タグ:ノンタン ( 73 ) タグの人気記事

酔っ払って電車に乗ると…




NIKON COOLPIX E900, 1/30sec, F2.6, 2000/08/21


先日の学園祭撮影会が終わって、ご苦労様の打ち上げを十条駅前でささやかにやってから、自宅に戻るまで眠くて眠くて…

初台の本社に勤務していた頃に新宿で飲み会があって、帰りの中央線・青梅線で寝ちゃわないように必死になっていた頃を思い出した。
もちろん、いくら寝ないようにがんばっても、酔った体を揺する心地良い電車の揺れは、睡魔へといざなう・・・


新宿から立川までの中央線は混雑していて座ることなど出来ないから安心だが、青梅線に乗って座れてしまうと危ない。いつの間にか寝てしまいハッと目が覚めたら、降りる駅より3つも先の駅だったことが有る。
慌てて飛び降りたら、運良く反対ホームに電車いて、乗ったらすぐに発車。よっしゃ!と思ったら、次の駅はなぜかさらに自宅から離れた駅。なんと寝ている間に終点まで行って、折り返してもどっている最中だったのだ。
そのまま乗ってれば自宅に戻れたのに、わざわざ反対行きに乗り換えてしまった…_| ̄|○


西武線でも似たような事をした。
西武新宿は始発駅なので座れる確率は非常に高い。急行拝島行きに乗った途端に熟睡してしまい、ハッと気付いたら周りの乗客がぞろぞろ降りていて、「終点の**です」とアナウンスが流れている。
拝島に着いたのかと電車を降りて階段を登ったのだが、なにか雰囲気が違う。どうやら、寝ている間に拝島から折り返し、小平で本川越行きの各駅停車になり無事に本川越に到着したらしい…
とぼとぼとホームに戻り、また小平経由で拝島まで戻りましたが、ほぼ最終電車だったような…_| ̄|○


しかし、この位は大したことでは無いらしい。
会社の同僚とそんな話をしていたら、そいつは中央線の大月行きで寝てしまい、ハッと目覚めたら見たことのない田舎の駅に停車していたらしい。
よせばいいのに下車したら、その電車が最終で戻る電車などとっくに終わっている。ままよ、駅前のスナックで飲みながら朝を待とうと思ったら、真っ暗で何も無い……。
結局寒さをこらえながら待合室で始発電車を待ったらしい。


写真は在りし日のノンタン1号と懐かしのPowerBook G3 (Lombard)。
キーボードを打つ手の上に頭を乗せたりするので、防御壁を作って外付けキーボードで使っていた。隔壁から少しはみ出るトラックパッドに手を乗せたりするので、そこにも追加で隔壁を付けた(笑)。



by river_kingfisher | 2015-10-28 18:21 | その他 | Comments(2)

活字中毒

e0183106_206528.jpg


僕は本を読むのが好きだ。

読むジャンルは特に無く、図書館で適当に背表紙を見て選んで借りてくる。いくら借りても無料だから、本当に行き当たりばったりで借りてくる。嫁さんの図書カードも使って、毎回16冊の限度近く借りて来るが、少し読んでやめてしまう本も多い。1ヶ月に10冊以上読んでいるが、途中で読むのを止めている本も多い。

余談だが、昔は本を買って読んでいたが、本棚がいくつあっても足り無いし、都会の地価の高い狭小住宅で、スペースを本に取られるのはもったいないと気付いて、今の家に立て直す時にほぼ全部処分して、それからは図鑑と地図以外は買った事がない。

どこかに出かける時は、必ず本を持って行く。うっかり忘れた時は、電車の中の中刷り広告を何度も舐めるように読んだりした。今はスマホがあるおかげで、本を忘れても活字に飢えることがなく、とても助かっている。
活字さえ目で追っていれば、それほど内容にこだわらないから、スマホの登場で読む本の冊数は減った。
片道1時間以上の通勤時代は1日1冊ペースで読んでいたから、今はずっとスローペースだ。


