カテゴリ:Noble車内( 84 )

シンク下の物入れに灯り:その5

12/8にシンク下の物入れに灯り:その4で完成したと思ったのですが、実は亀山湖に紅葉カヤックに行った時に満を持して扉を開けたら、、、

あれ?あれ・あれ??

明かりが点きません。
スイッチをカチカチ指で押してやると点くようになったので、なにか引っかかっていたのかと思ったけど、しばらく経って扉を開けてみるとやっぱり点かない!

どうやらスイッチの不良のようです。
もともと廃棄する電化製品からサルベージしたパーツなので、信頼性はありません。接点復活剤を吹き込んでやっても改善しないので、諦めてスイッチを取り替えることにします。

やはり普通にマイクロスイッチが良いだろうと、アマゾンで安いのをセレクト。1個でいいんですが、それでは商売にならないんでしょうね、この値段では。
思ったよりも早く中3日で到着。
e0183106_16452125.jpg

不要な押してメイクの脚は切っておきます。

不良のスイッチのホットメルトをパリっと剥がして、新しいスイッチをハンダ付け。
ここまではスムーズに進みます。
e0183106_16452291.jpg


しかし、野舞探のマスタースイッチをONにしても明かりが点きません。
慌てて、配線をテスターで確認しますが、どこも問題はない・・・なぜだ??

30分ほど、寒い野舞探の中でああでもないこうでもないと悩んだ末に、やっと冷蔵庫のオン・オフできる電源から分岐して電源を取ったことを思い出し、冷蔵庫の電源を入れたらまばゆいばかりに光りましたよ。ほっ

あとはいつものようにホットメルトでスイッチ本体と配線を止めて完成!
e0183106_16452394.jpg



ところで、今気付いたのですが、Amazonってアカウントのログイン状態とそうでない場合で、メインに表示される価格が違うんですね。
これがぼくのアカウントでログイン状態の画面。
e0183106_17294363.png

価格は¥229円になってます。
そしてこっちはログインしていないブラウザで同じURLを開いた画面。価格は¥155円になってます。
e0183106_17294207.png

どういうことなのよ?
ログイン画面でも最安値ということで¥155円の表示は小さく出てますが、普通は大きく表示されてる価格で買っちゃいますよね?俺だけなのか?

ま、どっちにしろ安いからいいんだけど・・・なんか納得出来ない!



by river_kingfisher | 2018-12-29 08:00 | Noble車内 | Trackback | Comments(0)

ギャレーの引き出し改善:その3

僕の野舞探はシンクの下の引き出しと、ベッドの下の引き出しは中身が全てそのまま出せるように、スライドレールを標準の2段から3段に切り替えてある。


ちなみに、最新のZIL520などのレールは3段になっているが、NOBLEは現行でも相変わらず2段のままのようだ。この辺の頑なに仕様を変更しないバンテックの方針は、はっきり言って如何かと思うよ。

この改造の時に使った3段レールは、オートクローズで最後の5〜6cmは勝手に閉まるので便利だが、その分引き出す時の最初が重い。つまみはロックを兼ねる小さなものなので、この最初の引き出し時に気を入れてつまみを持たなければならない。
これからどんどん握力が低下していく老人なので、自宅のキャビネットのノブをつまみのタイプから指がかかるU字型に変えたように、こちらも楽に引き出せるように取っ手を付ける事にした。

e0183106_17562063.jpg


どこにどんな取っ手を付けるか、悩みに悩んで写真のようなシンプルな物を取り付けた。基本的に左手で引き出しを開けて、右手で中身を取り出すと思うので、ノッチの左側にシンプルなU字型のアルミ金物を付けた。

e0183106_17562152.jpg


本来なら、取っ手が中央でロックノッチが右にずれているべきなのだが、ノッチの移動は大きな跡を残す。このままではアシメトリーで若干バランスが崩れるが、わざわざ取っ手を両側に取り付けるほどでも無いと思うので、これでしばらく運用してみる事にする。

e0183106_17562210.jpg


ところで、ベッド側の下の踏み台兼用の引き出しですが、引っ張り出すのがやりにくくてしょうがないのですが、他のNOBLE乗りの方は不満に思ってないのですかね?
うちはこれを踏み台として使うとトイレのドアが開けられないので、単に開けにくい引き出しとしか使ってないから、蓋も要らないのですが・・・
これもいずれ改善せねばと思っている案件です。



by river_kingfisher | 2018-12-17 08:00 | Noble車内 | Trackback | Comments(0)

トイレの水が出ない!

