Ibanez Micomtune TN64 - Quartz Guitar Tuner

e0183106_17563522.jpg

これもリコー時計時代の作品で、星野楽器のギターブランド、Ibanez(アイバニーズ)のOEMのギターチューナーです。辞める直前の'80年頃では無いかと思います。

e0183106_17563986.jpg

僕はギター関連は全く分からないのですが、少なくとも当時は輸出専用モデルということで日本では手に入らないから、設計の方に頼んで初期品で組んだものを記念に貰いました。基盤に部品は乗っていないので、残念ながら作動はしません。

このデザインも数名のデザイナーのコンペだったと思いますが、他のデザイナーがどんなデザインを出したのか全く覚えが無いので、ひょっとしたら僕一人に振られた仕事だったのかも知れません。
二つ出したデザインのうちの一方が採用されたのですが、自分としてはFerrari 512BBをイメージした、もう一方のデザインを量産したかったです……スケッチの写真が無いのが残念!

カラーリングは軍事系の何かを参考にして、オリーブドラブ系のグレーにカーキの印刷にしてみました。今となっては何を参考にしたのかさっぱり分かりませんが……

オリジナルのデザインは中央で折れ曲がっていて、液晶画面が起き上がっていて見易くなるように考えてあったのですが、コスト的に基盤を1枚にしたいということで、折れ曲りのデザインを諦めざるを得なくなり、パーティングラインを曲げることで中央で曲がっているように見せかけるという、姑息な手段で誤魔化しました。
今から考えると、上面も少しだけ角度を付けてやれば良かったと反省してます。

e0183106_17564270.jpg

デザイン課に回って来た指示書にはQuartz Guitar Tunerと書かれていたから、レンダリングにもそう書いたのですが、実はこの機種はダイオードで回路を組む予定でコスト算出していたのに、レンダが決め手で水晶を使わざるを得なくなりコストが合わなくなってしまったそうです(俺が悪いんじゃ無いからね)。
この辺が、あの会社のいい加減なところですね。

e0183106_17564630.jpg

今回ググってみても日本語のページはヒットしなかったので、やはり国内では販売されていなかったようです。海外のサイトも中古品の販売サイトばかりで、$20程度で販売しているようです。


リコー時計時代の資料は後一つ有るはずなんですが、どこに有るのやら・・・



by river_kingfisher | 2018-08-08 08:00 | 過去の仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ukkingdom.exblog.jp/tb/27468739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< あづき車酔いでゲロゲロ…… 時計塔 >>