奄美大島旅行:その10(5/2-2)クロツラヘラサギ

空港から5分ほどの大瀬海岸はサンゴ礁の隙間を砂が埋めた感じの遠浅の海岸で、大潮の引き潮で海岸はとても遠かったけど、まあまあの距離にシギチがいたのでスコープで観察。
でも、最近シギチをサボっているから識別はさっぱり。
e0183106_14494490.jpg
こいつはサルハマシギだと思っていたけど、クチバシの長さが短めだしコオバシギですかね?

e0183106_14501171.jpg
スコープをのぞいていたらすぐ近くでチチィーとカワセミが鳴いた。カワセミ王国の国王としては一応押さえておかなきゃいけないので、風が強くてぶれ気味だけどデジスコで撮影。


一段落して、離れたところで遠くにいたアオサギ・ダイサギを何気なくスコープに入れてみたら、双眼鏡では頭を翼に入れて寝ているダイサギだと思った3羽の目頭が黒い!
あれれれ!よく見たらクロツラヘラサギじゃないですか!
e0183106_14504815.jpg
Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4G, 1/3200s, f/4.0, ISO200, jpeg-norm, NoTrim, 1脚

クロツラヘラサギといえば、私が鳥カメラを始めた頃(20年位前かな)に葛西臨海公園に1羽いて、それを見ようと出かけると「ほんの5分前まであの杭の上にいたんだけど・・」とか、「昨日まではよく出たけど、今日は見ないなあ・・」とか何度もふられたうえに、最後は片目を悪くして多摩動物園で余生を暮らすために捕獲されてしまい、結局見ることが出来なかったといういわくつきの鳥である。

最近もまた葛西に出ているらしいけど、珍鳥を追わなくなって久しいので未だにライフリストには入っていない鳥だ。
まさかこんなところで出会えるとは思ってもみなかったので、非常に嬉しく興奮して写真を撮る。シギチに飽きて車に戻って昼寝していた嫁さんに電話して見に来るように言いつけたくらいの興奮です(笑)
e0183106_14512798.jpg
Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4G, 1/1250s, f/5.6, ISO200, jpeg-norm, NoTrim, 1脚

検索したら3羽のうち換羽がオレンジになっているのは婚姻色の♂とのこと。

おっと、頭上をMD-61が離陸していきます。もう明日はこれに乗って帰るんだよなぁ・・・
e0183106_1454459.jpg
Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4G, 1/5000s, f/4.0, ISO200, jpeg-norm, NoTrim, 手持(一脚ごと持ち上げた・笑)
しかし、VRゴーヨンの開放の周辺減光は酷いですね。やっぱり空抜けのシチュエーションは少し絞らないとダメですね。
しかも私の固体は右隅が特に酷い・・・片ボケよりは良いけど。
# by river_kingfisher | 2010-05-02 17:48 | 旅行 | Comments(0)

奄美大島旅行:その9(5/2)

奄美4日目は6時半からのホテルの朝食を済ませてすぐに長雲の奄美自然観察の森に行く。
いくら近くでさえずっていても密林の中でアカヒゲを見つけるのは至難の業だということが分かったので、開けた場所の遊具の上に出てくるというここは狙い目なのだ。

駐車場を8時に開けるということだったので、8時ちょっと前に着くとすでに開いていて他の車も止まっている。
遊具の広場に行ってみると先客がいて、やはりアカヒゲを狙っているという。我々はピクニックベンチに座ってぼんやりとしていると、管理人さんが朝の見回りにやって来た。
クロウサギを無事に見られたこと、4/30は5羽、5/1は9羽も見られたと報告すると「それは良かった」と喜んでくれた。

e0183106_14434315.jpg
Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G, 1/80s, f/4.0, ISO1250 ,Trim

アカヒゲはすでに営巣に入っているので、テリトリー確保の頃ほど見やすい場所に出てこなくなっているということで、なかなか厳しい。
水場のルリカケスもこの時期とは思えない涼しさのために出現比率は少ないそうで、どっちもあまり確立は高くない感じだ。
オーストンオオアカゲラはビジターセンター奥の林に営巣していて、時々えさをねだるヒナの声が大きく聞こえてくるけど、管理人さんが立ち入り禁止のロープを張っているので巣穴を見ることは出来ない。

3時間近く遊具の場所で粘ってみたけど、たまにカラ類が通るのとオオアカゲラが通過するだけで、アカヒゲのさえずりは近寄りもしないのであきらめて森の中の観察路を歩いてみることにする。

水場の近くでコツコツと木をたたく音がするので近寄ってみたらオーストンオオアカゲラがいた。どうがんばっても枝かぶりになるけど、顔が見えている写真はこれだけ。
非常に消化不良だ。

e0183106_14443760.jpg
結局アカヒゲの姿は見られないままお昼を過ぎ、昼ご飯を食べに移動することにする(ちなみに奄美自然観察の森の周辺にはレストランのようなものはありません)。
嫁さんが観光案内書で調べて、 ホテル・ネイティブシー奄美のレストラン「フォレスト」に行ってみる。

