カテゴリ:買ってみた( 53 )

ヘルスメーターを買ってみた

TVニュースでやけに渋滞情報を流しているなぁ〜と思ったら、世の中はお盆休みに入っていたんですね。毎日が休みだから実感が湧きません。(笑)


嫁さんが自分の寝室に見やすいヘルスメーターが欲しいというので、カインズで探してみたけど、電池が入れてなかったり、入っていても液漏れしてたりで、全然表示が分からない。
これならアマゾンの方がマシじゃね、ってことでLED表示の安いの(¥1,780)を探してポチ。Etekiとかいう聞いたことの無いメーカーですが、使っているデバイスは汎用品だろうから問題ないでしょう。
翌日にヤマトで到着です。

e0183106_15291027.jpg


中身はこんな感じです。メジャーもおまけで付いてきました。

e0183106_15010201.jpg


ヘルスメーター本体はガラストップのシンプルなデザインで好感が持てます。

e0183106_15013281.jpg


表示はガラストップの裏面の白印刷越しなので、若干薄れますが十分読み取ることができる明るさです。

e0183106_15023032.jpg


精度に関しては、タニタのと比べたら50gのレベルで違ってました。でも、小数点2ケタの方が何となく精度が高いように感じてしまいますね。

e0183106_16183516.jpeg


そして、おまけのメジャー。変な形だと思ったら、ウエストサイズを図ることに特化しているようです。

e0183106_15382630.jpg


反対側にメジャーの先っちょを差し込んで、ループにして測るようです。メジャーは本体の幅分の5cmが引かれた、6cmから目盛りが始まってます。
真ん中のボタンで巻き取りです。

e0183106_15384991.jpg


私の腹は82.8cmだそうです。
e0183106_15513051.jpeg





by river_kingfisher | 2018-08-12 08:00 | 買ってみた | Trackback | Comments(0)

刻印を買ってみた:その2

先日買った最安値の4mmの刻印がイマイチだったので、3mmを買い直しました。

例によって翌日到着。

e0183106_14360771.jpg


今回は数字とアルファベットは別のパックになってます。
目視でチェックする限り、文字の不足やダブりも無いようです。サイズの不揃いも無さそうです。

e0183106_14361874.jpg


比較のために、4mmを打った隙間に試し打ち。
今回は不揃いは無いようですね。ちなみに、左上の判読しにくい123はリューターの刻印です。打刻の方がやっぱり読みやすいですね。

e0183106_14371639.jpg


ドッグタッグにも打ち込みましたが、個人情報が入っているので写真は無しです。



by river_kingfisher | 2018-08-10 14:35 | 買ってみた | Trackback | Comments(0)

刻印を買ってみた

仔犬たちの鑑札の裏に名前と電話番号を刻むのに、いつもはリューターを使っているのだが、ふと刻印を使ってみようと思った。
Amazonで安いのを探して見たら、アルファベットと数字のフルセットで¥895円(送料無料)というのがあったので、早速ポチった。

例によって無駄にでかいダンボールにちょこんとパッキンされて翌日に到着。

e0183106_10222958.jpg

36ピースでこの値段なので、耐久性はあまり無いだろうと思うけど、そもそもそんなに使わないから問題はないと思う。
ちなみに、手芸用なのでアルミのような柔らかい物しか打刻出来ません。

e0183106_10223018.jpg

さっそくテストで適当なアルミ片に打刻してみます。
上の穴が空いているのは狂犬病の鑑札。これに打刻するつもりでしたが、携帯電話の11桁の数字は入りませんね。残念!
小さいサイズは値段が高くなるので最安値の4mmにしたけど、少し高くなっても3mmにしとけば良かったかなぁ・・・

e0183106_10223237.jpg

見ての通り、4だけ小さいので販売元にメールしたら、すぐに返事が来て交換品を送ってくれるそうです。


■19:55追記
販売元から、製造元にクレームを入れたら「製造上の問題で4は小さくなっているので、大きい4は無い」と回答がきたので、責任をとって返金すると連絡が来ました。
物は送り返さず破棄してくれとのこと。なんて良心的なんだ!!
で、3mmを発注しましたよ(笑)。



by river_kingfisher | 2018-08-09 08:00 | 買ってみた | Trackback | Comments(4)

