タグ:カワセミ ( 12 ) タグの人気記事

カワセミタンク

e0183106_129128.jpg
三島を通るたびに、静岡ガスのこのガスタンクの絵柄が気になっていた。
なかなか写真が撮れないのだけど、なんとか1枚。

こうやってじっくり見ると、とてもカワセミには思えませんね。非常に不気味だ。
発注時に何故もう少しまともな下絵を渡さなかったんだろうか?

Googleマップのストリートビューで拡大してみたらもう少しまともな画像になった。
e0183106_12161232.jpg
いったい、何を参考にしながらこの絵を描いたんですかね?



by river_kingfisher | 2013-03-21 12:12 | 野鳥 | Trackback | Comments(4)

クロハラアジサシ

いやはや、昨日の豪雨はすごかったです。
そろそろ帰ろうかと思っていたら、突然ビルの窓を大粒の雨が滝のように洗っている。

仕方ないから少しサービス残業しっちゃいましたよ。
温暖化のせいであんな変な天候がこれからどんどんひどくなって行くんでしょうねえ・・・

e0183106_1256105.jpg
Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G, 1/1250s, f/4.0, ISO640, 手持,Trim

写真は2010/05/03の奄美大島の大瀬海岸。
クロハラアジサシを追っていたら、後ろにカワセミが入った。
by river_kingfisher | 2010-07-06 12:57 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)

奄美大島旅行:その10(5/2-2)クロツラヘラサギ

空港から5分ほどの大瀬海岸はサンゴ礁の隙間を砂が埋めた感じの遠浅の海岸で、大潮の引き潮で海岸はとても遠かったけど、まあまあの距離にシギチがいたのでスコープで観察。
でも、最近シギチをサボっているから識別はさっぱり。
e0183106_14494490.jpg
こいつはサルハマシギだと思っていたけど、クチバシの長さが短めだしコオバシギですかね?

e0183106_14501171.jpg
スコープをのぞいていたらすぐ近くでチチィーとカワセミが鳴いた。カワセミ王国の国王としては一応押さえておかなきゃいけないので、風が強くてぶれ気味だけどデジスコで撮影。


一段落して、離れたところで遠くにいたアオサギ・ダイサギを何気なくスコープに入れてみたら、双眼鏡では頭を翼に入れて寝ているダイサギだと思った3羽の目頭が黒い!
あれれれ!よく見たらクロツラヘラサギじゃないですか!
e0183106_14504815.jpg
Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4G, 1/3200s, f/4.0, ISO200, jpeg-norm, NoTrim, 1脚

クロツラヘラサギといえば、私が鳥カメラを始めた頃(20年位前かな)に葛西臨海公園に1羽いて、それを見ようと出かけると「ほんの5分前まであの杭の上にいたんだけど・・」とか、「昨日まではよく出たけど、今日は見ないなあ・・」とか何度もふられたうえに、最後は片目を悪くして多摩動物園で余生を暮らすために捕獲されてしまい、結局見ることが出来なかったといういわくつきの鳥である。

最近もまた葛西に出ているらしいけど、珍鳥を追わなくなって久しいので未だにライフリストには入っていない鳥だ。
まさかこんなところで出会えるとは思ってもみなかったので、非常に嬉しく興奮して写真を撮る。シギチに飽きて車に戻って昼寝していた嫁さんに電話して見に来るように言いつけたくらいの興奮です(笑)
e0183106_14512798.jpg
Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4G, 1/1250s, f/5.6, ISO200, jpeg-norm, NoTrim, 1脚

検索したら3羽のうち換羽がオレンジになっているのは婚姻色の♂とのこと。

おっと、頭上をMD-61が離陸していきます。もう明日はこれに乗って帰るんだよなぁ・・・
e0183106_1454459.jpg
Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4G, 1/5000s, f/4.0, ISO200, jpeg-norm, NoTrim, 手持(一脚ごと持ち上げた・笑)
しかし、VRゴーヨンの開放の周辺減光は酷いですね。やっぱり空抜けのシチュエーションは少し絞らないとダメですね。
しかも私の固体は右隅が特に酷い・・・片ボケよりは良いけど。
by river_kingfisher | 2010-05-02 17:48 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

巾着田:その2

e0183106_20331348.jpg翌朝6時に目覚ましをかけていったん起きたものの睡魔に逆らえず、2度寝をしてしまい6時半に起床。
サチを連れてレンジャクを探しにいきます。

河原は私以外にも右手奥の方にいつも来ているロッククライミング関連のテントが2張り。

天気は期待したほど良くなくてまあまあ寒い。


e0183106_2133493.jpg
Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D, 1/2500s, f/4.5, ISO800, Raw, Trim, 手持ち
昨日は姿さえ見せなかったシメもそこいら中にいたが、相変わらずレンジャクは現れず。

e0183106_2117878.jpg
Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D, 1/640s, f/4.5, ISO1100, Raw, Trim, 手持ち
グランドの横は鳥は少ないので河原に降りてカワセミでも・・・と思ったら、早速チチッーーーっと魚をくわえた♂が通過。

