CanonとNikon:その7(まとめ前編)

まとめと書いたけど、まとまってないかも。
e0183106_1542525.jpg

Canon EOS-1D Mark III, EF 500mm F4L IS + EF1.4, 1/1000s, f/5.6, ISO1600, jpeg H, Trim

Canonという会社は消費者にアッピールする物造りという点がとてもうまいので、それがWebmasterのような自分も物造りの現場にいる人間からすると癪の種なのかもしれない。
古い話だけど、APS銀塩コンパクトカメラのIXY初代をデザインしたときに、彼らは最初に何を行ったかというと、外形の形を従来の比率から変えることから始めた。
それまでの横長シルエットから黄金比率の長方形に変えることにより、一般人に一目でカメラが変わったと思わせたわけだ。

そして外装にステンレスを使ったこともうまい。プラ外装が当たり前だった当時に金属を持ってきて強度と高級感を両立させてしまった。
しかもCanonの宣伝は更に上を行き、パンフレットにはステンレスとは書かずにSUS304合金と書いたんですよ(笑)。そりゃまあ、SUS304には間違いないけど、それって亜鉛のおもちゃを超合金世代に売り込んでいるようなものじゃないですか(笑)
そのへんがどうも胡散臭い・・・


それと比べるとNikonは商品企画の力が強くて、デザインは「おまえらは外側を作っていればいいんだ」的にあしらわれているんじゃないかと邪推するくらい貧弱で、その時々のデザイン以外の方針に左右されているように見える。

なにしろ、デジカメ黎明期にCOOLPIX 100・300(手書メモ付き)とか、最近のUPとかプロジェクター付きコンパクトデジカメのような、企画者の思いつきをデザイン未消化のままいきなり商品化しちゃうような思い切りの良さ(と言っていいのか?)がある会社である。

ある意味愚直な部分がある訳で、そこいら辺が商売上手なCanonと比べてついつい判官贔屓をしてしまう原因かもしれない。


PS:久しぶりに1D MK3のISO1600を見たけど、かなりひどいですね。D3に見慣れていたから、ちょっとビックリ。


ふと思って、ブログランクに参加してみた。にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

# by river_kingfisher | 2009-11-04 21:42 | カメラ | Trackback | Comments(0)

CanonとNikon:その6

e0183106_12194819.jpg

私は鳥を撮るのがメインなので絞り込んで撮影する事はあまりないから、EOSシステムの電子絞り制御による連射速度の低下に関して、実被害と呼べることは1回しか経験していない。

この1回は毎年お正月恒例のSuzumeさん主催の浜離宮の鷹匠の放鷹(ほうよう)術を撮影してそのままお酒を飲むオフ会の時に経験した時の事に起きた。
あれに行ったことがある人は分かるとも思うが、同じ日程で行われる箱根駅伝の取材のヘリコプターが上空をよく飛ぶ。そうすると、場所取りをして放鷹術が始まるのを待っている間、暇つぶしにヘリコプターなんかを撮影したくなる。

ヘリなどの回転するパーツはある程度遅いシャッター速度でぶらして撮影するのが鉄鳥屋の流儀らしいので、それなりのシャッター速度になるまで絞り込んで撮影した。
そしてそのままボーっとしていたら、実演の始まる前にウォームアップで鷹を飛ばし始めたのであわてて撮影したら、バ・バ・バ・バ・バッと連射する周りのMK3のシャッター音に混じって私のMK3だけがバッシャンバッシャン・バッシャンと間延びした音を立てた。

「なんですか?その激遅連射は(笑)」と名古屋のNさんに言われて、初めて絞り込んだEOSは連射スピードが落ちるという実体験をしたことに気付いたのだ。実際にどのくらい絞り込んだのか覚えていないし(ヘリの画像を探して見つければ分かるけど)私の用途にはこんなに絞ることは有り得ないのでほんとの実害では無い。

あの時はヘリを撮るのはおまけだったから、ISO感度を下げつつ絞るなんて面倒をせずに絞りだけでシャッター速度を制御したと思うので、余計に絞り込まれていたと思う。鉄鳥屋さんがこの件でクレームをつけないところをみると、実用上は許容レベルの速度低下なのだろう。


適当な画像が手元に無いので、デスクトップのスライドショーにしてある古い画像を流用。
Nikon D2X, AF-S Nikkor 600mm F4.0D, 1/1000s, f/4.0, ISO100, jpeg-H, Crop, Trim



■2009/11/07:問題の絞ったヘリの画像があったので追加。
ISO100でF10.0まで絞ってやっと1/160までシャッターが落ちてこの位ローターがぶれた写真になった。
e0183106_15372972.jpg

Canon EOS-1D Mark III, EF 300mm F4L IS, 1/160s, f/10, ISO100, jpeg H, 中心部を等倍までTrim

# by river_kingfisher | 2009-10-31 22:18 | カメラ | Trackback | Comments(0)

CanonとNikon:その4の追加

ミラーショックの動画をYouTubeに投稿して貼り付けてみました。
予想通り画質がひどいですね。YouTube向けに作り直さないととても見られたものじゃない・・・


# by river_kingfisher | 2009-10-30 23:43 | カメラ | Trackback | Comments(0)

CanonとNikon:その5

e0183106_1226422.jpg

Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4G + TC-14E, 1/640s, f/5.6, ISO400, Trim, 手持

MK3に関してはErr99だったのかどうか不明だが、通信エラーらしき動作不能や、シャッターが切れないという事が数回あった。どちらもあせっている時だったのでErrが出ていたのかも覚えていないのだけど、電池の抜き差しかレンズの再装着で再起動できた。

しかし、同様のエラーはNikonでも経験しており、D3で1回、D40では数回あったから、特にC社のエラーが多いというイメージはない。逆にF5やD1の頃にはほとんど無かったから、カメラの電子化が進むに連れてエラーが出る頻度が増えているという印象が強い。
# by river_kingfisher | 2009-10-29 12:27 | カメラ | Trackback | Comments(0)

CanonとNikon:その4

e0183106_10154382.jpg

Nikon D3, AF-S VR Nikkor 400mm F2.8G, 1/2500s, f/4, ISO400, Trim, 手持

私が使い込んだEOSボディはMK3だけなので、他のボディに関してはなんとも言えないのだが、少なくとも連射したときのボヨヨ~~ンと手のひらに振動がこだまするMK3のシャッターフィーリングは好きになれない。

なぜ振動を感じるのか不思議に思っていたが、CASIOのハイスピードカメラで高速撮影を行ってみたら、ミラーの上下動のバウンドがN社に比べMK3の方が続いていたので、その為ではないかと思う。


2009/10/30:動画を追加

ミラーバランサーで強引にミラーの跳ね返りを止めるN社と比べ、そのような構造を持っていない(のか?)MK3の方が不利なのだろう。


以前ヨドカメの店頭でMK2nとD2Hを撮り比べてみて、MK2nの方がブラックアウト時間が長く感じた件に関しては、MK3では感じなかったので改善したのか、展示品の整備不良だったのかも知れない。


スイッチ操作に関しては慣れが一番大きなファクターになると思うので、どちらの方が良いのかは不明。残念ながらWebmasterはNikonで慣れてしまっているから、MK3の不可解な電源位置と、動かす気が無いのに不用意に動いて露出補正がかかってしまう無駄に大きなコマンドダイアルは好きじゃあない。

e0183106_1118408.jpg

Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D, 1/2500s, f/5, ISO200, jpeg H, NoTrim
# by river_kingfisher | 2009-10-28 07:15 | カメラ | Trackback | Comments(2)