoom-Nikkor ED 17-35mm F2.8D(30mm)
1/60s, f/6.3, ISO200, Raw, SB-28DX


お願い!それ以上近づかなくていいから〜〜〜〜って感じだ(^_^;)。
この後Cassowaryはヒナを引き連れてジャングルに帰っていった。僕は食事まで少し時間があったので、昨日のVictoria's Riflebird(コウロコフウチョウ)の♂がいた所に行って探してみるが空振り。

朝食を食べ終わって、コーヒーを飲みながらダラダラしていたら、ベランダから見える場所にVictoria's Riflebirdの♂が出て来た。手前の葉っぱに邪魔されて写真は撮りにくかったが、胸のウロコ模様の黒い羽がとてもきれいだった。

e0183106_15212201.jpg
Nikon F5, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED(400mm), FUJI RDPII

9時過ぎに荷物をまとめてチェックアウトをし、Sacred Kingfisher(ヒジリショウビン)に再び会うためにHasties Swamp National Parkに行くことにする。

■2018/03/05追記
4枚目のヒクイドリの親子の写真は、なんと17-35mmで撮ってました。DXフォーマットのD1なので45mm相当ですが、それでもヒクイドリのデカさと距離の近さが分かると思います。この顔の鳥が近くに寄ってくると、ほんとに怖いです。


■Hasties Swamp National Park 2
9:30にCassowary Houseを出発して10:10にEmerald Creakの灌漑池に到着。
例によってハスの上にはComb-crested Jacana(トサカレンカク)、Green Pygmy-goose(アオマメガン)も1羽でちょこんとたたずんでいる。

ざっと見回して特に新しい鳥もいない事を確認したらAtherton(アサートン)方面に向かう。途中でムギワラトキやワライカワセミを見たりしながら、11:20にHasties Swampに到着。


何はともあれ、Sacred Kingfisher(ヒジリショウビン)Todiramphus sanctus を探す。いたいた、沼に突き出した倒木の先にとまっている。
まずは遠くからシャッターを切り、脅かさないように少しづつ近づいていく。

e0183106_15422128.jpg

が、しかし、こんな時に限って、他に来るはずのないと思った家族連れがやって来て、僕の苦労を水の泡にすべくドヤドヤと観察小屋への木道を渡っていく。頼む、静かにしてくれ〜〜〜っ。
もちろん願いは通じずに、目を倒木に戻したときにはヒジリショウビンはいなくなっていた(;_;)。トホホ。

前回の例からも、それほど遠くには飛んでいないと思うので、出てくるまで持久戦に持ち込むことにする。ぼーっとしているとすぐ脇にBlack-faced Cuckooshrike(オーストラリアオニサンショウクイ)がとまる。
真っ黒な顔でキャッチライトが目に入らないと絵にならない。僕に気付いているのかいないのか、ファインダー一杯に入る。

e0183106_15453658.jpg
Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)


おっと、こんどはRed-backed Fairywren(セアカオーストラリアムシクイ)の雌だ。
枯れ枝の中をちょこちょこと動き回ってなかなか写真を撮らしてくれないが、外に出て来て尾羽をクイッと持ち上げたところをパチリ。

e0183106_15480704.jpg
Nikon D1, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED(400mm)


「って言うことは雄も近くにいるな」、と思っていたら狙い通り雄が後を追うようにチョロチョロ現れた。雄は雌と対照的に真っ黒で背中が真っ赤。
こちらも茂みの外に出て来て、尾羽をピッと持ち上げたポーズでパチリ。

e0183106_15501514.jpg
Nikon F5, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)


しかし肝心のSacred Kingfisherは全然現れない。どこに行ってしまったんだろうか?

