タグ:ZIL480 ( 220 ) タグの人気記事

ZILっぺのドアロックが故障

■2015/06/29 00:22:初稿
■2016/03/16:画像と説明を追加

エントランスドアが開かなくなってしまった。

下側のデッドボルトが出っ放しになっているようだ。車中の赤ツマミは動くのだが、デッドボルトは動いていないようで、リンク棒が折れたんじゃないかと思う。
分解しようとしても内側の網戸が邪魔して、内側カバー固定ネジの3本目が外せない。後少しまで緩んでいるのだが、網戸に当たって外れない状況だ。
e0183106_029466.jpg

いろいろ頑張ってみたけど、どうにもならない。とりあえず、明日の朝明るくなったら、もう一度状況を確認してみることにして、今日はもう寝る。

どなたか、デッドボルトを引っ込めるいいアイデアは有りませんでしょうか?
(※結果的にデッドボルトではなく、ドアラッチが折れてました。)


■2015/6/29 07:52追記
Netで意見を聞き、何とか分解に成功してドアを開けることが出来た。予想したデッドボルトでは無く、ラッチパーツが折れていた。これからの旅を続けるか悩むが、とりあえず今日は波が無いので、カヤックをやろう!
e0183106_07563886.jpg



■2016/03/16 追記
同じ症状でこのページを検索して来られた方がいらっしゃったので、邪魔な網戸をこじ開けずにドアを開ける方法を追記することにした。

網戸のフレームの下のネジを外すのは非常に難しく、無理に開けることは網戸フレームに傷をつけることになります。ネットで教えて頂いた方法はドアの内側の飾りフレームを外す方法です。下の写真の赤矢印のビスをドアラッチ側上下3〜4本外すと隙間が開くので、あとは隙間から見えるドアラッチをマイナスドライバーなどでドアに押し込んで開けます。
ZILっぺの場合、隙間はそれほど広くなかったので、2本のドライバーで少しずつ押し込んでいき開きましたが、バネが硬いので結構大変でした。
e0183106_1212286.jpg



■修理の仕方は下記にあります
ZILっぺのドアラッチ修理:その2 [ 2015-07-08 19:00 ]
ZILっぺのドアラッチ修理:その1 [ 2015-07-07 19:00 ]



by river_kingfisher | 2016-03-16 12:15 | ZIL480車外 | Comments(7)

インバーターのリモコン交換

ZILっぺには未来舎のFI-S1500GRSという1500WのDC-ACインバーターがついているのだが、そのリモコンのREMO-151というのが買った時から調子が悪かった。

本体のメインスイッチをオンにしてREMO-151をオフの状態(これがデフォルト)で、時々本体からピーピーと音がして、メインスイッチの横のLEDがチカチカ光ったりした。ただし、この状態でもACは出力されていなかった。
REMO-151でONにしてAC使用の時は音はせず、正常にACは使用できていたのだけど、普段ピーピー音が鳴るのが煩わしいし、なんだか不安だ。
2012年3月に、バンテックで水中モーター交換した時に聞いてみたら、「コードかリモコンスイッチか本体か、どこが故障しているか分からない。今リモコンとコードの在庫がないのでテストできない。」と言われたので、未来舎にメールで相談してまずは安いケーブルを交換してみた。
すると故障は解消したので、問題はケーブルだったということで一件落着していたのだけど、3年経って今度はリモコンスイッチを押してもオンにならないという障害が発生した。

そもそも、このリモコンスイッチは最初から調子が悪かったようで、私がZILっぺを中古で入手した時からスイッチの中央は押し過ぎで破れていた。
e0183106_15575080.jpg

前回はケーブル交換で復活したけど、今回はスイッチであろうと推測して、スイッチを取り寄せた。
e0183106_15591127.jpg

交換したらあっさりと復帰。今まで何回か押さないとオンしなかった事もあったが、確実に1回のプッシュでオン・オフ出来るようになった。

外したスイッチ筐体をばらしてみたら、意外に複雑な回路構成になってて驚いた。スイッチごとしで六千何百円は高いんじゃないか?と思っていたけど、意外にコストはかかっていそうだ。
e0183106_1614087.jpg