大慌てでカメラを構えたけど、すでに通過したあとでちょっと追い写しの後姿。

e0183106_2123121.jpgどこまで飛んでいくのかと見ていたら、止まった先にもう1羽カワセミがいた。

おやおや、と思ったら♂はくわえた魚を♀にプレゼント。
もう求愛給餌の時期なんですね。ほのぼの・・・
遠い場所なので双眼鏡の観察だけで写真は無しです。

もうちょっと近くで撮りたかったけど、ドレミファ橋の工事の盛り土で、近寄ると見えなくなる場所だったのでこれが限界。とりあえず本日はポイント2プラスです。



この日見た鳥は下記17種。
カルガモ
キジ
アマツバメ
カワセミ
コゲラ
ヒバリ
ヒヨドリ
モズ
ツグミ
シジュウカラ
エナガ
カシラダカ
カワラヒワ
イカル
シメ
スズメ
ハシボソガラス
by river_kingfisher | 2010-04-04 21:35 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

巾着田

e0183106_13184138.jpgもうそろそろレンジャクが来ているんじゃないかと、巾着田に行ってきました。

菜の花がきれいだったので、サチをモデルに記念撮影。
新しく切り替えた携帯のカメラで撮影してますけど、まあまあきれいに撮れますね。

ちなみに機種はCA-004です。


e0183106_202137.jpg
Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D, 1/2000s, f/4.0, ISO800, jpeg H, Trim, 手持ち
横のグランドにいたカワラヒワの群れの中に1羽だけホオジロ系の鳥がいたので、今シーズンまだ見ていないミヤマホオジロじゃないかと期待したけど、残念ながらカシラダカ。

一斉に飛び立った中から「これか?」というのを撮影したら偶然写ってました。
カシラダカはこっちを見てますね。

e0183106_20144640.jpg
Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D, 1/160s, f/4.5, ISO1250, jpeg H, Trim, 手持ち
車に戻ったら、すぐ横にカワセミがいたので撮影。これで1ポイントゲット!


e0183106_20211488.jpg車に戻ったら、あとやる事はは焚火と飲みの開始。
今回はオフ会ではないので一人寂しくサチと二人ではじめます。

その後とっぷり日が暮れて、私もシーバスで出来上がってきた頃にbadaさん夫妻が焚火にあたりにやってきた。
四方山話をして、12時過ぎに焚火はお開き。明日はレンジャクが出るといいなあ・・・


by river_kingfisher | 2010-04-03 22:18 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

カメラの設定

e0183106_1810516.jpg
Nikon D3, AF-S Nikkor 600mm F4D, 1/1600s, f/5.0, ISO400, Jpeg-Norm, Trim, 手持

ファームが上がって、カメラの設定をいろいろいじくってみたので、いつものカワセミポイントに試しに出かけてみた。

ここは多摩川を渡る橋のすぐ横なので、橋の上を通る人がのぞき込むと良く見える位置。なので、はっと気付くと上からじっと眺められていたりするので、かなり恥ずかしい。でも、公園の駐車場からすぐそばなので、機材を持って歩く距離がほんの少しだからついつい楽してしまう。
どうせ楽するならと、今日は久しぶりに600mmを持ち出してみた。

さすがに600mmを手持ちは厳しい。レンズを支えるヒジはひざの上の乗せて少しだけ楽をさせてもらっている。よって正確には手持ちではない。
本日はホバリングは1回しかしてくれなかった。その1回も重たい600mmを持ち上げてファインダーに入れた瞬間にダイビングして、そのまま飛び去っちゃったので空振り。

e0183106_18222064.jpgやっとこさファインダーに入れた時にははるか遠くを飛んでました。
やっぱりロクヨンを振り回すのはシンドイ!

肝心の設定は、動きものでないと差が分からないから、良く分かりません。
もう少し楽な相手(サチとか)で再度試してみます。

カワセミポイントはやっとU005
by river_kingfisher | 2010-02-14 18:27 | 野鳥 | Trackback | Comments(4)

アバター 3D




Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G + TC-14E
1/1250s, f/6.3, ISO400 ,Trim



2週間ほど前に「アバター」を3Dで見てきたけど、感想を書き忘れていたので遅まきながら・・

この映画は吹替え日本語版と字幕版が2Dと3Dでそれぞれある上に、3D版には4種類の3D方式が映画館によって使われているので、どのバージョンで観たかが感想の大きな比重を占めると思う。

私は自宅近所のMOVIXでXpanD方式の3Dで日本語吹替え版を鑑賞した。3Dで字幕を読むのは骨だと誰かから聞いた記憶があったので、迷わず吹替えを選択した。
この方式は映写幕からの赤外線信号を眼鏡のセンサーが受けて、眼鏡に仕込まれた液晶シャッターを左右交互に閉じて違う画像を見せて立体視するというものだそうです。

が、なにしろ眼鏡が重い!
しかも私のような眼鏡使用者は二重に眼鏡を掛けることになるのに、鼻あてが付いていないのでうまく固定できない。
仕方ないのでティッシュペーパーを適当にたたんで鼻あてにはさんで高さを調整して鑑賞した。傍から見るとかなり間抜けな形相だったと思う。

