人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ライカの目当てカバーを作製

双眼鏡のLEICA トリノビット 8x32 BA の目当てカバーを去年の伊良湖で失くしてしまった。実用上は問題ないのでそのまま使っているが、雨の日には接眼レンズに水滴が付くのでちょっと気を使う。やっぱり何か必要だと言うことで、作ることにした。

まずは紙の上に置いてなぞり、型紙を作る。
ライカの目当てカバーを作製_e0183106_17245250.jpg

¥100円ショップのウエット風素材で出来たケースを分解して、材料とする。
ライカの目当てカバーを作製_e0183106_1725286.jpg

ミシンで縫う。スポンジ素材は糸を通しにくいので、糸目が飛ぶ飛ぶ!
ライカの目当てカバーを作製_e0183106_17255366.jpg

とりあえず完成した所で、ストラップ通しが左右逆なことに気づく‥‥‥
しかも、ちょっと小さめでピント調節ダイアルにかぶせにくい。
ライカの目当てカバーを作製_e0183106_17264024.jpg

材料はいっぱい有るので、少し大きめにして作りなおす。
ライカの目当てカバーを作製_e0183106_17285426.jpg

右が小さかった1回目、左が2回目の前を大きくしたもの。
ライカの目当てカバーを作製_e0183106_17292310.jpg

右のはNikon 8x30Eに付けてみたらちょうど良かったので、それ用にする。

ちなみに、ストラップ通しのループに使った黄色いテープは、20年以上前の東京モーターショーでオペルのブースでもらったネックストラップ。色がちょうど良かった。

というわけで、中南米出発の前日にこのカバーを作成して準備万端だったのに、防湿庫の上に置いたままスーツケースに入れるのを忘れてしまい、中南米は双眼鏡なしの鳥屋としてあるまじき旅になっちゃいました(´o`)・・・



by river_kingfisher | 2014-07-23 21:09 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by Ciel at 2014-07-25 13:28 x
そういうことはよくあります。そして、忘れたら現地で買わないと。
Commented by river_kingfisher at 2014-07-28 04:35
>Cielさん
よくあるんですよ、最近とくに(笑)
でも、さすがに中南米で現地調達は考えませんでした。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< シロビタイヒヨドリ 羽田に到着 >>