超安いヘッデンを買ってみた

暇つぶしに「ハムスター速報」を読んでたら、「Amazonでめっちゃ明るいライト買ったら小規模で頑張る企業の涙ぐましい手紙が入ってた」というのが有った。
かなりステマっぽい内容だけど、ヘッデンマニアとしては放っておけない(笑)。
で、いくらなの?とリンクのTomo Light LEDヘッドライトをクリックしたら¥2,960円。

ふ〜ん、まあそこそこの値段かな。でも、あえて買うような物でもないな……と思いつつ、スクロールしてレビューを見ようと思ったら、見つけちゃいましたよ、同じデザインで安いのを。
しかも、値段はなんと¥380円!!
■15:55追記
セール価格 割引価格の設定ミスだったようで、さっき見たら残念ながら¥380円オフの¥2,000円になってました。間違って¥2,000円オフの¥380円にしちゃってたみたいです。(笑)

■2018/08/28追記
さっき見たら¥957円になってました。これが千円以下ならお買い得だと思います。
Tomoと比べると説明もレビューも少ないので、若干不安が残るが、スペックは同じっぽいので駄目元でLoggio led ヘッドライトをポチってみた。

値段が安いので中国からの直送かと思ったら、あっさり翌日にヤマト便で到着しました。例によって無駄にオーバーサイズ(80サイズ)のダンボールでした。送料はいくらなのよ??

e0183106_11261425.jpg


品物は、¥2,960円ならまあこんな物かな?っていう感じですが、少なくとも¥380円には見えません。思いの外しっかり出来てます。

e0183106_21074425.jpg


薄い合皮のポシェットと、USBケーブル、日本語・英語の取説が付いてます。取説は英語がモノクロなのに対し、日本語版はカラーです。力が入ってますね。
とりあえず、点灯させて問題がないかチェックしてみます。

e0183106_11032252.jpg


電源はライト部と別になっていて、後頭部にセットするセパレートタイプです。電池ボックスの蓋はゴムで防滴性能を確保しているようです。
充電池は18650リチウムイオンです。ちゃんと充電出来てそれなりの容量が有れば、この部分だけでも¥380円の価値がありますね。

e0183106_11033695.jpg


ちなみに、この電池ボックスは後続者に対するマーカーとして赤いLEDを点灯させることが出来ます。常時点灯と点滅の2ウェイです。

e0183106_11032380.jpg


USB端子は良くあるMicro−Bで、スマホのケーブルが流用できます。っていうか、付いて来るケーブルのコストはいくらなのよ?って感じですね。
分かりにくいですが、差込口をカバーするゴムキャップが付いてます。一応は防滴性能は有るようです。

e0183106_11032414.jpg


取説によると充電時間は6時間と長く、充電完了で赤ランプがグリーンになるので充電を停止しないと過充電で故障すると脅してます。

e0183106_11033548.jpg


明るさに関しては、暗くなったら他のヘッデンと比べてみたいと思いますが、さすがに10,000ルーメンは無いと思いますが十分な明るさは有ると思います。
LEDは¥2,960円のTomoと同じCREE T6が3個とCREE XPEを2個使っているらしいので、きっとTomoと同じ物を別ルートで仕入れているんじゃないかと思われます。
保証とか色々差があるのかも知れないので、一概にどっちが良いとか言いませんが、僕はこっちでいいです(笑)。

ところで、この手のヘッデンを直接頭に着けて使っていると、意外に重さが気になります。
僕の持っているセパレートタイプのGENTOS HW-999Hは198gですが、やはり重さが気になる時があります。このLoggioは239g(実測)あるので、それなりにきつく締めてやらないと頭を急に振ると慣性でズレる可能性があります。

いずれにしろ、充電が完了したら明るさチェックも兼ねて少し使ってレポートしてみます。


6時間経過したら、グリーンに変わりました。この辺はちゃんとしているようです。

e0183106_15091679.jpg



■16:00追記
まだ試験使用してませんが、ちょいと点灯させてみた感じでは、このヘッデンは光軸が集中しすぎていて、あまり一般的な使用には向いてないと思います。
スポットライト的にとにかく明るいライトが欲しい人向けで、夜道を歩いたりするには足元が暗くて歩きにくそうです。
値段が¥2,000円になっていた事もありますが、あまりお勧めではないです。



by river_kingfisher | 2018-07-28 08:00 | 買ってみた | Trackback | Comments(0)