ドア上のパネルを外したついでに、ライト消し忘れ警告の位置を右隅から左隅に動かした。
e0183106_17381916.jpg

e0183106_1632563.jpg

右隅だと昼間に車から降りる時にチカチカしていても気付かないことが数回有ったので、降りる時に顔が向く位置にリード線を伸ばして動かしました。

これで、昼間も気付かないということは無くなるんじゃないかと期待します。



by river_kingfisher | 2015-07-18 16:11 | ZIL480車内 | Comments(0)

トースターを設置する

ふとZILっぺにオーブン・トースターがあると便利じゃないかと思いついた。電力消費は大きいけど、どうせ電子レンジだって使っているんだから同じようなものだ。

問題はどこに設置するか。ZILっぺにはもうあまり場所が残っていない。
うちで使っているトースターのサイズを測って、ZILっぺの中で頭をひねること5分。良いアイデアを思いついた!

思いついたら、すぐに行動。カインズで安いのを購入。¥1,980円。
昨日作ったステーを取り付ける。
e0183106_18235461.jpg

ステーを伸ばした時はこんな感じ。
e0183106_18243235.jpg

トースター本体のサイズはそれほど大きくないけど、使用時に結構熱くなるので、まわりにすき間が必要になる。取り説によると両サイドと後ろは4.5cm、上は10cmあけろと書かれている。しかもサイドの片側は開けた空間にしろと…
これをZILっぺの中で実現するために可動式のステーを作った

収納時には後ろと上のすき間は無し。使用時に引き出すと、後ろと上に10cmのすき間が出来る。
e0183106_18274859.jpg

ただし、置き場所は食料庫(と言う名前のトイレ・笑)。ここしか場所が無かったんです。
e0183106_18294647.jpg

コンセントはあえてトイレ内には設けずに、電子レンジから分岐した延長コードをトイレ近くに遊ばせておいて、使用時にトースターからコードを伸ばすことにした。
e0183106_18322838.jpg


とりあえずいい感じなんだけど、こんな適当に作ったヤワなステーがいつまで保つのだろうか・・・ちょっと心配だけど、普段は棚にショックコードで固定する予定なので大丈夫だろう。


2015/9/17追記
やっとトースターを使いました。いい感じです。


■2016/1/10追記
年末年始の九州旅行で何度もしまい忘れて走行しましたが、今の所不具合は出ていません。落下どころか、ネジの緩みもなし!(^-^)v



by river_kingfisher | 2015-07-16 19:00 | ZIL480車内 | Comments(4)

ステーを作る

いつものように適当に図面を引く。
e0183106_17592089.jpg

図面にしたがって、必要なパーツを作る。適当な端材を使っているので、必要のない穴が開いていたりする。
e0183106_1802288.jpg

試行錯誤で組み立てていく。
ネジを入れているアルミのお皿は、以前焚き火の時に使っていた、踏んでベコベコになり、皆さんにサチの器と呼ばれていたキャンプ用皿です(笑)。
e0183106_181258.jpg

本体に取り付け用の穴を開ける。
e0183106_1831833.jpg

なんと、こちら側は裏に支えがなく曲がってしまった。トホホ…
e0183106_1841655.jpg
しかたないので、分解して曲がりを直して穴を開ける。

ネタがないので、続きは明日




by river_kingfisher | 2015-07-15 19:00 | ZIL480車内 | Comments(2)

オーニングのすき間埋め:再施工

2011年の10月にZILっぺオーニングのすき間埋めを行ったのだが、最近雨水が伝ってくるようになった。
カヤックを積む時に見たら、紫外線でやせ細っている上に、前の方は無くなってしまっていた。
e0183106_12544795.jpg

残っている後ろ側を引き出してみたら、断面は三日月形にやせ細っていた。
e0183106_12544846.jpg

前回と同じコーキング下地材の発泡ポリウレタンの丸棒を詰め込んで作業終了。
また4年経つと同じことが起きそうだけど、マスキングしてコーキングを打つ手間を考えると、4年毎に入れなおすほうが簡単と判断した。
出来上がりは前と同じなので写真無し。



by river_kingfisher | 2015-07-14 19:00 | ZIL480車外 | Comments(0)

