人気ブログランキング |

2019年 07月 02日 ( 1 )

扇風機のコントローラを電子化

ZILっぺ時代の2013年7月に購入した12V扇風機ですが、強弱の2段切り替えが付いてはいるものの、弱でも無駄に回転が早くて唸り音がすごいので、何とかしなくっちゃと思いつつ6年が経過。(笑)
※写真は懐かしのZILっぺ
e0183106_18173830.jpg

Amazonで買い物したついでに、いろいろ見ていたらPWM制御のコントローラー基盤が安く出ていたので、迷わずポチ。送料無料で¥192円とお買い得ですが、6/14の発注から半月以上後の7/1に台湾から到着でした。

本来なら北海道に旅立って不在のはずですが、故あって自宅に足止めされているので、良いチャンスなので早速改造します。

まずは既存のコントローラーを分解。
強はストレート、弱は3Ωのセラミック抵抗をかます力技の回路です。
購入した手前の基盤がそのまま入りそうなので、ケースはそのまま流用することにします。
e0183106_16084754.jpg

ギリギリのサイズだったので、可変抵抗器のノブを差し込むのが斜めになりかなり苦労したけど、おかげで入れたらキッチリで固定する必要もなかった。
コントロールはとても良い感じで、やっと風を感じるくらいのゆるい回転から、フルパワーまで滑らかに制御できます。
e0183106_16092378.jpg

もっと早くやれば良かった・・・
こうなるとタイマーも欲しくなりますね、、フクロウキャンカーさんに作って頂いたタイマー付きベンチレーターコントローラーを野舞探では不要だからと、フクロウさんに部品取り用に返しちゃったのですが、取っておけば良かったと今頃後悔です。


■2019/08/16追記
現在稚内で台風の進路を見定めているところです。風がこない場所に移動せねば…
と言うわけで、このところ本来の涼しい北海道に戻っているため、扇風機の出番も有りませんが、暑かった時はこの速度コントロールは非常に役に立ちました。
極低速でやっと感じるくらいの風だと、不快にならずに寝ることが出来ました。久々のやって良かった改造です。



by river_kingfisher | 2019-07-02 08:08 | Noble車内 | Trackback | Comments(0)