熱収縮チューブを買ってみた

先日の野舞探のキッチン照明を作った時に、端子にかぶせる熱収縮チューブの在庫が少なくなっているのに気付いたので、Amazonで安いのを買ってみた。

欲しかったのは細い端子にかぶせる奴なので、直径2.5mmで5mで¥130というのをポチる。写真の左の黒いやつです。

e0183106_15093529.jpg


ポチった後で、違うサイズでも残りが少ない物がある事を思い出して、、、検索したらセット物が安かったのでそれもポチ。8サイズが各5色入っていて、328ピースで¥220
こっちだけで良かったな。
ま、安いからいいけど(笑)。
6/22 6/21にポチって、中国から7/2に届きました。



by river_kingfisher | 2018-07-03 15:45 | 買ってみた | Trackback | Comments(2)

自転車購入

ちょっと前に新宿のヨドバシカメラの地下にある自転車売り場をなんとなく覗いたら、やけに軽量なのに安い自転車が置いてあった。
7.4kgしかないのに、¥52,320円だ。自転車で10kgを切るのがどんだけすごいことか分かっている人には、驚異的な価格だと思う。

e0183106_11560971.jpg


軽量ミニベロといえば、パナソニックのチタンフレームのトレンクルが有名だけど、6.9kgで¥237,600もする。
このルノーはコストパフォーマンスがめちゃくちゃ良いのだ。
ちなみに、ルノーのラインアップにはマグネシウムフレームの7.0kg¥68,000とか、アルミながら6.8kg¥54,800とかの機種があって、選択が楽しめます。

e0183106_11561001.jpg


というわけで、新宿の飲み会に行くついでにヨドカメに寄って、試乗した上で発注。一週間ほどで組み立てられた状態で佐川急便で送られてきました。
本体価格¥52,320円に防犯登録¥500円、1年間の掛け捨て保険¥1,080円で、TL¥53,900円でした。本体は10%のポイント還元があるので、実質¥47,088円なので、TLは¥48,668円ですね。

e0183106_11561146.jpg


ミニベロに乗るのはものすごく久しぶりなので、運転するのがちょっと怖いですね。車輪が小さい上にキャスター角が小さいので、どうしもフラつきます。
また、これも車輪の小ささとギヤ比のせいで簡単に前輪が浮きます。急な坂で思い切って踏み込むとウィリーしそうです。逆に急坂を下っているときに前ブレーキを強くかけると、簡単にジャックナイフをやりそうです。


ミニベロといえば、一時期モールトンに乗っていたことが有るのですが、こいつは小径タイヤながら全く別物の乗り心地で、それまで乗っていたロードバイクと遜色のない走行性能でした。

e0183106_18115712.jpg

まあ、値段を考えたら違っていて当たり前といえば当たり前ですが(笑)。


そもそも今回は野舞探で旅行に出た時に、チャリがあったらもう少し観光の範囲が広がるなぁ…という思いから折り畳み自転車を購入したので、長距離やトリッキーな運転はしないと思うので、これで問題ないでしょう。


■23:35追記
書くのを忘れてました。ルノーを選ぶに当たって、キャンカーブログのヨシタカさんのブログを参考にさせてもらいました。
ヨシタカさんの乗ってるクレソンボヤージュタイプR(だっけ?)も野舞探を購入するときに検討したんですよ。ドア横の座席の狭さとテーブルが邪魔なのがネックでした。テーブルを外しちゃうと言うのは斬新な解決案です。

あと、支払い価格もメモで追記しておきました。



by river_kingfisher | 2018-06-03 08:00 | 買ってみた | Trackback | Comments(4)

充電式クリーナー

「買ってみた」ワケではないのですが、実質的には同じことなので・・・

5月12日にauから「もうすぐお前のポイントのうち3,000ポイントがパァになるぞ(意訳)」というお知らせが来た。
あわてて、ポイントの使い道をチェックしたけど、交換する商品にろくなものがない。強いて言えば充電式クリーナーが良いかと思い、それを選択した。マキタ 充電式クリーナ CL105DWNで、メーカー希望小売価格¥15,984円が7,200ポイントになっていた。
Amazonでみたら¥9,890になっていたので、まあそんなところでしょう。