沼の方を見るとすぐ近くまでAustralasian Grebe(ノドグロカイツブリ)がやって来ている。日本のミミカイツブリかハジロカイツブリの冬羽のように見える。

e0183106_15513523.jpg
Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)

Australasian Grebe(ノドグロカイツブリ)かHoary-headed Grebe(シラガカイツブリ)か悩んだが、画像を後でRed Mill HouseのGoeffさんに見て貰ってAustralasianに決定。

ホントにすぐ近くにWillie-wagtail(ヨコフリオウギビタキ)が来た。ファインダーからはみ出す寸前。
こうやって見るとなかなか気の強そうな面構えに見える。

e0183106_15542243.jpg
Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)


いくら待ってもSacred Kingfisherは全然現れないので、諦めることにする。今日はこの後Daintreeまで行かねばならないので、あまり長居は出来ない。

沼の出口のところでWhite-necked Heron(シロガシラサギ)がいたので、写真を撮るが、遠くてかげろうが立っていたから画質は最低。

e0183106_15570077.jpg



14:15にHasties Swampを出発する。AthertonからMareebaを抜けて、15:20にMitchell Lakeの横を通りかかると、岸近くにPink-eared Duck(サザナミオオハシガモ)がいる。

e0183106_16072000.jpg
Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)

写真が撮れそうと思って車を止めて近づくが、やっぱり逃げていってしまった。待っている時間は無いので、遠くからパチリ。愛嬌の有る顔はおわかりいただけたんじゃないかと思う。

道草は適当にして、先を急ぐ。15:30にMt.Molloyを通り過ぎて、16:00にJulattenのKingfisher Parkに到着。もうBuff-breasted Paradise-Kingfisher(シラオラケットカワセミ)が来ているという情報が入っているのでチェックしていく。



■Kingfisher Park
キングフィッシャーパークロッジの事務所の横に車を止めて中に入ろうと思ったら、すぐ脇のテントにご主人がいたので挨拶。
Buff-breasted Paradise-Kingfisher(シラオラケットカワセミ)は来ているかどうか聞いてみると、もう来ているとのこと。下の果樹園で見られるから見ていけと言う。ついでに最終日に宿泊できないか聞いてみたら、予約で一杯だと断られた。残念。

果樹園に降りていく小道で1月同様にNoisy Pitta(ノドグロヤイロチョウ)Pitta versicolor に出会う。なかなか明るいところに出て来てくれないので写真がうまく撮れない。じっくり待っていれば良い写真が撮れそうだけど、今日の目的はBuff-breastedなので先を急ぐ。
e0183106_16134084.jpg
Nikon D1, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED


ひとあたり探した後で、ここぞと思われる場所で芝生の上に座り込んでじっくり待ってみることにする。
しばらくするとRed-browed Firetail(フヨウチョウ)Neochmia temporalisがやって来た。近くの枝で巣作りをしていて、巣材を集めにすぐ近くまでやって来る。Red-browed Firetail「赤い額の燃える尾」、まさに名前通りの小鳥だ。
e0183106_16153658.jpg
Nikon D1, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED


おっと、今度はPale-yellow Robin(キアシヒタキ)Tregellasia capito が来た。分布図ではこのあたりにはいないことになっているのでかなり迷ってRed Mill HouseのGoeffさんに画像を見て貰ったら、目頭がオレンジ色のPale-yellow RobinはTregellasia capitoではなく亜種Tregellasia nanaの方で、このKingfisher Parkには生息しているとのこと。
e0183106_16164244.jpg
Nikon D1, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED


肝心のBuff-breastedはちっとも現れないのに、他の鳥は次々とやって来る。少し離れた木の下に何かが動いていると思ったら先ほどのNoisy Pitta。でも、やっぱり明るいところには出てこないし、こちらも動く気がない。
おや、またまた近くの枝に小鳥が来た。White-browed Robin(マミジロヒタキ)Poecilodryas superciliosa だ。
e0183106_16174521.jpg
Nikon D1, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED


