<   2001年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2001/1月オーストラリア探鳥

e0183106_15383411.jpg2001年1月12日から22日までの11日間のオーストラリア・ケアンズの探鳥旅行Indexです。
元稿は2001/02/10に旧サイトに掲載を開始し、ダラダラと書き続けて2001/05/06に最後の35ページ目を書いてます。今回復活させるにあたり、なるべく画像を大きくしてページも集約して17ページにまとめています。



オーストラリア・どたばた準備編
1/12 行くぜ!オーストラリア
1/13-1 行動開始
1/13-2 フリッカー植物園・エスプラネード
1/14-1 やっとカワセミ!
1/14-2 Red Mill House
1/15 Daintree River Tours・Cape Tribulation National Park
1/16-1 Cook Town
1/16-2 Cook Town2
1/17-1 2回目のリバーツアー
1/17-2 Southern Cassowary
1/18 Azure KingfisherとKingfisher Park
1/19 Kingfisher Park - 2
1/20 Kingfisher Park〜Cassowary House
1/21 いよいよ最終日
ケアンズ1回目の総括
ケアンズ経費一覧


■他の旅行のIndexはこちら


■2018/03/12追記
昔のページに使っていた画像が情けなくて・・・
今の機材でもう一度撮り直したいと、切に思う今日この頃です。

■2018/03/13追記
何度チェックしても出て来るリンクミスにげっそりです。
単純に移植するだけならそれほど手間はかからないのですが、17年の年月は環境をあまりにも変えています…
そして、ページのナンバリングがめちゃくちゃだった。

■2018/03/14追記
過去記事を移植しながら、つくづく「この頃は鳥見に一生懸命だったなぁ〜」と思います。この頃は「世界のカワセミ類を全部見てやる!」なんていう、大それた夢を持ってました。だから「カワセミ王国」(笑)。(実はお金さえかければ実現はそれほど難しくないんですが…)。
この情熱はどこに行ってしまったんだろう?

■2018/03/15追記
やっとこさ、2001年の1月の、最初のケアンズ探鳥の移植掲載が終了しました。
最初はそのままリンクだけ修正して移植するつもりでいたが、終わって見直して見たら、とてもじゃないが画像が小さすぎて見ていられない状態なので、結局ずいぶん多くの元画像を探し出して大きなサイズに作り直してます。
小さいままの画像は、元画像が行方不明か、作り直しても画質が向上しない(つまり使っているのが等倍ピクセル)か、680x480pixlなのでなんとか見られて作り直すのが面倒な場合です。

17年前といえば、まだ電話線に繋いだ2400bpsのモデムでピーゴロやってた時代だと思うので、データ量を小さくしようとして仕方のないことかもしれませんが、今こうして見ている画像も20年後には見ていられないレベルになるのかと思うと、ちょっとやるせないです。

まあ、前にも書いたけど、その頃には僕は生きてないと思うからいいんで受けど(笑)

引き続き、2001年10月のケアンズ探鳥記の復活作業に入ります。
このIndexページは10月分が終わる頃に下の方に沈ませます。




by river_kingfisher | 2001-01-22 20:00 | 旅行Index | Trackback | Comments(2)

ケアンズ経費一覧

Page-17/17


■費用明細

2001年1月12日から22日までの11日間のオーストラリア・ケアンズの探鳥旅行の経費一覧表です。

キャッシュ使用分
国際免許証 ¥2,600
電源変圧器 ¥2,980
ハの字プラグ ¥400
トラベラーズチェック ¥61,000
航空券 ¥74,350
旅行保険(東京海上) ¥8,010
いなり寿司とウーロン茶(上野) ¥480
京成特急(上野→成田空港) ¥1,000
宅急便・行き ¥2,000
シーバス・ハーフボトル(免税) ¥1,700
リムジンバス・帰り ¥3,500
現金出費TL(1) ¥158,020

カード精算分
ETAS登録 ¥1,500
レンタカー・9日間・割増保険付き ¥57,297
ガソリン(178.8L・¥60円/L) ¥10,729
宿泊(Kingfisher Park分のみ) ¥13,014
おみやげ ¥3,699
カード請求TL(2) ¥86,239

総トータル
総出費TL (1)+(2) ¥244,259

注)ケアンズでは日本円はいっさい使用していない。そしてTCは総て使い切った。
それぞれの宿の宿泊代は準備のページの一覧表または本文をチェックして下さい。Kingfisher Parkの2泊のみクレジットカード精算で、残りはキャッシュ又はTCで払っています。
TCの使い道の詳細など、レストランでの食事も可能な限り本文に書かれているので、それを目安に推測して下さい。

■2001/5/12追記
総出費TLを¥242,559円から¥244,259円に修正。(シーバスを忘れてました)



by river_kingfisher | 2001-01-22 14:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

ケアンズ1回目の総括

Page-16/17


総括

今回の旅行は嫁さんも同行者もなく一人っきりだったせいで、自由気ままに動き回ることが出来て非常に楽しいものだった。しかし一人だと鳥を探す目も一対しかないから、見る事が出来た鳥の数が日数の割りに少ないのも確かです。
現地でガイドさんを使ってじっくりと鳥見をしたのはほんのわずかな時間しかないので、数を稼ぐという点ではあまり効率的な旅ではなかったと思う。恐らく探鳥会等のツアーに参加すれば、同じ場所でももっと多くの種類を見ることが出来ると思います。
しかし、私の目的はカワセミ類をじっくりと見て、出来れば写真を撮ることだったし、おまけでSouthern Cassowary(ヒクイドリ)、Victoria's Riflebird(コウロコフウチョウ)の、見たかった2種を見ることが出来たので満足している。

目当てのカワセミ類はケアンズ周辺でリストされている下記の9種類のうち、
  1. Blue-winged Kookaburra(アオバネワライカワセミ)
  2. Laughing Kookaburra(ワライカワセミ)
  3. Collared Kingfisher(ナンヨウショウビン)
  4. Sacred Kingfisher(ヒジリショウビン)
  5. Forest Kingfisher(モリショウビン)
  6. Red-backed Kingfisher(コシアカショウビン)
  7. Buff-breasted Paradise-Kingfisher(シラオラケットカワセミ)
  8. Little Kingfisher(ヒメミツユビカワセミ)
  9. Azure Kingfisher(ルリミツユビカワセミ)
当初からの目標の6種類を見ることが出来たので大満足。(これでカワセミポイントは一気に14種まで増えて、ベースの記号がNまで行きました(^_^)v。)

今回見られなかったCollared Kingfisherはすでに他で何度も見ているし、Sacred Kingfisher、Red-backed Kingfisherは生息地域がオーストラリア一帯に広いので、別の機会に見ることは簡単だと思ってます。
オーストラリアで残る一番難しそうなYellow-billed Kingfisher(キバシショウビン)は悪路を1,000kmほど走った先のCape Yoke岬方面に行かなければ見られないようなので、これはパプアニューギニアに見に行ったほうがかえって楽そうだと思ってます。(※注1)

全10日間の日程のうち初日は移動なので、実質9日間で走行距離1,480kmを一人で走り回ったわけですが、道が整備されている(未舗装は有りますが^_^;)事と、車が少ない事もあり、とても快適にドライブが出来ました。

皆さん気になる費用は、準備のページに載っている細かな出費まで総て含めて¥242,559円 ¥244,259円 (12May.2001金額変更:シーバスを忘れてました)でした。自分としては20万に押さえたいと思っていましたが、レンタカー代が保険を付けたので予定よりも高くなったのと、ガソリン代が思ったよりも高かった(1,400kmも走ると思ってなかった^_^;)こと等、少し多めになりました。経費の明細一覧はこちらをご覧ください。



