<   2001年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

OLYMPUS OM-1

閉鎖した昔のサイトの復活ページです。初稿掲載時(2000/8/14)の日付に戻したいけどエキサイトブログは2001年より前に日付設定できないので、2001/8/14にて掲載し直します。



記念すべき、自分でお金を出して買った最初のカメラ。

大学で使っていた備品のNikon Fと比べて、小さくて軽くどこにでも持って行ける良いカメラだった。

当時はブラックボディが好きではなかったので、ホワイトのボディを購入。正面と上面の刻印文字をホワイトのエナメルで塗り替えて、自分ではシックにしたつもり。(これは今でも気に入っている)


e0183106_13374145.jpg


どこにでも持っていけると言いつつも、実際には自分が大学の授業課題で作製した作品の記録とか、資料作成のために使っていただけで、芸術的な作品は少ない。

やはり当時流行した明るいレンズにあこがれていたので、50mmF1.4のレンズを付けて購入した。
どうせ作品を撮るのならマクロレンズを買うべきだったと思うのだけど、自分ではこれは持ち歩き用で、作品は大学の備品で撮ればいいと思っていた。

このボディはご多分に漏れず今ではペンタプリズムに腐食が入ってしまい、周辺が非常に見苦しくなってしまっている。


このカメラとレンズで撮ったのんたん1号。
F1.4の開放では被写界深度はペラペラに薄くて、ピント合わせが大変だった記憶がある。



OLYMPUS OM-1, ZUIKO 50mm F1.4, Fuji HR100, 1985/09



私の持っているOMシステムの総て。(※総てと書いたが、データバックを持っているはずなのだけど、どこに仕舞い込んだのか不明で写っていない。)


e0183106_1338744.jpg


在学中に35mmF2.8を追加。社会人になってから75〜150mm F4.0のズームを購入。
このカメラを使っている頃には欲しくてしょうがなかったバリマグニファインダーはつい最近友人からの貰い物。実際に撮影には使ったことがない(^_^;)。

このシステムのうち、最近(2000/7)貰ってきたカタログで販売している(事になっている)のは35mmF2.8とバリマグニファインダーの2点だけである。
オリンパスはデジタルに切り替えているから、もう銀塩の新しいシステムが出ることは無いだろから、ちょっと寂しい。


学生時代に友人が撮ってくれたスナップ。右に傾いてますねぇ。

e0183106_13383053.jpg


これじゃろくな写真が撮れないと思う。(実際には右側にいた女の子にもたれかかろうとしているのが本当らしい^_^;)
これを撮ったカメラはヤシカエレクトロ35だと思う。



■2015/10/30追記
「どこかに仕舞い込んだ」で終わらせては、この先二度と陽の目を見ることは無くなりそうなので、データバックを探しだしました。

正式名称は「RECORDATA BACK 2」でした。
裏蓋交換はピンをずらすだけで簡単に出来ます。

e0183106_1955325.jpg


ダイヤルを回して焼きこむデータを選びます。ダイヤルは4つありますが、年月日がメインで、一番右はフィルムの番記用でしょうか?

e0183106_19571321.jpg


最後に使ったのは1985/12/9だったようです。
年号は78〜15まであるので、今年はまだ有効ですね(笑)。
たしか、この後「RECORDATA BACK 3」になって、クオーツ時計が内蔵されて自動で日付が更新されるようになり、焼きこみも7セグのデジタルフォントになったはずです。

ストロボのX接点までコードを伸ばし、X接点をトリガーに使って内蔵の発光ダイオードを光らせて、フィルムに後ろから焼きこむ仕組みです。(確かBACK 3はOM2以降に対応して、裏蓋ヒンジ辺りにこのトリガーの接点を増設して、無粋なコードは無くなったはずです。)

e0183106_202139.jpg


圧板の右上(印画紙では右下)に小窓が開いていて、よく見ると数字が抜き印刷されているのが分かる。

e0183106_2062454.jpg


表のダイアル通りに「85 12」が裏返しになっているのが分かります。

実際にデータを焼きこんだフィルムを探したので載せておきます。カラーの場合はオレンジ色に焼きこまれます。

e0183106_217563.jpg


(真ん中を流れているのはナイル川です。両側だけが植物が生えています。)

ちなみに、1979/2/5に¥11,250で名古屋のワキタ商会から買ってました。


そしてそして、なんと水銀電池も発見しました!

e0183106_20391854.jpg


確か、1995年に水銀電池が廃止になって店頭からなくなる時に買ったはずなので、すでに20年が経過している・・・

パッケージの裏側には1997/10までが推奨と書かれてます。

e0183106_2042256.jpg


当然ながら放電してしまって、電力は残ってない。

e0183106_20414386.jpg



やはり、「Light Meter Free」に頼るしか無いですね。


PS:昔の記事部分は画像サイズが小さいです。昔はPCの画面も小さかったので、このくらいで充分だったんですが…
のんたんの写真も小さかったのですが、作例写真がそれじゃイカンと反省して、ネガを探しだしてデジタイズしなおしました。ネガのデジタイズは色がめちゃくちゃで、かなり適当に調整してます。

2015/7/14に京都の伏見稲荷でカシャカシャ撮って、戻ってきたら・・・の話はこちら


■2018/02/22追記
放棄したwww.kingfisher.jpの記事を2015-10-30 21:12に再掲載していたのですが、今回再々掲載にあたり初稿掲載時の日付に戻したいけどエキサイトブログは2001年より前に日付設定できないので、2001年にて掲載し直します。



by river_kingfisher | 2001-08-14 12:00 | カメラ | Trackback | Comments(2)