他にもSilvereye(ハイムネメジロ)がやって来たが遠くて証拠写真だけ。

結局Buff-breasted Paradise-Kingfisher(シラオラケットカワセミ)には会うことが出来ないまま5時頃出発。Daintreeに向かう。



■Red Mill House
DaintreeのRed Mill Houseに着いたのは17:55。Goeffさんと再開の挨拶をして、1月と同じ部屋に案内して貰う。庭の池にはAzure Kingfisher(ルリミツユビカワセミ)が待ちかまえている。このところずっと居着いていて、Little Kingfisher(ヒメミツユビカワセミ)も時々来るそうだ。楽しみ(^_^)。

1月と同様に、村でただ1軒のレストランのJacanas Restorantに夕食を食べに行く。チキンカツ、パン、ビールでA$18.6(約¥1,120円)ちょっと贅沢。
足下では2匹の犬が期待の眼差しでじっと見上げている。
e0183106_16214008.jpg

この目で見上げられると弱い。「ちょっとだけだよ」とポテトをあげたら喜んで次をねだるが、やはりよその犬にエサをあげるのはいけない事なので自粛。
諦めて他の客の方に移動していった。


■続きはこちら、表紙はこちら




by river_kingfisher | 2001-10-25 12:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

10/24-2 Cassowary House 2・Emerald Creak Falls 2

再びケアンズ Page-11/19

■Victoria's Riflebird 2

朝5:45に起床して1月にLovery Fairywren(ムナグロオーストラリアムシクイ)を見た場所に車で出かける。
例によって声はすれども姿は見えず状態で、あまり成果はない。こんな事ならCassowary HouseでSouthern Cassowary(ヒクイドリ)を見た方が良かったなあと反省。へそ曲がりな性格が裏目に出た。明日は素直にCassowaryを見よう。

8:00から朝食と思って戻るが、8:20に変更になったようで、昨日Riflebirdを見た場所へ行ってみることにする。昨日と同じ女性2人組が先に来ていて見上げている。「いる?」と聞いてみると「今日は姿を見せていない」とのこと。早朝よりも昼間の方が出現するのかもしれない。Sueさんによると時間は余り関係ない、と言うことだったが。
橋のところでぼ〜〜っとしていると、真上に何かが飛んできた。双眼鏡で覗くとヒヨドリくらいの鳥がいる。
胸のウロコ模様と、クチバシでRiflebirdの雌だと直感。すぐに例の女性がやって来て「Victoria's Riflebirdの雌だよね?」と同意を求めるので「私もそう思う」と答える。

e0183106_22270301.jpg
Nikon F5, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED(400mm), FUJI RDPII

現像したポジを見直してみると胸のウロコ模様がVictoriaよりもMagnificent Riflebird(オオウロコフウチョウ)のほうに近い気がするが、生息地域が違うので、Victoria's Riflebirdで良いのだろう。
距離が遠いし、位置も真上なのでよく観察できないのでもう少し近い距離に降りてこないかと期待したが、そのまま飛び去る。

Forest Kingfisher(モリショウビン)は相変わらず電線にとまっているが、他にはあまりめぼしい鳥は出来ないので朝食に戻ることにする。歩いていくと目の前を緑色の大きな鳥が横切り道路のすぐ横の枝にとまる。
双眼鏡を覗くまでもなく、緑の体と白い頭でWompoo Fruit-Dove(ワープーアオバト)と分かる。1月には遠くの梢で姿を見ただけなのでとても嬉しい。

e0183106_22292133.jpg
Nikon F5, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED(400mm), FUJI RDPII


朝ご飯を食べたら、今日はMareeba方面に出かけることにする。



Emerald Creak Falls 2
22日にガイドのJonathanの案内で回ったEmerald Creak Falls方面を一人で回ってみようと10時過ぎにMareeba方面に向かう。

Mareebaまで後5kmくらいのところで空に舞う猛禽類の姿を見つける。その数10羽以上。車を止めて双眼鏡で眺めるとトビ。いや、ニシトビ。数を数えると19羽。日本でもトビは群れて飛ぶが、こちらでも同じような感じ。あまり嬉しくない(^_^;)。
近くの枯れ木の先にはブッポウソウ。でも、写真を撮るほど近くは無いので無視する。

