人気ブログランキング |

カテゴリ:PC( 152 )

excite blogが編集できない時の対応

なぜか時々起きる、excite blogでちゃんとログインしているのに編集できない時の対応をメモしておきます。


PCのSafariの場合
  1. 「環境設定」「プライバシー」「CookieとWebサイトのデータ:」の「Webサイトデータを管理」ボタンをクリック。

  2. 開いたサブウィンドウの中から「excite.jp」と「excite.co.jp」をセレクトして削除。
    面倒なら、「すべてを削除」しても良い。

  3. 一度Safariを終了する。


iPhoneのSafariの場合
  1. 「設定」「Safari」「履歴とWebサイトデータを消去」
    iPhoneはアプリを選んでCookieを削除は出来ないみたいです。




by river_kingfisher | 2019-09-15 10:17 | PC | Trackback | Comments(0)

Adobe CS4がエラー150:30で立ち上がらなくなった時の対応

Time Macineで復元後に、Adobe CS4がライセンスエラー(エラー150:30)で立ち上がらなくなった時の対応をメモしておく。

Adobeのヘルプページを参照
https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/global/error-licensing-stopped-mac-os.html

(※上記サイトが消えた場合の為に、下記に要点をコピーしておく。「LicenseRecover.py」はダウンロードフォルダに残してある。)

解決策 2:ライセンス修復ツールを実行する

  1. すべての Adobe アプリケーションを終了します。

  2. 起動ディスクで、以下のフォルダーの場所を探して削除します。

    [ハードドライブ]/ライブラリ/Application Support/FlexNet Publisher/

    重要:上記のパスは、ご使用の起動ディスクのルートにあるライブラリフォルダー(ユーザーホームフォルダー内のライブラリフォルダーではなく)を指します。

  3. フォルダーの削除の認証を要求されたらパスワードを入力します。
    (これで解決する場合もあるので、一度CS4を起動して確認)

  4. アドビライセンス認証修復ツールをダウンロードします。
    Accept and download the Licensing Repair tool for Mac (DMG, 41.9 MB)

  5. ライセンスサービスの更新を実行します。

    a. 「LicenseRecovery111.dmg」をダブルクリックします。

    注:このウィンドウを開いたまま、次のステップに進みます。

    b. ハードドライブをダブルクリックします。

    c. 「アプリケーション」をダブルクリックします。

    d. 「ユーティリティ」をダブルクリックします。

    e. 「ターミナル」をダブルクリックします。

    f. 「sudo python 」と入力します。

    注:「python」の後に空白があります。Return キーは押さないでください。

    g. LicenseRecovery111.dmg ウィンドウから LicenseRecoveryLauncher.app をターミナルウィンドウにドラッグし、Return キーを押します。

    注:ターミナルウィンドウにコマンドと APP ファイルへのパスがあることを確認します。例:「sudo python /Volumes/LicenseRecovery\ 11.6.1/LicenseRecovery/LicenseRecover.py」

    h. 管理者のユーザー名とパスワードを要求されたら入力し、「OK」をクリックします。

    i. 画面に表示される指示に従います。(最後の「?」の後でリターンが必要)



by river_kingfisher | 2019-09-15 09:46 | PC | Trackback | Comments(0)

MacBook Proの画面が真っ黒


結局2時間ほどでTimeMacineでの復旧が終了し、さあ復活!と起動させると、ユーザーパスワードを入れた後画面が暗転。
e0183106_08484050.jpeg
カーソルは表示されていて動かせるものの、それ以外の反応は無しです。トホホ…
ネットで検索して、似たような症状の対応策をチェックして、夜の9時までやってみましたが復活しません。トホホ…

一応下記の7段階で対策するのが王道のようで、現在手順6のTimeMacineでの復活を再度試みてます。もちろん、復活データは昨日とは違う日付けのデータです。
今また残り時間7時間40分とか出てますが、やはり2時間くらいで終わるのではと期待してます。
e0183106_08525683.jpeg
2時間経って、やっぱり同じ状況だったら嫌だなぁ〜
o(`ω´ )o

■13:00追記
2時間経って同じ状況だったらと書いたせいか、進展は有りました。
今度はパスワード入力後、風車がクルクル回ったままになりました。手順1〜5までやって変化無しなので、いよいよ手順7のOS再インストールの最終手段に入ります。
┐(´д`)┌ヤレヤレ


