タグ:オオミズナギドリ ( 4 ) タグの人気記事

オオミズナギドリ:その2

スナメリウォッチングで、船はぷかぷか浮いているオオミズナギドリの群れの近くを通ることもある。

そうすると、オオミズナギドリはあわてて水面を蹴って飛び立つ。
当然ながら船から離れる方向に飛ぶので、写真は後姿ばかりになる。
e0183106_12221491.jpg
Nikon D3, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(300mm), 1/800s, f/6.3, ISO 400, jpeg, NoTrim

多少横向きに近かったので掲載。
追い写しの上に、右の翼にピントが来ているので顔がぼけたダメカット。

VR28-300mmの周辺減光をPhotoshopで適当にごまかしているので、周辺の色がへんてこです。Rawからちゃんと補正してあげるべきなんだけど、ダメカットに面倒なので・・・


2011/10/09 11:04 伊勢湾・伊良湖沖にて撮影


by river_kingfisher | 2011-10-14 06:16 | 野鳥 | Comments(0)

伊良湖2回目:その2

こんなに近くに集団で寄ってきた所を見るのは初めて。(初めてと思ったけど、前の写真を見ると初めてじゃないな(笑)

小魚が浮いていたらしく、次から次へと集まってきて着水していた。

e0183106_12333163.jpg
Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G, 1/1250s, f/5.6, ISO200, Trim, Hand

動画で撮ったほうが絶対に見ごたえのある画像になると思うけど、誰か撮ってませんか?
by river_kingfisher | 2010-10-10 11:00 | オフ会 | Comments(0)

伊良湖2回目:その1

王国恒例の伊良湖オフ会。
ほんとは10/9からで、参加者の半分は9日に行ったんだけど、天気予報は雨だし、実際は61mmの大雨で向こうにいてもやることはないので、私は夜の宴会から参加(笑)

でもさすがに3連休の初日で、八王子から厚木インターまで2時間もかかって、宴会は終了間際に滑り込んだ感じでした。

翌日は非常に良い天気だったけど、なぜかタカはあまり飛ばずにがっくり。
その代わりオオミズナギドリがいい感じで飛んでくれました。
ちゃんとした写真は別途載せますが、まずは1枚。

e0183106_23595681.jpg
Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G, 1/1600s, f/5.6, ISO500, Trim, Hand

以前のサイトで「EOS 1D-MK3では波頭をかすめて飛ぶオオミズナギドリにはAFは合わない」と書いたらK板で滅多切りにされたことを思い出したので、合っているのを1枚。(画像は傾きを補正して四角くトリミングしてますけど、比較的画角に近いです。画面が傾くのはクセだし、手持ちで500mmを使ってない奴に四の五の言われたくないなぁ・・)

D2HやD2Xでは1/10〜20の確率でしかピントが合わなかったけど、D3は2/3はきっちり合ってます。スバラシイ!!(3Dトラッキングで撮影してます)

ちなみにMK3はほぼ全滅でした。MK4ではこういうのはちゃんとAFするんですかね?
それとも、相変わらず「おまえの腕が悪い」うえに、「こんな悪条件でAFが合うはずがない!」とか豪語しちゃうんでしょうか?

あのスレッド、面白かったのですがなぜか削除されてもう読めない。ログは取ってあるから私は読めるんですが、勝手に再現するとどこかからお叱りを受けそうなので・・・残念(笑)
by river_kingfisher | 2010-10-10 10:40 | オフ会 | Comments(2)

伊良湖:その3

日曜日は天候は朝から回復するという予報だったので、5時半に起床。
車から出ると国民のぼたんさんがすでに用意完了している。
風も雲も無く、飛びそうな予感がビンビンの1日の始まり。

7時前には恋路が浜の駐車場はほぼ満車状態になり、タカ見のバーダーが車の前に椅子を持ち出して例年の伊良湖風景になる。
タカはサシバを中心に数多く飛ぶのだけど、やはり昨日のように風が無いのでビューホテル付近で高く上がってしまい、恋路が浜上空は肉眼では見つけられない高さが多く、写真には不向きな1日になった。

e0183106_18363769.jpg
代わりに昨日に引き続き、オオミズナギドリが比較的近い所を飛んでいて、漁船の近くに小魚がいるのか集団でタッチダウンを繰り返している。
ミズナギドリは大きいから見ていて迫力がある。

e0183106_1832255.jpg
昨日までは少なかったヒヨドリも渡り始めて、早速ハヤブサの狩りの洗礼を受けていた。
今年のハヤブサは狩りの腕が上達していて、現れたと思ったら一発でヒヨドリを仕留めて帰っていった。
e0183106_18315359.jpg
コンデジで動画を撮っていて、ハヤブサが現れたのであわててDSLRに持ち替えたのだが、狩りがうますぎてシャッターが切れた瞬間はすでに捕まえた後で、迫力の瞬間は撮り損ねた、残念!


お昼を過ぎてもダラダラと高い所を通過していくので帰る時間を計りかねていると、「静岡では11時までに500羽通過」、「その後2000羽通過した」とか情報が入り、結局日暮れまで恋路が浜に張り付いていることになる。

e0183106_18314284.jpg
これはトビが餌を奪い合っているところ。
下側の個体は肉眼ではとても白っぽく見えて、「おっつ!ミサゴが餌の奪い合い!」と思って思わず連射。途中でトビと気付いて連射を止めたけど、この後上の個体が握っていた魚を放してそれを下の個体が空中でつかもうと追いかけるシーンがあり、ちゃんと撮っておけば良かったと反省。
ちなみ落とした魚は確認に行った人によればタイだったそうです。


e0183106_18313118.jpg
5時前の最後のサシバ4羽を見送った後、片づけをして最後のサチ散歩に出かけるときに夕焼けがきれいだったので、砂浜でちょっとスナップ。
波打ち際にはラブラブなカッポーばかりで、犬連れのおやじはとても場違いです。

三脚が無いとスローシャッターはきつい。ブレブレです・・・
by river_kingfisher | 2009-10-04 18:30 | 野鳥 | Comments(0)