少し走ったところでまた空を群れ飛ぶ一群を発見。頭が長いのでツル類と直感して、すぐに停車。22日にも見たSarus Crane(オオヅル)Grus antigone の群が飛んでいる。

e0183106_22373035.jpg
Nikon D1, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED(400mm)
1/1500s, f/5.3, ISO400



e0183106_22380540.jpg
Nikon D1, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED(400mm)
1/1250s, f/5.3, ISO400


ひょっとしてBrolga(オーストラリアヅル)じゃないかと期待したが、足の色がピンクっぽいのでSarus Craneであろうと推測。
ツルが飛ぶ姿はいつ見てもきれいですね。

ここから少し走ったところにEmerald Creak Fallsに行く曲がり角がある。大きな看板が有るので間違えることはないと思うし、もし行き過ぎてもすぐにバロン川に架かる橋があり、Mareebaに入るのですぐ気付くはずだ。
ここを曲がってしばらく行くと小さな看板でEmerald Creak Fallsの表示があるT字路が有るので、ここを左折。そうすると突き当たりに灌漑池がある。
堤防が少し高くなっているので、道路からは池は直接見えないが回り込む形で右に回っていくと左手に池が見えてくる。
池は私有地なのでJonathanの注意を守って道路から入らないように注意する。

この日もGreen Pygmy-goose(アオマメガン)Nettapus pulchellus は一人で2日前と同じ場所にいた。カワイイ奴だ(^_^)。他の鳥は22日と同じ。
e0183106_22442400.jpg
Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)
1/1250s, f/6.3, ISO400

池の上をWhistling Kite(フエフキトビ)Haliastur sphenurus がゆうゆうと旋回している。

e0183106_22481656.jpg
Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)
1/1250s, f/6.3, ISO400

1月に来たときはてっきりLittle Eagle(アカヒメクマタカ)と思っていた猛禽だ。(翼下面の模様が少し似ているから、どうしてもトビ系じゃ無い方にしたくなる気持ちは分からないでもないでしょ?)
落ち着いて見れば尾羽に横縞はないし、全然違うんだけど・・・・(^_^;)。

図鑑によると1年目の若鳥は色が濃いので、この個体は淡色型と思われる。
せっかくなので、フエフキトビの通常の色の個体の写真も載せておく。

e0183106_22502211.jpg
Nikon F5, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm), FUJI RDPII


灌漑池を後にして、きっと何もいないんじゃないかと思いながら22日にPale-headed Rosella(ホオアオサメクサインコ)を見た林に行く。思った通り何もいない、と思ったらLaughing Kookaburra(ワライカワセミ)がじっととまっている。あんなにでかい鳥なのに気付かないなんて、僕には鳥を見つけるセンスが無いのかも知れないと少し反省。

またまたトビが沢山舞っている。今回はBlack Kite(ニシトビ)だけではなくWhistling Kite(フエフキトビ)も混じっている。
並んで木の枝にとまったので比較の写真を撮る。Whistling Kite(フエフキトビ)は真っ白と言って良いくらい白い。

e0183106_22513839.jpg
Nikon F5, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm), FUJI RDPII

ゆったりと舞っているトビの群の中を、小さな猛禽が通り過ぎようとした。下面は白っぽくてツミの雄のように感じた。後で写真判定でCollared Sparrowhawk(アカエリツミ)Accipiter cirrocephalus とした。

e0183106_22530113.jpg

この後22日にランチを食べた小川のほとりで、何か出ないか少し待ってみることにする。。

鳥の声と飛び交う姿は見えるのだが、なかなか写真を撮れるような場所には出て来てくれない。やっとWhite-bellied Cuckooshrike(パプアオオサンショウクイ)が松の枝に出て来たので1枚。
e0183106_22563067.jpg
Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)
1/640s, f/6.3, ISO400

