ハワイ探鳥記 No.10:1/14帰国

■98/01/14帰国■

朝5:00に起床。前日にABCストアで買ってあったサンドイッチの朝食を取って荷造りをする。大事な望遠レンズと機内での防寒対策用品以外は全てスーツケースに詰め込む。
6:00にチェックアウトして空港に向かう。朝早いのにH1ハイウェーは混み合っている。片側5車線にびっしりと、しかも上下線共に車が走っているのは壮観だった。
レンタカーの返却場所を探すのが難しいのでは無いかと心配していたのだが、ハイウェーから空港へのランプを下っていくとRENTER CAR RETURNの標識が出て来て、迷うことなく到着。返却手続きも簡単で、4日間276Mile(約440Km)を走って、レンタル料金は$323.02(約¥45,000円)だった。

チャイナエアーのカウンターでチェックインしようとすると「スーツケースが38.5kgあり重すぎる。32kg以上はオーバー料金がかかり非常に高い。」と注意される。しかたなく三脚とか重そうなカメラ機材をナイロンバッグに移し変える。行きのチェックインカウンターはそんな事を言わなかったのに、、、とも思うが、本やら色々と増えているのも確かなのでカウンターの横で詰め替え作業を行う。かなり恥ずかしかった。

フライトは8:45なので時間はたっぷりと有り、カフェテリアで薄いコーヒーを飲みながら時間をつぶす。ついでに今回の旅行の反省をしながらこの探鳥記のメモ書きをノートに書き留める。

帰りの飛行時間はジェット気流をさかのぼって帰るために行きよりもずいぶん時間がかかる。行きは5時間50分なのに帰りは8時間50分かかった。
しかも、帰り着いたら東京は吹雪。羽田も15cm程の積雪で、よくぞ着陸できたなあと感心する。

e0183106_16451789.jpg

到着は日本時間の12:55だったが、家に帰り着いたのは16時過ぎ。帰ってからTVのニュースを見ていると、羽田の国内線は軒並み運休になっているので、間一髪だったことが分かる。どこかに振り替えられたら困っただろうなあ。


■エピローグ■

今回の旅行は、昨年のロタ島の時の反省から、事前にインターネットやNiftyなどを通じて情報を集めて有った。しかし集まった情報は(当たり前だが)ほとんどが英語だったため、分析をいい加減にしてあった。これが最大の敗因であった。集めても分析しなければ情報はタダのゴミです。
そんな訳で今回の旅行ではハワイの固有種は植物園のネネ以外は見られていない事になります。見られた鳥のリストは下記の通りでハワイ在来種が10種類、移入種が14種類、ほかに同定が出来なかったシギが1種類ある。


    ●ハワイ固有種
  1. Hawaiian Goose or Nene(ハワイガン) Branta sandvicensis(ただし植物園)

    ●ハワイ在来種

  2. Great Frigatebird(オオグンカンドリ) Fregata minor palmerstoni
  3. Red-footed Booby(アカアシカツオドリ) Sula sula rubripes
  4. Black-crowned Night-helon(ゴイサギ) Nycticorax nycticorax hoactli
  5. Mallard(マガモ) Anas platyrhynchos
  6. Northen Pintail(オナガガモ) Anas acuta
  7. American Coot(アメリカオオバン) Fulica americana alai
  8. Common Coot(オオバン) Fulica atra
  9. Common Moorhen(バン) Gallinua chloropus sandvicensis
  10. Black-necked Stilt(クロエリセイタカシギ) Himantopus mexicanus knudseni
  11. Pacific Golden-plover(ムナグロ亜種・和名無し) Pluvialis fulva
  12. Ruddy Turnstone(キョウジョシギ) Arenaria interpres

    ●移入種
  13. Cattle Egret (アマサギ) Bubulcus ibis
  14. Japanese White-eye (メジロ) Zosterops japonicus
  15. Spotted Dove(カノコバト) Streptopelia chinensis
  16. Rock Dove(ドバト) Columba livia
  17. Zebra Dove(チョウショウバト) Geopelia striata
  18. Red-vented Bulbul(シリアカヒヨドリ) Pycnonotus cafer
  19. Common Myna(インドハッカ) Acridotheres tristis
  20. Northern Cardinal(ショウジョウコウカンチョウ) Cardinalis cardinalis
  21. Red-drested Cardinal(コウカンチョウ) Paroaria coronata
  22. House Sparrow(イエスズメ) Passer domesticus
  23. Saffron Finch(キンノジコ) Sicalis flaveola
  24. Java Sparrow(ブンチョウ) Padda oryzivora
  25. Canada Goose(シジュウカラガン) Branta canadensis
  26. Wood Duck(アメリカオシ) Aix sponsa(ただし植物園)