■今回見ることが出来た鳥 101種(うち初見78種)■
(SimはSimpson & Day図鑑の個別No. 、SltはSlater Field Guide図鑑のPage No.)
和名
学名
英名
Sim
Slt
初見
ヒクイドリ Casuarius casuarius Southern Cassowary 2 10 Daintree
ミナミクロヒメウ Phalacrocorax sulcirostris Little Black Cormorant 108 48
コシグロペリカン Pelecanus conspicillatus Australian Pelican 92 50 Cairns
セイタカコウ Ephippiorhynchus asiaticus Black-necked Stork 170 50 Daintree
クロサギ Egretta sacra Pacific Reef-Egret 158 52
コサギ Egretta garzetta Little Egret 156 52
ササゴイ Butorides striatus Striated Heron 159 56
タカサゴクロサギ Ixobrychus flavicollis Black Bittern 163 58 Daintree
オーストラリアヘラサギ Platalea regia Royal Spoonbill 168 58 Cairns
オーストラリアクロトキ Threskiornis aethiopicus Sacred Ibis 166 58 Cairns
オオリュウキュウガモ Dendrocygna arcuata Wandering Whistling-Duck 116 62 Cairns
ミナミチュウヒ Circus approximans Swamp Harrier 297 74 Cooktown
ニシトビ Milvus migrans Black Kite 286 76 Cooktown
フエフキトビ Haliastur sphenurus Whistling Kite 287 76 Cooktown
シロガシラトビ Haliastur indus Brahminy Kite 288 78
ミサゴ Pandion haliaetus Osprey 283 78
シロハラウミワシ Haliaeetus leucogaster White-bellied Sea-Eagle 289 78
チャイロハヤブサ Falco berigora Brown Falcon 302 80 Cooktown
オーストラリアチョウゲンボウ Falco cenchroides Australian Kestrel 303 82 Cooktown
ハヤブサ Falco peregrinus Peregrine Falcon 299 82
マミジロカルガモ Anas superciliosa Pacific Black Duck 120 84 Cairns
ヤブツカツクリ Alectura lathami Australian Brush-turkey 6 86 Daintree
ツカツクリ Megapodius freycinet Orange-footed Scrubfowl 4 86 Daintree
ハシブトオオイシチドリ Esacus neglectus Beach Thick-knee 225 86 Daintree
ミナミオオクイナ Rallina tricolor Red-necked Crake 139 94 Cairns
トサカレンカク Irediparra gallinacea Comb-crested Jacana 222 94 Julatten
セイケイ Porphyrio porphyrio Purple Swamphen 148 96 Julatten
ズグロトサカゲリ Vanellus miles Masked Lapwing 228 98 Cairns
オオメダイチドリ Charadrius leschenaultii Greater Sand Plover 239 102 Daintree
メダイチドリ Charadrius mongolus Mongolian Plover 237 102
チャオビチドリ Charadrius bicinctus Double-banded Plover 238 104 Daintree
オバシギ Calidris tenuirostris Great Knot 200 116
オオソリハシシギ Limosa lapponica Bar-tailed Godwit 197 120
オグロシギ Limosa limosa Black-tailed Godwit 196 120
チュウシャクシギ Numenius phaeopus Whimbrel 178 122
ホウロクシギ Numenius madagascariensis Far Eastern Curlew 177 122
アオアシシギ Tringa nebularia Common Greenshank 186 124
ソリハシシギ Tringa cinerea Terek Sandpiper 191 128
ミヤコドリ Haematopus ostralegus Eurasian Oystercatcher 226 132 Daintree
ギンカモメ Larus novaehollandiae Silver Gull 253 136 Cairns
オオアジサシ Sterna bergii Great Crested-Tern 273 140
オニアジサシ Sterna caspia Caspian Tern 262 140 Cairns
コアジサシ Sterna albifrons Little Tern 271 142
ベニカノコバト Geopelia humeralis Bar-shouldered Dove 318 154 Daintree
キンバト Chalcophaps indica Emerald Dove 319 154 Mt.Molloy
ワープーアオバト Ptilinopus magnificus Wompoo Fruit-Dove 307 156 Daintree
パプアソデグロバト Ducula spilorrhoa Torresian Imperial-Pigeon 308 158 Daintree
モモイロインコ Galah Cacatua roseicapilla 337 160 Cooktown
キバタン Cacatua galerita Sulphur-crested Cockatoo 341 160 Kuranda
ゴシキゼイガイインコ Trichoglossus haematodus Rainbow Lorikeet 344 164 Cairns
イチジクインコ Cyclopsitta diophthalma Double-eyed Fig-Parrot 350 166 Daintree
アカオクロオウム Calyptorhynchus banksii Red-tailed Black-Cockatoo 331 182 Mareeba
キジバンケン Centropus phasianinus Pheasant Coucal 394 184 Daintree
オオオニカッコウ Scythrops novaehollandiae Channel-billed Cuckoo 393 184 Daintree
アオバネワライカワセミ Dacelo leachii Blue-winged Kookaburra 421 184 Cooktown
ワライカワセミ Dacelo novaeguineae Laughing Kookaburra 420 184 Daintree
モリショウビン Todiramphus macleayii Forest Kingfisher 422 186 Cairns
シラオラケットカワセミ Tanysiptera sylvia Buff-breasted Paradise-Kingfisher 427 188 Julatten
ヒメミツユビカワセミ Alcedo pusilla Little Kingfisher 419 188 Daintree
ルリミツユビカワセミ Alcedo azurea Azure Kingfisher 418 188 Daintree
ブッポウソウ Eurystomus orientalis Dollarbird 429 188
パプアガマグチヨタカ Podargus papuensis Papuan Frogmouth 406 196 Daintree
コシジロアナツバメ Aerodramus spodiopygius White-rumped Swiftlet 413 198 Daintree
オーストラリアツバメ Hirundo neoxena Welcome Swallow 698 200 Cairns
ノドグロヤイロチョウ Pitta versicolor Noisy Pitta 432 202 Julatten
レモンオリーブヒタキ Microeca flavigaster Lemon-bellied Flyrobin 610 220 Julatten
アカハラモズヒタキ Pachycephala rufiventris Rufous Whistler 630 224 Julatten
テリヒラハシ Myiagra alecto Shining Flycatcher 640 228 Daintree
メンガタカササギビタキ Monarcha trivirgatus Spectacled Monarch 645 228 Julatten
カオグロカササギビタキ Monarcha melanopsis Black-faced Monarch 643 228 Kuranda
ヨコフリオウギビタキ Rhipidura leucophrys Willie-wagtail 636 234 Cairns
オーストラリアマルハシ Pomatostomus temporalis Grey-crowned Babbler 594 240 Mt.Molloy
ムナグロオーストラリアムシクイ Malurus lamberti Lovery Fairywren 448 248 Kuranda
ハシブトセンニョムシクイ Gerygone magnirostris Large-billed Gerygone 495 262 Daintree
トサカハゲミツスイ Philemon buceroides Helmeted Friarbird 517 276 Cairns
アオツラミツスイ Entomyzon cyanotis Blue-faced Honeyeater 522 278 Mt.Molloy
コキミミミツスイ Meliphaga notata Yellow-spotted Honeyeater 530 282 Daintree
ウロコミツスイ Ramsayornis modestus Brown-backed Honeyeater 567 292 Daintree
コゲチャミツスイ Myzomela obscura Dusky Honeyeater 573 294 Daintree
シラフミツスイ Xanthotis macleayana Macleay's Honeyeater 523 296 Julatten
キバラタイヨウチョウ Nectarinia jugularis Olive-backed Sunbird 742 298
ヤドリギハナドリ Dicaeum hirundinaceum Mistletoebird 743 300 Daintree
フヨウチョウ Neochmia temporalis Red-browed Firetail 730 306 Julatten
カノコスズメ Taeniopygia bichenovii Double-barred Finch 723 308 Julatten
シマコキン Lonchura castaneothorax Chestnut-breasted Mannikin 739 310 Julatten
イエスズメ Passer domesticus House Sparrow 720 312
オナガテリカラスモドキ Aplonis metallica Metallic Starling 752 314 Daintree
キミドリコウライウグイス Oriolus flavocinctus Green Oriole 651 314 Daintree
メガネコウライウグイス Sphecotheres vieilloti Green Figbird 653 314 Cairns
テリオウチュウ Dicrurus megarhynchus Spangled Drongo 650 316 Cairns
ツチスドリ Grallina cyanoleuca Magpie-lark 649 316 Cairns
カバイロハッカ Acridotheres tristis Common Myna 754 318
モリツバメ Artamus leucorynchus White-breasted Woodswallow 675 318 Daintree
ハイイロモズガラス Cracticus torquatus Grey Butcherbird 682 320 Cooktown
クロモズガラス Cracticus quoyi Black Butcherbird 681 320 Daintree
フエガラス Strepera graculina Pied Currawong 686 322 Cooktown
カササギフエガラス Gymnorhina tibicen Australian Magpie 685 324 Cooktown
オオニワシドリ Chlamydera nuchalis Great Bowerbird 666 326 Mt.Molloy
ミミグロネコドリ Ailuroedus melanotis Spotted Catbird 659 328 Kuranda
コウロコフウチョウ Ptiloris victoriae Victoria's Riflebird 655 330 Kuranda
恐らく写真の中には間違いがあると思います。間違いを見つけた方はコメントご指摘ください。

■続きはこちら、表紙はこちら


■2018/03/11追記
公開当時にリストに載っていたLittle Eagle(アカヒメクマタカ)Hieraaetus morphnoidesは誤記入だったので、今回削除しました。また、本文に載っていてリスト漏れしていた2種(どれだったか忘れた)が増えてTL101種になりました。

※注1
Yellow-billed Kingfisher(キバシショウビン)は予定通り、2007年7月にパプアニューギニアで見てきました。




by river_kingfisher | 2001-01-22 13:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

1/21いよいよ最終日

Page-15/17


いよいよ最終日(21 Jan.2001)

5:45に起床。部屋の荷物を軽く整理して、インスタントコーヒーを飲んで6:05に出発。
昨晩教えて貰ったLovery Fairywren(ムナグロオーストラリアムシクイ)の出るという森に行く。
昨夜の雨がこずえからポタポタ落ちてくるし、夜露で下草が濡れているから、歩き回るとズボンも靴もびしょびしょ。早々に徒歩はあきらめて、車を少しづつ移動させながら車内から耳を澄ませて鳥を探しながら観察することにする。
特徴のあるCatbirdの声はすぐに識別できるが、そのほかの鳥はまだよく分からない。

Fairywrenの鳴き声は日本のエナガと似た声で、茂みの中を移動しているのは分かるが姿はなかなか見ることが出来ない。
何度か近くを移動していたがそのうち全然聞こえなくなったのであきらめて、少し広いところに移動したら、上空をSulphur-crested Cockatoo(キバタン)がうるさい声で鳴きながら通過。

e0183106_23130653.jpg
Sulphur-crested Cockatoo キバタン

どうもこの手の日本では飼育されている鳥を屋外で見ると、カゴ抜けじゃないかという気がしてしまい、真剣に見る気がしないのは困ったものだ。偏見だと分かっていても、ついついバイアスのかかった見方をしてしまう。
茶色い主体不明の鳥を双眼鏡で追っていたら、少し離れた木の根本近くに小さなブルーの小鳥が止まった。やった!Lovery Fairywren(ムナグロオーストラリアムシクイ)だ!。
ブルーの頭と肩の茶色がとてもきれい。ブルーの尾羽を図鑑の絵の通りにピンと立てていた。
写真を撮ろうと思ったが、すぐに木立に消えてしまった。その後は残念ながらはっきりと見えるところにはもう出てこなかった。

ここでは他にはBlack-faced Monarch(カオグロカササギビタキ)を見ることが出来た。

e0183106_23135354.jpg
Black-faced Monarch カオグロカササギビタキ


8:00に朝食を食べにCassowary Houseに戻って、食事をしてから宿泊代金と、オーストラリアの野鳥のCD、それとカワセミの写真集の代金を払う。
車からスーツケースを出して、いったん荷造りをする。もう鳥の写真は撮らないと思うので、出発時に近い体勢にパッキンをし直し、そのままチェックインできるようにしてから9:40に出発。

一応44号線との交点のSmithfield Heightsのショッピングモールで買い物をしようと試みるが、ショッピングモールは開いているものの、肝心のお店は10:30開店がほとんどで買い物は不可能。

さっさとあきらめて、空港に向かう。途中で最後の給油。セルフサービスのスタンドで、51.2L入れてA$46.07。思ったよりも沢山入ったのでビックリ。



■2001/1/21に見た鳥
  1. Orenge-footed Scrubfowl(ツカツクリ)
  2. Sulphur-crested Cockatoo(キバタン)
  3. Lovery(or Variegated) Fairywren(ムナグロオーストラリアムシクイ)
  4. Black-faced Monarch(カオグロカササギビタキ)
  5. White-breasted Woodswallow(モリツバメ)
  6. Macleay's Honeyeater(シラフミツスイ)
  7. Yellow-spotted Honeyeater(コキミミミツスイ)
  8. Spotted(or Black-eared) Catbird(ミミグロネコドリ)
  9. Green Figbird(メガネコウライウグイス)
  10. Yellow Oriole(キイロムクドリモドキ)

■2001/1/21(9日目)の走行距離39.4km(TL走行距離1480.4km)



さらばオーストラリア(21 Jan.2001)

そのまま10:28に空港に走り込んでHertsの指定駐車スペースに車を止めようと思ったが、満車。しょうがないから、空いていた他社のスペースの一番入り口に近い場所に止めてロビーのカウンターに向かう。
思った通りHertsのカウンターは無人。例によってカウンターの電話で指示を仰ぐと、キーボックスに鍵を放り込んでおいてくれと言う。もし後で何かあったときに受け渡し時のチェックをしていないのは不利だなあ、、と思いつつも悩んでもしょうがないから、指示通りにしてチェックインカウンターに向かう。

日本人の団体さんの長蛇の列の最後尾近くに並んで、やっとチェックインしたら、スーツケースは予想通り6kgの重量オーバー。最初から少な目にしてあったけど目分量で32kgを狙ったのがオーバーしていた。
しょうがないから中身を減らして、32kg以下にしたら、今度は手荷物が重すぎてダメだという。むむむ、日本を出るときはこれで乗せてくれたよ、と頼んでもだめ。

「じゃあ、どうしたらいいのよ?」と聞くと、預けるバッゲージをもう一つ増やして、手荷物を1個10kg以下にしろという。そのために安手のショッピングバッグを1つタダでくれたので、その中に壊れ物を入れて手荷物とし、600mmレンズの入ったザックと合わせて手荷物2個、預けるバッゲージ2個に分ける。

e0183106_23152849.jpg

しか〜し、パスポートコントロールを通り過ぎたところ重大なミスが発覚!