■15:20追記
やはり2時間ほどかかって、やっとOSの再インストールが終了して、起動したらやっぱりパスワード入力後は風車がクルクルですよ・・・トホホ
もう、これ以上やれる事はないのでAppleのサービスに持ち込むしかないのかもしれません。┐(´д`)┌ヤレヤレ


■18:25追記
OS再インストールのあと、手順5までやってもうダメと諦めて、画面をパタン!
しばらくして、そう言えばシャットダウンしてなかったんじゃ?と開いてみたら‼️

なんとファインダーが開いて、メールの読み込みをやってるじゃないですか!もうビックリです。

まっさらの状態になっているのかと思ったら、2度目のバックアップの状態で復活していたので、不足分のデータの書き戻しを選んでやって、とりあえず使えるようになりました。
良かった良かった!




今後の記録に対策をメモっておきます。

1:強制終了して、再起動する
・電源ボタンを長押しで強制終了し、再度電源ボタンを押して起動する。

2:PRAMをクリアする
・電源を入れ、すぐにOption、Command、P、Rの4つを同時に押し続ける。

3:SMC(システム管理コントローラ)をリセットする
・右Shift、Control、Optionを押しながら電源ボタンを押す。
・起動したら、キーから手を離す。

4:セーフモードで起動する
・電源を入れShiftキーを押し続ける。
・Appleロゴが表示されたら、Shiftキーを離す。

5:ディスクユーティリティでディスクを修復する
・Command、Rを同時押しで電源を入れる。
・OSXユーティリティが表示。
・ディスクユーティリティのFirstAidでHDを検証修復。

6:TimeMacineで適当な日付けのデータで復活させる
・データの入ったHDをつないで、5と同じ手順でOSXユーティリティを表示させて、TimeMacineで復活を選択。(外部電源が必要だと思う。)

7:OSの再インストール
・5と同じ手順でOSXユーティリティを表示させて、OSXを再インストールを選択。(外部電源が必要だと思う。)



TimeMacineでの復活で、Adobe CS4がエラー150:30で立ち上がらなくなった時は、こちらを参照のこと。



by river_kingfisher | 2019-07-20 09:01 | PC | Trackback | Comments(4)

MacBookProが不調

e0183106_17293122.jpg

MacBookProがおかしくなって、いろいろ手を尽くしてみたけど改善しないので、TimeMachineで復旧を試みてます。
いきなり残り時間が4時間とか出てたまげていたら、どんどん時間が伸びてごらんのように7時間ですよ!

始める前におおよその予想時間を言ってくれよ!今更キャンセルしてもHDは初期化してるから、結局はシステム再インストールをやらにゃいかんし…

Apple様のやる事は一般人には分からんです。


おっと、山を越したようで、予想時間が短くなってます。
でも5時間52分……



by river_kingfisher | 2019-07-19 15:39 | PC | Trackback | Comments(0)

あいぽんのカメラが故障

あいぽん(iPhone 6+)のカメラが故障して、ブレ写真が撮れるようになってしまった。

手振れ防止機能が誤動作して、手振れ増幅機能になっているようだ。
必ず下のようなブレた写真になるので、使い物にならない。
e0183106_18093290.jpg

しかし、シャッターを押し続けてバーストモードで撮影すると、ブレが少ない(ローリングシャッターのせいか、帯状にブレが出る)上に、ブレていない画像が混じるので、とにかく連写してから後で1枚のみ残す事でごまかしている。
幸いな事に、選択モードではブレていない画像を選んで候補をあげてくれるので、選ぶのは比較的楽だ。

下の写真は5枚のバースト写真で、1枚目と5枚目がブレが少ないので使える。
e0183106_18093292.jpg
e0183106_18093365.jpg
e0183106_18093457.jpg
e0183106_18094662.jpg
e0183106_18094693.jpg

修理にいくらかかるか確認したら、カメラユニット交換で¥7,344円、それで直らない場合は基盤交換になり¥25,920円必要になるという。
それだけお金をかけても、新品になるわけじゃ無いし、iPhoneXになるわけでも無い。