ZILっぺのドアラッチ修理:その2

昨日の続きです。

先日旅先で苦労して外したドアラッチパーツ。
e0183106_18313230.jpg

知り合いに、アルミか真鍮で作ってもらおうかと考えてたが、つなぐという解決方法を教えてもらったので、それを試します。

引き出しをあさったら、0.9mmのステンレス線が有ったので、それに合わせて1.5mmの穴を開けます。
e0183106_18333890.jpg
まだどういう形に針金を通すか決めてないので、ザグリの溝は掘ってません。

一度針金を通してみて、こういう感じに溝掘り。
e0183106_18354578.jpg

で、針金を通して…
e0183106_18372576.jpg

反対側でねじって固定。
e0183106_18373973.jpg
間違って溝を掘ったりしてる(笑)。

この後組み付けるが、この白い三角パーツの下を通さなきゃいけない。
e0183106_1838498.jpg

本来はこの三角パーツは分解できるのだが、ネジを外してCRC556を吹き付けて、センターを叩いても全く緩む気配なし。
仕方ないので、恐る恐るマイナスドライバーでこじて広げて、無理やり下を通した。
e0183106_18393531.jpg
割れたら修復不可能なので、めちゃくちゃ緊張した。

とりあえず正規の位置にセット完了。
e0183106_18421697.jpg

ドアラッチが押し込まれても、針金の結線部分は干渉しない。
e0183106_18425045.jpg

これで修理完了!と組み付けたら、内側のドアハンドルを引いた状態で引っかかってしまう。
e0183106_18434986.jpg

どうやら、外側のパッキンがよれよれになっていたので、取り去ってコーキングに切り替えたことにより、厚みが薄くなって干渉するようになったらしい。
ドアノブのツノをヤスリで削って小さくして干渉しないようにした。
e0183106_18452940.jpg

外側にマスキングテープで養生して、組み付け前にコーキングをしっかり打って組付け。
e0183106_18463120.jpg

これで完成です。
3万円使わなくて済んで良かった・・・(^_^)v
e0183106_18474227.jpg





by river_kingfisher | 2015-07-08 19:00 | ZIL480車外 | Comments(7)

ZILっぺのドアラッチ修理:その1

山陰への旅行中の6/28深夜に突然ドアが開かなくなってしまった故障は、前に書いたようにドアラッチパーツが折れていたのが原因だった。
e0183106_07563886.jpg

そのまま旅行は続けたものの、ドアを締めて固定するにはデッドボルトを使わなくてはならず、不自由だったので帰ってきてすぐに修理をした。

本来はパーツ交換なのだろうけど、ラッチ単品は売っていないのでドアロックアッシー毎の交換になり、3万円コースなのが痛い。
Netで網戸越しに分解する方法を教えてくれた方は、このラッチパーツを修理したというので、それを習って修理することにした。

まずはドアからドアロックアッシーを外す。
内側の3本のネジを外して内側カバーを外してからラッチ側の2本のネジを外す。
e0183106_1821361.jpg

これでドアロックアッシーがガバっと外れる…と思ったらトルクスの2本の位置決めピンが邪魔になって外れない。トルクスドライバーが必要になるので、事前に用意すること。
e0183106_18213287.jpg

ドアロックアッシーを外している間はドアは開けっ放しになってしまうので、閉めておく臨時のドアロックをつくる。
間に合わせのベニア板2枚にはさんだ、針金ハンガーの番線。
e0183106_18242872.jpg

これをZILっぺの室内のフォールディングテーブルの足に引っ掛けて、タイダウンベルトで固定しておく。
e0183106_1825548.jpg

外側はこんな感じ。
e0183106_18265767.jpg

このところ雨続きなので、形だけ防水しておく(笑)。
e0183106_18274273.jpg



長くなるので、続きは明日




by river_kingfisher | 2015-07-07 19:00 | ZIL480車外 | Comments(2)

外装こすれ修理

ZILっぺを停めている駐車場の不動産屋さんから電話がかかってきた。
どうやらZILっぺの隣の車がこすってしまったので、不動産屋さんを通じて詫びと修繕の相談をしてきたようだ。
早速ZILっぺを見に行ってみた。
e0183106_1804475.jpg

実は、最初はこれかどうか良く分からなかった。
何しろ一度も洗ったことがないうえに、私の適当運転でそこいらじゅうこすった擦り傷だらけなのだ(笑)。こんな汚れは他にもある。
一見、ひどく当たっているように見えるが、黒いプラスチックが擦り付けられて張り付いているだけで、FRPが割れている様子はない。