若い頃は海外の著者による小説を好んで読んでいたが、50を過ぎた頃から国内の作家さんの比率が高くなって来た。どうやら登場人物のカタカナの名前が覚えられなくなって、何度も頭の登場人物説明を見直さなければいけなくなって来たのが原因のようだ(笑)。

更に、以前は持ち歩きに便利な文庫本をメインに読んでいたが、今は活字が大きな単行本が好みだ。会社勤めと違って、日がな一日リクライニングチェアで本を読んでいられる今は、本の大きさもデメリットにはならない。

ところで、年をとって変わってきた事がもう一つある。主人公にすぐに感情移入してしまうのだ。
平井和正の「ウルフガイ」シリーズとかなら、いくらやられても最後にちゃんと落とし前をつけてくれる事が分かっているから安心して読んでいられる。しかし、初めての本は主人公がどんどん落っこちて行っちゃうのを読んでいて、自分がイライラして来る。挙げ句の果てに、そのまま救われ無い結末だったりすると、こっちまでガックリする。

戦争物のように、登場人物が多い場合は、その都度感情移入してるとアッサリ死んじゃったりして、虚脱感まで覚える(笑)。
お年寄りが「水戸黄門」とか「遠山の金さん」をワンパターンと分かりつつ見ているのが納得出来る。年取ると冒険したくなくなると言うけど、それとはちょっと違う感じです。

そんな訳で乱読は続いていますが、半分以上読んでから「この本は前にも読んだ事があるんじゃないか…」と気づく事も多々有ります。
買った本なら「クッソォー!」となりますが、図書館で借りた本なら心安らかに本を閉じるか、更に読み進み「やっぱりこの作家は面白い」とかになるので、気が楽です。

ちなみに、本を処分する時に同じ本が何冊も出て来て、ひどい場合は同じ本が3冊有ったりしたのにはガックリしました。
旅先なんかで適当に買って、列車に乗って見たら下巻だったとか、本にまつわるつまんないミスはいっぱい有ります(笑)


※昨日のエントリーの「女たちのジハード」は、読んだ事が有るのを分かってもう一度借りたんで、間違って借りたんじゃないですからね〜

※写真はうちに来たばかりの頃のノンタン2号。



by river_kingfisher | 2015-08-24 19:00 | | Comments(0)

ノンタンのお作法:その2

e0183106_07542854.jpg

一昨日の投稿が好評だったようなので、前から見たところも掲載。

食事の時には来ないのですが、今朝は葡萄パンだったので、干しブドウが好きなノンタンは嫁さんにねだってます。
e0183106_07542810.jpg


良く考えてみると、テーブルの上は乗ってはいけないと教えているのに、ワゴンの上は許しているのっておかしいですね。
テーブルの上を禁止にしたのは私だから、ノンタンに甘い嫁さんに任せると全ての場所がOKになっちゃうんだろうなぁ〜(笑)。

更に昔のページを見てたら、こことかここに前から見た写真も掲載してました。以前どんな投稿をしたのか、すでに忘却の彼方…




by river_kingfisher | 2015-08-14 07:48 | ペット | Comments(2)

ノンタンのお作法

e0183106_17165912.jpg

食後のデザートや、めったに無いけど3時のオヤツを食べる時に、ノンタンを呼んでやるとやって来ます。甘い物が大好きなんです。

で、当家のお作法として、ノンタンは前足 まで は食卓に乗せてOKという事になっているので、こんな感じで食卓につきます。
e0183106_17165954.jpg

ちなみに、私が退いても足を浮かせてそのままで頑張ってます(笑)
e0183106_17170004.jpg

サチは私の股間で「またサチ」をやってる事が多いです。


■22:02追記
ノンタン1号の写真も探したら出てきたので掲載。教えるとちゃんと覚えるものです(笑)。
e0183106_223817.jpg
1号はヒザまで乗せてますね(^_^)。(2002/5/5撮影)





by river_kingfisher | 2015-08-12 17:05 | ペット | Comments(9)