焦って預ける荷物を作ったせいで、機内で着る予定だったシャツ類をナイロンバッグから出すのを忘れてしまったのだ。なにしろ外は暑いから、ずっと袖無しのTシャツ1枚でいたので、機内で寒くなるのは目に見えている。しかも到着する日本は真冬の1月だ。
すでに空港内でも肌寒いくらいの冷房が効いている。困った。

最後のおみやげを買う予定だった現金は残りA$50(約¥3,000円)札一枚だけ。これでは物価の高い空港内のお店では長袖の衣類を買うのは絶望的だろう。困った。
それでも何か無いかと売店を見回すと、バーゲンの札が付いた長袖のTシャツがA$49.95で掛かっている。空港内だから税金はかからないので、ぎりぎりセーフ。しかし、情けない。

残った小銭を総て投入して日本に電話。嫁さんに顛末を話したら呆れつつも、カードで頼んだパフュームを買ってこいと、最後のつめは忘れない。あわてて免税店で適当な安いのをカードで購入。

e0183106_23315866.jpg

機内では毛布を首までかぶっていたのは言うまでもない(^_^;)。帰りのフライトは行きよりもさらに早い4時間56分。なんでこんなに早く着いちゃうんだろう?驚く。しかし、寒い時間が短くて済んだのは助かった。

成田に着いたら、ターンテーブルから出て来たスーツケースから、すかさず冬服を出してスペースを空けて、カメラ機材などの重たい荷物を全部詰め込み、そのままエアポートリムジンバスの切符を買って立川まで帰る事にする。
スーツケースを送る宅配便料金は、行きは一律¥2,000円だが、帰りは重さを量って超過料金を取られる。だから、立川まで¥3,500円のリムジンバスはとってもお買い得なのだ。
リムジンバス内でPowerBookを立ち上げて、この探鳥記を入力し始め2日分ほど入力が終わったところで立川到着。奥さんに迎えに来て貰い、無事自宅に23:30に帰り着いた。


■ケアンズ方面全体の地図 (35KB 265×500piexl)はこちら

■続きはこちら、表紙はこちら



by river_kingfisher | 2001-01-21 12:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

1/20 Kingfisher Park〜Cassowary House

Page-14/17


カモノハシはどこだ?(20 Jan.2001)

7:00に起床。ぼ〜〜〜っとした頭で荷物を適当にまとめて、紅茶を入れてベランダで飲む。朝ご飯はどうしようか?ここの朝ご飯システムを良く聞いておかなかったのは失敗だ。
オーナーはまだ来ていないようで、事務所には人気が無い。事務所脇に置いてあるサービスのクッキーを数枚貰ってきて、紅茶で食べながら昨日と同じ顔触れの水場の鳥を見る。Emerald Dove(キンバト)が芝生をウロウロしている。

e0183106_17494870.jpg

Buff-breastedの巣のあたりも見てみるが姿は無い。しかし、夜中にノドが渇いたときに冷蔵庫の氷水を一気飲みしたのはまずかった。今日は朝から下痢気味だ、トホホ。Rainbow Lorikeet(ゴシキゼイガイインコ)が現れた。

e0183106_17503548.jpg

8:00になったが未だに誰も現れない。朝早く出発したい人がいたらどうするつもりなんだろう?
しかし、水場には見慣れた鳥はやって来るものの、常連は決まっているようで、目新しい顔は現われない。

8:30にやっとオーナーが車でやって来た。カモノハシがいる場所を聞いて見に行ってみる。果樹園を越えた敷地の一番下手に流れている川に現れるとのこと。
川に着いてみたら5mくらいの巾があるし、流れも思ったよりも急で、とてもカモノハシが出て来ても見つけられそうもない。
一応川面で出る前兆という泡に注意していたら、Spectacled Monarch(メンガタカササギビタキ)が現れた。すかさず写真を撮る。

e0183106_17515892.jpg

すぐ後ろではOrenge-footed Scrubfowl(ツカツクリ)ががさごそやっている。
9:00まで粘ってからあきらめて戻ると、オーナーが「朝ご飯を食べるか?」と聞くので食事にする。ここもRed Mill Houseと同じようにこのおじさんが食事を作ってくれる。これがオーストラリア風なのか?



Buff-breasted Paradise-Kingfisher 2
自室前のベランダで朝食のトーストを食べていたら、目の前5mの所をBuff-breasted Paradise-Kingfisherが通過!!美しい。
9:28 またも目の前を通過。右の方から巣のある林に向かって飛ぶ。
9:31 何かが目の前の芝生に降りたと思ったら、なんとBuff-breasted!小さな虫を捕まえると、すぐ目の前の枝に止まる。

e0183106_18050501.jpg

こうなるとさすがに悠長に構えてはいられずに、あわてて部屋に戻りカメラを鳥に戻り、5〜6コマ撮したところで飛び去る。曇り空であまりシャッター速度が稼げないので、やはり辛いなあ。

e0183106_18052300.jpg

9:42に今度も右から左に通過。しかも今回はベランダの屋根の下、朝ご飯を食べているテーブルの端を通過していく。ほんとに手を伸ばせば尾羽がさわれそうな近さにもう、呆然・・・・
そいつはすぐに戻ってきて、先ほどの枝に止まる。カメラを取ろうと思ったら、もう1羽現れて同じ枝に止まるが、すぐに2羽とも飛び去る。写真は撮れなかったけど、一度に2羽のBuff-breasted Paradise-Kingfisherを、ほんの間近で見ることが出来て、とても嬉しい。

あまりのロケーションの良さに、しばしクランダに出発する予定を忘れる。しかし今朝は曇っていてシャッタースピードは遅い。D1は当然ISO1600にセットしてあるが、F5.6はつらい。
もうちょっとガンバルかと、600mmとF5も出してきて、ISO1600のプロビアを詰める。しかし、スタンバイが出来るとあっさりBuff-breastedの出現も止まる。こんな物なんだよね。

10:30に後ろ髪を引かれつつKurandaに向かって出発。昨日教えて貰ったGreat Bowerbird(オオニワシドリ)のアズマヤをもう一度見ながら移動。

11:00 Mount Molloyを通過。

12:15にLake Michellで小休止。双眼鏡で水が少なくなった湖を見ると、かなりの数の鳥がいるのが見えるが、かなり遠いので識別に苦労する。取り付け道路は無さそうなので、道路から観察するしかないからスコープは絶対に必要だ。

Sacred Ibis(オーストラリアクロトキ)
Royal Spoonbill(オーストラリアヘラサギ)
Australian Pelican(コシグロペリカン)
Comb-crested Jacana(トサカレンカク)
カモ類
ウ類
Whistling Kite(フエフキトビ)

近いところにいた鳥と特徴がはっきりした鳥は識別できたが、遠くの鳥は識別不明。Whistling Kiteが見えた範囲に8羽地上に止まっていた。



Mareeba周辺(20 Jan.2001)
e0183106_18105868.gif

Mareebaの町を過ぎた先のGranite Gorgeに行ってみようと思ったが、道に迷う。後で考えてみたら迷ったのではなくて正しい道を走っていたようだが、単に何も無いため心配になってもう少しのところで戻ったというのが正解のようだ)。
ちなみにGranite Gorgeに何が有るのかは知らない。事前に情報を貰った人の地図に○が打ってあったから、何かあるだろうという安直な発想で目指しただけ。

■2001/05/08追記
愛知の柿本さんから早速Granite Gorgeの解説のメールが来ました。ここはマリーバ・ロック・ワラビーという小型カンガルーの生息地なんだそうです。ひょっとすると前ページに出てくる小型のカンガルーの事じゃないかな?もっとしっかり名前を聞いておけば良かった。更に後日談:違うようです。


お腹が減ったのでMareebaで昼食。レストランと思って入ったら、どうも賭けの場外馬券売り場のような変な店だった。しょうがないからビールとチキンサンドイッチ。
お客はモニター画面の競馬(だったような気がするが自信なし)を見ながら、テーブルの上にある申込用紙になにやら書き込んで窓口に持って行っていた。

e0183106_23172626.jpg
画像は10月のケアンズエントリから借用

この後Nadellos lagoonに行ってカモノハシに再チャレンジしようと思ったが、またもや道を間違えて、いつの間にか道標の行き先がGranite Gorgeになっている。さっきの迷走を思い出し、いやな予感を信じて戻ることにする。
途中で道路脇の木の上に大きな鳥が数羽止まっている。猛禽類は放っておけないので、すかさず停止。

双眼鏡で覗くと猛禽ではなくばかデカイ真っ黒なオウム。Red-tailed Black-Cockatoo(アカオクロオウム)だ。とにかく大きい。鳴きながら何羽かが合流して飛んでくる。尾羽を広げると付け根の真っ赤な部分が出てくるので、それが透けてきれい。

e0183106_21461547.jpg

他にも猛禽がいたが、遠くて識別不能だ。
道路にカンガルーの轢死対が有り、トビ類がたかっていたが、車が近づくと飛び去った。

e0183106_21551653.jpg

Mareebaに戻る少し手前に戦争博物館があるというのをウェッブで見つけて有ったので、そこに寄ってみる。道路の脇に黄色く塗った戦車があるのですぐに分かった。

e0183106_21492289.jpg

入っていくと駐車場の脇にかまぼこ型の大きな格納庫があり、駐車場には客の車は一台もない。展示品はかなりよぼよぼになった戦車や航空機らしい。格納庫はドアもないので中の朽ちかけた展示が見える。

e0183106_22185358.jpg

入る気がなくなり、入り口の看板代わりの戦車によじ登る少年たちを写真に撮ってKurandaに向かう。

Kurandaの入り口の道路標識を見つけたので、一応後学のために寄っていく。ここはケアンズ観光では落とせない観光地らしいのだけど、僕は全く興味が無い。時刻は14時過ぎで雨期のシーズンオフで有るためか、閉店しているお店もあり、日本人とおぼしき観光客が歩いているが、人数は少ない。
車でぐるりと一回り回って、別に買い物をするつもりもないのでそのまま1号線に戻り、バロン川方面に下る。

今晩泊まる予定のCassowary Houseの住所を頼りに探すが、見つけられない。そうこうしているうちに峠を越えて見晴台に着いてしまう。これは間違いなく行き過ぎているのでUターンして戻る。
どうにも見つけられそうもないので、水陸両用車でバロン川ツアーをやっている所に行って、土産物を売っているおばさんに聞いたら簡単な地図を書いてくれた。これは分かんないわ。


Cassowary House(20 Jan.2001)
Kurandaに向かって橋の手前を右に曲がり、そのまま川沿いに登っていくとかなり走ったところの左側に小さな看板が出ていた。入り口のゴミ箱に犬の絵が描いてあるのは目印にはならないだろうなあ。

e0183106_22040359.jpg

この時の略図を元にちゃんとした道案内地図を描こうと思っていたが、略図をなくしてしまったので記憶の薄れてしまった今となってはもう描けません。残念。

■29May.2001追記
やっと英語の写真のページが完成したので、見てもらうために連絡しようと、久しぶりにCassowary Houseのサイトを覗いてみたら、一新してました。判りやすい地図もあるので、これをプリントアウトしていけばバッチリでしょう。(私が「サイトに地図を載せろ」と言ったの効いたのかも知れない^_^;)。


