HONDA MONKEY

e0183106_10322894.jpg


前の持ち主の中学時代の友人SNO君からもらって乗っていた、ホンダのモンキー Z50A改造車です。

SNO君が高校時代にシリンダーとピストンを、カブの75ccのパーツに組み替えて登録し、二人乗りが可能にしてあります。後輪近くに後ろ席用のステップが折りたたまれているので、二人乗りと分かります。

エンジン組み替え時にパーツを磨いてチェーンアップし、キャブもサイズの大きいのに取り替えた関係で正規の場所に収まらず、マニホールドをステンレスで作ってひねって取り付けてから、掃除機のホースでエアクリーナーにつないであります。吹き返しで取り付け部分がガソリン色に染まってますね。

さらに、前輪をダックスのちょっと大きいものに取り替えて、フロントフォークも何のパーツか知らないけど長いのに取り替えて、燃料タンクと合わせてクロームメッキをかけて、チョッパー風にしてあります。マフラーは無しで、エキパイがそのままストレートにカットしてあります。整備不良で捕まりますね。

友人はこの改造にいくらかけたのか分かりませんが、この写真を撮った数ヶ月後に、二人乗りの荷重に耐えられなかったメインフレームがタンクの下でポッキリ折れて、あえなく廃車になりました。

廃棄するというので、それはもったいないと貰って、大学の金工教室で酸素溶接して再生して再登録し、それから2年ほど、以前紹介した改造ヘルメットをかぶって乗ってました。

大学とバイト先と下宿との行き来に、とても活躍してくれていましたが、何しろこの前輪なので、雨の日は巻き上げる跳ねが全部自分に降りかかるという、非実用的な仕様で往生しました。雨よけを延長したりして工夫していましたが、大学4年になった時に手放しました。

確かバイク雑誌の後ろのページの売りますコーナーに載せたら、雑誌発売前に電話がかかってきて話がまとまり、何と翌朝に四国から受け取りに来た熱心な方に引き取られていきました。まだ元気に走ってるかなぁ…

ウェイトバランスとハイパワーエンジンのおかげで、不用意にアクセルをひねると簡単にウィリーする奇妙なモンキーで、可愛かったです。調べてみたら、今のモンキーは125ccらしく、サイズもちょっと小さいバイクという感じで、Z50と比べてかなり大きくなっているので、残念ながら昔の楽しさは無さそうです。



# by river_kingfisher | 2018-11-16 08:00 | その他 | Trackback | Comments(0)

久しぶりにワンズの散歩

e0183106_13125909.jpg

避妊手術僕の頸椎狭窄症で、しばらく室内ドッグランで済ませていたワンズの運動ですが、やっとこさいつものルートで散歩です。

南公園ではセンダンが実を一杯付けてました。でも、センダンの実って野鳥にはあまり人気がないみたいで、実をつついている姿をほとんど見たことが有りません。


帰りはいつものルートを離れて、サチが大好きだった石川酒造に寄ってみました。
ここのレストラン「福生のビール小屋」の屋外席で軽くビールと軽食を取ると、サチはおこぼれを貰えるので大好きだったのです。
今日は素通りで、同じ敷地内の和食の「雑蔵」がどうなったのかチェック。噂通りに閉店して改装工事中でした。何になるのかなぁ?

e0183106_13130002.jpg




# by river_kingfisher | 2018-11-15 13:35 | その他 | Trackback | Comments(0)

学生時代の課題:平面構成

e0183106_17323964.jpg


何年生の時の作品かデータが無いので分かりませんが、平面構成の課題なので恐らく1年か2年の時だと思います。

画面全体をグリッドで仕切り、大・中・小の3つの大きさのカエデのモチーフを、三色で配置して大きなカエデの葉っぱを表現するという作品です。

元の写真がピントが甘いので、部分拡大が情けないのですが、こんな感じです。

e0183106_17381047.jpg


今の時代なら何の苦労もなく、あっさりと作ることが出来る作品ですが、当時は他に手法が無かったので自分なりに考えてシルクスクリーンで作っています。
4cm角ほどの小さな木枠を3つ作り、シルクを貼ってそれぞれ大中小のカエデの型を作って、B0のパネルに水張りしたグレーのケント紙に鉛筆で描いたグリッドに、一つずつ印刷していった訳です。

