人気ブログランキング |

鉛筆削り

e0183106_22250800.jpg

毎朝仕事を始める前に、製図板の前に座って鉛筆を削る。削り方はナイフ研ぎ。
芯を削らずに7ミリほど出して、それを薄く削る。こうすると定規で線を引いたときにすぐに丸まって線幅が太くなったりしない。

寸法線用に4Hを3本、実線用にHを7本。気持ちを集中して削る。削り終わった鉛筆は左側の皿に並べる。そしてタバコに火を付けて、今日の図面を考える。製図板にトレシングペーパーをドラフティングテープで貼ったら、左の皿から4Hを1本。

まずは一点鎖線の中心線を引く。長すぎず短すぎず、間隔も均等に美しく、中心で交わる部分は必ず短い線の中心で。
左の皿の鉛筆が丸まって右の皿に全部移った頃に、仕事は終わり。タバコに火を付けて、図面をじっと見る。まだまだ甘いな、無駄な線が多い・・・



なんて事をしていた時代ははるか昔の話。鉛筆はロットリングに代わり、そしてあっという間にマウスに変わった。今じゃスペースボールで3Dをぐりぐり回す時代だ。おやぢは手を出せないぢゃないかっ!



■2018/06/29追記
昔のMIXIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2006-03-16 21:18 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ukkingdom.exblog.jp/tb/27366998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
<< 爪がはがれてきた CHIVAS >>