久しぶりのお出かけ準備で色々とチェックしていたら、トイレのフラッシュの水が流れない。モーターが回る音もしない。
これは困ったと、ネットで「THETFORD 電動 故障」で事例を検索するがヒットしない。
とりあえず、ヒューズをチェックが基本なので、ヒューズの場所をネットで探すために、THETFORDのWebでC200シリーズのマニュアルを見つけて確認した。

ヒューズは切れてなかったので、スイッチがおかしいと推測した。
そういえば、9月に白樺峠に行った帰りに、みどり湖PAで触ってもいないのにいきなりこのフラッシュのスイッチが入ってあわや便器が水で溢れる寸前になるという事態があった。その時はスイッチに触ったら止まって、その後は問題がなかったのでそのまま放ってあったのだが、やはりスイッチがおかしいようだ。

e0183106_17333817.jpg


しかし、マニュアルを見てもスイッチの分解方法が分からない。そもそもpdfのマニュアルとメインページの写真ではスイッチの形状が違っているし・・

仕方ないので、バンテック埼玉に電話して店長に事情を話して分解方法を教えてもらう。
優しく、かつ力強く引っ剥がす、のだそうだ。

e0183106_17333960.jpg

写真を見て分かるように、上方向にピボットがはまっているので外す時は上方向に持ち上げる。グレーのブチルゴムは再利用するので剥がさずにそのままにしておく。

この後、カバーのゴムを裏返してもスイッチへのアクセスは出来ない。
さっぱり構造がわからないので、再度バンテックに電話して次のステップの手順を教えてもらう。

e0183106_17334153.jpg


今度は表側の青いスイッチゴムを外す。ヘラのようなもので優しくこじると浮いてきます。
中にトルクスネジが2本有るので、これを外すとやっとスイッチ本体にアクセスできます。

e0183106_17334347.jpg


ゴムでカバーしてあるとはいえ、密閉した水タンクの中に付けるスイッチにこんな接点が露出した物を使うというところが日本では考えられません。もちろん、このケースでもスイッチハウジングの中は結露なのか水滴がいっぱい付いていて、試しにメイン電源を入れたらスイッチ内部でジジ・・・と水が煮える音がしてました。

e0183106_17334591.jpg


よく乾かして接点復活剤を吹きかけ、ゴムにはグリスを付けた上で、タンク側のコードが出ている部分は自己融着テープで防水処理してから組み立てました。
ブチルゴムは切れて無くなった部分が出来ないように均してから圧着です。水が暴れた時に漏れそうな気がしますが、トイレは防水してあるから、ま・いっか(笑)

e0183106_17335944.jpg


なんとなく、スイッチはそのうちまた壊れそうな予感です。



by river_kingfisher | 2018-12-16 08:00 | Noble車内 | Trackback | Comments(0)

TVの後ろに棚を作成;その3

引っ張ってきたTVの後ろの棚作りですが、いよいよ今日が最後です。



2段目の棚板を1cm上げて、もう大丈夫だと思ったら前の柱にも干渉していることが判明して、ここも切り取ります。どうやら採寸に失敗していた模様です。

e0183106_17301395.jpg


まあ、そんな事は気にしないで結果良ければ全て良しという事で、一番奥にあるAC100VとDC12Vコンセントを手前に引っ張り出しておきます。固定は当然ホットメルトです。

e0183106_17301357.jpg


3連のシガーソケットは最安値と思われる¥165円の粗悪品です。リード線が細いのでちょっとアンペア数のある機器をつなぐと齟齬が出ます。でも、どうせ付け替えるのでノープロブレム。おまけで付いているUSBは今時たったの500mAなので、去年購入してあった3Aのモジュール(買った時は¥320だった)に交換してあります。

e0183106_17301407.jpg


とにかく完成して良かった・・・(笑)



by river_kingfisher | 2018-12-15 08:00 | Noble車内 | Trackback | Comments(0)

