シンクの水漏れ修理:その3

昨日、野舞探のシンクの清水蛇口の座りを安定するための台座を作り、エポキシで接着するところまでやってあったので、今日はいよいよ組み付けます。

シンクとの防水はどうするか悩みましたが、次に外すときは取り替えだろうから破壊する事になっても良しという事で、ここもエポキシで固めちゃう事にします。

e0183106_12405505.jpg


圧着してエポキシが全周にわたってはみ出していることを確認します。これで水漏れは絶対にしないでしょう。

e0183106_12405567.jpg


不要になったもう一枚の台座を、裏側に使ってナットの座りを改善します。
しかし、プライヤでナットを締めこんでいくと最後のところでやはりパツンと緩みます。やはりネジがバカになっている部分があるようです。慎重に外れる一歩手前あたりまでナットを締めて、あとはエポキシに任せる事にします。(あっ、ロックタイトを塗っておくのを忘れた!)

e0183106_12405635.jpg


あとは外してあった水チューブを接続し、電源のコネクターに接点を組み込んで接続すれば完了です。

e0183106_12083907.jpg



ところで、ナットやシンクの穴径よりもコネクタの方が大きいので、コネクタから接点を外さないとカランを取り外すことは出来ません。
ついでなので、コネクタから接点を外す方法を書いておきます。

e0183106_17183411.jpg


この手のコネクタの接点には返しが付いているので、それを抑えながらコードを引っ張ってやれば接点は簡単に抜けてきます。
写真は自作の接点外し(捨てるワイパーを分解したら出てきたステンレスのバネ材をカットして木切れに圧入しただけ)で返しを押し込んでいますが、時計用などの精密ドライバーでOKです。

e0183106_17183329.jpg


外した接点。
この返しで抜けないようになっているだけなので、ここを押さえてやれば簡単に抜く事が出来ます。
先日の水中ポンプチェックの時もこれで接点を外してます。

e0183106_17183347.jpg




■ シンクの水漏れ修理:その2 ( 2018-12-09 15:11)
■ シンクの水漏れ修理 ( 2018-11-27 08:00 )




# by river_kingfisher | 2018-12-11 08:00 | Noble車内 | Trackback | Comments(1)

きなこは寒がり

e0183106_09180873.jpg
Nikon D4, AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR(28mm)
1/500s, f/4, ISO800, SD4_7925



室内ドッグランで走り疲れると、あづきは膝に来ますが、きなこはファンヒーターの前にベッタリです。

低温火傷をするといけないので、引き離すのですがすぐにここに戻ります。
仕方ないので、ドッグラン開催中はファンヒーターを止めます。

┐(´д`)┌ヤレヤレ



# by river_kingfisher | 2018-12-10 09:24 | ペット | Trackback | Comments(0)

シンクの水漏れ修理:その2

先日の「シンクの水漏れ修理 」だけど、ネジ山がバカになっていて締め込み不良と思っていたけど、苦しい姿勢でネジ締めしていたせいで単に締めが足りなかっただけのようでした。
で、締め付け不足なので当然緩んでまたガバガバになっちゃいました。トホホ…
バンテックにクレームを入れて直させようかとも思いましたが、あのゆるい会社の対応を考えて自分でやる事にしました。


で、前回のエントリを読んで、ハトぽっぽさんがご自分のNOBLEのカランの写真を撮ってくれたので、それを参考にして座りを良くする台座を作ることにしました。

べっとり塗りつけたシリコンコーキングを苦労して剥がして、ナットを外してカランを取り外します。

e0183106_22115177.jpg


手前と奥の2カ所の帯状にステンレスが見えている部分がカランが当たっている部分で、残りは浮いているのでコーキングが入ってます。これでは固定が決まらないはずです。一番浮いている部分で1mmくらいありました。

e0183106_22115274.jpg


いつものABS材で台座を作ります。
シンクの奥のRを逃げるために、1.5mmのABS板を2枚トースターで温めて、押し付けて型取りします。
インジェクション成型の一部を切り出しているので、熱をかけると歪で変な形に変形します。手前のはあまりにも変形がひどくて使えなかった部材。

e0183106_22115215.jpg


穴の形が転写されています。

e0183106_22115335.jpg


必要な大きさに切り出して、穴あけ。

e0183106_22115420.jpg


カランの当たる部分を、歯医者さんのようにカーボン紙を当てながら削っていきます。
当初の予想に反して1.5mm厚さで十分そうなので、下側の1枚だけを使います。

e0183106_22121645.jpg


円形のカランの中心にネジが成型されているのかと思ったら水の通る穴が中心で、ネジは電源コードを逃げて偏心して成型されてました。

e0183106_22121664.jpg


カランと台座はエポキシ樹脂で接着してしまいます。適当なワッシャをかましてネジを締めて圧着。

e0183106_22121736.jpg


エポキシが固まって、とりあえず台座との接合が終了。

e0183106_00163190.jpg


今日はここまで。




# by river_kingfisher | 2018-12-09 15:11 | Noble車内 | Trackback | Comments(0)

変な夕焼け

e0183106_22070955.jpg

今日の夕方、ワンズの散歩に多摩川の土手を歩いていると、富士山方向に一部分だけ真っ赤な夕焼けが出ていた。
まるで大規模な火事のように、部分的に妙に赤くなっていて不思議な光景だった。

呼び方があるのかとググってみたけど見つからなかった。不思議な夕焼けだった。



# by river_kingfisher | 2018-12-08 22:07 | その他 | Trackback | Comments(0)

シンク下の物入れに灯り:その4

昨日「出した対応策は3つ」と書いたのに、実際に現場で検討したら単純にモーメンタリ・オフ オンのプッシュスイッチでいいんじゃね?ってことになって、作業部屋のジャンクボックスをひっくり返して何かから外したスイッチをセレクト。

往往にして良くある、一番単純な方法が一番確実、と言うやつです。
リード線を少し延長して、開放でオンになるようにN/O端子に半田付けします。

e0183106_19232611.jpg


ヒンジ側の上板に、慎重に位置決め(ウソ、実は適当)してホットメルトで貼り付けます。
一部の読者に評判の悪いホットメルトですが、こういった用途にはとても便利なので手放せません。

e0183106_19232790.jpg


これでOK!
扉を開けば眩いばかりに光り輝きます!
無用にメチャ明るいです!(笑)
e0183106_19232925.jpg


左側はCB缶ガスボンベのホルダーがあるので、その下にテープLEDが貼ってあります。

e0183106_19232858.jpg


中身も戻して、バッチリです。
奥まで良く見えるので、今までよりも物を多く入れられるようになりました。

e0183106_12043066.jpg




シンク下の物入れに灯り:その3 ( 2018-12-07 14:18 )
シンク下の物入れに灯り:その2 ( 2018-12-07 08:00 )
シンク下の物入れに灯り ( 2016-10-17 08:00 )




# by river_kingfisher | 2018-12-08 12:08 | Noble車内 | Trackback | Comments(2)