5/12にクリックして、届いたのが5/23。巨大な箱で届きました。

e0183106_15291531.jpg

Amazonのように、段ボール箱のバリエーションが無いんでしょう。無駄に空気を運んでます。

e0183106_15294445.jpg


付属品もこれだけで、あっさりしてます。
これ以外に使い捨ての紙パックが付いてましたけど、写し忘れ。

e0183106_16045755.jpg


思ったよりも重かったですが、床に吸い込み口をつけている分には重さは感じません。性能的にはパワフルモードにすれば普通の家庭用掃除機くらいの威力で吸い込みます。
デパートとかでこれを使っているのを見たことがあるので、それなりに実績は有るようです。

マキタ純正のサイクロンアタッチメントが有るので、ちょっと欲しいかも。ゴミ捨てが面倒なようなら購入を検討しようと思っています。

しばらく使ったら、またレビューを書くかもしれません。



by river_kingfisher | 2018-05-30 08:50 | 買ってみた | Trackback | Comments(4)

ハイバックタイプも買ってみた

先日購入したヘリノックスタイプのウルトラライト・フォールディングチェアのハイバックタイプもポチってみた。
e0183106_19103468.jpg


Motomo ロングバックタイプ リラックス アウトドア チェア ¥3,780(送料無料)って奴です。
もっと安いのが出てくるのを待つつもりでしたが、何となくポチってしまった。(笑)
e0183106_19103521.jpg


前回はフレームだけの写真を撮り忘れたので、今回は忘れずに撮影した。ロータイプ同様に、ブラブラと振ってやると中に通されているバンジーコードに引っ張られて、カチカチとはまって形が決まります。
e0183106_19103562.jpg


スタンダードタイプは膝側から張るが、ハイバックタイプは背中側を先に差し込んで、膝側をあとではめる。かなり力が必要なのでか弱い女性には組立がきついかもしれない。
e0183106_19103686.jpg


大きさはスタンダードタイプとそんなに違わないと思っていたが、実物はかなり違う。
一回り大きい。
e0183106_19122023.jpg


背もたれ部分が伸びただけなのかと思っていたら、足も長くなっていて座面の高さが全く異なっていた。
e0183106_19122353.jpg


思ったよりも大きさに差があって驚いた。
e0183106_19122500.jpg


遠近感でローバックの方が大きく見えるようだが、実際に肩側の幅はローバックの方が広い。
ハイバックの方が頭を預けてゆったりと座ることができるので、座り心地は当然ながらハイバックの方が良い。
e0183106_19122216.jpg


ローバックの907gにはかなわないものの1.2kgしかない軽さは、この座り心地に椅子にしては画期的なものだと思う。
しんどい山道を登らなければいけない白樺峠で、ゆったりと空を眺めるには最適の椅子だと思う。


おまけ
e0183106_07410516.jpeg




by river_kingfisher | 2018-05-06 08:09 | 買ってみた | Trackback | Comments(0)

潰れたネジ抜き専用工具

たまに古い固着したネジを緩めようとしてネジ頭をなめてしまい、外せなくなることが有る。まあ、そんな時はショックドライバーなんかを使ってやり過ごすんだけど、例によってAmazonをフラフラ見ていたら良い物(そうに見える)が有った。

e0183106_17173880.jpg


潰れたネジ抜き専用工具(¥189円・関東への送料無料)。
レビューの評価は配送に時間がかかること以外には、ダメ評価が一人だけだったので、ダメ元でポチってみた。一桁違うんじゃないかと思ったよ、¥200しないしね(笑)。4/14にポチって、中国から4/28に到着でした。

早速テストしてみようと思います。
都合よくなめたネジなど無いので、適当にジャンクBOXから拾って、バイスに固定してプラスネジを潰します。このセルフタップネジは錆びていたけど質は良いみたいでなかなか潰れずに、ドライバービットのほうがダメになるんじゃないかと心配になるくらいだった。

e0183106_17151946.jpg


まず、ツールの下穴開け側をセットする。

e0183106_17152170.jpg


が、しかし、これが全く切れない!かなり時間をかけたけど、余り切れている様子がない。熱を持ってしまい、さらに刃先がダメになるのを恐れて注油したのだけど、とにかくあまり切子が出ないから切れてなさそう。

e0183106_17152238.jpg


それでもテストなので、とりあえずツールのビットを反対向きにセットして、いよいよ抜き取りをテストする。

e0183106_17152425.jpg


予想通りというか、全然ダメで刃物が噛まずに空回りするだけでネジは抜けません。評価☆一つの人はこれで怒ったのでしょう、気持ちは分かる。

やはり先穴が十分ではないのだろうと、普通の金工用ドリルビットに切り替えて先穴を掘ります。切子がしっかり出てますね。こうでなくっちゃ!

