人気ブログランキング |

2012年 10月 15日 ( 1 )

軒の防水補修

ベランダのブドウが枝を伸ばした時に、軒の下に入り込んでしまい、軒下の雨返し部分が腐ってしまった。
気づかなかった私が悪いのだけど、ブドウのつるををきれいに始末してみたら、かなりひどいので補修することにした。

e0183106_18442656.jpg

この写真では影になっているので被害状況が分からない。

e0183106_18442858.jpg

ストロボを光らせると、こんな感じです。雨返しのトタン板と軒の板の間にブドウのツルが入り込んで、そこに雨水が伝って腐ってしまってます。
とりあえず腐った部分を掻き取って、コーキングを打ち、その上から板を接着します。

e0183106_18442958.jpg

釘を打てる場所ではないので、きつ目のサイズで作った板を接着剤で固定し、ありったけの万力を動員して圧着。
さらに接合面をシリコンコーキングしてこの日は終わり。
後日コーキングが完全に乾いたら塗装して終了です。


ついでに、去年の地震で隙間が開いてきた掃出窓の下側のコーキングをやり直します。

e0183106_18443186.jpg

普段はあまり問題がないのだけど、先日の台風の時に少し雨が吹き込んだようなので、きっちり直しておくことにする。
まず、古いコーキングをある程度取り去って、新しいコーキングの入る間隔を作っておく。

e0183106_18443230.jpg

新しいシリコンコーキングを注入。

e0183106_18443469.jpg

凸凹を指で適当にならして終了!

e0183106_18443898.jpg

これでまたしばらくは大丈夫だろう。


掃き出し窓の水漏れ修理シリーズ
■軒の防水補修
窓枠のコーキング
掃出窓の修理
掃き出し窓の水漏れ修理再開
掃き出し窓の水漏れ修理再開:その2
掃き出し窓の水漏れ修理再開:その3



by river_kingfisher | 2012-10-15 06:41 | 日曜大工 | Trackback | Comments(5)