人気ブログランキング |

2018年 08月 28日 ( 1 )

CASIO ALTI-DEPTH METER ARW-320

カシオ時代初期の仕事で思い出深いのが、圧力センサーを内蔵した375モジュールを使用したALTI-DEPTH METER ARW-320です。1987年の仕事だと思います。

e0183106_17374665.jpg

圧力センサーは最初はデジタルのBM-100Wという機種で量産化され、すぐに後追いでコンビが開発されました。

e0183106_17481859.jpg

実はこれ以前にCitizenさんが1985年に世界初のエレクトロニクス水深計を搭載した、デプスメーターというダイバーを出していて、その後追いだったんですよね。

e0183106_17500218.jpg

で、開発から来たモジュールの概略図を見ると、液晶の位置こそ違うけどCitizenさんとほぼ同じレイアウトになっていた。
これじゃ、真似っこと言われるじゃないか!

で、モジュール構想図をじっくり検討しアイデアをひねり出し、外装設計さんと打ち合わせして、センサーの向きを90度曲げて、側面に持っていくレイアウトを僕が考えました。

e0183106_17412621.jpg

実はセンサーを上面または裏面から入れる方式はCitizenさんが特許を持っていたので、側面センサー方式はそれが逃げられる上にデザインが差別化できてとてもナイスなアイデアだったんです。

e0183106_17412994.jpg

この頃僕はアナログ開発部門のデザイン室で係長をやっていて、一応部下も居たので、構造を考えたところから先のデザインは部下のKWS氏にやってもらったので、デザイン自体は残念ながら僕のデザインじゃあないです。
そして後になって、設計担当者が自分の名前でこの構造の特許を取っていたのを知った時はちょっと切れかかりましたけど…(笑)
報奨金、返せ〜〜っ!!


その後、1988年に事情があってデザインから設計にスピンオフしていた僕は、暇つぶしにこのモジュールを金属ケースに収める構造を考案しました。
今度は同じ設計セクションだったので、気軽に量産構造検討をしてもらい、可能なことを確認してすぐに企画に売り込んで企画推進。

デザインはまたまた古巣のKWS氏が担当して、AW-712という機種になったのでした。

e0183106_18030354.jpg

センサー部を外から締め込んで固定する方法でCitizenさんの特許を逃げてます。

e0183106_18033064.jpg


デザインを離れていたのは2年ほどだったのですが、一番仲の良かったデザイナーのIT君を部下として付けてくれたので、二人で好き勝手なことが出来た、一番楽しかった時代なのかもしれません。

そんな気ままな日々の1枚。

e0183106_18183202.jpg

後ろのドアの向こう側は時計事業部長のSMZさんの部屋なので、たまに「今は何やってんの?」って覗かれてIT君と肝を冷やした事が有ります。



by river_kingfisher | 2018-08-28 08:00 | 過去の仕事 | Trackback | Comments(0)