2018年 10月 13日 ( 1 )

TVアームの固定ヒンジ作製

僕の野舞探は、自在アーム拡張レールで24inchのTVをサードシートの正面に引っ張り出して、首を曲げる事なく画面が見られるようにしてあるのだが、収納時の固定に関しては拡張レールのストッパを付けてあるだけで、自在アームは関節のネジをきつくして動きを渋くする事で運用してきた。
実際問題、これでほとんど問題はないのだが、ワインディングロードを走った後で、TVが若干室内側に出てきているのが精神的に良くないので、固定する方法を考えた。

市販のアームの固定方法などを参考に色々考えてみたが、あまり良い方法が無かったので、ちょっと無骨だがTVを直接抑え込む方法にした。
左側は家具の角に押し込んで、右側を拡張ボードに固定するヒンジを作る事にした。

e0183106_16125829.jpg


転がっていたスギ材に、何かからサルベージした小さめの蝶番を埋め込んで固定してヒンジを作製。

e0183106_16125934.jpg


これを右側の拡張レールに付けたボードに、TVを挟み込むように固定する。

e0183106_16130053.jpg


これで、TVは固定されて引っ張っても出てこないようになった。

e0183106_16130148.jpg


TVを引き出す時はヒンジを上に跳ね上げて、TVを 手間 手前に引っ張りだす。

e0183106_16130232.jpg


ここまで書いて、わざわざ蝶番を付けて跳ね上げ式にしなくても、スライドレールを引き出せ ば TVは解放される事に気が付いた。
まあ、収納する時は最後にTVをはめ込んでからヒンジで固定する方がやりやすいと思うので、これで良しとする事にする(ちょっと悔しい)。



by river_kingfisher | 2018-10-13 10:30 | Noble車内 | Trackback | Comments(2)