ここままバーストモードでいく事にしました。
スマホで意味なく連写しているオヤジがいたら、それは私です。(笑)




by river_kingfisher | 2018-09-30 08:09 | PC | Trackback | Comments(0)

iPhone XS


e0183106_11254898.jpg


この写真なんですが、電池不良で真ん中がプクッと膨れているように見えませんかね?
実物を見ればそんなことは無いんだろうと思うけど、これをコマーシャルフォトに使っちゃうのは如何なものかと思うのだけど…



ちなみに、僕は今のあいぽん(iPhone6+)で間に合ってるので、機種変更する予定はありません。



そういや、今日は横田基地でフレンドシップデーをやってるんだった。
昨日、厚木基地所属のF-18が着陸していたから珍しいなぁ…と思っていたけど、そういうことだったのね。



by river_kingfisher | 2018-09-15 11:33 | PC | Trackback | Comments(2)

iPhoneには強力磁石が…

e0183106_08282638.jpg


時計を分解して清掃。
さて、電池を入れようと思ったら、、、無い!

ついさっき、新しい電池をパッケージから出して横に置いたはずなのに、なぜか無い。
落っこちたのかと、机の下を探したりしたけど、どこにも無い。

探すのに疲れ果て、もう1個新しい電池を出してその場は済ませた(ちなみに、基盤が液漏れでやられていて、この時計はパァです)。


そして30分ほどして、ポケットからあいぽんを出したら、引っ付いてましたよ、電池。

そういや、あいぽんで基板の写真を撮ったんだった・・・



by river_kingfisher | 2018-08-09 08:38 | PC | Trackback | Comments(0)

インスタグラム

■2019/05/03追記あり

リタイアするまで、某社のデザインセンターの管理室にいた関係で、新しいSNSが始まるととりあえずアカウントを作って様子を見ると言うような事をしていた。
なので、インスタグラムもかなり早い時期にアカウントだけは作ってあったが、どうも仕事関連には使いそうもないということで、そのまま放ってあった。

昨年6月末に、あまりにも周りがインスタをもてはやすので、そういえばと思い出してアクセスし、ついでだったから海外にも受けそうなシンゴジラの画像を一つだけ載せてみた。
2017年6月24日のエントリに使った画像の使い回しだ。「#shingodzilla」に引っ掛かったオタクが「いいね」を付けるんじゃ無いかという目論見だ。

e0183106_19372576.jpg

しかし、あまり「いいね」も付かないので、またまた忘れて放ってあり、昨日思い出してアクセスしてみたら・・・

e0183106_19251709.jpg


「1,725人をフォロー中」だそうですよ。(実際はもっと多かったけど、少し削除した。)

そもそも一人もフォローなんかしたことがないのに、なぜか1,725人をフォローですよ。アホくさい。
ちょっとググって調べてみたら、連携がどうのこうのと書かれていたが、そもそも連携なんかしてないし。とりあえず、パスワードを変えたみたら、それ以降は増えてないような気がするので、いわゆる乗っ取りというやつだったのかもしれない。

そもそもインスタグラムはスマホを前提としているから、デフォルトではPCから投稿はできない。僕のようにPCで画像を加工することが前提だと、いささか使い勝手が悪い。
PCから画像を投稿する方法も有るので、今回試しにPCから静止画を投稿し、続いて動画を投稿しようとしたがこれが出来ない。
ネットで検索してもMacから動画を確実に投稿する方法は出てこなかった。

4時間ほどああでも無いこうでも無いとやって、最後は諦めてPCからiPhoneに動画を受け渡し(実はこれも非常に厄介)、あいぽんのインスタアプリから動画をアップした。

こんなに苦労したのに、1.91:1まで許容されるはずの動画は正方形にトリミングされてるしで、モチベーションが全く湧きません。

そもそも、TwitterやLINE、Instagramは垂れ流しの長電話みたいなものだと思っているので、僕のように自分の記憶の衰えの補助として使うには、後でデータの検索が面倒で使い勝手が悪すぎます。

なので、僕はTwitterやLINEはやらないし、InstagramとFaceBookもお付き合いだけで、深入りはしてません。


しかし、インスタの1,725人をフォローをどうするのかで頭が痛いです。手動でぽちぽちを削除するしか方法がないらしいから、このアカウントは捨てちゃう方が良いのかもしれないですね。


