人気ブログランキング |

2010年 04月 30日 ( 3 )

奄美大島旅行:その 6(4/30-3)

まだ日が暮れるまで時間があるので、教えてもらった林道を明るいうちに一度走って瀬戸内まで行き、そこで晩ご飯を食べてからアマミノクロウサギを探しながら戻って来るという作戦を立てて奄美自然観察の森を出発!

e0183106_234819.jpg


曲がりくねった林道(と言っても新道が出来るまでは生活道路だったので、舗装された2車線の良い道です)をかなりの距離走ったので、瀬戸内の町に着いたのは8時近く。
食事をする店を探すけど、やっているのは飲み屋だけなので目についた交番で尋ねると、「この辺にあったはず」と駐車できるお店を教えてくれる。

e0183106_234897.jpg


その店に行く途中で「寿司・食事」の看板を見つけて入ったら、やっぱり実態は飲み屋。
心配しながらにぎり寿司¥1,000を頼んでみたら、出てきたのがこれ。
にぎり寿司にいなりはおかしいんじゃないか?と言いたいが、我慢して食べる(笑)

帰りは林道に入って2kmほどで前方を横切るアマミノクロウサギを発見!
慌ててカメラを用意するも、あっという間にガードレールの下をくぐって草むらに消えてしまう。

「いや、ほんとにいるんだねえ・・・」と嫁さんと興奮しながら先に進む。
今度出たときには打ち漏らさないように、カメラはスタンバイして嫁さんに抱えてもらい、出たらすぐに渡してもらえるようにしておく。





Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D, SB-800
1/60s, f/4.0, ISO800, jpeg-basic, Trim, 手持ち



そして2本目の林道に入ってやはり5分ほど行ったところで2回目の遭遇。その個体は道路からのり面に上がったところでちょっと止まってくれたので、なんとか撮影成功。
でも、真っ暗でヘッドライトだけが頼りなのでピントが合ってない(涙)
暗いところで黒い物体にピントを合わせるのは難しい・・・

その後更に3個体に遭遇して計5個体を見る事が出来た。でも、写真がまともに撮れたのは上の写真のときだけで、後は遠くの後ろ姿だけ。
ピントが甘いけど、とりあえず写真も撮れたのでOKとする。

ホテルに戻ってお風呂に入って寝たのは12時近かった。



by river_kingfisher | 2010-04-30 23:47 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

奄美大島旅行:その5(4/30-2)

ホテルに戻り、嫁さんと朝食を食べたら、長雲にある奄美自然観察の森に行ってみる事にします。名瀬の街中からは車で30分くらいです。

e0183106_1952413.jpg


ここの水場にルリカケスが水浴びに来ると昨日のネイチャーガイドが言っていたので期待が高まります。
水場以外にも、下の写真の遊具のある場所でオーストンオオアカゲラ・アカヒゲを見る事も出来るらしいです。開けているので、観察しやすいはずです。

e0183106_1952505.jpg


入り口のビジターセンターで案内パンフレットをもらって、管理人さんに話を聞いたらやはりガイドさんと同じ事を言っていましたが、この日は中学生の団体が課外活動で入っていたので遊具の場所はちょっと難しいのではないかと言う事でした。

水場はどこかとウロウロ歩いていたら(パンフレットの地図も、案内板の地図も猛烈に簡素化してあって距離感が全くつかめません)、水場前のトイレの裏でギャーギャーと騒がしくカケスが鳴いているので近寄ってみたらあっさりルリカケスを発見。





Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D,
1/320s, f/4.0, ISO1250, Rw, Trim, 手持ち



逆光なのと前向きなので肝心の瑠璃色が全然分からないのですが、ルリカケスです(笑)。
とりえず、ライフリストが一つ増えました。


e0183106_2305544.jpg


生徒の団体がうるさいのとお昼を過ぎてお腹が減ったので、とりあえず一旦公園を離れて手広海岸にあるBAREFOOT RESORT HOTELのレストランに食事に行きます。

e0183106_2373417.jpg


この写真は嫁さんが注文した・・・エビのガーリックソースなんとか¥900。
おいしいんですが、量が多くて我々夫婦にはちょっとヘビーでした。


e0183106_23114574.jpg


食事の後はホテルで入場券(¥500/1人)をもらった「大島紬村」に寄ってみます。
染める実演から実際に織るところまで見せてくれて、大島紬がどうしてあんなに高価なのか分かりましたけど、やっぱりあの地味な色は今の時代には受けないですよね〜。
ネクタイを買おうかと思ったけど、やっぱり地味さに負けて何も買わずに出てしまった。

その後もう一度子供達がいなくなった自然観察の森に戻ってアカヒゲが出てくるのを待ってみたけど空振り。
管理人さんにアマミノクロウサギの出る林道を教えてもらって5時前に撤退。



by river_kingfisher | 2010-04-30 11:51 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

奄美大島旅行:その4(4/30)

奄美2日目の朝は5時に起床して、寝ている嫁さんを置いて一人で昨日の金作原に出かける。
ツアーの車が通った道を走ったつもりだったけど、途中で間違えたらしく行けども行けども昨日の場所に到達しない。しかし尾根伝いに道は続いていると昨日聞いてあったのであまり気にせず未舗装の林道を進む。


e0183106_1713057.jpg


とあるカーブを曲がったところで前方にトラツグミがいた。固有種のオオトラツグミじゃないかと期待したけど、識別方法は尾羽の数しかないから識別不能。
写真を撮る前に飛び去ってしまった。

かなり走ってやっと昨日のツアーでアカヒゲが鳴いていた場所に出る。

e0183106_171405.jpg


ここで1時間近く待っていたが、かなり近い場所で鳴いているのに見つける事は出来ずに敗退。
コマドリ・コルリよりも見つけにくい印象がある。亜熱帯で葉っぱが茂っているのが敗因だろう。

写真は人の背丈よりも大きなクワズイモ。
自分の重さで倒れてしまったのを、ツアーガイドがつっかい棒で立てたらまた元気になったとの事。


e0183106_1715169.jpg


梢にズアカアオバトがいたので、とりあえず証拠写真。
沖縄と同様に頭は赤くない。


e0183106_1721492.jpg


今回のレンタカーはマーチ。小回りが利くので初めての土地を走るのも苦にならない。
この場所でもアカヒゲが道路のすぐ脇で鳴いていたのだけど、見つけられなかった。

ホテルの朝ご飯は9:30までなので、9時前にあきらめて撤収する。



by river_kingfisher | 2010-04-30 06:26 | 旅行 | Trackback | Comments(2)