人気ブログランキング |

2017年 03月 09日 ( 1 )

エントランスのカーテンを遮光タイプに変更

野舞探のエントランスドアの窓には、夜間用のカーテンをスナップで留め付けられる仕様になっている。
しかし、このカーテンは遮光性能が最低で、朝日が当たると下の写真のように車内は明るく照らされて目が覚めてしまう。
そこで、このカーテンを遮光布で作り直すことにした。
e0183106_10225320.jpg


ネットで遮光布を探しても思いのほか値段が高い。既製品のカーテンの方がメートルあたりの単価が安くなるので、ニトリの既製品の一番安いのを使う事にした。

縫い目を解いて必要サイズに切り出して再縫製。簡単な作業ですが、ほどくのに時間がかかるので、面倒といえば面倒な仕事です。
e0183106_19292167.jpg


完成した遮光カーテン。
防寒対策も兼ねて、丈を長くしてエントランス封止パネルまで届くようにしました。これで若干断熱効果も出たでしょう。
e0183106_11554057.jpg


ちなみに、これは日中用の目隠しレースカーテン。
夏に網戸の時には重宝します。
e0183106_11554175.jpg


ところで、このカーテンはスナップボタンで固定するようになっているのですが、このスナップボタンの固定が僕はあまり得意じゃない。
こんな感じに悲惨なカシメになってしまう(これはZILっぺの物)。
e0183106_11554100.jpg


どうしてこんなに酷いことになってしまうのか、今回はじっくり考えてみた。
どうやらカシメる金具の首の長さが長すぎるのが要因の気がして、1.5mmほどカットしてみた。ハサミは薄物を切るのに重宝している蟹ハサミ。
e0183106_11554197.jpg


要するに、購入したスナップは特厚生地用の物だったって事ですね。
e0183106_11554166.jpg


少しでも均一に曲がるように、プラスドライバーでコジて丸くしておきます。
e0183106_11554247.jpg


カシメ金具でハンマー一発!
e0183106_11554244.jpg


キレイにカシメられました。もうちょっと早く気付くべきだった。
e0183106_11554292.jpg




by river_kingfisher | 2017-03-09 12:00 | Noble車内 | Trackback | Comments(8)