■2019/05/03追記
その後フォロワーは増えてないようですが、千何百人もぽちぽち消すのはやってられないので、令和になったのを契機にあっさりアカウントを消して新規に作り直しました。とは言っても、相変わらずインスタはやらない予定です。



by river_kingfisher | 2018-06-08 10:13 | PC | Trackback | Comments(0)

ブログデータのバックアップ

ずいぶん前にこのExciteブログのデータをバックアップする方法を探した事がある。その時は表示するエントリの数を最大にして、「別名でページを保存」でチマチマと保存する方法をその筋の大家のSuzumeさんから勧められた。きっと面倒で適当な答えを教えたんでしょう(笑)
で、その時はそれもそうだと思ってやったんですが、それから数年後、エントリ数が増えてもはやそんな手作業はやってられないと思った時に自動化する方法はないかと探したら、同じExciteブログで答えを見つけた。


ここに書いてあるソフトを使ってバックアップを取ってみたら、簡単に事が済んだので大満足でした・・・・が、バックアップって面倒だから次回は暇になったら、とか言ってるうちに時間がすぎて数年。
今回の探鳥記復活で、昔のデータが不完全にしか残っていなかった事が発覚して、バックアップの重要性を再認識して今一度バックアップをやろうと、「巡集」を起動したら、、、httpsには対応してませんでした。ガックリ

そもそも、上記の「はい こちらサポセン。」さんも2005年で更新が止まってるぐらいだし、そもそも2004年のエントリだし、、、って訳で、別のソフトを探します。


その昔、通信環境がダイアルアップで「ネットサーフィン」なんて言葉があった頃に、深夜のテレホーダイ時間帯に自動で起動し、指定のURLを巡回してデータをダウンロードして、あとでオフラインでゆっくり見るというお作法があった。
その頃の流れで、その手のソフトは古いものが多いんだけど、、、と思いつつ探すと、良さそうなのが見つかった。

「Website Explorer」というフリーソフトだ。

ものすごく高機能なソフトで、指定したサイトの解析を行い、サイト構造のビジュアル化や、リンク切れの検出などを簡単に行ってくれる。
もちろん、データのバックアップもやってくれるので、目的にピッタリだ。

問題はこのソフトもサポートが終了しているので、いつ使えなくなるか分からないと言う事だ。しかし、先のことを心配してもしょうがないので、とりあえずは良しにして試して見ることにする。

もう一つというかとても大きな問題があって、このソフトは念入りな事前調査を行ってリンク切れなどを検出するのだが、その作業に猛烈に時間がかかる。私のサイトの場合、この事前調査に42時間!ほどかかり、99%終了時でエラーでストップ。
事前調査が終わらないとバックアップのダウンロードも出来ないロジックらしいので、どうしたものかと悩んで色々探って、再開(だっけかな?)ボタンで続きから開始できることを発見して、再開。今度は順調に2時間ほどで終了し、やっとダウンロードの準備が完了した。

そして、今ダウンロード中だけど、一体いつ終わるのやら・・
2回目以降は差分だけになるようなので、こんなに時間がかかることはなさそうですが、高機能だけど僕には必要のない機能ばかりなので、もう少しシンプルなダウンロード機能だけのを探したほうがいいみたいです。


ちなみに、僕のブログは現時点で4,182エントリあって、画像の総数は**、容量は**、こんなに肥大する前に何らかのバックアップを取ることをお勧めします。

そして、僕のメインマシンはiMac27とMacBook Proだけど、このソフトはWindows用なので、Panasonic CF-W7というサードマシンで動かしてます。

普段は全然使わないWindowsマシンなので、何時間かかろうと構わないけど、普通の人はこんなに長い時間PCが使えないと困るでしょうね。設定を変えれば時間は早くなるらしいけど…


そして、いつまで経っても終わらないどころか、どうやらエラーで止まっているようなので、「Website Explorer」はあっさりゴミ箱行き!
今までの数日間の無駄な時間を返せぇ〜〜!


そして、またフリーソフトの検索です。
Windowsしか無いだろうという思い込みをやめて、Mac用で探してみたら結構出てきました。
その中で良さそうな「SiteSucker」をチョイス。

英語のソフトですが、日本語化のパッチもあります。パッチの当て方はここが詳しいかな。
このソフトも実はダウンロードの途中で引っかかるのか、やけに停止している時間が多かったのですが、なんとか1日がかりでデータのダウンロードが終了。とりあえず、現時点でのすべてのテキストデータと画像データはローカルに落とし込めた様です。
テキストデータが1.09GBで、画像データが1.87GB有りました。テキストデータの容量が大きすぎる気がするけど、気にしないことにします。


皆様も、データが巨大になる前にバックアップを行うことをお勧めします。



by river_kingfisher | 2018-05-05 09:41 | PC | Trackback | Comments(0)

https化でやられた!