やはり固有種は開発の進んだオワフ島ではほとんど見ることは不可能なようで、最低でもカウアイ島へ行かなければならなかったでしょう。それは良く前から何となく分かってはいたのですが、どうも他の島へ渡る気力が出なくて、ついついいい加減な鳥見となってしまいました。

長い割に内容の少ないハワイ探鳥記を読んでいただきありがとうございました。
この探鳥記を読まれた方のハワイでの探鳥に少しでも参考になることを祈っております。


◾︎ハワイ探鳥記Index
1:プロローグ
2:1/10 羽田出発
3:1/10 アラモアナ公園
4:1/10 ドライブ
5:1/11 EAST OAHU
6:1/11 シーライフ・パーク
7:1/12 NORTH OAHU Vol.1
8:1/12 NORTH OAHU Vol.2
9:1/13 HANAUMA BAY
10:1/14 帰国・まとめ




# by river_kingfisher | 2001-01-10 00:10 | 野鳥 | Comments(0)

ハワイ探鳥記 No.9:1/13 HANAUMA BAY

■98/01/13 HANAUMA BAY■

この日は鳥見は適当にして、ハナウマ湾にリゾートに行くことにする。しかし気合いは入らず、例によってだらだらとお昼近くに起きる。今日もいい天気だ。ベランダからはピンク色のロイヤルハワイアン・ホテルが見える。

e0183106_1511179.jpg
ロイヤルハワイアン・ホテル


ホテルの裏のインターナショナル・マーケットプレイスでサンドイッチの朝食。ゆっくりしていたおかげで到着はお昼近くになる。

e0183106_1543048.jpg
MINOLTA TC-1, G-ROKKOR 28mm F3.5, ハナウマ湾


ハナウマ湾には何度か来たことがあるのだが、下まで降りるのは今回が始めてだ。浜辺にホテルから借りてきたビーチマットを敷いて、荷物を置いて海に入ってびっくり。波打ち際に40cmくらいのボラ系の魚が群をなして泳いでいる。
水中メガネをして珊瑚礁のほうに行くと、熱帯魚がうようよいる。しかもサイズが大きい。熱帯魚は20cm〜40cm位の物ばかりで、人を恐れず直ぐ近くで見ることが出来る。防水型のレンズ付きフィルムを買ってくれば良かったと思うが、魚はそれほど趣味では無いので、そんなに後悔はしない。

4時頃までビーチでごろごろして、直ぐそばにやってくるイエスズメの写真を撮ったりしてすごす。イエスズメは日本のスズメと異なり♂と♀では頭の色がはっきり違うので見分けるのはたやすい。

e0183106_1533647.jpg
イエスズメ♂


e0183106_15331941.jpg
イエスズメ♀


スズメばかり撮っていてもしょうがないので、ここは少しだけお姉さんの写真も撮ってみた(^_^)。いや、イエスズメの写真を撮っていたけど、なぜかフォーカスがそっちに引っ張られただけです(キッパリ!)

e0183106_15181613.jpg


e0183106_1523463.jpg


帰りに崖を上まで登るのはバスを利用、$1.00でした。



上でもう一度きれいな湾をバックに写真を撮っていると、奥さんが上空にオオグンカンドリを発見。ソアリングしながらだんだん高いところに上がっていく。
駐車場でブンチョウ、シリアカヒヨドリ、なんかの写真を撮って、オオグンカンドリの写真を撮れる可能性があるシーライフパークの方に行ってみることにする。

e0183106_14123641.jpg
Red-vented Bulbul(シリアカヒヨドリ)



シーライフパークが見えるMAKAPUU POINTの崖の上でクジラとオオグンカンドリを探していると、シーライフパークの上をまるで餌を貰っているような低空飛行をしているオオグンカンドリを発見。見ているうちに先日アカアシカツオドリが止まったマストに止まる。こりゃイカン!と、すぐに移動する。

e0183106_14134042.jpg
Great Frigatebird(オオグンカンドリ)