他にはBrown Honeyeater(サメイロミツスイ)、White-faced Heron(カオジロサギ)、Laughing Kookaburra(ワライカワセミ)、Striated Pardalote(キボシホウセキドリ)、Australian Kestrel(オーストラリアチョウゲンボウ)、Dollarbird(ブッポウソウ)など。
もう出発しようと思ったら車の上に梢にハチマキミツスイがいた。
e0183106_22583030.jpg
Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D+TC-20E(600mm)
1/1000s, f/6.3, ISO400

ハチマキミツスイは目の上が赤い、ただハチマキミツスイ、青いノドジロハチマキミツスイ、青くてノドがグレーのノドグロハチマキミツスイの3種がケアンズ周辺で見られるはずなので、どれなのか必死で識別。
ノドが白いのは分かったが、目の上の色がよく見えない。これも写真判定で青い方のWhite-throated Honeyeater(ノドジロハチマキミツスイ)Melithreptus albogularis とした。ちぇっ、21日にCentenary Lakeで見ているじゃんけ…



22日に走った道をそのままトレースして走っていくと、カンガルーを見たところでまたまた大集団が空を飛ぶのを発見。

e0183106_23065771.jpg

首を伸ばして飛んでいるのでてっきりSarus Crane(オオヅル)と思ったが、翼の下面が黒っぽいし何か雰囲気が違う。
(後で写真を見直してみて、足が見え無いことが違うのに気付いた。なぜツルのように足を伸ばして飛ばないのだろうか?不思議だ。)
■2002/01/09追記
図鑑をよく見てみれば、トキ類は足を伸ばしてもツルやサギのように尾羽から足が突き出ないんですね。Straw-necked Ibisは少し出ているようですが、Crested Ibis(日本のトキ)は全く出ないようです。勉強になった。

双眼鏡でよく見てみるとStraw-necked Ibis(ムギワラトキ)Threskiornis spinicollis の群。

e0183106_23114363.jpg

100羽くらいの群が3つ、それぞれ旋回している。しばし車を止めて写真を撮るが、だんだん離れて行ってしまったのであきらめる。

そのまま1号線まで進み、左折してMareebaに戻る。途中でお昼を食べたかったが、お店らしきものは皆無だったので、ここで少し食べることにする。Mareebaの町に入ったのは14:20。
e0183106_23141786.jpg

今回はもう少し店内を観察しようと思って、1月にハンバーガーを食べた賭屋のような店に行く事にする。

e0183106_23172626.jpg

やはり皆さんtotoカードのようなマークシート紙片に何やら書き込んで、レジでお金を払って登録作業をしている。TVの画面は競馬だから、競馬の登場を行っているんじゃないかと推測。でも、システムはよく分からない。そのうちネットで調べて見ることにする。
この店のレジの横に盲導犬の募金箱があったのが嬉しかった。オーストラリアの盲導犬のハーネスの色は日本の白とは異なり、茶色だと言うことが分かった。
でも、客の方に顔を見せておくのが普通じゃないのか??

ここでビールを飲んで食事の代わりとする。何となく疲れが出て来たのでそのままCassowary Houseまで戻ることにする。帰ったら不覚にも寝てしまい、「夕食が出来たよ!」の声に起こされる。昨晩の女性2人組が消えたメンバーで食事。
明日の朝はSouthern Cassowary(ヒクイドリ)を見ることにする。


■続きはこちら、表紙はこちら




by river_kingfisher | 2001-10-24 19:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

10/24-1 Centenary Lakes・Cassowary House

再びケアンズ Page-10/19

■Centenary Lakes 5

今回5度目のCentenary Lakeには10時半に到着。とにかくBush Thick-kneeを求めて、いつもいた場所に向かう。
よしよし、いつものようにBush Thick-knee(オーストラリアイシチドリ)が4羽、ひょうきんな顔で木立の影になったところにたたずんでいる。

e0183106_20270948.jpg
Nikon F5, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D, FUJI RDPII

イシチドリ類は、体のサイズに対してアンバランスに大きな目の持ち主が多い。長い足で音もなく外敵(僕の事だ)から遠ざかっていく。

e0183106_20281762.jpg
Nikon F5, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D, FUJI RDPII

