人気ブログランキング |

2019年 06月 22日 ( 1 )

マサコの電源を改善:その2

最近お世話になることが多いマサコの電源を、AC100VからDC12Vに変更する工作の続きです。その1はこちらです。



次は読書灯の土台に収める作業です。
まずは読書灯を取り外します。左側と違う配線になってないかも確認します。
e0183106_14411541.jpg

スイッチ側の隙間にジャックを取り付けることにして、φ6.5mmの穴を開けます。
e0183106_14405415.jpg

薄型の機器から外したジャックなのか、厚みを薄くするために一部切り欠いてあるので、接着剤が流れ込まないようにプラスチックの板を丸めて堤防を作ります。
e0183106_14405539.jpg

ホットメルトをたっぷり付けて接着。
e0183106_14405745.jpg

しか〜〜し、あっさりと剥がれちゃいました。ちゃんと脱脂してあったのに、ここまであっさり取れちゃうのはガックリです。金属と分厚い接着剤の収縮率の違いですかね?
反省して、プライマーを先に塗ってから接着し直しました。と言っても、G17を薄く塗っただけですけど。(笑)
e0183106_14412149.jpg

そして、野舞探に戻してはんだ付けしてテストしてみたら、なんとマサコの電源オンでパイロットランプが消えマサコも動きません!電流不足のようです。
この安定化回路が邪魔しているのだろうと、半田付けの位置を回路の出口から入り口に変えてみたらビンゴ!問題なく動きました。
この回路はリミッター回路なんですかね?イマイチ良く分かりません。
e0183106_14415167.jpg

テストでしばらく動かして、発熱などの問題が無さそうだったので、シュリンクチューブで封をします。
e0183106_14412938.jpg

組み付けて、12Vジャックの加工終了です。
e0183106_14415336.jpg

ちなみに、こっちは前回の5.5VのUSBジャックの加工品。基盤サイズが大きくてオリジナルの台座の中に収まりきらないので、下駄を履かせています。
e0183106_14413206.jpg

マサコの試運転がてら3クール動かしてみましたが、何も問題は発生しませんでした。マサコも喜んでいるでしょう!(^_^)v

しかし、パイロットランプが無駄に明るい!!
e0183106_14413316.jpg




by river_kingfisher | 2019-06-22 08:41 | Noble車内 | Trackback | Comments(0)