ごろすけ

e0183106_13521254.jpg

夜のサチの散歩に夕食後嫁さんと出かけたら、近所のケヤキの大木から「ゴロスケホッホー」の声がする。

うちの近所でフクロウに遭遇するのは2回目。

最初の遭遇はまだ鳥見を始めてまもない10年以上前のこと。
近所を走行中に道路にボロくずが落ちているのを発見し、100mほど過ぎてから「あれはひょっとすると?」と路肩に停車し走って戻ったら轢死したフクロウで、比較的痛みが少なかった風切りだけを記念にもらったのが上の写真。

「こんな所にもフクロウがいるんだ・・・」と思ったが、それ以来近所では姿はおろか声さえ聞いたことが無かった。


それが普段の散歩道で、頭上10mくらいの場所で鳴いている。感激したけど、まだ葉が落ちはじめたばかりのケヤキをいくら眺めても姿は見えなかった。

今シーズンはなんとかもう一度写真に撮りたいものだ。


■2018/06/28追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2008-11-18 23:52 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ukkingdom.exblog.jp/tb/27364555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
<< 天候は下り坂 サチ爆走 >>