しばらくしたら、当てた相手の旦那さんがやって来て、平謝り。修理の相談をしたいというけど、「これはコンパウンドで磨けば消えちゃうから、何もしなくていいですよ。」と言ってもなかなか納得してくれない。

とりあえず、うちは気にしないから不問ということで別れたけど、やっぱり気にしているみたいだったから、重い腰を上げて修理をしておくことにした。

手元にあるコンパウンドは荒研ぎと超仕上げの極端な2種類しかなく、荒研ぎでは荒すぎるので、¥100円ショップの研磨剤入りのスポンジで擦ること4〜5分。あっさり黒い付着は消えた
e0183106_18124673.jpg

最後に仕上げのコンパウントで磨いたらピッカピカ!
ここだけきれいなので、ちょっと変だ(笑)。



by river_kingfisher | 2015-05-24 07:00 | ZIL480車外 | Comments(0)

スピーカーシステム完成!

古いKENWOODのスピーカーでくぐもった音で聴いていたZILっぺのオーディオシステムだが、国民のkjoeさん提供のYAMAHA5.1chサラウンドシステムのサテライトスピーカーを取り付けることにした。

送られてきたヤマハTSS1。
e0183106_1820963.jpg
一瞬、LEPAIのアンプはやめて、このセットに切り替えようかと考えたが、電圧が15Vだったので諦めた。

スピーカーをどこに付けようか悩んで、結局前はここに付けてみた。
天井の色とマッチしていてあまり違和感を感じなくてGoog!
e0183106_1823756.jpg
しかし、これで音出しをしてみたらやっぱり中低音が全然出ないのでさみしい。
ふと、くぐもった音しか聞こえてこないKENWOODと一緒に鳴らせばいいんじゃないかと考えてやってみたら、まあまあ聞ける!

更に、どうせZILっぺの中じゃ、左右の音の定位なんか関係ないからと、サテライトスピーカーとして同じスピーカーがいっぱいあるのを良いことに、リアにも取り付けてみた。
e0183106_18273357.jpg

e0183106_19143446.jpg
音にうるさい人には「許せん!」かもしれませんが、自分としてはとても満足な音が出てます。
kjoeさん、ありがとうございます。


※余ったスピーカーとかアンプとか、どうしようか?




by river_kingfisher | 2015-05-22 07:00 | ZIL480車内 | Comments(5)

とりあえずスピーカーを用意してみた

納戸の奥に昔のカーステレオのスピーカーが転がっていたはずと、突如思い出して探してみたら有りました!
e0183106_0121833.jpg

KENWOODのKSC-601という密閉型のスピーカーです。
鳴らしてみた感じは悪くないのですが、ZILっぺに設置する場所が問題ですね。

やはりサテライトスピーカーを購入しようか・・・


■15:21追記
とりあえず、ZILっぺに載っけてみました。
アンプを載せたら、AVラック(笑)がそれらしくなりました(爆笑)。
e0183106_15215945.jpg
スピーカーを置いたバンクの先端部分は、使い道のないデッドスペースなのでスピーカーの大きさは問題は無いのですが、完全に荷物で埋まる場所なのでくぐもった音になります。
やっぱりkjoeさんの送ってくれるサテライトスピーカーが本命かなぁ・・・

スピーカーの右側の白っぽい物体は地デジアンテナです。私は普段はTVは見ないし、旅先で地デジを観るにはいちいち地域を設定しなきゃいけないのが面倒なので、普段はこのデッドスペースに押し込んであります。
どうしても放送が見たい時だけアンテナケーブルにつないで、バンクの荷物の上で適当に動かして電波を掴みます。電波さえ届いていれば、それで問題なく観られます。



■AVラック関連記事
2013-05-14 AVラックを作った。
2014-01-26 150WインバーターでDVDを駆動することにした。
2014-02-08 ブルーレイ・プレーヤーに載せ替えた。
2015-04-17 オーディオ・アンプを載せた。
2015-05-22 スピーカーシステム完成!



by river_kingfisher | 2015-04-17 07:00 | ZIL480車内 | Comments(6)