TVの後ろに棚を作成;その2

ぱんたさんにやっつけ仕事であることを見抜かれた昨日の組み立て作業ですが、今日はいよいよ野舞探に組み込みです。

奥の側板はキッチリの寸法で作ってあるので、ちゃんとハマるか心配でしたが、きれいに収まりました。木ネジで固定する予定でしたが、その必要もないくらいキッチリ収まっています。

e0183106_17175385.jpg


しか〜〜し、肝心のTVを収納位置に収めようとしたら・・・
アームの後ろが棚につかえて収まりません!
そんなバナナ!!

e0183106_17175361.jpg


どうやらアームが円弧を描いて収まることを計算に入れてなかったようです。
そして、高さ方向にも大ポカがあります。
アームの幅で棚板の間隔を決めたのに、補強材を付けたためにアームの幅よりも狭くなってしまったのです。
俺はアホや!

e0183106_17175457.jpg


とりあえず、現場でまたまたやっつけ仕事で下の補強材を削り、上は取り外してみましたが、まだ入りません。引き出して採寸したのですが、押し込むとレールの傾き分ズレて高くなり上の棚板に当たってしまいます。

e0183106_17175574.jpg


仕方ないので、一旦部屋に持ち帰り、2段目の棚板を外して位置を変更する事にします。
やっつけ仕事の割に、しっかり貼り付いていて綺麗に剥がすのにやたら時間がかかりました。

e0183106_17175769.jpg


上の棚を1cm上げて、下側の補強板を無くすことでアームの幅のクリアランスを取ります。
とりあえず、これでアームに干渉しないはずですが、どうなることか。

e0183106_17181613.jpg


うまく収まってくれるといいのですが・・・

e0183106_23560908.jpg


続きは明日に引っ張ります。(笑)



by river_kingfisher | 2018-12-14 08:00 | Noble車内 | Trackback | Comments(0)

TVの後ろに棚を作成

10月に野舞探のTVを固定するヒンジを作成した時に、そろそろTVの後ろに置いてあるマビコの充電器とかを整理する棚を作らねばと思った。
シンク関連の作業が終了したので、やっと重い腰を上げて作る事にした。

e0183106_16130148.jpg


まずはどの位のスペースがあるのかをチェックします。
マスキングテープを貼って、位置出しをしています。

e0183106_12033420.jpg


実際にマビコの充電器と電池をセットした状態で置いて、確認。

e0183106_12033400.jpg


4mm厚のシナベニアをカットしてパーツを作ります。

e0183106_12033528.jpg


たいした物を乗せるわけではないので、木工ボンドによる接着だけで作成します。

e0183106_12033689.jpg


補強材として、木切れを適当にカットしてはボンドで貼っていきます。

e0183106_12033715.jpg


現物あわせでかなり適当に組み合わせて棚が完成!
細かい部分に破綻が出ていますが、普段見えない場所なので気にしない事にします。

e0183106_12035630.jpg


あまりにも白くてこのままでは目立ちすぎるので、納戸にあった水性ステインを塗りたくります。
色はNOBLEのシックなウォームグレー系には全然合いませんが、これしか在庫がなかったので我慢。どうせ見えない場所だし・・

e0183106_12035771.jpg


う〜ん、やっぱり色が赤いなぁ・・・
ところで、結構ギリギリサイズで作ってあるんだけど、ちゃんとハマるんだろうか?

e0183106_15362387.jpg


問題の取り付けは明日のお楽しみ!



by river_kingfisher | 2018-12-13 08:00 | Noble車内 | Trackback | Comments(2)