昨日までは暗いF5.6のレンズだったから、シャッター速度が遅くて被写体ブレのブレ写真しか撮れなかったけど、今日はF2.8を持ってきたからバッチリ。僕だけでなく、上空も警戒しながら滑るように移動していく。
個人的にはもう少しクチバシの長さが長いとバランスが良くなって、バードカービングで彫ろう!と言う意欲の沸きそうな気がするのだけど、色つけが面倒そうだから、きっと作らないだろうなあ・・・。


この子達さえ撮影すればもうCentenary Lakeには用はない。さっさとKurandaに移動しようと思い車の方に歩いていくと、出口近くの塩湖にLittle Pied Cormorant(シロハラコビトウ)がとまっている。
e0183106_20285736.jpg
Nikon F5, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D, FUJI RDPII

この鳥はバリ島に行ったときに初めて見て、しっかり写真を撮ったのだが、データをCD-Rにバックアップするときに間違えて消してしまい画像が無い。
この数日毎日見ているのだがなかなかちょうど良いところに止まっていないため写真が撮れなかったので、少し遠いけど写しておく。でも、結果を見ると三脚を使っていないから少しぶれている。この鳥とは縁がないのかも知れない。


このままKurandaに移動しようと思ったが、腹ごしらえは市内の方が安上がりと思って、もう一度市内方向に移動する。
何を食べようかと考えながら、市内に入ったところでテイクアウトの「ポークリブ」の看板が目に入る。実は僕はリブステーキが大好きなので、即座にここに決定。

e0183106_20321264.jpg

しかし、リブステーキの最小単位(何本入っているか書いてなかった)を注文した後でこの店がBYOのアルコール抜きの店だと言うことに気付く。しょうがないからリンゴジュース(;_;)で食べることにする。
どう考えたってビールにピッタリの食べ物なんだよね、これって。味付けも日本人に向いていてお勧めです。

毎度の事ながら、こちらの食品は量が多い。ジュースと一緒でA$9.40(¥570円)だが、パックの中にはなんと11本のリブステーキが入っていた。がんばって食べたが8本でギブアップ。残りは泣く泣く捨ててきた。美味しかったのに残念!

13:45にお腹一杯でCairnsを出発する。
目的地はSouthern Cassowary(ヒクイドリ)がかっ歩し、Victoria's Riflebird(コウロコフウチョウ)がバッサバッサと求愛ダンスをする(はずの)KurandaのCassowary Houseだ。


■Cassowary House
ハイウェイを快調にぶっ飛ばして、KurandaのCassowary House(カサワリーハウス)(※注1)に到着したのは14:10。

Sueさんと再開の挨拶をした後部屋に案内して貰う。今回の部屋は食事をするベランダの真下のシングルルーム。部屋の窓からエサを食べに来る動物たちがしっかり見える場所だ。
ここでは23,24の2日間泊まって、Victoria's Riflebird(コウロコフウチョウ)とSouthern Cassowary(ヒクイドリ)を観察する予定だ。
まずはベランダでコーヒーをご馳走になりながら、Sueさんから鳥に関する情報を貰う。

狙いのRiflebirdは表の道路を少し下ったあたりでよくディスプレーを行うようだ。
雄のRiflebirdは日の当たっている枝にとまってディスプレーを行うので、注意をするように教えて貰う。

レクチャーを受けている間にもベランダの周囲にはミツスイ類がどんどんやってくる。
e0183106_20333433.jpg
Dusky Myzomela(コゲチャミツスイ)Myzomela obscura
Nikon D1, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED(180mm)
1/125s, f/5, ISO400


1月に来た時はおおように構えていて、すぐそばに出たRiflebirdを撮影し損なうという失態を演じたが、今回は300mmも持っていって何かが出たらすぐに対応できる体勢。

e0183106_20373888.jpg

ネコ君(名前を忘れてしまった)は、周りに鳥が一杯いるのに全然興味のない姿勢を表明していた。ホントに鳥に興味がないのかなあ?