その道を入って行ってからも道は二股に分かれる。ここにも案内板が有るのだが、これがまた分かりにくい。案内板の下にわざわざ白ペンキで右矢印が描いてあるし、右の方が車のわだちが濃いのでそっちに行ってみる。

e0183106_22040315.jpg

しかし、右は川に降りる道で、うっかり降りると戻れなさそうな急な坂。降り口まで行って「これは違うなあ」と戻ったらやっぱり左だった。

そのまま進むと1階がガレージの建物が見え、そこが客室。車を止めると女性が現れた。

e0183106_22040371.jpg

彼女がホストのSue Gregoryさんらしい。挨拶をして2階の部屋を見せて貰う。

e0183106_22040370.jpg

その後で坂を少し下った母屋に案内して貰う。

母屋は坂を利用した建物で、玄関は2階から入るようになっている。
バロン川を木立から透かして見えるテラスの下は、噂に聞いたAustralian Brush-turkeyなどが残飯を食べに来る場所らしい。
テラスに座ってコーヒーを頂きながらPhilさんとSueさんと話しをしていると、さっそく現れたのが真っ黒い鳥。
「あれがそうよ」と指さされ、3mも離れていない枝にいるVictoria's Riflebird(コウロコフウチョウ)の♂にしばし呆然とする。
すぐに♀もフィーダーにやって来てフルーツをつつき始めた。
今は繁殖期ではないので、あの特徴のある翼をメスに向かって交互に広げる仕草は見られなかったが、こうもあっさりと見られるとは思っていなかったのでビックリする。
例によってこう言うシチュエーションの時はカメラを用意していないので、「ま、次が有るだろうからいいや。」と思っていたが、いつものように次のチャンスは結局なかった。
Riflebirdが見られたのはこの時だけ。1泊しかしなかったのだから、ちゃんと見られただけでも良しとしよう(と、負け惜しみ)。



Southern Cassowary(20 Jan.2001)
話をしていたら「Cassowaryが出ている」とSueさんがキッチンから外を見ながら言う。
玄関から外を見ると、客室と母屋の間の庭にSouthern Cassowary(ヒクイドリ)Casuarius casuarius がいる。しかもまだ茶色いヒナも連れている!
Riflebirdの時は平静を装っていたが、さすがに親子連れのCassowaryを写真に撮らない手はないから、あわてて「外に出ても大丈夫かな?」と聞くと、「走ったりしなければ大丈夫だよ」と教えてくれたので、ゆっくり歩いて車に戻り、カメラを出して戻る。





Nikon D1, Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED(400mm)
1/13s, f/5.6, ISO100, RDPII



おどかさないように静かに写真を撮る。しかし、相手は間近な上に巨大。標準レンズが欲しかった!しかもこっちは焦っているから、スポット測光のまま、トホホ。ほとんどのコマが露出オーバーになってしまった。

カメラを向けていると、親が急に近づいてくる。はっきり言ってこの顔で近づかれると、非常に怖い。あわててバックするが後ろは生け垣。一瞬パニックになりそうになったが、玄関でバナナを差し出すSueさんの方にヒナが歩き出すと、親もそちらに移動。助かった。

e0183106_22085926.jpg

後でSueさんにその事を話したら、違う場所の話らしいが、Cassowaryに蹴り殺された人がいるらしい。その人は逃げ場のない隅に追い込まれてしまい、お腹を切り裂かれてしまったそうだ。ゾ〜〜〜ッとした。
僕の英語力が足りなくて、ひょっとすると勘違いしているかも知れないが、確認したから間違いないと思う。

Cassowary親子は母屋の下側に回った後、川の方に降りていった。
旅行の最後にKurandaのこのCassowary Houseを入れたのは、Victoria's RiflebirdとSouthern Cassowaryを見たかったからなのだが、これほど到着直後にあっさりと見れてしまうとは思わなかったので、少し拍子抜けしてしまった。
家の中にはラブラドールレトリバーのボッキー君がウロウロしている。

e0183106_22093847.jpg

彼は一人では外には出して貰えないそうだ。理由は彼の方がCassowaryに怪我をさせられる(と聞き取れた)からとのこと。
やはりCassowaryは顔が怖いだけではなさそう。子連れのCassowaryに近づくのは止めようと決意した。



Cassowary House 2(20 Jan.2001)
またテラスに戻ってPhilさんと話をする。ここにも前もって「カワセミフリークだ」とメールしてあったので、話しはカワセミ類の話になる。

Philさんが主催するSicklebill SafarisはPapua New Guinea方面を専門としたバードウォッチングツアーを行っているようで、New Guineaの地図を広げて、「ここでこんなカワセミ類が見られる」、とレクチャーしてくれる。

e0183106_22281328.jpg
上はそのツアーのパンフレット。

3カ所ほど回れば20種類は堅そうな口振りに、かなり心が揺れ動かされる。彼らのツアーは通常3週間くらいの日程らしいが、あえて10日間くらいの日本人向けを頼むと、ケアンズ出発で400〜500US$(¥50万円くらい)になるとのこと。

「宿が良いホテルになるので、宿代とAir代にコストがかかるのだ」と苦笑いしていた。有る程度人が集まればツアーを作っても良いとのこと。どなたか「行ってみたい!」と言う人がいたら、私に連絡して下さい。日本からのAir代込みで¥50万円くらいのツアーを企画してみたいと思ってます。

e0183106_22290656.jpg
Spotted Catbird ミミグロネコドリ

さて、一度荷物を部屋に運び込んで、また母屋のテラスでフィーダーに寄ってくるSpotted Catbird(ミミグロネコドリ)、Macleay's Honeyeater(シラフミツスイ)などを見ているうちに夕食の時間。

スープとエビのココナッツクリーム煮などの美味しい食事。テラスの下にはおこぼれを貰いにOrenge-footed ScrubfowlやRed-necked Rail(ミナミオオクイナ)ネズミのような小型のカンガルーが動き回っている。
食後のフルーツも食べかすはドンドン下に投げ捨てて処理班にまかせてしまう。

明日は12:40のフライトなので、あまりゆっくりは出来ないと話して、朝一番の探鳥ポイントを教えて貰う。
少し下流方向に行った林の中でLovery Fairywren(ムナグロオーストラリアムシクイ)を見ることが出来るかも知れないとのこと。それをトライしてみるということで話が決まる。

オーストラリアのカワセミ類の写真集が有ったので、どこで買えるか教えて貰う。ケアンズに帰る途中のショッピングモールに有る本屋に有るらしい。しかし、翌日のフライト時間とモールの開店時間を考えると、買う時間は無さそう。

e0183106_22302685.jpg
KINGFISHERS & KOOKABURRAS / DAVID HOLLANDS
ISBN 187633432-0 / (COLLINS BOOKSELLERS A$43.95)

その事に気付いたPhilさんが、「それではこれを売ってあげよう。実はこの後来る日本人のお客さんのために買ってあったのだが、私はまた買いなおせるから。」と譲ってくれた。非常に嬉しかった。

e0183106_22311200.jpg
ついでに「オーストラリアの鳥の鳴き声のCDも欲しいのだが?」と聞いてみると、ラッキーなことに在庫が有るという。ケアンズまで買いに行く必要がなくなり、これも嬉しい。

21:00部屋に戻りシャワーを浴びて、いつものようにD1の画像データをPowerBookに移してから寝る。



■2001/1/20に見た鳥
  1. Southern Cassowary(ヒクイドリ)
  2. Orenge-footed Scrubfowl(ツカツクリ)
  3. Australian Brush-turkey(ヤブツカツクリ)
  4. Red-necked Rail(ミナミオオクイナ)
  5. Laughing Kookaburra(ワライカワセミ)
  6. Buff-breasted Paradise-Kingfisher(シラオラケットカワセミ)
  7. Forest Kingfisher(モリショウビン)
  8. Emerald Dove(キンバト)
  9. Red-tailed Black-Cockatoo(アカオクロオウム)
  10. Rainbow Lorikeet(ゴシキゼイガイインコ)
  11. Sacred Ibis(オーストラリアクロトキ)
  12. Royal Spoonbill(オーストラリアヘラサギ)
  13. Australian Pelican(コシグロペリカン)
  14. Comb-crested Jacana(トサカレンカク)
  15. Whistling Kite(フエフキトビ)
  16. Spectacled Monarch(メンガタカササギビタキ)
  17. Lemon-bellied Flyrobin(レモンオリーブヒタキ)
  18. White-breasted Woodswallow(モリツバメ)
  19. Macleay's Honeyeater(シラフミツスイ)
  20. Yellow-spotted Honeyeater(コキミミミツスイ)
  21. Spotted(or Black-eared) Catbird(ミミグロネコドリ)
  22. Green Figbird(メガネコウライウグイス)
  23. Yellow Oriole(キイロムクドリモドキ)
  24. Metallic Starling(オナガテリカラスモドキ)
  25. Black Butcherbird(クロモズガラス)
  26. Victoria's Riflebird(コウロコフウチョウ)

■2001/1/20(8日目)の走行距離207.3km

■ケアンズ方面全体の地図 (35KB 265×500piexl)はこちら

■続きはこちら、表紙はこちら



by river_kingfisher | 2001-01-20 12:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

1/19 Kingfisher Park - 2

Page-13/17


Kingfisher Park - 2(19 Jan.2001)

朝6:30に起きて、パーク内を一回りしてみる。Buff-breastedの姿は無し。ヤブ蚊が多くて大変。しかも朝露で靴がビショビショ状態。
昨晩寝る前に飲んだシーバスの量が少し多かったみたいで、頭が少し痛い。
高い木の上で真っ白なオウムがギャーギャーとうるさい声で鳴きながら梢を渡っていく。Sulphur-crested Cockatoo(キバタン)だ。かなり大型のインコ類で騒がしい。

e0183106_14492097.jpg

靴が濡れて気持ち悪いのと、頭が痛いので部屋に戻って少し横になる。しかし、少しのつもりが起きたら10:30。例によって気がゆるみ始めている。

インスタントコーヒーを飲みながら、テラスで水場に来る鳥を見る。

e0183106_14500025.jpg

Orenge-footed Scrubfowl(ツカツクリ)
Australian Brush-turkey(ヤブツカツクリ)
Red-necked Rail(ミナミオオクイナ)
Rainbow Lorikeet(ゴシキゼイガイインコ)
Blue-faced Honeyeater(アオツラミツスイ)
Macleay's Honeyeater(シラフミツスイ)
Yellow-spotted Honeyeater(コキミミミツスイ)
Metallic Starling(オナガテリカラスモドキ)

等が次々とやって来て楽しませてくれる。

パークのオーナーのおじさんが来て「テツ、朝ご飯を食べるか?」と聞くので、確か食事は付いていないはずなので、変だなあ?と思いつつも、とっさに「トーストが欲しいなあ」と答える。
トーストとバタージャム類、それに缶詰めのフルーツサラダ。時間は11:30なのにこんなに食べたら、お昼は抜きだなあ。
食後にもう一度下の果樹園の方に散歩に行ったら、Noisy Pitta(ノドグロヤイロチョウ)が小道をウロウロ。双眼鏡でしっかりチェックした後写真を一応撮っておこうとしたけど、ピントが合う前に飛んでしまった。

e0183106_14532572.jpg

部屋の前に戻って、さてどうしようかと考えていたら、オーナーのおじさんがまたやってきて、Great Bowerbird(オオニワシドリ)は見たか?と聞く。見てないと答えたら、ティムに案内させるから見に行ってこいという。