やられた!

ExciteブログのURLが「http」から「https」に切り替わるのに対する注意は読んでいたけど、これほど多大な被害がくるとは考えてなかった・・・

何のことかと言うと、僕のブログは昔風に小さい画像から大きい画像を呼び出すことが基本だった。通信速度が遅かった時代では、サムネイルと呼ばれる小さい画像をメインページに表示し、興味を引いたら画像をクリックして別画面で大きい画像を呼び出して観ると言うのが主流だったのだ。
だがブロードバンドが当たり前になって、最初から大きな画像を読み込んで表示だけを小さく表示するのが主流(Exciteもそう)になって、僕のような古いやり方は廃れてしまった。

それはそれで良いのだけど、Exciteの場合に最初に表示される画像の大きさがちょっと小さいのだ。どんな巨大な画像をアップロードしても、表示されるのは600ドットくらいのサイズになって、スマホで見ている分には良いのだろうけど、画面の広いPCで観る分には物足りない。
なので、僕はExciteのシステムの画像表示方法ではなく、昔ながらのタグを使って、幅を900ドットで表示させ、クリックで1200ドットくらいが開くようにしていた。

この場合、メインページに縮小表示する画像も別ページに原寸表示する画像も、データは同じものなのだが、タグは下記のようにダイレクトにExciteの画像サーバーを指定している。

<center><br>
<a href="http://pds.exblog.jp/pds/1/201702/07/06/e0183106_0154492.jpg" target="_blank">
<img src="http://pds.exblog.jp/pds/1/201702/07/06/e0183106_0154492.jpg" border="0" width="900" height="600"></a></center><br>
<br>
<br>
<center><br>
<a href="http://pds1.exblog.jp/pds/1/201702/07/06/e0183106_182337.jpg" target="_blank">
<img src="http://pds1.exblog.jp/pds/1/201702/07/06/e0183106_182337.jpg" border="0" width="600" height="900"></a></center><br>
<br>

上記のタグで下記のように表示される。
2017-02-07の「OM-1の画像」と言うエントリだ。








上のharureiさんが額を覗き込んでいる画像は表示されるが、下の画像は表示されない。
軽く解説すると、、ちゃんと表示されるharureiさんの画像は、、

<img src="http://pds.exblog.jp/ホゲホゲ.jpg">

で、表示されない画像は、、

<img src="http://pds1.exblog.jp/アレアレ.jpg">

になっている。「pds1」がキモだ。
この画像はデータにあるように「201702/07」と、同じ時期にアップロードしているのに、なぜか「pds」と「pds1」に別れて格納され、「pds1」のパスは現在では使えなくなっている。
これをちょいといじって、「pds1」を「pds」にしてやると、ちゃんと表示される。

<img src="http://pds.exblog.jp/pds/1/201702/07/06/e0183106_182337.jpg" border="0" width="600" height="900">

ほらね。足場の画像が出てきた。




問題はこれだけではなくて、本来は <img src="https:// でなければいけないのに今は <img src="http:// で表示ができている。
これがいつ <img src="https:// でなければ表示しないように変更されるのか分からないし、そもそも「pds」のパスだっていつ変更されるのか分からない状況なのだ。
Exciteのお仕着せの画像表示は下記のような書式で「pds」のパスは入っていないので、いつでも変更可能と言うことだ。

[ #IMAGE|e0183106_182337.jpg|201702/07/06/|mid|800|1200# ]

有料会員にもこの仕打ちかよ、、全く、やれやれだよ。┐(´д`)┌
引っ越しも真剣に考えなきゃいけないのかもしれない。


と、言うわけで、僕のブログの画像が表示されてなかったら、Exciteの仕打ちだと思って、僕と一緒に「くそっ!エキサイト死ね!!(比喩的表現だからセーフ)」と叫んでください。



by river_kingfisher | 2018-04-30 13:55 | PC | Trackback | Comments(0)