人気ブログランキング |

2010年 04月 24日 ( 1 )

iMac27のモニター

前回に引き続きiMac27のモニターの話。

e0183106_22293193.jpg


左が標準サイズのポインタで、右は今使っている拡大サイズ。
最初は1/1サイズになるように縮小しようと思ったのだけど、見る人のdpiで大きさは変わってしまうので意味がない事に気づき、定規を写し込むことにした。

左の標準はだいたい3mmくらいなので、前回の計算が正しいのだろう。右は今の私の設定で、雰囲気で前のiMac20と同じくらいに設定したら、たまたま5mmくらいになっていた。


e0183106_22452782.jpg


Macでポインタのサイズを変えるのは簡単で、システム環境設定のユニバーサルアクセスでマウスを選んで、上図のようにカーソルのサイズのスラスタを動かして好みのサイズにしてやれば良い。
通常からMAXに対して1/5くらい拡大している。最大にすると15mm以上のサイズになる。

こういうユニバーサル用途が標準に付いてくる部分にWindowsにない使いやすさを感じる。


e0183106_22294997.jpgちなみに画面の文字が読みにくかったりする場合は、commandキーを押しながらマジックマウスの表面をこする(普通のマウスならホイール)とポインタを中心として画面が拡大できる。

ソフトで強引に拡大しているので文字はにじむし、画像もギザギザのまま拡大されるが、ちょっと確認するだけならこれで十分で、かなり重宝している(老眼のお前だけに必要な機能だ、という指摘は聞かない)。

一番したが最大に拡大したところで、マウスポインタは15cmくらいになっている。
ユニバーサルアクセスでサイズを最大にして、この機能(何と言うのか知らない)で最大に拡大すると、ポインタのサイズは画面の上下いっぱいになる。

実用上意味があるのかどうか分からないけど、面白い。


※画像の樽型ひずみは画面から60cmくらいのところで撮っているコンパクトカメラとしてはまあまあ押さえられている方だと思うけど、どうでしょう?カメラはCASIO EX-FC100です。
ホワイトバランスがめちゃくちゃなのは・・・・しょうがないです。




by river_kingfisher | 2010-04-24 22:58 | PC | Trackback | Comments(0)