ここはダイバー向のホテルみたいで、エントランス横にウェットスーツが干してあったりするから、一般リゾート客にはちょっと興ざめかも。
食事はまあまあおいしかったです。
e0183106_14445974.jpg
写真はゴーヤと自家製ベーコンのスパゲティ。確か飲み物付きで¥900。とにかくゴーヤがどっさり入っていて、決してゴーヤ好きではない私はチョイスに失敗。

e0183106_14454786.jpg
Panasonic DMC-FX100, SWAROVSKI AT-80HD, 1/2500s, f/4.1, ISO80 ,Trim

食事の後は空港北の大瀬海岸に向かうが、どうせならメインではないルートを通ろうと、島の北側海岸沿いに走り、手花部あたりの畑を回ってみる。
アオアシシギ・チュウシャクシギ・コサギ・リュウキュウツバメ・イソヒヨドリ・セッカ等がいた。

※今写真を見直していたら、お腹が白っぽいし、頭側線が無いし、シロハラチュウシャクシギじゃないかという気がしてきたけど、胸の柄はそれほど特徴的じゃないし、やっぱり普通のチュウシャクシギでいいですよね?ハリモモは見た事無いからどの位ハリモモなのか見当がつかないし・・・>誰へとなく

e0183106_1446735.jpg
Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4.0D + TC-14E, 1/3200s, f/5.6, ISO1250 ,Trim ,手持

ところで、セッカがこうやって足を開いて止まっている写真を良く見る気がするけど、このスタイルが好きなんですかね?
# by river_kingfisher | 2010-05-02 11:42 | 旅行 | Comments(0)

奄美大島旅行:その8(5/1-2)

住用のマングローブでカヌーを漕いだ後、道の駅奄美大島住用へ行ってみた。川沿いに公園があるけど特に見るべきものはない。川辺にセイタカシギ♀がいたけど、カメラを取りに戻るのが面倒で写真は無し。

e0183106_1613859.jpg昼食は道の駅の近くの定食屋さんで済ませる。この店はGoogleのストリートビューでは「とりまさ」という名前になっているけど、経営方針を変えたみたいで何でも¥500円というお値打ち価格の店で、名前もそれっぽい名前(忘れたけど)になっていた。

写真は私の食べた巨大なとんかつ定食。これで¥500円なのは評価できるが、油がちょっとくどくて後でもたれる。嫁さんのやはり巨大なエビフライ定食もやっぱり後で胃がもたれていたようだ。

e0183106_16135437.jpg
食事の後は探鳥地である湯湾岳に向かう。
ここでもアカヒゲが鳴いていたがやはり姿は見ることが出来ない。駐車場を出るときに前を赤茶色の鳥が飛んだのがどうやらアカヒゲのようだったが確認は出来ず。

e0183106_16143119.jpg
湯湾岳から林道を通って奄美フォレストポリスに行ってみる。行く途中ではやはりアカヒゲが・・・以下繰り返し。
フォレストポリスに着いてから、マテリヤの滝というのを見物してマテリヤ茶屋でかき氷¥300、プラムジュース¥200で一休み。


e0183106_1615988.jpgここから更に林道を進み、大和村にある奄美野生生物保護センター(ANIMAL WILDLIFE CENTER)に行ってみる。環境省が運営している立派な建物と展示だけど、客は我々以外に子供連れが一組だけ。

お金のかかった立派なパンフレットがあったけど、内容がイマイチなので貰わずに済まそうと思ったらお姉さんが説明をしてくれて手ぶらで帰り辛くなったので一部貰って帰る。


カヌーをこいだりして疲れていたので、ここからは海沿いの一般道を走って名瀬に戻る。海岸沿いのガードレールにはところどころにイソヒヨドリが止まって鳴いているが、疲れていたので素通り。

ホテルに戻って1時間ほどうたた寝をしてから、帰りに前を通った寿司屋で食事しようということになり出かける。しかし、寿司屋はのれんが出ているものの人の姿はなく、しばらくカウンターに座って店の人が戻るのを待ってみたがあきらめる。
すぐ近くに回転寿司があったので、ここでいいか、と入ってみたら・・・ネタがなんとも。
客は我々以外に一人だけで、その客も帰ってしまう。回ってくる寿司は我々が取らない限り入れ替わることは無く、嫁さんと頭を悩ませるがメニューの中で欲しいものが無い。
「あなご」
「今日はあなごは切れているんです」
「鉄火巻き」
「鉄火は今日は出来ないんです」(鉄火が出来ないって、どんな寿司屋だ?)
何とか当たり障りのないものを食べて¥1600円ほど払って出てきたけど、こんなに寿司がだめな地域も少ないんじゃないかな?沖縄・宮古・石垣はみな寿司がうまかったぞ!と言いたい。