シンクの水漏れ修理:その3

昨日、野舞探のシンクの清水蛇口の座りを安定するための台座を作り、エポキシで接着するところまでやってあったので、今日はいよいよ組み付けます。

シンクとの防水はどうするか悩みましたが、次に外すときは取り替えだろうから破壊する事になっても良しという事で、ここもエポキシで固めちゃう事にします。

e0183106_12405505.jpg


圧着してエポキシが全周にわたってはみ出していることを確認します。これで水漏れは絶対にしないでしょう。

e0183106_12405567.jpg


不要になったもう一枚の台座を、裏側に使ってナットの座りを改善します。
しかし、プライヤでナットを締めこんでいくと最後のところでやはりパツンと緩みます。やはりネジがバカになっている部分があるようです。慎重に外れる一歩手前あたりまでナットを締めて、あとはエポキシに任せる事にします。(あっ、ロックタイトを塗っておくのを忘れた!)

e0183106_12405635.jpg


あとは外してあった水チューブを接続し、電源のコネクターに接点を組み込んで接続すれば完了です。

e0183106_12083907.jpg



ところで、ナットやシンクの穴径よりもコネクタの方が大きいので、コネクタから接点を外さないとカランを取り外すことは出来ません。
ついでなので、コネクタから接点を外す方法を書いておきます。

e0183106_17183411.jpg


この手のコネクタの接点には返しが付いているので、それを抑えながらコードを引っ張ってやれば接点は簡単に抜けてきます。
写真は自作の接点外し(捨てるワイパーを分解したら出てきたステンレスのバネ材をカットして木切れに圧入しただけ)で返しを押し込んでいますが、時計用などの精密ドライバーでOKです。

e0183106_17183329.jpg


外した接点。
この返しで抜けないようになっているだけなので、ここを押さえてやれば簡単に抜く事が出来ます。
先日の水中ポンプチェックの時もこれで接点を外してます。

e0183106_17183347.jpg




■ シンクの水漏れ修理:その2 ( 2018-12-09 15:11)
■ シンクの水漏れ修理 ( 2018-11-27 08:00 )




by river_kingfisher | 2018-12-11 08:00 | Noble車内 | Trackback | Comments(2)

シンクの水漏れ修理:その2

先日の「シンクの水漏れ修理 」だけど、ネジ山がバカになっていて締め込み不良と思っていたけど、苦しい姿勢でネジ締めしていたせいで単に締めが足りなかっただけのようでした。
で、締め付け不足なので当然緩んでまたガバガバになっちゃいました。トホホ…
バンテックにクレームを入れて直させようかとも思いましたが、あのゆるい会社の対応を考えて自分でやる事にしました。


で、前回のエントリを読んで、ハトぽっぽさんがご自分のNOBLEのカランの写真を撮ってくれたので、それを参考にして座りを良くする台座を作ることにしました。

べっとり塗りつけたシリコンコーキングを苦労して剥がして、ナットを外してカランを取り外します。

e0183106_22115177.jpg


手前と奥の2カ所の帯状にステンレスが見えている部分がカランが当たっている部分で、残りは浮いているのでコーキングが入ってます。これでは固定が決まらないはずです。一番浮いている部分で1mmくらいありました。

e0183106_22115274.jpg


いつものABS材で台座を作ります。
シンクの奥のRを逃げるために、1.5mmのABS板を2枚トースターで温めて、押し付けて型取りします。
インジェクション成型の一部を切り出しているので、熱をかけると歪で変な形に変形します。手前のはあまりにも変形がひどくて使えなかった部材。

e0183106_22115215.jpg


穴の形が転写されています。

e0183106_22115335.jpg


必要な大きさに切り出して、穴あけ。

e0183106_22115420.jpg


カランの当たる部分を、歯医者さんのようにカーボン紙を当てながら削っていきます。
当初の予想に反して1.5mm厚さで十分そうなので、下側の1枚だけを使います。

e0183106_22121645.jpg


円形のカランの中心にネジが成型されているのかと思ったら水の通る穴が中心で、ネジは電源コードを逃げて偏心して成型されてました。

e0183106_22121664.jpg


カランと台座はエポキシ樹脂で接着してしまいます。適当なワッシャをかましてネジを締めて圧着。

e0183106_22121736.jpg


エポキシが固まって、とりあえず台座との接合が終了。

e0183106_00163190.jpg


今日はここまで。




by river_kingfisher | 2018-12-09 15:11 | Noble車内 | Trackback | Comments(0)

