人気ブログランキング |

カテゴリ:旅行( 481 )

アフリカ旅行パンフレット

e0183106_11342210.jpg


以前にアフリカに写真を撮りに行った時の旅行社から、今年分の同じツアーのパンフレットが送られてきた。
行けるものならまた行きたいけれど、お値段を見てビックリ!

山形豪さんと行く マラマラ&マシャトゥ 自然写真撮影ツアー 10日間

僕が行った時よりもずいぶんと値上がりしています。こりゃもう行けないな・・・
値段だけの事のある内容なので、高額になるのはしょうがないと思いますが、年金生活者には無理です。
e0183106_11342231.jpg


ところで、パンフレットの右下の写真に既視感があります。
お〜っと、これは私が写っているジャマイカ!
e0183106_11513129.jpg


山形さんから貰ったデータを見直したら、やっぱり僕でした。
e0183106_11460922.jpg


毎年同じ内容で開催しているようなので、初回の2014年のデータを使ったパンフレットを使いまわしているんですね。(^_^)v
リンク先の上の方にあるスライドショーも僕の参加した初回の物なので、エレファントハイドの写真以外にも僕が登場してます。(笑)



by river_kingfisher | 2019-02-24 11:56 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

Città del Vaticano 1979

e0183106_09575869.jpg

OLYMPUS OM-1, G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4
SAKURACOLOR SR200,1979/02/18



リコー時計に入社して3年目に、ドイツのミュンヘンで行われたインホルゲンタ時計ショーに出張した時の写真。
前に何かのエントリで書いたけど、リコー時計はとても鷹揚な会社で、ショーの視察3日間以外に10日ほど欧州各地を回らせてくれた。
確かローマには3日間滞在して、毎日遺跡や美術館を回ったと思う。私的な日誌も書いていたので、それを見つければ若かりし頃の感受性豊かなレポートが読めて楽しいと思うので、いずれ発掘したいと思う。


前の写真と共に、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂のクーポラからの自撮り写真。
25歳の時の写真なので、若いです。でも、551段の階段を登ってきて流石に息が切れたか、口が半開きでかっこ悪いですね。
メガネは当時ちょっと流行った紫外線で色が変わるレンズで、普段は無色透明な奴です。

e0183106_09594573.jpg


この日は日曜日で、サン・ピエトロ広場のヨハネ・パウロ2世教皇のミサが行われていました。
でも、最初はなんで広場に人がいっぱい居るのか分からずに、皆さんが上を見ているので、初めて知った次第です。

e0183106_09595351.jpg




by river_kingfisher | 2019-02-12 10:34 | 旅行 | Trackback | Comments(12)

川越 2001:名店街




Nikon D1, Ai AF-S Zoom-Nikkor 17-35mm f/2.8D IF-ED(17mm)
1/249s, f/8, ISO200, 2001/6/9


一番街商店街に続いているうえに駅に近い側に有るにもかかわらず、川越名店街は寂れていた。
昭和の高度成長期に、全国の同じような商店街と同じようなアーケード化を行い建物を近代化した為に、陳腐化してしまったせいだろう。

結果として、地域の外れにあった一番街商店街に古い建物が残され、今では観光客を呼ぶ繁華街になっていることが皮肉だ。

この川越名店街の現在はどうなっているのか、Googleストリートビューでチェックしたら、老朽化したアーケードこそ取り除かれているが、16年前とほぼ同じ状況だった。

e0183106_11262179.jpg
®Google マップ


先の方の電柱が切れた辺りから、一番街商店街が始まります。
この辺りは電線類地中化はしないんでしょうかね?




by river_kingfisher | 2017-06-04 08:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

川越 2001:コンビニ





Nikon D1, Ai AF-S Zoom-Nikkor 17-35mm f/2.8D IF-ED(17mm)
1/249s, f/8, ISO200, 2001/6/9



最近は観光地での規制で街並みに調和した目立たないチェーン店舗というのも増えてきましたが、16年前にこのサンクスの店舗を見た時はビックリしました。
「看板のロゴタイプが残念!」と思いましたが、それにしてもよくここまでローカライズしたものです。他の巨大チェーンでもここまでやれたんでしょうか?