シーライフパークの前の道に停めてよく見てみると、オオグンカンドリは2羽で、1羽はマストに止まっており、もう1羽がやはり餌を貰っているような飛び方をしている。他にもアカアシカツオドリの幼鳥がマストに2羽、近くの茂みに3羽止まっている。餌付けをしているのだろうか?
時間は5時を回っているのでシャッタースピードも遅い、果たしてうまく写っているかどうか心配だ。

e0183106_14141665.jpg


レンタカーの前でちょっと気取って記念写真。フォード・エスコートは良く走ってくれて気持ちよかったです。(そう言えばイギリスで借りた車もエスコートだったなあ‥‥)
Spotted Dove(カノコバト)が近くに来たので写真を撮っておく。日は大きく傾き山の陰に隠れているので、これも極端にシャッタースピードが遅くてぶれ気味です。

e0183106_14143374.jpg
Spotted Dove(カノコバト)



この日の夕食はホテルの1階にある中華料理を食べる。メニューのコースには日本語のコースは$28.95から始まっているのに英語のコースは$19.95からだ。迷わず英語のコースを頼む。
歳とともに量が減ってきているので、あまり量が多くても持て余すのでちょうど良いくらいの量でした。味もGood。


◾︎ハワイ探鳥記Index
1:プロローグ
2:1/10 羽田出発
3:1/10 アラモアナ公園
4:1/10 ドライブ
5:1/11 EAST OAHU
6:1/11 シーライフ・パーク
7:1/12 NORTH OAHU Vol.1
8:1/12 NORTH OAHU Vol.2
9:1/13 HANAUMA BAY
10:1/14 帰国・まとめ



# by river_kingfisher | 2001-01-10 00:09 | 野鳥 | Comments(0)

ハワイ探鳥記 No.8:1/12 NORTH OAHU Vol.2

■98/01/12 NORTH OAHU Vol.2■

通り過ぎるKAHUKU(カフク)の町で名物のシュリンプ・カクテルを食べる。カクテルと言う名前だが、内容は海老のニンニク味空揚げで、スチームライスが付く。

e0183106_14573393.jpg


量は多そうだったので1人前を二人で食べる事にする。殻を剥くのが面倒だが味付けも日本人に合う、とてもおいしいエビの空揚げでした。私たち夫婦には1人前で充分でした。さらにビールが飲めれば最高ですが、車の運転があるんので涙をのみます。


この後、鳥のいそうな場所を探しながら海岸に沿って南下していく。Punaluuと言う場所にある小さな入江でムナグロ、ゴイサギの写真を撮る。

e0183106_14581586.jpg
Punaluu


e0183106_1421255.jpg
Pacific Golden-Plover(ムナグロ)


e0183106_1421824.jpg
Black-crowned Night-Heron(ゴイサギ)



東海岸なので山の陰に入って、早くも日が陰り始める。写真では明るく撮れているが実際はかなり暗くなり始めている。シャッタースピードが気になる時間。(もっと早起きをすべきだが、、、、出来ない(^_^;)

そのうち見慣れないシギが群でやって来た。足が真っ赤なのでアカアシシギの冬羽かと思ったが、図鑑で調べるとRuddy Turnstone(キョウジョシギ)の冬羽らしい。

e0183106_14344.jpg
Ruddy Turnstone(キョウジョシギ)


日本で見るのとは季節が違うので見慣れた鳥も違って見え新鮮だ。他にはNorthen Pintail(オナガガモ)も途中の沼で見られた。

日が傾いてきたので63号線LIKELIKE HWY.を通ってワイキキに戻る。この日はホテルの直ぐ近くのインターナショナル・マーケットプレイスにあるレストランで生演奏を楽しみながらステーキとシーフードのフライ。値段は安くて満足。


◾︎ハワイ探鳥記Index
1:プロローグ
2:1/10 羽田出発
3:1/10 アラモアナ公園
4:1/10 ドライブ
5:1/11 EAST OAHU
6:1/11 シーライフ・パーク
7:1/12 NORTH OAHU Vol.1
8:1/12 NORTH OAHU Vol.2
9:1/13 HANAUMA BAY
10:1/14 帰国・まとめ