やり始めてすぐに「こんな大変な事をやるんじゃ無かった」と後悔したけど、意地っ張りだったので、最後までやり通しました。でも、イマイチ期待したほどの出来じゃなくてガッカリしたほろ苦い青春の思い出です。(笑)

イメージとしては、こんな感じに見えるはずだったんですけどねぇ……

e0183106_17521853.jpg


こうやってみると、バックのグラデーションも失敗してるし、残念な作品です。
だから、僕はグラフィックは不得意だと、何度も・・・・

一つだけ良い思い出は、当時のいすゞ自動車のデザイン部長の井ノ口誼先生に、「デザインを実現するための手法から考えることはとても良いことだ」と褒められたことぐらいです。

井ノ口さんと言えば、授業中に「フローリアンはやめた方が良いと上には言ったんだけどねえ…」と残念そうに言っていたのが面白かったです。
ついでに書いておくと、井ノ口さんは往年の名車ベレットをデザインした方です。



# by river_kingfisher | 2018-11-15 08:00 | 過去の仕事 | Trackback | Comments(0)

下北サンデーズ

e0183106_18451465.jpg



石田 衣良 (著)の「下北サンデーズ

高校を卒業して大学に入るために上京した女の子が、劇団に入団して夢と希望に満ちた劇団生活をする物語。

2006年にテレ朝の「木曜ドラマ」で上戸彩主演で放送されたらしいけど、ググって出てくる画像を見る限りは、原作の主人公の初々しさが全然出てないですね。低視聴率で1話短縮打ち切りというのも納得できるような気がします。

小説はなかなか面白くて良いのですが、舞台の演技を映像化するのは難しいでしょうね。活字なら読者の想像力でカバーできるけど、映像は見えちゃいますからねぇ…


※NHKはニュースで紅白歌合戦の番組宣伝をするのはやめてもらいたいもんだ!



# by river_kingfisher | 2018-11-14 18:47 | | Trackback | Comments(0)

きなこが下痢

e0183106_17410865.jpg

Nikon D4, AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR(40mm)
1/1250s, f/4.2, ISO2500



きなこが11/10の夜から下痢になった。
下痢以外は相変わらず元気そのものなのでそのうち治るだろうと思ったが、なかなか治らないので昨日獣医さんの所に連れて行って診てもらった。

あちこち触診の後、持っていった最新のウンチ(指示どうりにティッシュで包まずにビニール袋入り)はちょっと触っただけで、「それじゃちょっと取ってみますね」と、プラスチック製の針の糸を通す所のようになった耳かき状の棒を肛門に挿入。
騒ぐかと身構える看護婦さんの心配をよそに、きなこは逆にちょっと気持ち良さそうな顔をして、看護婦さんと僕と嫁さんは大笑い。

「キャンピロバクターのせいですね」と顕微鏡で拡大した画像を見せてくれたら、画面に線虫のようなものがいっぱい泳ぎ回っている。
「犬の腸内に普通に居るものだけど、この子の場合は数が多すぎるので、これが炎症を起こして腸炎になっている。」とおっしゃる。
注射を1本打ち、薬を5日分と、消化吸収の良い病犬食を3缶購入して、¥5,850円の支払いでした。

缶詰は360g入りらしいけど、そんなに入ってない気がする。3回に分けて与えるので、とりあえずこの日の夕食は100g。
水はあまり与えない方が良いということで、しばらくは一日200cc程度で済ませるようにということでした。

e0183106_18465222.jpg


薬は4種類です。食後に上を向かせて口を開けて、喉の奥に放り込み、すかさず口を閉じて鼻に僕の唾を指で付けてやると、舌でそれを舐めるので一緒に薬も飲み込んじゃいます。これが一番楽な投薬法です。

e0183106_18465336.jpg



e0183106_17585086.jpg

Nikon D4, AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR(40mm)
1/320s, f/4.2, ISO3200



ところで、さっき調べてみたらキャンピロバクターは長さ0.5 - 5µmらしいので、電子顕微鏡でないと見えないはずなので、病院で見せてもらった動き回る線虫は何か別物だったんじゃないかと思われます。
何だったんでしょう??

まあ、これを書いている時点で、きなこは普通に取れる硬さのウンチをするくらい回復しているので、問題はないのでけど。(笑)


後、ワンズが大好きなカミカミ棒は、食べた木屑が腸内壁を傷つける可能性があるので、没収になりました。かわいそう・・・



# by river_kingfisher | 2018-11-14 07:40 | ペット | Trackback | Comments(0)