3D映像に関しては、奥行き感を重視したとキャメロン監督が書いていた通りに立体感は申し分ない。実写とCGのつながりも全く不自然さが無く、自然に画面に引き込まれる感じ。

日本語吹替え版だが、アバターの現地語(ナヴィ語)は字幕になるのでそれを読まなきゃいけないのだが、字幕はスクリーンの一番右側に出るうえに3Dで浮き上がっている。
視線を移動し日本語を読むのは結構疲れるので、後半は「まあきっとこんなことを言っているんだろう」と推測で字幕を読むのをやめてしまった。ま、ナヴィ達は短い単語しかしゃべらないからそんなに違和感は無かった。
あれを全てのセリフでやったら非常に苦行になったと思う。

ちなみに4つの3D方式を全て短期間に観てレビューを書いている人がいるので、もしこれから見に行くなら参考にされるとよいだろう。

『アバター』3D全方式完全制覇レビュー
http://itsa.blog.so-net.ne.jp/2010-01-15


写真は1/17の続き。
チャポンと飛び込んで戻る所だけど、手前に雑草があって前かぶり(涙

Photoshopで加工して何とか見られるようにはしたけど、ちょっと厳しいです。水しぶきがいい感じなのでちょと残念。



by river_kingfisher | 2010-01-26 23:45 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)

オーシャンズ

オーシャンズを見てきたんですが、なんと言うか、ちょっとダメでした。
かなり期待はずれ。
e0183106_18251557.jpg
Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G + TC-14E, 1/6400s, f/5.6, ISO800 ,Trim

映像はきれいなんだけど、もっと見たい!と思わせといて、次は全然関係ないシーンに飛んでしまったりが多い。
しかも期待させるナレーションまで付いているからなお始末が悪い。

メッセージ性に関しても、はっきり言って何が言いたいのか良く分からなかったです。
あの映画を見て「日本人はイルカを殺すな!クジラを殺すな!」とか、簡単に結論付けるピースさんが増えるんじゃないかと思ったけど、杞憂ですかね?

Suzumeさんじゃないけど、カツオドリどもの急降下がたっぷり見られたから、良しとするかな。あんな感じでうじゃうじゃいるのを生で見たいねえ・・・


カワセミの写真は昨日の画像の次のコマ。
by river_kingfisher | 2010-01-25 18:27 | 映画 | Trackback | Comments(2)

久しぶりのカワセミ:その2

先週のカワセミでゴーヨンを水平にかまえて待っているのは、年寄りにはとても厳しいというのを思い知ったので対策を考えた。

最初は1脚でやり過ごそうかと思ったけど、適切な高さに伸ばした1脚に付いた長玉を長時間持っているのは結構面倒、ということに気付き三脚に据えることにした。

1:待っている間、支える必要なく適度な高さにレンズを置いておける。
2:基本は手持ち、ということで、すぐに三脚から切り離せる。
3:とは言っても、切り離す時間が無い場合はそのままストレス無く撮影出来る。

というのを満足させる機材を手持ちで探して、下記のようになった。
e0183106_1242257.jpg

三脚も雲台もゴーヨンを支えるにはちょっと心許ないのかも知れないけど、もともと私はきっちりと締め付けてミラーショックが影響するような使い方をしないので、ノープロブレムだ。

Manfrotto 701RC2に付いているクイックリリースは操作感が今ひとつあれなんだけど、オイルフルードの雲台の動きはまあまあスムーズだし、他に適切なのが手持ちにないのでこれで試してみることにした。

ちなみに肩当ては昨年の白樺・伊良湖で仮に作ったアルミ製の物から木製に一部だけグレードアップしたけど、基本的にまだ試作品の域を出ません。

で、撮ったのがこの写真。
e0183106_12521186.jpg

Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G + TC-14E, 1/6400s, f/5.6, ISO800 ,Trim

知っていると思いますが、カワセミは獲物を見つけたらサクッと飛び出して、ホバリングして突っ込みます。とてもじゃないけどクイックリリースを外して・・・なんてやる時間はないので、そのまま撮ってます。

だったら、こんな大げさな装備はいらないじゃん・・・・\(^o^)/
by river_kingfisher | 2010-01-24 12:57 | カメラ | Trackback | Comments(7)

分解写真

e0183106_125323.jpg
Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0D + TC-14E, 1/2500s, f/5.6, ISO800, Trim, 手持

先週の土曜日の写真を見直してみたけど、この写真はちょっと前ピンだし、枝かぶりだし、使えないけど分解写真風にすれば少しは見られるかも?と作ってみた。
3コマ重ねたけど、縦はトリミングしてないです。

でも、やっぱりピントが甘いからつまらない。

しかもシャッター速度が速すぎて、せっかく追い写しをしているのに背景が流れてないし・・・


2010/1/21追記:縦はトリミングしてないと思ったけど、重ねる関係でズレ分はカットしてました。80%カットくらいですかね。
by river_kingfisher | 2010-01-19 22:59 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)