常滑

渥美半島には伊良湖に行くために嫌という程通ったが、知多半島にはほとんど行ったことがなく未開の土地だったので、寄ってみることにした。

なんでここに居るの?っていう唐突感がたまらない「とこニャン」。
頭と手だけで、体は有りません。
e0183106_18075840.jpg
しかも、後頭部はまっ平ら!(笑)
e0183106_19415050.jpg

「陶磁器会館」の駐車場に野舞探を止めて、まっぷを貰って「やきもの散歩道」をゆるゆる回ります。
「廻船問屋瀧田家」の裏手の坂。
比較的最近整備された様相です。
e0183106_18081148.jpg

こちらが昔から有る「土管坂」。
e0183106_18081871.jpg


ここは半分廃屋のように見えますが、ちゃんと営業してました。
e0183106_18082518.jpg

登り窯。
e0183106_18083124.jpg
その内部。
e0183106_18105085.jpg

もう火を入れることは無さそうな窯。
e0183106_18105682.jpg

他にも廃炉(とは言わないか)になった窯がたくさん。
e0183106_18110453.jpg

「煙突のある風景」。
手前の煙突からは木が生えてます。
e0183106_18111035.jpg
Aコースを回って1時間半でした。


次は同じ常滑市に有る「INAXライブミュージアム」。
残念ながら月に一度(第3水曜日)の定休日でした。
e0183106_18111590.jpg
トンネル窯。
e0183106_18134521.jpg
確か10年くらい前に行った時も休みだったような…



そして、最後に訪れたのは「かねふく・めんたいパーク」。
e0183106_18141748.jpg
こんな施設が中にあった。
入場料¥500らしいけど、無料開放されてたので入ってみる。
e0183106_18145561.jpg
「タラピヨ」になれるVR。
e0183106_18151295.jpg
¥500円払ってたら「金返せぇ〜〜!」って叫びたくなるアミューズメントでした(笑)。

工場見学といっても、明太子の製造って簡単だから、単に梱包を見せてるだけ。
e0183106_18152278.jpg

あいにくの雨で気分は沈みがちです。



by river_kingfisher | 2018-01-17 20:08 | Noble旅 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ukkingdom.exblog.jp/tb/26636768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by jasminetea-m at 2018-01-18 13:33
あらっ、九州行ってるの?
明太子大好きです。
お土産はぜひ明太子で(*'▽')
Commented by ぱんた at 2018-01-18 14:38 x
あ、めんたいパーク。
我が家が行ったときも無料開放されてました。<ミュージアム
あれで500円は払えませんよ。(^-^;;;
Commented by river_kingfisher at 2018-01-20 16:26
>jasさん
・・・う〜〜む、jas-time?
九州には確かに行ってたけど、今その反応ですか?(笑)
Commented by river_kingfisher at 2018-01-20 16:27
>ぱんたさん
あれで500円は払えないよね。
っていうか、売り場の明太子も高いし、あそこの売りってなんなの??
試供品は大盤振る舞いだったけど、明太子をそんなに沢山食べる気はしないし(笑)
名前
URL
削除用パスワード
<< 知多半島の続き 法隆寺の鬼瓦:その3 >>