# by river_kingfisher | 2001-01-10 00:08 | 野鳥 | Comments(0)

ハワイ探鳥記 No.7:1/12 NORTH OAHU Vol.1

■98/01/12 NORTH OAHU Vol.1■

昨日よりは早起きして、しかし10時過ぎにホテルのセブンイレブンでサンドイッチを買ってノースショアに行く。
H1とH2を利用しWAHIAWAから803号線を使ってHALEIWAの町に行こうと思うのだが、何故かハレイワの町がない。地図を頼りに奥さんの指示する方に曲がるのだが、町並みらしき物がないうちにハレイワビーチパークに到達してしまう。

e0183106_14495168.jpg


お腹が減ったので取りあえずこの公園で昼食にする。波打ち際まで出てサンドイッチを食べていると、近くの茂みにNorthern Cardinal(ショウジョウコウカンチョウ)の♀が飛んでくる。カメラは持っていないので写真は無し。他にも黄色いSaffron Finch(キンノジコ)がすぐそばに一瞬止まってすぐに飛び立つ。
波打ち際にはPacific Golden-plover(ムナグロ亜種・和名無し)の冬羽が1羽でたたずんでいた。


Uターンしてハレイワの町を探すが何故か町並みが出現する前に99号線に出てしまう。だんだん面倒になってきて次の目的地WAIMEA VALLEYに向かう。ここに何があるのかよく分からないのだが、とにかくNene(ハワイガン・ネネ)がいるらしいのでこれを見るために出向く。※付いてみたら植物園でした。

e0183106_13555125.jpg
Nene(ハワイガン・ネネ)


ネネはシジュウカラガンと同じくらいの大きさで、我々が近寄ったら餌が貰えると勘違いしたのか、そばに寄ってきて愛想を振りまいていた。池にはWood Duck(アメリカオシドリ)がつがいで飼われていた。きれいなカモだが、少しどぎついカラーリングで日本のオシドリの方が好感が持てる。

e0183106_14513327.jpg
Wood Duck(アメリカオシドリ)


奥さんは歩くのはいやだと言うし、入場料は無料なのでネネを見たら後は適当にして帰る。アイスクリームは美味しかったけど$2.50で高いです。


サーフィンをやる人が見たら涙が出るようないい波が立っている海岸を左に見ながら、次の目的地JAMES CAMPBELL NWR(NWRと言うのはNational Wildlife Refugeの略らしい)に向かう。

e0183106_14454335.jpg


地図で当たりを付けた場所で車を止めて探してみると何やら観察小屋のような建物が遠くに見える。そこに向かうと工事現場が有り、「‥‥‥?」と思っていると隣にJAMES CAMPBELL NWRの看板がある。今回の旅行で始めての探鳥地らしい場所だ。
中に入っていくと池が沢山あり、クロエリセイタカシギ、シジュウカラガン、アマサギ、バン、アメリカオオバン、ムナグロ、マガモなどがうろうろしている。




Nikon F5, Ai AF-S Nikkor 600mm f/4D, RDP2
Black-necked Stilt(クロエリセイタカシギ) Himantopus mexicanus knudseni, 1998/1/12, Hawaii



苦労してここまで来た甲斐があったと思いつつ、セイタカシギのいる方に車で近づいていくと、トラクターで草刈りをしていたレンジャーが近づいてきて「許可証を持っているか?」と聞く。そんな物持っている分けないので、日本からわざわざここまで鳥を見に来たのだと(たどたどしく英語で)言うと、「ハレイワの事務所で許可証を貰ってこないと入れないのだ。規則なのでしょうがない。ご覧の通り柵も何もないので池に落ちたりしたときに問題になるのだ。直ぐ発行してくれるから貰いに行け。」と説明してくれる。

トホホ、、、ハレイワの町にたどり着けなかった我々に、そこになる事務所に行けなんて、そりゃ課題が大きすぎるよ。写真をちょっとだけ撮らして貰ってすごすご引き上げる。もしもJAMES CAMPBELL NWRに行かれるつもりなら順路をハレイワ経由にして、許可書を貰うことを強くお薦めします。
後から考えれば彼に地図を書いて貰うなり手法は有ったのだが、その時は考えつかなかったのだ。悲しい。
ここに入っていく道でNorthern Cardinal(ショウジョウコウカンチョウ)の♂も見ることが出来た。