Great Bowerbirdのアズマヤ(19 Jan.2001)
ガイドのティムが私の車を運転して、昨日Forest Kingfisherを見たSwamp Enviroment Parkに行く。車を駐車場に止めて、観察小屋の方には行かずに、駐車場のまわりの茂みを歩き回ってBowerbirdのアズマヤを探す。
なかなか見つけられずにあきらめかけたときに、駐車場の中心の茂みに中にアズマヤを発見。話に聞いた通りのキレイに作られた物で、とても興味深かった。

e0183106_14590833.jpg

持ち主のGreat Bowerbirdを探すが見つけられなかった。
このアズマヤは♂が♀を誘うために作られたもので、実際に子育てをする巣は別の場所に一般的な物を作るそうである。その巣は見つけることは出来なかった。

また車に乗り込み、今度はMount Molloyの町まで出かける。町の中の教会の裏手の芝生の脇の植え込みの下を丹念に探すと、ここにもBowerbirdのアズマヤがあった。

e0183106_15065763.jpg

ここのお飾りは白っぽい小石が多かった。ここでも持ち主を探すが、茂みの中から出てこないためにしっかりと姿を見ることは出来なかった。
次の場所に移動しようと思ったら、そこし先の水たまりで水浴びをしている鳥を見てティムが「あれがアズマヤの持ち主だ!」と言う。双眼鏡で見ても後頭部の特徴的なピンクの部分は見えないし、地味なグレーな鳥の印象。とりあえず写真を撮るが濡れ鼠で特徴が良く分からない。

e0183106_15090316.jpg

最後にMount Molloyの小学校に行く。アズマヤを探して歩いていると、足下からいきなりPheasant Coucal(キジバンケン)が飛び立ちビックリ。習性もキジと似ている。
ここは入り口左の、学校の職員さんが住んでいる家の横に沿った植え込みの下にアズマヤが作られていた。ここのお飾りはカタツムリの殻と小学生の女の子の落とし物と思われる髪飾りなどが使われていた。

e0183106_15115694.jpg

ここではGreat Bowerbirdの姿をやっと見ることが出来たが、茂みからなかなか出てこないので写真を撮ることは難しかった。

e0183106_15130089.jpg

しかも、ティムが「あれがそうだ」と言うのをやっと撮れた写真もこれで見るかぎりはGreat Bowerbird(オオニワシドリ)と言うよりはOlive-backed Oriole(シロハラコウライウグイス)のように見える。識者の判断をお聞きしたい。

■2001/06/02追記
RedMillHouseのGoeffさんが、「間違いなくGreat Bowerbirdだ」とメールをくれた。


ここでは他にDouble-barred Finch(カノコスズメ)Taeniopygia bichenovii
e0183106_15144196.jpg

Grey-crowned Babbler(オーストラリアマルハシ)Pomatostomus temporalis を見ることが出来た。

e0183106_15203335.jpg

■2001/05/01追記
当初掲載したLittle Wattlebird(ギンホオミツスイ)は記入ミスです。



Buff-breasted Paradise-Kingfisher(19 Jan.2001)
パークに戻ってから、Buff-breasted Paradise-Kingfisher(シラオラケットカワセミ)を写真に撮ることにして、600mmを出してくる。例によって「お前はプロの写真家か?」と言う質問を受ける。恥ずかしい(笑)

「Mr.Shimadaを知っているか?」と聞かれたので、「もちろん!彼は日本で非常に有名な野鳥の写真家だよ。」と答えたら、数年前にMr.Shimadaがテレビクルーと一緒来て、2ヶ月ほど泊まっていったと言っていた。ニュースステーションの特集の取材ではないかなあ。

機材を出したらすぐにオーナーが「テツ、そこに止まっているから、ここから撮れ!」と呼んでくれる。入り口のテントの中から15m位のところに止まっている。しかし、暗い。ブレを承知で多めにシャッターを切っておく。角度を変えながら、何度も撮影。シャッタースピードが遅いためカメラブレと被写体ブレで、90%は失敗だ。


e0183106_15383411.jpg
Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 600mm f/4D+TC-14E(840mm)
1/10s, f/5.6, ISO800



長い尾羽はきれいな白で、オレンジ色の胸といい真っ赤なクチバシといい、なんともきれいで愛らしいカワセミである。

昨日様子を見た蟻塚のヒナに餌を運んでいるようだ。こんなに道路の近くに営巣しているのが呆れてしまう。鳥取のアカショウビンの時もそうだったが、鳥の方は自分が珍しい鳥という意識はないから、営巣できる場所はえり好みせずに使っているわけで、それを観察する人間の方がひたすら遠慮を必要とされる。


しかし、私の気持ちと裏腹に、オーナーやティムは「テツ、こっちの方がアングルが良いからここから撮れ!」とアドバイスしてくれる。逆に心配になるくらい。やはり珍鳥とは言え日本のように人が集中しないから、それほどのストレスを与えていないのだろうか?

あまり近づきすぎないように注意していたが、彼らは結構ダイナミックに巣のすぐそばに行って、巣穴に耳を近づけて「間違いない、今ヒナが騒いでいるから、この巣穴が見えるそこにカメラをセットして待てば、巣穴に入るのところが撮れる」と指導される。

彼らが指示した、巣から10mほど離れたところにカメラをセットして待つが、さすがに降りてこない。やはり近づき過ぎではないかと聞いてみたが「大丈夫」と答える。時刻は16:30で木立の中は暗いためシャッター速度が遅すぎて話にならない結局降りてこないまま時間が過ぎてタイムアップ。

e0183106_15442420.jpg

ティムと一緒にビールを飲みながらクックタウンに行った話とかする。こちらの人と話していてraptor(ラプトル)と言う単語が時々出てくる。最初は良く分からなかったが、映画「ジェラシックパーク」の悪役ベロキラプトルを思い出し、捕食者系の単語だろうと思って確認したら当たりだった。後で辞書をひいたら、そのものずばり「猛禽」の意味でした(笑)。

このパークでは孤児のカンガルーを1匹育てていて、そいつがとても愛らしい。話をしている間も足下をかぎまわり、小さくても一人前にカンガルーらしい跳ね方で走り回っていた。

e0183106_16005281.jpg

カンガルーの中でも小さな種類(名前は失念)らしいが、後ろに写っている缶ビールのサイズと比べると、いかに小さいかが分かると思う。一人前にぴょんぴょん飛び回ってかわいいやつでした。
武骨な手は僕の左手(^_^;)。

e0183106_15474252.jpg



マンネリの晩ご飯
部屋に戻ってシャワーを浴びてベッドに横になったら、疲れが出てウトウト。19時になったので夕食を食べに行くことにする。今晩はMount Molloyまで食べに行こうと思っていたが、面倒になり昨晩と同じすぐそばのTAVERNへ行く。
昨日と同じではつまらないと思ったが、おじさんが食べていた巨大なピザは一人ではきつそうなので、DEVIL DEVILと言う恐ろしげな名前のSpecial Hamburger A$6.6を注文。昨日の普通のハンバーガーよりも更に肉が巨大で、レタスも多く、とろけるチーズでパンまで埋まっていると言う代物。
XXXXブランドのビールA$3.2とで例によって満腹。

部屋に戻って D1のデータをMacに移して画像チェック。なんとか使えそうなコマも有るので一安心。
例によってウィスキーを飲みながら眠る。



■2001/1/19に見た鳥
  1. Orenge-footed Scrubfowl(ツカツクリ)
  2. Australian Brush-turkey(ヤブツカツクリ)
  3. Red-necked Rail(ミナミオオクイナ)
  4. Laughing Kookaburra(ワライカワセミ)
  5. Forest Kingfisher(モリショウビン)
  6. Buff-breasted Paradise-Kingfisher(シラオラケットカワセミ)
  7. Bar-shouldered Dove(ベニカノコバト)
  8. Sulphur-crested Cockatoo(キバタン)
  9. Rainbow Lorikeet(ゴシキゼイガイインコ)
  10. Noisy Pitta(ノドグロヤイロチョウ)
  11. Pheasant Coucal(キジバンケン)
  12. Yellow Oriole(キイロムクドリモドキ)
  13. Green Figbird(メガネコウライウグイス)
  14. White-breasted Woodswallow(モリツバメ)
  15. Blue-faced Honeyeater(アオツラミツスイ)
  16. Macleay's Honeyeater(シラフミツスイ)
  17. Yellow-spotted Honeyeater(コキミミミツスイ)
  18. Olive-backed(or Yellow-bellied) Sunbird(キバラタイヨウチョウ)
  19. Common Myna(カバイロハッカ)
  20. Metallic Starling(オナガテリカラスモドキ)
  21. Double-barred Finch(カノコスズメ)
  22. Grey-crowned Babbler(オーストラリアマルハシ)
  23. Great Bowerbird(オオニワシドリ)

■2001/1/19(7日目)の走行距離145.7km

■ケアンズ方面全体の地図 (35KB 265×500piexl)はこちら

■続きはこちら、表紙はこちら




by river_kingfisher | 2001-01-19 12:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

1/18 Azure KingfisherとKingfisher Park

Page-12/17

Azure Kingfisher(18 Jan.2001)

e0183106_14034091.jpg

朝食の時いつものようにLaughing Kookaburraが家族でやって来てエサを貰っていた。

e0183106_14282843.jpg

「今朝は玉子の黄身がダブルだからGoodな事が有るよ」と言いつつ、Geoffさんが朝ご飯をサービスしてくれる。やっぱりこっちでも双子の玉子は嬉しいらしい。

e0183106_00013619.jpg

朝食を食べ終わる頃Geoffさんが「テツ、池にAzureが来ている!」と言う。あわててベランダに置いてある宿の双眼鏡で覗くと、確かにいる。こりゃホントにGoodな事が起こった!!

