余部橋梁

■2015/12/28 09:55:現地より初稿
■2016/02/15:画像と説明を追加



昨晩泊まった道の駅「あまるべ」は余部橋梁(あまるべきょうりょう)の真下に有る。

e0183106_09583937.jpg


2010年に運用を終了した鉄橋と平行して、コンクリート製の新橋が架かっている。

e0183106_09584028.jpg


旧橋の京都側はトンネルの出口と一直線になっているので、並行した新橋はS字を描いてトンネルに接続している。



Nikon D5000, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(160mm)
1/320s, f/5.6, ISO200


この新橋は、止めるわけにはいかない旧橋の横でじゃまにならない角度で完成させ、旧橋を取り壊してから横に4m平行移動させ、さらに橋脚の上で5.2度回転させてトンネルと橋をつなぐという非常に高度な技術を使って完成させている。
※これらの情報は道の駅「あまるべ」で上映されているDVDで入手。とても興味深いドキュメンタリー映像なので、もし行かれたら観ることをお勧めします。


緩やかなS字を描く橋梁は非常に美しい。




Nikon D5000, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(28mm)
1/1600s, f/5, ISO200


後ろの山にかかる煙のようなものは雲ではなく、岩壁に打ち寄せる波の飛沫が風にあおられて舞い上がったもの。




Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(48mm)
1/400s, f/5, ISO200



余部橋梁の詳細はこちらで確認してください。


■2015/12/23〜2016/1/25の34日間の山陰・九州旅行のIndexはこちらにあります。



by river_kingfisher | 2016-02-15 22:24 | ZIL480旅 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ukkingdom.exblog.jp/tb/24000096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fabrins at 2015-12-28 13:40
こんにちは。
キャンピングカーでの年越しツアーですか。
飛行機や新幹線を使う旅とは違ってある意味で優雅な旅ですね、
いいなーと思ってもなかなか出来ないですからね。
道中お気をつけてお帰り下さい。
Commented by river_kingfisher at 2015-12-28 18:15
>fabrinsさん
リタイアしたら時間にしばられない旅をしたいと、ずっと思ってました。
予定が有るような無いような旅なので、帰る日も全然決まってません。
嫁さんはこのブログを見て、私がどこにいるのかを見てます(笑)
名前
URL
削除用パスワード
<< 今朝は冷え込んだ 神子畑鋳鉄橋 >>