e0183106_17152534.jpg


今度は一発で抜けました。
十分に刃先が食い込むだけの先穴さえ掘ってやれば、ちゃんと用途は果たしてくれるようです。

e0183106_17154218.jpg


硬く固着している時は、電動ドライバーのトルクを弱めにして、なめないように慎重にやるのがコツのようです。

e0183106_17154429.jpg


抜き取りビットの刃物が噛んだ跡は先っちょの方だけですね。ネジ頭の潰れ具合と先穴の太さをよく検討して、ドリルビットのサイズを選定をしないといけなさそうです。

e0183106_17154529.jpg



そもそもスクリュー エキストラクターはタップみたいに、手で慎重に回すもののイメージが有るし、先穴を開けるのまで一本で出来ちゃうことが、昔のおっさにんは便利すぎて眉唾だったので、先穴に関しては別途ドリルビットを使うということで不満は無いです。

という訳で、僕はドリルで先穴を開けると思うから使えそうですが、これだけで済ませようと思うと全く使えないツールです。やはり安いだけのことは有りますね。

「工具をケチっちゃいけないと、何度言えば・・・」と、ぱんたさんに叱られそうですが(笑)。



by river_kingfisher | 2018-05-02 10:23 | 買ってみた | Trackback | Comments(2)

ウルトラライト・フォールディングチェアを買ってみた

■2018/05/05追記あり

Amazonで探しものをしていたら、タイムセールのところにヘリノックスタイプの中華バチモンのウルトラライト・フォールディングチェアが安く出ていた。
そのうち買おうと思っていた物で、元から安い(だいたい¥3,000円弱が標準的)のだけど、¥2,899がタイムセールで¥2,209円(送料無料)になっていた。Amazonも送料が有料になると新聞で読んだから、この値段で買えるのはこれが最後かもと、Moon Lenceブランドのこれをポチってみたと、思ったけど後でチェックしたら¥2,200円くらいのは他にも有った(´・ω・`)

4/10の夕方にポチって4/12の午前中に到着。例によって無駄にでかい箱です。

e0183106_10562034.jpg


本体重量は907g(カタログ値)で、非常に軽いです。たたんで収納袋に入れた状態で、長さは33cm(実測)しかなく、とにかくコンパクト。

e0183106_10562106.jpg


組み立ては簡単で、アルミフレームの中にバンジーコードが入っているので、適当に振ってやれば受けにはまり込んで形が出来上がります。
e0183106_20533827.jpg

あとは座面を差し込むだけ。後からはめ込む背中部分に引っ張りやすいようにループが付いているはずなのだけど、見当たらなくて「不良品?」と思ったけど、袋の中に押し込まれてただけでした。

e0183106_10562246.jpg


見た目のヤワさの割に、意外としっかりしていて耐荷重110kgというのもあながち嘘じゃないのかもという気になる。体重のかけ方次第で揺れるけど、このフレームの太さと、プラの受けに差し込んであるだけという構造の割にはがっちりしている。

e0183106_10562325.jpg


収納袋はここにこうやって引っ掛けるのがお作法のようです。

e0183106_10562371.jpg


あえて難点を言うと、体を包み込むバケットタイプの座面の幅が若干狭いために、腰を低くすると肩が両サイドのポールに挟まれる感じになる。そして肘の置き場がなくなりちょっと休まらない気がした。
このローバックタイプは背もたれが肩までしか無いので、ほんとうの意味でリラックスは出来ない気がするから、ハイバックタイプも買ってみようという気になった。ハイバックタイプは¥3,800円ほどするようなので、安いのが出てくるのを待つ感じです。


■2018/05/05追記
ハイバックタイプの写真撮りをしたついでに、フレームだけの写真を追加しました。



by river_kingfisher | 2018-04-15 08:56 | 買ってみた | Trackback | Comments(0)