人気ブログランキング |

Adobe CS4がエラー150:30で立ち上がらなくなった時の対応

Time Macineで復元後に、Adobe CS4がライセンスエラー(エラー150:30)で立ち上がらなくなった時の対応をメモしておく。

Adobeのヘルプページを参照
https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/global/error-licensing-stopped-mac-os.html

(※上記サイトが消えた場合の為に、下記に要点をコピーしておく。「LicenseRecover.py」はダウンロードフォルダに残してある。)

解決策 2:ライセンス修復ツールを実行する

  1. すべての Adobe アプリケーションを終了します。

  2. 起動ディスクで、以下のフォルダーの場所を探して削除します。

    [ハードドライブ]/ライブラリ/Application Support/FlexNet Publisher/

    重要:上記のパスは、ご使用の起動ディスクのルートにあるライブラリフォルダー(ユーザーホームフォルダー内のライブラリフォルダーではなく)を指します。

  3. フォルダーの削除の認証を要求されたらパスワードを入力します。
    (これで解決する場合もあるので、一度CS4を起動して確認)

  4. アドビライセンス認証修復ツールをダウンロードします。
    Accept and download the Licensing Repair tool for Mac (DMG, 41.9 MB)

  5. ライセンスサービスの更新を実行します。

    a. 「LicenseRecovery111.dmg」をダブルクリックします。

    注:このウィンドウを開いたまま、次のステップに進みます。

    b. ハードドライブをダブルクリックします。

    c. 「アプリケーション」をダブルクリックします。

    d. 「ユーティリティ」をダブルクリックします。

    e. 「ターミナル」をダブルクリックします。

    f. 「sudo python 」と入力します。

    注:「python」の後に空白があります。Return キーは押さないでください。

    g. LicenseRecovery111.dmg ウィンドウから LicenseRecoveryLauncher.app をターミナルウィンドウにドラッグし、Return キーを押します。

    注:ターミナルウィンドウにコマンドと APP ファイルへのパスがあることを確認します。例:「sudo python /Volumes/LicenseRecovery\ 11.6.1/LicenseRecovery/LicenseRecover.py」

    h. 管理者のユーザー名とパスワードを要求されたら入力し、「OK」をクリックします。

    i. 画面に表示される指示に従います。(最後の「?」の後でリターンが必要)



by river_kingfisher | 2019-09-15 09:46 | PC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ukkingdom.exblog.jp/tb/28574776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
<< excite blogが編集で... トロッコ王国の動画 >>