ちなみに、帰国してからこの探鳥記を書くためにA Pocket Guide to HAWAI'I'S BIRDSを読んでいたら終わりの方にこのJAMES CAMPBELL NWRについて書いてあり、ハレイワの事務所に寄って鍵を貰って行かないと入れない、と書いてあった。入れただけでもよしとするか‥‥‥。


車に乗り続けて少し疲れたのでちょっと戻ってKULIMA PT.にあるTURTLE BAY HILTON HOTELでコーヒーとアイスクリームで休息。


◾︎ハワイ探鳥記Index
1:プロローグ
2:1/10 羽田出発
3:1/10 アラモアナ公園
4:1/10 ドライブ
5:1/11 EAST OAHU
6:1/11 シーライフ・パーク
7:1/12 NORTH OAHU Vol.1
8:1/12 NORTH OAHU Vol.2
9:1/13 HANAUMA BAY
10:1/14 帰国・まとめ




# by river_kingfisher | 2001-01-10 00:07 | 野鳥 | Comments(0)

ハワイ探鳥記 No.6:1/11 シーライフ・パーク

■98/01/11シーライフ・パーク■

e0183106_16215089.jpg
MANANA ISLAND


ここから昨日の逆コースを辿りシーライフ・パークの前にあるMANANA ISLANDの見える公園に行く。バーベキューが出来ようにうまくレイアウトされた駐車場に車を停めて、沖合いのSeabird Sanctuaryの有るというMANANA ISLANDとKAOHIKAIPU ISLANDをチェックする。
オオ〜〜ッ!近い方のKAOHIKAIPU島の斜面にアホウドリがいっぱいいるではないか。でも、少し変だぞ、ぴくりとも動かない。子細に見たいが、今回はフィールドスコープは持ってきていない。どうも鳥島のアホウドリと同じようにデコイで営巣地の誘導をしているようだ。1羽でも動いている物が無いか見てみるが、全てデコイのようだ。残念。

e0183106_1625051.jpg
デコイ



駐車場にはどこに出もいるチョウショウバト、シリアカヒヨドリ、ブンチョウ、インドハッカがやって来た。ふと見るとごみ箱の近くにMongoose(マングース)がいる。直ぐに茂みに飛び込んで見えなくなる。このマングースはネズミの対策で移入されたらしいが、小鳥類のヒナを襲ったため固有種の消滅に貢献してしまったようだ。


視線を反対側のシーライフパークの方に向けてみると、な、なんと!Great Frigatebird(オオグンカンドリ)が空を舞っているではないか。喉が赤い♂ではないが、巨大なツバメのようなシルエットは何度見てもあきれるばかりに美しい。ゆうゆうと舞い続けながら岬の反対側に消えていく。

e0183106_13463636.jpg
Great Frigatebird(オオグンカンドリ)



しばらくすると、今度はRed-footed Booby(アカアシカツオドリ)の幼鳥が舞い始める。

e0183106_13463047.jpg
Red-footed Booby(アカアシカツオドリ)



しかもあろうことかシーライフパークの帆船のマストに止まるではないか。むむむ、シーライフパークにはずいぶん前だが2回来ているが、そんな出し物は無かった気がする。イルカの食べ残しの魚を狙っているのだろう。

e0183106_1347786.jpg
Red-footed Booby(アカアシカツオドリ)



島よりも遠い海上を白っぽい海鳥の群が通過していくのが見えたが、これもスコープ無しでは全く種類は不明。かなり大きさが大きそうな感じだったのでミズナギドリ類では無いかと思われる。日が暮れてきたのでホノルルに帰ることにする。


本日の夕食は今を去ること21年前に新婚旅行で来たときに夕食を食べたChuck's Steak Houseへ行くことにする。場所も名前も少し変わっていたが、Chuck'sのロゴタイプと後ろのイラストに記憶が有ったので同じ店だと同定する。21年前には感激した厚いステーキも今では持て余し気味。自分の歳と日本の食事情の変化に感慨が深い。


◾︎ハワイ探鳥記Index
1:プロローグ
2:1/10 羽田出発
3:1/10 アラモアナ公園
4:1/10 ドライブ
5:1/11 EAST OAHU
6:1/11 シーライフ・パーク
7:1/12 NORTH OAHU Vol.1
8:1/12 NORTH OAHU Vol.2
9:1/13 HANAUMA BAY
10:1/14 帰国・まとめ




# by river_kingfisher | 2001-01-10 00:06 | 野鳥 | Comments(0)