e0183106_00030550.jpg

早速600mmレンズを出して、庭の池の端で写真を撮る。かなり暗いのでシャッター速度が猛烈に遅い。ストロボを使おうか悩んだけど、やっぱISO400のRHPと自然光で頑張ることにした。

e0183106_00043435.jpg

庭の池で狩りをしていたAzure Kingfisher2羽は♂♀と思われるが、日本のカワセミのように下クチバシが赤いというような、明確な差は見れなかった。

e0183106_00050048.jpg

庭と言ってもうっそうと草木が茂っているので、なかなか良いポイントにカメラをセットできない。焦る。

Azure Kingfisherは結局日の当たるちょうどいい場所には出てこないまま、かなりスローシャッターの撮影で我慢をすることになった。画像はISO1600相当で撮っているので、ノイズが目立つ。

e0183106_00064475.jpg

10時過ぎまで写真を撮ってから、DianaさんとGeoffさん夫妻に別れを告げて、いよいよJulattenに向かって出発。
ちなみに「Geoff」さんは「ジェフ」と発音します。Jで始まるジェフはアメリカに多く、Gで始まるのはイギリスに多いのだそうです。だから「Geoff」さんはイギリス系です。

e0183106_00103026.jpg

念のためにNewell Beachに寄ってみるが、今日はWhimbrel(チュウシャクシギ)が1羽いただけ。
例によって電線にはWhite-breasted WoodswallowとForest Kingfisherがまぎらわしく止まっているので、見間違えないように注意しながらForest Kingfisherをチェックしていく(もちろんカワセミポイント確保のため(^_^;)
Geoffさんに教えて貰ったJulatten近くのEulumnd Creek Roadを入り、Hillview Roadを探す。しかしそれらしい小道はなかなか見つけられない。
前方にカンガルーが2匹、道路の水たまりで水を飲んでいるようだ。止まって写真を撮るが、こんな時に限って滅多に通らない道を後ろから車が来て、カンガルーはアッという間に消えてしまった。

e0183106_00103753.jpg



Hillview Road(18 Jan.2001)
やっと見つけたHillview Roadは、しかし期待にそぐわず個人の牧場につながる短い道で、特に見るべき物は無さそう。途中の水たまりに小鳥が来そうなので、その横の日陰に車を止めてしばらく待ってみる。

e0183106_00120735.jpg
Rufous Whistler アカハラモズヒタキ


e0183106_00113832.jpg
Chestnut-breasted Munia シマコキン


e0183106_00123622.jpg
Blue-faced Honeyeater アオツラミツスイ


e0183106_00111535.jpg
Willie-wagtail ヨコフリオウギビタキ


e0183106_00141488.jpg
Red-browed Firetail フヨウチョウ


他には、Bar-shouldered Dove(ベニカノコバト)が現れて水浴びをしていった。
すぐそばまで鳴き声が近づいたが、結局見えるところに出なかった鳥が2〜3種類。1時間ほどがんばってみて、お腹が減ってきたので撤退。
Mount Molloyへ昼食を食べに行くことにする。



Mount Molloy(18 Jan.2001)
Mount Molloyまで走って食事にする。2軒ほど並んだレストランのオープンな感じの方に入って「何が食べれますか?」と聞く。しかし時刻は14:00を回っていて、ランチタイムが終わっているから料理は作れないと、断られる。
何か食べられる物はないの?と聞くとサンドイッチなら出来ると言うので、それとビール(A$6.4)。
サンドイッチはトーストにハム、トマト、タマネギに溶ろけるチーズ。美味しかった。

外のテーブルで食べていると、レンタカーのランクルが止まり、中からRed Mill Houseで昨日話しをしたカメラマンのZoltan氏が降りてきた。Cooktownに行って帰ってきたところだという。
「俺も行ったんだよ」と言うと、私のカムリを指さして「これで行ったの?レンタカー会社には言わない方がいいよ」とウインクしていた。未舗装道路を走るGreat Dividing Range方面は車が傷むので割増料金を請求する会社が多いと、旅行案内書には書いてあったから、その事を言ってくれたのだろう。

ふと歩道のヤシの木を見るとOlive-backed Sunbird(キバラタイヨウチョウ)がいる。あわててカメラを出して写真を撮る。近すぎて80mmでもファインダーからはみ出すほど。ぜんぜん人を恐れている様子はない。

e0183106_00145933.jpg



Swamp Enviroment Park(18 Jan.2001)
食後はKingfisher Parkに戻ろうと車を走らせたが、Julattenとの中間あたりにABATTOIR Swamp Enviroment Parkと言う分かりにくい看板が有ったので、急停車して寄ってみる。

e0183106_00224995.jpg

全然期待していなかったが、木道の先に立派な観察小屋があり、沼が観察できるようになっている。この観察小屋は、管理人も常駐していないのに、落書きも無くとてもきれいだった。
とりあえず観察窓から覗いてみると、目の前の枯れ木にForest Kingfisher(モリショウビン)がいてしきりに下の水面を見ている。

e0183106_00234507.jpg

あれれと思っているうちに、ヒュッ、チャポ〜ン!、バサバサと華麗なダイビングを見せてくれた。

e0183106_00230822.jpg

しかし、クチバシには何もくわえていないから空振り。こりゃまたやるな、とD1を構えたら、予想と反対側にヒュッ、チャポ〜ン!でも何とか帰りは数カットシャッターを切ることが出来た。

しかし80-400VRではピントが辛いしシャッター速度が遅い。こりゃ600mmを出してこなければ、と車に戻り、レンズを持って帰ってきたらForest Kingfisherはいなくなってました(;_;)。こんな物ですよね。

せっかくだからしばらく観察していると、長いシッポをヒラヒラさせながら水面近くを一直線に飛ぶ鳥がいる。うひゃ、Buff-breasted Paradise-Kingfisher!!と思ったら、Comb-crested Jacana(トサカレンカク)でした。

e0183106_00241059.jpg

長い足を後ろに引っ張っていたから一瞬見間違えた。考えて見ればBuff-breastedなら尾羽ねは白いよね。まだ見たことが無いから、期待で似たものを目が錯覚して脳に伝えてしまう。

ここでは他にPurple Swamphen(セイケイ)も見ることが出来た。

e0183106_00240898.jpg



Kingfisher Park Lodge(18 Jan.2001)
e0183106_14252625.jpg

16:50にKingfisher Parkに到着。
看板の有る入り口から木立の中に道は続いていて、突き当たりにロッジがある。一番手前に事務所があり、そこにいた青年に自己紹介すると、すぐに部屋に案内してくれる。

e0183106_00310775.jpg

部屋は同じ平屋の建物の一番端っこ。トリプルのベッドとキッチンが付いていて、とても広い。

e0183106_16055479.jpg

車寄せの反対側はテラスになっていて、テーブルとキャンバスイスが置いてある。芝生を挟んで植え込みが有り、バードフィーダーと水場が作ってある。

e0183106_16055433.jpg

外に出たら水場にMacleay's Honeyeater(シラフミツスイ)Xanthotis macleayana が来ていた。

e0183106_00310659.jpg

Orenge-footed Scrubfowl(ツカツクリ)とそのヒナが歩き回っている。ヒナは小さな体にもかかわらず、一人で親と同じように落ち葉を足で引っかき回して、餌を探している。
Australian Brush-turkey(ヤブツカツクリ)もいるし、ミツスイ類は交互にフィーダーにやって来る。

e0183106_00323347.jpg

上の写真はOrenge-footed Scrubfowlのヒナだと思うのだが、Australian Brush-turkeyのヒナかも知れない。教えてもらったときには分かっていたのだが、後になると忘れてしまって・・・・。情けない。

先ほどの青年(ガイドのティム)に案内してもらってBuff-breasted Paradise-Kingfisher(シラオラケットカワセミ)の巣を見に行く。小振りの蟻塚に直径5cm位の穴が開いている。「これに今営巣している」と言われ、耳を澄ますと確かに中からかすかなジャジャっと言うようなヒナの声がする。

e0183106_00370890.jpg

少し離れた道路で話をしていると、目の前をヒューっと白く長い尾羽を吹き流しのように引きながらBuff-breasted Paradise-Kingfisherが飛び去る。あまりにもあっけない出現に呆然となる。今日はもう暗いから明日は写真を撮りまくろうと決意する。

部屋に戻り荷物を片づけて、シャワーを浴びる。昼食が遅かったのでお腹は減っていないが、お店が閉まってしまうといけないので、近くのTAVERNへ行ってみる。お店の様子が分からないので、念のために虫よけを塗って出かける。

太ったおじさんがカウンターでビールを飲みながら店番をして、厨房で奥さんらしきスレンダーな女性が料理を作っている。
あまり食欲が無いのでビールとチーズハンバーガーを頼む。予想通り分厚いハンバーグの乗った巨大なハンバーガーが登場。ナイフとフォークで食べる。お腹がいっぱいだ。

e0183106_00345521.jpg

帰ってからもう一度シャワーを浴びて虫よけを洗い流し、D1のマイクロディスクからMacにデータを移し、シーバスを飲みながら日記をつけて22:30に寝る。明日はBuff-breastedの写真を撮るぞ〜〜〜っ!。



■2001/01/18に見た鳥
  1. Orenge-footed Scrubfowl(ツカツクリ)
  2. Australian Brush-turkey(ヤブツカツクリ)
  3. Comb-crested Jacana(トサカレンカク)
  4. Purple Swamphen(セイケイ)
  5. Laughing Kookaburra(ワライカワセミ)
  6. Forest Kingfisher(モリショウビン)
  7. Azure Kingfisher(ルリミツユビカワセミ)
  8. Buff-breasted Paradise-Kingfisher(シラオラケットカワセミ)
  9. Torresian Imperial-Pigeon(パプアソデグロバト)
  10. Bar-shouldered Dove(ベニカノコバト)
  11. Rainbow Lorikeet(ゴシキゼイガイインコ)
  12. White-rumped Swiftlet(コシジロアナツバメ)
  13. Yellow Oriole(キイロムクドリモドキ)
  14. Green Figbird(メガネコウライウグイス)
  15. White-breasted Woodswallow(モリツバメ)
  16. Blue-faced Honeyeater(アオツラミツスイ)
  17. Macleay's Honeyeater(シラフミツスイ)
  18. Olive-backed(or Yellow-bellied) Sunbird(キバラタイヨウチョウ)
  19. Common Myna(カバイロハッカ)
  20. Magpie-lark(ツチスドリ)
  21. Willie-wagtail(ヨコフリオウギビタキ)
  22. Chestnut-breasted Munia(シマコキン)
  23. Red-browed Firetail(フヨウチョウ)
  24. Rufous Whistler(アカハラモズヒタキ)

■2001/1/18(6日目)の走行距離28.0km

■続きはこちら、表紙はこちら




by river_kingfisher | 2001-01-18 12:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

1/17-2 Southern Cassowary

Page-11/17


Southern Cassowary(ヒクイドリ)

10:30にGeoffさんに教えられたポイントを回るためにRed Mill Houseを出発。
デインツリー村の外れで路肩の低い木に大きな鳥の影が見えたので停車。双眼鏡で観察すると、昨日危うくはねそうになったPheasant Coucal(キジバンケン)Centropus phasianinus だ。まずは車内から証拠写真を撮影して、更にもう少しちゃんと撮ろうと車を近づけたら、あっさり飛んでしまった。

e0183106_13542844.jpg

デインツリー村を抜けると、昨日のリバーツアーで通った川沿いの道を走る。クロコダイルツアーの船がいたので、車を止めて様子を見ると、昨日同様に対岸でワニが日向ぼっこをしている。

e0183106_17472956.jpg

写真の対岸の右に見えているのがワニです。かなりの大きさです。

e0183106_14015053.jpg

例によって電線のForest Kingfisherを数えながらDeintree Riverのフェリー乗り場に行き、川を渡って展望台を通りすぎて最初のT字路を右に折れるとケープ・キンバリーへの分岐路。すぐに未舗装になり道幅もこっちにしては狭い。鳥に注意しながらゆっくり進むと、キャンプサイト(の様なもの)があり、すぐに道は行き止まりでビーチに出る。
ビーチには特に見るべきものはなく、鳥の姿は全く見えない。途中のマングローブ林には何かいそうな雰囲気だが、Figbirdの声がするだけ。

