八甲田山 死の彷徨

八甲田山 死の彷徨は今ごろの季節なんですね。
ニュースでは北海道のどこかでマイナス32度を記録したとか。
こんな時期に雪山をうろつきたくは無いですねえ・・・。

昔スキーに行っていた頃、心配性の僕は必ずポケットにスキットルとビーフジャーキーを忍ばせていったものである。

e0183106_23542307.jpg

もしも猛吹雪でコースを外れて遭難しても、最後にはゆっくりお酒を飲みながら眠るように逝くためである。

いや単に酒好きなせいじゃないんですってば(笑)


■2018/06/12追記
昔のサイトのCGIの日記データを復活したものです。



by river_kingfisher | 2005-01-26 23:55 | 旧日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ukkingdom.exblog.jp/tb/27327617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
<< ガスの検査に来て・・ 花粉症 >>