ホテルに戻る途中でコンビニに寄り、夜食とサワー缶を買って夜に備える。
そして、暗くなった街を後に再びクロウサギ探しの林道ツアーに出かける。

昨晩の経験で、雰囲気が分かってきたのでクロウサギ探しも上達したのか、最初の林道に入ってまだ街灯の明かりがバックミラーに見えるような所で早くも1頭目のクロウサギに遭遇。
予想外だったのでカメラは間に合わずに藪に消えるのを見送る。
e0183106_1615406.jpg
Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D, SB-800, 1/60s, f/4.0, ISO400, Raw, NoTrim, 手持ち
この後は出るわ出るわで、この日はビックリの9頭を見ることが出来た。ひょとしてクロウサギは実は絶滅危惧種なんかじゃなくて、野ウサギレベルでいるんじゃないか?と思うくらいの遭遇率だ。

しかし、前にも書いたように薄暗い中で黒く、かつフワフワの毛で覆われていて輪郭がぼやけているウサギにピントを合わせるのは難しい。
ピント合わせの懐中電灯があればましになるんじゃないかと思い、帰りにスーパーマーケットに寄ってLED懐中電灯を買う。

e0183106_16174266.jpg
レジの横のお酒売り場を見たら、こういう状態。
ウィスキーは角瓶とRedだけですよ!Redなんて何年ぶりに見たことか。
奄美ではいかに焼酎を飲んでいるのかといういい証明ですね。

目ざとく「太古の黒うさぎ」を見つけたぱせりさん、6/12-13はこれで飲み会だから参加してくださいよ!
# by river_kingfisher | 2010-05-01 23:11 | 旅行 | Comments(0)

奄美大島旅行:その7(5/1)マングローブカヤック

昨晩はクロウサギ観察で寝るのが遅くなったので、早朝の鳥見はやめて6時に起床、6時半からのホテルの朝食を食べて7時過ぎに出かける。

昨日は通らなかった林道を通って住用のマングローブ帯に向かう。
林道に入ったとたんに道の脇から動物が走り出てきた。一瞬クロウサギかと思ったが、よく見たらイノシシの子供。ウリ坊の縞模様が消えて茶色になっていたので思わずクロウサギに見えた。

子供がいるのだから親もいるかと周りをうかがうが其れらしき気配は無し。
林道を登りきったあたりの道ばたの林でアカヒゲの声がするので車を止めて探索。山に登る階段があったのでそこを登って探すと、なんとかさえずっているアカヒゲを発見するがカメラをかまえる隙も見せずにすぐに移動。コマドリ・コルリよりも見つけにくく写真も撮りにくい鳥である。

あきらめて車に戻ったら、嫁さんが「道の脇のあの枯れ木にアカゲラが来たよ」と言う。げげっ、奄美のアカゲラはオーストンオオアカゲラしかいないはず。見損なった・・・ショック!
がっくり来ていたらすぐ頭の上の枝にズアカアオバトが飛んできて止まる。
e0183106_22253170.jpg
Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D, 1/320s, f/4.0, ISO1250, jpeg-basic, Trim, 手持ち

e0183106_22324765.jpg
住用のマングローブは奄美では一番大きなマングローブ帯という事だけど、思ったよりも小さい。
もっと水路が網の目のように走っているのかと思っていたので、ちょっとがっかり。

e0183106_22345160.jpg
住用のマングローブではカヌーに乗るのが作法らしいので、マングローブ茶屋というお店のカヌーツアーに参加してみる。1時間半で¥1,500という事だけど、ツアーっぽい部分は最初の30分くらいで、後は放置。
4組の参加者のうち若いカップルはその30分で帰ってしまったけど、オートバイのソロツーリングの2人と我々夫婦はみんなで遅れりゃ怖くないと、船着き場とは逆の方に進んでマングローブの入り江をウロウロ。
結局1時間45分くらいさまよって戻ったけど、追加料金は無かったです(笑)
e0183106_22351754.jpg

ちなみにマングローブ林ではアオアシシギを見ただけで、鳥はあまりいませんでした。

■2010/5/13追記:ふと思ってGPSロガーの軌跡を見てみたら、思いのほか狭い範囲を行ったり来たりしていただけですね。距離はたいしたことがないのですが、帰りは川の流れに大潮の引き潮が重なって、船着場に戻るのは大変でした。
e0183106_11284446.jpg
軌跡をアニメで動かすと面白いけど、動画を作るスキルはないからこれだけ(笑)
# by river_kingfisher | 2010-05-01 11:15 | カヤック | Comments(0)

4月度月間検索ワードランキング

e0183106_10215976.jpg

と、いうわけで、月も変わったので恒例のランキング。

8位の「四月バカ ロードランナー」の3件のうちの2件は私の検索だと思います。
「四月バカ」だけでは思いのほかヒット数が多くてこのページが出ないので、「ロードランナー」を追加したのでした。
2件というのは違う検索ロボットを使ったからだと思うのだけど、もう1回は誰なんだろう??

月間PVは4,723でした。
# by river_kingfisher | 2010-05-01 10:25 | アクセス統計 | Comments(2)