っていうか、サンクスはファミマに吸収されちゃったから、ここももうファミマに切り替わっているんですかね?



って事で、Googleのストリートビューで探してみました。
どうやら、現在はこうなっているようです。

e0183106_1883410.jpg
®Google マップ


やはり16年の歳月は、ずいぶんと街の様子を変えますね。



しかしこのレンズ、歪みがなくて気持ちの良いレンズです。やはりあの大きさと重さが必要なんでしょうね。




by river_kingfisher | 2017-06-03 08:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

川越 2001:電柱





Nikon D1, Ai AF-S Zoom-Nikkor 17-35mm f/2.8D IF-ED(17mm)
1/350s, f/9.5, ISO200, 2001/6/9



今でこそあちこちで進められている無電柱化だが、1992年から電線類地中化に取り組んできた川越の一番街商店街は、電線が無い低層の街並みがこんなにスッキリとしているものかと驚かされた。
地下に埋設できないらしいトランスは、概ね地上の片隅にひっそりと置かれているようだったが、菓子屋横丁は置き場所が確保できなかったらしく、こんな形で残ってしまったようだ。

「この電柱は今でも有るのだろうか?」と、Googleストリートビューで探してみましたが、場所が特定できませんでした。しかし、菓子屋横丁にはまだこのトランス電柱が有るようなので、この電柱もきっとここに有るでしょう。





by river_kingfisher | 2017-06-02 08:00 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

川越 2001:菓子屋横丁





Nikon D1, Ai AF-S Zoom-Nikkor 17-35mm f/2.8D IF-ED(17mm)
1/400s, f/4.2, ISO200, 2001/6/9



この頃はまだ海外からの観光客は少なく、歩いているのは日本人ばかりだった。
今では東南アジアからの団体客が幅を効かせているんでしょう・・・




by river_kingfisher | 2017-06-01 08:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

川越 2001:吉田謙受堂





Nikon D1, Ai AF-S Zoom-Nikkor 17-35mm f/2.8D IF-ED(17mm)
1/179s, f/7.1, ISO200, 2001/6/9



吉田謙受堂という、老舗の本屋さん。
ググってみたら現在もほぼ同じ様相で、教科書販売がメインらしいです。

蔵を店舗にしているのって、すてきですよね。




by river_kingfisher | 2017-05-27 08:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

川越 2001:あさひ銀行川越支店





Nikon D1, Ai AF-S Zoom-Nikkor 17-35mm f/2.8D IF-ED(17mm)
1/499s, f/11, ISO200, 2001/6/9


1918年(大正7年)竣工の、「あさひ銀行川越支店(旧八十五銀行本店本館)」。
国の登録有形文化財に指定されている。

■18:35追記
他のエントリを書くためにググっていたら、「あさひ銀行」は2003年に「りそな銀行」になってました。なので、この建物の現在の名称は「埼玉りそな銀行川越支店」が正しいそうです。




by river_kingfisher | 2017-05-26 08:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

川越 2001:くらづくり本舗





Nikon D1, Ai AF-S Zoom-Nikkor 17-35mm f/2.8D IF-ED(22mm)
1/350s, f/10, ISO200, 2001/6/9



最近の写真を見ると、「くらづくり本舗」の看板がもっときれいで読みやすいので、洗ったんでしょう。
後ろの「あさひ銀行川越支店(旧八十五銀行本店本館)」の存在感が大きすぎですね。




by river_kingfisher | 2017-05-25 10:08 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

川越 2001:きんかめ





Nikon D61, Ai AF-S Zoom-Nikkor 17-35mm f/2.8D IF-ED(25mm)
1/320s, f/9, ISO200, 2001/6/9



1927(昭和2)竣工の「きんかめ」時計宝飾店。
2014年に改装されて、現在は「法善寺聞信会館」になってるらしい。
サッシも木製に戻されて、街並みに調和しているとのこと。




by river_kingfisher | 2017-05-24 16:06 | 旅行 | Trackback | Comments(0)