11:50になり来た道をゆっくり戻ると、とあるコーナーを抜けた途端に前方の道路に巨大な鳥の影。頭にへんてこりんなとんがり帽子をかぶり、顔に色を塗り付けたダチョウがいる!
ありゃりゃ、Southern Cassowary(ヒクイドリCasuarius casuarius じゃないの。まさか真っ昼間に道路をウロウロしているとは思わなかった。速攻でカメラを出してシャッターを切る。

e0183106_17475990.jpg

ゆっくり道路を横断すると、道の端で両足をそろえてピョンと飛んで低くなった茂みに入っていった。こんなところでCassowaryに会えるなんて、なんたる幸運。

その後、先日Azure Kingfisherを見た川に行き再度Azureを観察。少し戻った所にあるデインツリー・エンバイロメンタル・センターに行ってみる。

e0183106_17534411.jpg

ここは大したことは無さそうだけど、熱帯樹林を上から見下ろせるキャノピーが有るので登ってみたかったのだ(私は高いところが好き)。しかし、このキャノピー以外にはたいして見るべきものはないし、英語が堪能でなければそれほど展示も楽しめないだろう。
売店で鳥の声のCDが欲しくて探したが無い。係員に聞いてみたけら、ケアンズのショップを教えられた。しかもあのピアに有るという。ひょっとしたらつぶれたブックストアの事じゃないだろうか?

e0183106_17534455.jpg

ここで今さっきCassowaryを見たよ、と言ってD1の画像を見せてあげたら、ここ1〜2ヶ月は見た人がいないから、お前はとてもラッキーだと言われた。そして彼らの興味はD1に移って、いろいろと質問攻めにされてしまった。

1:30にCow Bayの入り口手前のFLORAVILLAと言うレストランでちょっと遅めの昼食をとることにする。

e0183106_17541383.jpg

サンドイッチにビールの昼食です。

e0183106_17541388.jpg

サンドイッチは美味しかったです。A$6.5のハーフサイズはちょっと高いかな?と思ったけど、A$9.5のフルサイズはとても日本人には食べきれないだろう。
この店もBGMは何故かオールデイズばかりかけていた。アニマルズの「朝日のあたる家」恐らく知っている人は少ないだろう。おっと、お次はハーマンズハーミッツの「朝からゴキゲン」。思わずハミングしちゃいます。

時々空は曇るけど、雨さえ降らなければ雲がある方が涼しくてうれしい。食事が済んだ後、もう一度Azureのいる川に行く。

e0183106_22305366.jpg

川べりで待機していると、Azure Kingfisher(ルリミツユビカワセミ)Alcedo azurea がエサを持って行ったり来たりする。D1に手持ちのVRレンズで軽く撮影。双眼鏡ではよく分からなかったが、画像で見るとエサはエビですね。

エサを持ったままウロウロしているのを見て、こりゃ近くに巣穴があるのかと、橋を渡って少し離れたところで観察したが、10分ほどジッとしていた後、エサをくわえたまま上流に飛び去った。営巣を邪魔しては悪いと思い、2:40にMOSSMANに向かって出発。


Beach Thick-knee(ハシブトオオイシチドリ)
MOSSMANの中心を少しCairns側に過ぎたあたりに墓地があり、そこにDouble-eyed Fig-Parrot(イチジクインコ)が良く来るとGeoffさんが教えてくれたのだ。しかし、墓地にはCommon Myna(カバイロハッカ)とMagpie-lark(ツチスドリ)しかいない。あきらめて近くのスーパーマーケットで少し買い物をしてから、次の目的地MOSSMAN Golf Clubへ行く。

ここもDouble-eyed Fig-Parrotが多いと教えられたのだが、見ることは出来ても写真を撮ることは出来なかった。
コースの中の木から「ホーホー」とフクロウのような声がするので探してみたら、Torresian Imperial-Pigeon(パプアソデグロバト)が鳴いていた。

e0183106_22594997.jpg

ゴルフ場の横の道をそのまま海の方に向かうと、Newell Beachに着く。ここにBeach Thick-knee(ハシブトオオイシチドリ)がいると言っていたが、ビーチに出てみてもそれらしい姿は無い。双眼鏡でじっくりと眺めると、砂浜の左の端に白い物が溜まっている。一瞬吹き溜まりの泡かと思ったが、どうもカモメ類のようなので、そっちに行ってみることにする。

ビーチに沿って走る道を北に向かうとまもなく舗装は無くなり、少し広くなった場所に出る。そこに車を止めて浜に出てみると、まだまだカモメまではかなり遠い。
さらに車を走らせると入り江に到着。

e0183106_22324997.jpg

そこから対岸を見ると、なんとBeach Thick-kneeが2羽いる。あわててカメラを出して証拠写真。この鳥も見たかった鳥の一つ。でも非常に遠い。入り江の右岸を見るとさっきのビーチにいたイヌが歩いている。おお、あそこまでは行けるわけだ。
少し戻ったところに駐車スペースと踏み分け道があったので、そこから600mmを担いで浜に出て、後はひたすら歩く。
入り江の端まで来たら、対岸に、まずはともあれBeach Thick-knee(ハシブトオオイシチドリEsacus magnirostrisを撮影。

e0183106_22595479.jpg

他にはEurasian Oystercatcher(ミヤコドリ)の姿も。僕はミヤコドリも三番瀬で何度も振られているので、ここで会えたのはとても嬉しい。

e0183106_14195496.jpg

Whimbrel(チュウシャクシギ)、Silver Gull(ギンカモメ)、Great Crested-Tern(オオアジサシ)、Little Tern(コアジサシ)、Mongolian Plover(メダイチドリ)、Greater Sand Plover(オオメダイチドリ)、Double-banded Plover(チャオビチドリ)が固まっている。
とにかく写真を撮りまくると、Beach Thick-kneeは砂山の向こうに歩いていってしまった。ギリギリセーフだった。
Double-banded Plover(チャオビチドリ)Charadrius bicinctus は初見なので、大きさを確認する意味でコアジサシ、オオアジサシと比較できるように写真を撮る。(シギチの識別はあまり得意ではないから間違えているかも知れない。間違いがあったら遠慮なくコメントでご指摘下さい。)

e0183106_22481622.jpg


そのうちオオアジサシが飛び始めたので、ダイビングが見られるんじゃないかと期待したが、ギンカモメに混じって数回弧を描いて飛び回っただけ。



Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 600mm f/4D+TC-14E(840mm), RDPII
Great Crested-Tern オオアジサシ



青空バックで飛ぶ様が美しい。




Nikon D1, Ai AF-S Nikkor 600mm f/4D+TC-14E(840mm), RDPII



Silver Gull(ギンカモメ)Chroicocephalus novaehollandiae の飛翔も写真に収めて、本日は打ち止め。

e0183106_23110977.jpg


Red Mill Houseに戻ったら、とにかく汗をかいたのでシャワーを浴びてさっぱりしてから、いつものようにJacanas Restorantに夕食を食べに行く。
本日はCassowaryにThick-kneeと見たい鳥を見られたので非常に気分が良く、気前よくTボーンステーキ(A$19.5)を食べる。なるべく小さなピースを選んでくれとお願いしたが、やはり巨大な肉のかたまりにさすがに満腹。

e0183106_22595508.jpg

宿に戻りコーヒーを飲みながらGeoffさんにCassowaryとThick-kneeの話をしたらとても喜んでくれた。幸せな気持ちでナイトキャップを飲みつつ就寝。



■2001/1/17に見た鳥(River Tours以外)
  1. Southern Cassowary(ヒクイドリ)
  2. Black Bittern(タカサゴクロサギ)
  3. Osprey(ミサゴ)
  4. White-bellied Sea-Eagle(シロハラウミワシ)
  5. Orange-footed Scrubfowl(ツカツクリ)
  6. Beach Thick-knee(ハシブトオオイシチドリ)
  7. Masked Lapwing(ズグロトサカゲリ)
  8. Mongolian Plover(メダイチドリ)
  9. Greater Sand Plover(オオメダイチドリ)
  10. Double-banded Plover(チャオビチドリ)
  11. Whimbrel(チュウシャクシギ)
  12. Eurasian Oystercatcher(ミヤコドリ)
  13. Silver Gull(ギンカモメ)
  14. Great Crested-Tern(オオアジサシ)
  15. Little Tern(コアジサシ)
  16. Bar-shouldered Dove(ベニカノコバト)
  17. Wompoo Fruit-Dove(ワープーアオバト)
  18. Torresian Imperial-Pigeon(パプアソデグロバト)
  19. Rainbow Lorikeet(ゴシキゼイガイインコ)
  20. Double-eyed Fig-Parrot(イチジクインコ)
  21. Pheasant Coucal(キジバンケン)
  22. Channel-billed Cuckoo(オオオニカッコウ)
  23. Laughing Kookaburra(ワライカワセミ)
  24. Forest Kingfisher(モリショウビン)
  25. Little Kingfisher(ヒメミツユビカワセミ)
  26. Azure Kingfisher(ルリミツユビカワセミ)
  27. Papuan Frogmouth(パプアガマグチヨタカ)
  28. White-rumped Swiftlet(コシジロアナツバメ)
  29. Shining Flycatcher(テリヒラハシ)
  30. Large-billed Gerygone(ハシブトセンニョムシクイ)
  31. Brown-backed Honeyeater(ウロコミツスイ)
  32. Yellow Oriole(キイロムクドリモドキ)
  33. Green Figbird(メガネコウライウグイス)
  34. White-breasted Woodswallow(モリツバメ)
  35. Common Myna(カバイロハッカ)
  36. Magpie-lark(ツチスドリ)

■2001/01/17(5日目)の走行距離134.8km

■ケアンズ方面全体の地図 (35KB 265×500piexl)はこちら

■続きはこちら、表紙はこちら




by river_kingfisher | 2001-01-17 12:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

1/17-1 2回目のリバーツアー

Page-10/17


2回目のリバーツアー(17 Jan.2001)

再度Chris Dahlberg's Specialised River Toursに乗る。一昨日の乗船で感じが分かったので、今回は満を持してボディを2台、D1とF5にそれぞれストロボ持参で乗船。客は私一人で、まさに貸し切り状態。
Chrisさんも私がカワセミ大好き人間と言うことは分かっているから、ひたすらLittle Kingfisher(ヒメミツユビカワセミ)を探すことをメインに船を動かしてくれる。

e0183106_17390487.jpg

こんな時に限ってAzure Kingfisherは出る物のLittle Kingfisherはなかなか出ない。

前回はなかなか姿が見られなかったBlack Bittern(タカサゴクロサギ)が間近で見られたり、Dusky Honeyeater(or Myzomela)(コゲチャミツスイ)、Shining Flycatcher(テリヒラハシ)の巣作りを再度チェックしたりしていたら、Papuan Frogmouth(パプアガマグチヨタカ)Podargus papuensis が2羽寄り添っているのをChrisさんが発見。1羽はヒナらしい。

e0183106_17401883.jpg
Papuan Frogmouth パプアガマグチヨタカ

1羽だけでも分かりにくい鳥が、2羽折り重なっているからますますどこが頭でどこが翼だかも分からない。そのうち1羽が目を開いてやっと「お〜〜、あそこが頭かぁ!」となった。しばらく行くと反対岸にもう1羽発見。こちらの方が姿がよく見えるので、前よりは分かりやすい。

e0183106_17405054.jpg
Papuan Frogmouth パプアガマグチヨタカ

Papuan Frogmouthを見て納得していると、前方からチチーっと声がする。あわてて前を見るとLittle Kingfisher(ヒメミツユビカワセミ)がボートに向かって飛んでくる。
ボートの横3m位をすり抜けて、そのまま急上昇。茂みに消えた。しかし、背面の明るいブルーと、お腹の抜けるような白い小さなカワセミをしっかりと見ることが出来た。Chrisさんと思わず握手。