おっと、すぐ横のフィーダーにMacleay's Honeyeater(シラフミツスイ)がやって来た。もう300mmでピントが合うぎりぎりの近さ。ほとんどトリミングしてません。
その代わりシャッタースピードはF2.8でも1/40でぎりぎり。手持ちではちょっと苦しい。
e0183106_20381523.jpg
Nikon F5, Ai AF-S Nikkor 300mm f/2.8D, FUJI RDPII




■Victoria's Riflebird
コーヒーも飲み終わって、近くに来る鳥も見飽きたところで、Sueさんに教えて貰った表の道路にRiflebirdを探しに行くことにする。

双眼鏡とD1+VRを持って、とことこ歩いていくと道路の先に女性が2人、双眼鏡で上を見ている。
何を見ているのかと、離れたところから見ているあたりを探してみると真っ黒なVictoria's Riflebird(コウロコフウチョウ)Ptiloris victoriae の雄が止まっている。

e0183106_22070468.jpg
Nikon D1, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED(400mm)
1/350s, f/5.6, ISO400


道路の真上に張り出した枝の、シロアリの巣の上にとまってじっとしている。先に見ていた女性は身振りで「まだそこにいるのか?」と聞くので、「いるよ」とこちらも身振りで教える。見えない位置で観察していたとは思えないから、移動した直後なのだろう。
近くまで歩いていき「ディスプレーを見たか?」と聞くと「まだ見ていない」と教えてくれる。

しばらく3人でディスプレーを始めないかと待っていたが、そのうち飛び去る。
この2人の女性はCassowary Houseに泊まっているそうで、このあたりが一番Riflebirdが良く出るんだと教えてくれた。

もう少し道を下ったところに橋があるので、そこまで行って下の川を覗いてみると、Azure Kingfisher(ルリミツユビカワセミ)がとまっていた。写真を撮ろうと思ったが、あまりにも遠い。すぐに飛び去る。

橋の上で「なんか見たことあるな?」と周りを見回してみたら、ここは最初の日にMareebaに行く前にガイドのJonathanがバスを降りて周りの様子をうかがっていた、あの橋である。
そうか!JonathanはRiflebirdを探していたわけだ。やっと納得。でも、なんであの時はそう言わなかったのだろうか??
と、言うことは、あの時はワライカワセミが電線にとまっていたのだから、今回もいるはずと、電線を見回してみたらすぐ頭の上にForest Kingfisher(モリショウビン)Todiramphus macleayii がとまっていた。

e0183106_22141841.jpg
Nikon F5, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED(400mm), FUJI RDPII

予想とは違うけど、カワセミポイントには違いないから満足。ここのモリショウビンはつがいでこの電線をテリトリーにしているようで2羽が交互に現れた。

この後、再度Riflebirdが現れたが、ディスプレーはしないまままた飛び去る。僕も食事の前に今日のD1のデータをMacに落としておくために部屋に戻ることにする。

夕食前にシャワーを浴びて、今日のデータを見ていると食事が出来たと知らせてくれる。ベランダで先ほどの2人の女性、アメリカからの旅行者の夫婦2組と僕の合わせて7人の客と、Sueさんと息子の・・・君(名前忘れた)の9人で夕食。
僕に向かってのゆっくりとした話し方なら何とか理解できるが、彼等同士の猛烈にスピードの速い会話は90%理解できない。たまに相づちを求められるので、「こんな事を話していたの?」と聞き返すと全く違っていて恥ずかしい。
でも、ちゃんと会話に加われるように必要な場合はゆっくりしゃべってくれるから退屈はしない。それなりに楽しく夕食は終了。

明日は早起きして1月にLovery Fairywren(ムナグロオーストラリアムシクイ)を見た場所に行ってみることにする。


■続きはこちら、表紙はこちら


※注1
Cassowary House(カサワリーハウス)は1月の1/20 Kingfisher Park〜Cassowary Houseを参照下さい。




by river_kingfisher | 2001-10-24 12:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)