夕涼み

e0183106_2133679.jpg

ここら辺が涼しいんでしょうか?




by river_kingfisher | 2015-07-24 21:01 | ペット | Comments(0)

ギリシャと某隣国

e0183106_20434774.jpg

とりあえず、ギリシャのデフォルトは回避されたけど、国民投票で緊縮財政にNo!を採択したのに、EUから支援再開を引き出すためにひねり出した、その場しのぎの財政緊縮案が本当に実行されるとはとても思えない。
自国の経済政策が原因で八方ふさがりなのに、余裕綽々の笑顔で会議に挑むチプラス首相を見ていると、某隣国を思い出す。

どちらの国も、単に地理的に同じ場所というだけで、今ではほとんど無関係に近い遠い昔の栄光(某隣国においては、その栄光の歴史さえ捏造・・・)にすがって、自分は貴族の末裔だから汗して働く奴隷とは違う!という生き方を是としているような、ちゃらんぽらんな生活信条の国民が大多数だ。

技術を大事にしないで、楽して儲けることばかり考えているから、産業の革新が起きない。某隣国は日本の技術援助でいっぱしの産業を築き上げたけど、基礎からつくり上げるという事を大事にしないから、真似する技術が途切れた途端に価格競争で中国に追い上げられてしまっている。

ギリシャにおいてはそもそも工業化をはなからあきらめているフシが有るから、オリーブ以外に輸出するものが何もない。技術が途切れても、まだ売春婦を輸出している某隣国の方が外貨を稼ぐ道が残っている(笑)。

ギリシャを破綻させる事により、その余波が自国に及ぶのを恐れて、とりあえずは支援ということで合意したようだけど、今年1年保たないでしょうね。財政緊縮案がないがしろにされているのが確認された時、EU諸国はどう対応するんでしょう?今から楽しみです。

写真は、某国民のように働かずに寝てばかりいる二人と、その先輩の写真。




by river_kingfisher | 2015-07-13 21:11 | 政治 | Comments(2)

ノンタン

e0183106_2029094.jpg

牛乳パックなんかを入れてる紙袋をゴミ出ししようと階段の踊り場に置いて、ちょっと目を離したらノンタンが中身を引きずり出して、代わりに収まってました。






by river_kingfisher | 2015-07-09 20:26 | ペット | Comments(2)

旅行準備完了

e0183106_2325897.jpg

適当に荷造りして、準備完了。
スーツケースは一つでも済む位だけど、ゆるゆるに放り込んで無理矢理二つにしてます。

カメラは悩みに悩んで、D600に28-300、17-35、80-400を持って行く事にしました。
80-400は使わない可能性が高いけど、何か良いものがいた時に持ってないと悔しいので持っていきます(笑)。

サチ、お前はノンタンといっしょに留守番だよ。





by river_kingfisher | 2015-06-01 22:55 | 旅行 | Comments(0)

そろってヨーグルト好き

嫁さんが食べ終わったヨーグルトを、まず横で待っているノンタンに舐めさせます。
e0183106_23153781.jpg
鼻先が短い&舌が短いので、懸命に頑張りますが底には届きません(笑)。

次は足元でキュンキュン言いながら待っているサチの番。
e0183106_23153929.jpg
こっちは鼻先が長い&舌も長いので、らくらく底に残ったヨーグルトに届きます。

サチは順番を変えて欲しそうですが、それはナシです(笑)。



by river_kingfisher | 2015-06-01 18:16 | ペット | Comments(0)

IKEAで買った物:その1

IKEAで安さにつられて買った物その1。

籐の椅子¥3,999円。
e0183106_17232151.jpg

見ての通り、ノンタンの爪研ぎ用です。
e0183106_17232219.jpg

以前、ここにノンタンの爪研ぎ用の籐籠が置いてあったのですが、先代ノンタンから30年ほど使ってボロボロになったので、新しいのを探していたのでした。




by river_kingfisher | 2015-05-27 17:10 | 買ってみた | Comments(0)