シンク下の物入れに灯り:その4

昨日「出した対応策は3つ」と書いたのに、実際に現場で検討したら単純にモーメンタリ・オフ オンのプッシュスイッチでいいんじゃね?ってことになって、作業部屋のジャンクボックスをひっくり返して何かから外したスイッチをセレクト。

往往にして良くある、一番単純な方法が一番確実、と言うやつです。
リード線を少し延長して、開放でオンになるようにN/O端子に半田付けします。

e0183106_19232611.jpg


ヒンジ側の上板に、慎重に位置決め(ウソ、実は適当)してホットメルトで貼り付けます。
一部の読者に評判の悪いホットメルトですが、こういった用途にはとても便利なので手放せません。

e0183106_19232790.jpg


これでOK!
扉を開けば眩いばかりに光り輝きます!
無用にメチャ明るいです!(笑)
e0183106_19232925.jpg


左側はCB缶ガスボンベのホルダーがあるので、その下にテープLEDが貼ってあります。

e0183106_19232858.jpg


中身も戻して、バッチリです。
奥まで良く見えるので、今までよりも物を多く入れられるようになりました。

e0183106_12043066.jpg




シンク下の物入れに灯り:その3 ( 2018-12-07 14:18 )
シンク下の物入れに灯り:その2 ( 2018-12-07 08:00 )
シンク下の物入れに灯り ( 2016-10-17 08:00 )




by river_kingfisher | 2018-12-08 12:08 | Noble車内 | Trackback | Comments(2)

シンク下の物入れに灯り:その3

100均の非接触スイッチがオフタイプだったので、その対策をいろいろと考えて、出した対応策は下の3つ。


まずは正攻法で、ぱんたさんから貰った非接触スイッチのオンタイプに付け替える案。
ただし、この場合はオンにするために60mm以上離さなければならないので、現状のヒンジ側からスイッチ位置を移動しなくてはならず、リード線の延長引き回しが必要となる。

e0183106_18262327.jpg



次はマイクロスイッチに付け替える案。
マイクロスイッチは機械的にオンオフするから動作は確実だが、可動範囲は少ないのでテコのアームを作って確実にオンオフするようにしなければいけない。写真のようなアームを作ってみたが、よく考えればこんなアームは今のスイッチの位置に有ったら邪魔なので、一番上隅に取り付ける必要がある。結局はリード線を延長する必要がある。
e0183106_11181918.jpg



3番目は、不要になったオリジナルの点灯回路を流用するアイデア。
とりあえず、ジャンクボックスにあった12VのテープLEDの切れ端に付け替えて、12Vで動作するかチェックしてみた。
30分ほど待機状態で様子を見てみたが、温度上昇などの問題は起きなかったので大丈夫な気もするが、やはり5Vの回路に12Vを流し続けるのは気が引ける。
FETにはJ6のサインがあるので、ググって調べてみたら「Voltage - Collector Emitter Breakdown (Max) 45V」になってるから、きっと大丈夫なんだろうと思うけど…
と思って回路を調べてみたら、僕の考えたテープLEDのマイナスをアースとしてプラスのオンオフする回路に組み込むためには、テープLEDを通さないマイナスを引き廻さなければいけないことが判明した。3つのうちで、一番引き回しの改造が大きくなる。

e0183106_11182069.jpg


よ〜するに、3つのどれを選択しても、いずれにしろリード線の延長が必要になる。どれが一番楽なのか、現場でじっくり考えることにする。



ところで国会ですが、ニュースで「与野党の攻防」と言うのはやめて欲しいですね。野党は単純に妨害しているだけじゃないですか?素直に「野党の審議・採決の妨害」と報道して欲しいものです。
って言うか、野党も妨害じゃなくて審議をして法案の内容を良くする方向に動いて欲しいものですね。



by river_kingfisher | 2018-12-07 14:18 | Noble車内 | Trackback | Comments(3)