人気ブログランキング |

2018年 12月 20日 ( 1 )

野舞探の加湿器を修理

2011年11月に購入して、2014年1月にFETが焼けて故障し、2014年2月にぱんたさん修理してもらった12V駆動の車用の加湿器ですが、先日千葉の亀山湖に紅葉カヤックをやりに行った時に久しぶりに使おうかと思ったら電源が入らずに故障していたので、昨晩修理を試みた。

もともと¥1,980の安物で7シーズンも使った物だから、もうそろそろ寿命という気もするが、やはり修理もせずに破棄することは出来ない性分なのです。(笑)

e0183106_1520112.jpg


前回、電源のUSBコネクタが断線していた実績があるので、まずはここを疑って確認。
ちゃんと生きてました。

e0183106_22411755.jpg


そうすると、次に怪しいのは本体側のコネクタ部分です。とりあえず基盤の固定ネジを外してチェックします。やたらホットメルトでベタベタですが、最初からです。

e0183106_22411912.jpg

基盤で測ってみたらちゃんと5.1V来ていたので、ここでもありません。

e0183106_22411947.jpg


そうすると、次はスイッチになります。
スイッチ基盤を外してみたら、やはりここでした。サビが浮いてます。
試しにピンセットでショートさせて見ると、LEDが点灯するのでここが原因に間違いありません。

e0183106_22412032.jpg


手持ちのジャンクスイッチに取り替えて、首の長さを適当なABSを継ぎ足して代替えスイッチ完成です。

e0183106_22413798.jpg


とりあえず、動作確認してみたらちゃんとLEDが点いたので、どうやらOKのようです。

e0183106_22412130.jpg


スイッチの首の長さをカッターで削りながら微調整して組み込んで、水を入れて電源ON!
写真では見えにくいですが、ちゃんと霧が出てきて修理完了です。
あと何シーズン使えますかね?

e0183106_22550500.jpg




by river_kingfisher | 2018-12-20 08:00 | 日曜大工 | Trackback | Comments(2)