Chrisさん曰く、この辺のLittle Kingfisherは熱帯雨林の着生シダのコブに穴を掘って営巣するとのこと。恐らく今のLittle Kingfisherもこの上に営巣しているのではないか。と、言うことでしばしここで再登場を待つが、現れないのであきらめる。

遠くの梢でWompoo Fruit-Dove(ワープーアオバト)が鳴いている。声は昨日も聞いたのだが、姿を見るのは始めて。かなり大きなハトだが、いかんせん遠いのでやっと見られただけだ。写真も証拠写真だけ。

e0183106_17414787.jpg

船着き場の近くの枯れ木には例によってWhite-bellied Sea-Eagle(シロハラウミワシ)が止まっていた。かなり近くまで寄ることが出来た。

e0183106_17422925.jpg
White-bellied Sea-Eagle シロハラウミワシ


ワライカワセミ

宿に戻り朝ご飯を食べていると、Laughing Kookaburra(ワライカワセミ)Dacelo novaeguineae がベランダのすぐそばの枝に止まって、催促するように鳴き始める。

e0183106_17435722.jpg

Geoffがベランダの手すりにソーセージの切ったのをのせると、待ちかねたように1羽が飛んできてそれをくわえて飛び去る。
ヒナがその持ち帰ったソーセージをねだって親を追いかける。Laughing Kookaburraの1家の4羽はこれを朝の定番にしているようだ。
そのうちヒナが自分で取りに来るようになり、手すりの上で食べ終わっても飛び去らずに次を待つようになる。Geoffさんの手から直接餌を受け取って食べていた。道理で人が近寄ってもあわてて逃げないわけだ。
ひとしきり食事をした後は別れて行動しているようだった。1羽はプールに浮いた虫を上手くすくい取って食べていた。

e0183106_17431817.jpg

Laughing Kookaburraの写真を撮っていたら、昨晩から泊まっているアメリカのプロ写真家のZoltan Takacs氏が同じように写真を撮りだして、話しかけてきた。彼はネーチャーフォトグラファーと言うことで自分がどんな仕事をしているのか写真を見せながら話してくれた。僕も名刺を渡してWWWサイトの宣伝をしておく。

朝食後に今日の鳥見はどこに行こうかGeoffさんと相談したら、地図に書き込みながら数ヶ所のポイントを教えてくれる。


■続きはこちら、表紙はこちら




by river_kingfisher | 2001-01-17 00:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

1/16-2 Cook Town2

Page-9/17


Cooktown(クックタウン)(16 Jan.2001)

Cooktownは1770年にキャプテン・クックが座礁したエンデバー号を修理するために立ち寄ったという港町だ。

e0183106_16003912.jpg

「19世紀には採金地として繁栄し、世界中から多くの人が集まってきた。今でもその華やかな時代の名残を残したひなびた街である」と観光案内書に書いてあったが、行ってみて納得。確かに見事にひなびてました(笑)。
ガソリンを入れた店で、「街の中心はどこ?」と聞いたら「そこがそうだよ」と目の前の道を指さした。まだ街の中に入っていないと思ったけど、実は中心にいたのだ。
メイン通りは200mほどで、お店がパラパラとちりばめられているだけ。ただ1軒の銀行に寄って、TCを現金に両替することにするが、パスポートを宿に忘れてきた。国際免許も一緒だ。IDが無いと交換してくれないかな?と心配しつつ窓口のお姉さんに相談する。

これでダメかなあ?と日本の免許証を出す。しかし日本の免許にはローマ字表記が無いので私の名前さえ彼女には読めない。幸い私のTCのサインは漢字表記なので、「ほら、同じでしょう?」と説明すると「Very difficult」と言いつつも両替してくれた。「Cooktownに泊まっているの?」「いや」「それじゃ、Cooktownを楽しんでね!」って言ってくれた。
けど、楽しむ場所はあまり無さそう(^_^;)。

車に戻ってよく考えたら、国際免許を持たずに車に乗る訳はなくて、ちゃんと荷物の奥底に入れてあった。バカみたい。
ガソリンスタンドで聞いたランチの美味しいという店で、Today's Special Lanch(A$6.5)からポークソテーを食べる。ここは退役軍人のたまり場のようなレストランでオールデイズばかりかかっている。

e0183106_16242276.jpg

おお!これは懐かしのテレビ番組「ローハイド」の主題歌じゃないの、歌っているのは確かフランキー・レイン、いや懐かしい。

e0183106_16245189.jpg
Nikon F5, Ai AF-S Zoom-Nikkor ED17-35mm F2.8D, RDPII

お昼ご飯を食べた後は、町並みの中の素敵なホテルとか、キャプテン・クックの銅像を写真に撮って、街を見下ろす小高い丘に登り、もう見るところはない。帰りも時間がかかるので14:00出発する。

e0183106_16003910.jpg
Nikon F5, Ai AF-S Zoom-Nikkor ED17-35mm F2.8D, RDPII



Cooktownからの帰り道(16 Jan.2001)

一度走った道を快調に飛ばして戻る途中、カンガルーが道をピョンピョン横断するのを見た。野生のカンガルーを見たのは始めてだ。
そう言えばカンガルーの轢死体を見ているし、一時期日本で流行した巨大なカンガルーバンパーはオーストラリアでは必要だと納得。

e0183106_16242238.jpg

帰りには相変わらず空を舞う猛禽や、梢に止まった鳥の影を見つけるたびに急停車。しかし、なかなかBlue-winged Kookaburra(アオバネワライカワセミ)は見つけられない。
少し焦りだした頃、2羽で並んだ影を発見。早めに止まって双眼鏡でチェック。Galah(モモイロインコCacatua roseicapilla でした。

e0183106_16242129.jpg

落胆しつつも写真を撮り、いっそう注意深く周りを見回しながら、しかし運転には注意しつつ走っていく。
電線や枯れ木などに鳥の影を見るたびに「もしやBlue-winged Kookaburra?」と止まるのだが、なかなか見つけることは出来ない。

と、電線にいかにもカワセミと言った感じの鳥が1羽止まっている。飛んでしまわないように遠くで一旦停止して観察するとKookaburraだ。しかし逆光だし、背中が見えないのでアオバネかどうかが分からない。
車を少しづつ近づけて、双眼鏡で子細に点検すると目玉が白っぽい。そしてパンダ顔の過眼線も無いから、肝心のアオバネは見えないけど、Blue-winged Kookaburra(アオバネワライカワセミ)だ。

e0183106_16245183.jpg

証拠写真を撮って、やっとカワセミポイントを1種類増やす。これで13種類目。
後ろ姿も撮りたいと思っているうちに、後ろの林に飛び込んでしまった。残念!


この後Brown Falcon(チャイロハヤブサ)Falco berigora を見つけるが逆光のうえ、距離も遠いので写真はレベル最低。

e0183106_16252106.jpg

かろうじて後で判定が出来る程度。飛び立った後の方が条件は良かったが、ピントが合致したときにはすでに後ろ姿で、トホホ(;_;)。

e0183106_16245110.jpg

さらにAustralian Kestrel(オーストラリアチョウゲンボウFalco cenchroides も現れた。確かにこの辺りは鳥影が濃い。

e0183106_16505990.jpg
Australian Kestrel オーストラリアチョウゲンボウ

e0183106_16555590.jpg
Whistling Kite フエフキトビ

Whistling Kite(フエフキトビHaliastur sphenurus 、Brahminy Kite(シロガシラトビ)、Peregrine Falcon(ハヤブサ)、、等の猛禽類を中心にPied Currawong(フエガラス)、などを見つつ走る。

e0183106_17122625.jpg
Pied Currawong フエガラス


Mossmanを過ぎた辺りで路肩からいきなり車の直前に大きな鳥が飛び込む。急ブレーキで間一髪避けられたが、フロントガラス一杯に見えた鳥はPheasant Coucal(キジバンケン)。
この時が最初だったが、この後数回見ているので、このあたりにはかなりの数生息しているのだろう。日本のキジと大きさも似ている。

18時頃にDaintreeのRed Mill Houseに帰着。
結局1日で600kmを走った。しかもそのうち1/3以上がダートだから、さすがに疲れた。一度宿の自分の部屋に戻りシャワーを浴びてさっぱりしてから、いつものレストランに夕食をとりに出かける。
今日は魚にしてみることにする。この辺りの名物らしいバラマンディと言う魚にトライする。「パイ皮で包んだのと、そうじゃないのと、どっちがいい?」と聞かれたので、スタンダードなグリルにして貰う。

e0183106_17360890.jpg

白身のスズキ系のあっさりした味でした。お醤油を持ってくれば良かったと反省。お腹がへっているので、食べに出かける段になるといつも忘れてしまう。

宿に戻りベランダでコーヒーを飲みながらCooktownに行った話をジョ−ジとして、21時には寝てしまう。



■2001/1/16に見た鳥
  1. Black-necked Stork(セイタカコウ)
  2. Masked Lapwing(ズグロトサカゲリ)
  3. Silver Gull(ギンカモメ)
  4. Osprey(ミサゴ)
  5. Black Kite(ニシトビ)
  6. Whistling Kite(フエフキトビ)
  7. Brahminy Kite(シロガシラトビ)
  8. White-bellied Sea-Eagle(シロハラウミワシ)
  9. Swamp Harrier(ミナミチュウヒ)
  10. Peregrine Falcon(ハヤブサ)
  11. Brown Falcon(チャイロハヤブサ)
  12. Australian(or Nankeen) Kestrel(オーストラリアチョウゲンボウ)
  13. Torresian Imperial-Pigeon(パプアソデグロバト)
  14. Bar-shouldered Dove(ベニカノコバト)
  15. Emerald Dove(キンバト)
  16. Rainbow Lorikeet(ゴシキゼイガイインコ)
  17. Galah(モモイロインコ)
  18. White-rumped Swiftlet(コシジロアナツバメ)
  19. Laughing Kookaburra(ワライカワセミ)
  20. Blue-winged Kookaburra(アオバネワライカワセミ)
  21. Forest Kingfisher(モリショウビン)
  22. Dollarbird(ブッポウソウ)
  23. Pheasant Coucal(キジバンケン)
  24. Yellow Oriole(キイロムクドリモドキ)
  25. White-breasted Woodswallow(モリツバメ)
  26. Black Butcherbird(クロモズガラス)
  27. Metallic(or Shining) Starling(オナガテリカラスモドキ)
  28. Common Myna(カバイロハッカ)
  29. Magpie-lark(ツチスドリ)
  30. Australian Magpie(カササギフエガラス)
  31. Grey Butcherbird(ハイイロモズガラス)
  32. Pied Currawong(フエガラス)


■2001/01/16(4日目)の走行距離603.4km

■ケアンズ方面全体の地図 (35KB 265×500piexl)はこちら

■続きはこちら、表紙はこちら




by river_kingfisher | 2001-01-16 12:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)