人気ブログランキング |

カリガネ

e0183106_11451427.jpg

伊豆沼に渡ってくる「珍しい」ガン類の中で一番数が多いのはこのカリガネ。
6万羽のマガンの中におよそ90羽ほどが混じっているようだが、何しろ見分けにくいので数が多くても見つけるのは難しい。

全体が少し小さくて、クチバシがピンクっぽく、ひたいの白い部分が頭まで伸びているのと、決定的な違いはアイリングが黄色いこと。

羽の下に頭を突っ込んで昼寝しているマガンの群れの中からカリガネを探す楽しみは、間違い探しのようで一般の人からは理解されない物だろう。

アタッチメントを持っていくのを忘れたため、スポットスコープにコンパクトデジカメを押しつけて撮影しているので、非常に画質が悪い。



■2018/06/30追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。

MIXIは鳥屋以外の閲覧者が多かったので、比較的初心者向けの説明になってます。



by river_kingfisher | 2006-11-08 20:54 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ukkingdom.exblog.jp/tb/27369494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
<< 父親たちの星条旗 やっぱり疲れる >>