カリブ

e0183106_13522231.jpg

この前に乗っていたプレリュードが登録後10年を経過してそろそろ・・・と思っていたら、今度は真ん中の兄が車を買い替えるので古い車をくれると言う。前にセレステをあげたお返しらしい(笑)。
恐らく1985年式のRVスペシャルという仕様だと思う。

この車のベースは1981年の東京モーターショウで発表されたRV-5で、リアのクオーターガラスが天井まで続いていて、ガルウィングで開くという凝った仕様だったのが、市販車では普通の嵌殺し窓になっていてがっかりした記憶があります。ウェストラインより下まで開口部を下げてあるのがその名残・・

発売時は全仕様(といってもAV-IとAV-IIの2仕様)が4WDで意欲的な車でした。当時はステーションワゴンのジャンルは確立してなかったから、兄も商用車に乗ってる、的な受け止めで見られた事が多かったようです。
写真では取れて無くなってますが、ラジエターグリル右側に大きく4WDのサインが入っていて気恥ずかしかったです(自分で外したのかも…)。

この車に乗っていた頃にバードウォッチングに目覚めて、この車であちこちに出かけました。荷室と一体化して足を伸ばして横になれる便利さをこの車で覚えて、車中泊に邁進の日々でした。

雪道でもパートタイムの4WDで安心して走ることが出来てとても重宝してましたが、エンジンオイル漏れからガスケット抜け、そして交差点内での突如のエンジン停止で、諦めて次の車を買うことにしました。

1991年から1996年までの5年間を乗っていたことになります。



# by river_kingfisher | 2001-07-29 13:48 | Comments(0)

プレリュード

e0183106_223262.jpg

アパレル業界から電気屋に転職したおかげで、都心の公共交通が便利な場所に住んでいた時には不要だった車が、田舎に引っ越した途端に必要になり、たまたま車を買い替えようとしていた上の兄に話したら、下取りに出すつもりの車を貰えた。

恐らく1980年式の初代ホンダ・プレリュードのXEをディラーでXRもどきに仕立てた車だと思う。
非力な1800ccエンジンで、取り柄は電動ガラスサンルーフが付いていたことくらいかなぁ。
マニュアルミッションのクラッチがとにかく重くて、嫁さんが難儀してました。

1986年から1991年まで5年間乗っていたはず。
次のカリブを貰った事によりトコロテンで押し出されて、免許取りたての女性デザイナーにもらわれていったが、その後どうなったのかは知らない。



# by river_kingfisher | 2001-07-28 18:46 | その他 | Comments(0)

リベ郎の事故

閉鎖した昔のサイトの復活ページです。(元稿は2000/09/30に投稿)



思わぬ失敗

毎年秋のタカの渡りを見るために愛知県の渥美半島の先端に有る伊良湖岬に出かけます。
2000年は9/30~10/2と10/7~10/9の2回出かける予定を組んでいた。

1回目は9/30(土)のAM2時に福生を出発して7時前には伊良湖に着いている予定だったが、会社の組織移動が有って突如9/29に上司の送別会が行われたため、出発が危ぶまれた。
とにかくお酒を飲まないように自粛したが、それなりに飲んでしまったようで、宴会から帰って出かける支度が済んだのが11時過ぎ。それから仮眠して車に荷物を詰め込んで、給油して出発したのが2時半。

でも中央高速を走っていたらだんだん気分が悪くなってきて、しまいには吐きそうな感じになったので河口湖への分岐の前にある談合坂のサービスエリアで仮眠。でも、しっかりと熟睡して、SAを出たのは7時半。

それから河口湖インターを出て本栖湖側から富士山を回り込んで富士市に出て、東名に入るつもりが車線変更できないうちにインターを通り過ぎてしまった。まあ、次で入ればいいかと思っていたら、次のインターの入り口は予想と反対側で、これまた進入に失敗。

もともと、夜中に一般道を走るつもりだったから、今ひとつ東名への進入に積極的では無かったことが敗因。

そして、1号線を走り続けて、静岡市のバイパスのトンネル内で、いきなり渋滞に突き当たる。前が停止したのであわててブレーキを踏んで、キキーッと音を立てて停止したから、何とか止まれたと思ったら最後にドスン!(;_;)。
e0183106_22484635.jpg

そんなにスピードを出していたわけではなかったので、止まれると思ってパニックブレーキを踏まなかったのが敗因だと思うが、やはり前夜のお酒が少し残っていて注意力が散漫になっていたのだろう。反省。

しかし、車内の物が飛ぶような衝撃は無かったし、相手の車もバンパーがボディに少しはまりこんだだけなのに、何故か俺の車はボンネットが盛り上がって折れ曲がり、かなりひどい状態。
最近の車は衝撃吸収構造になっているから、ボンネットはきれいに一直線に折れ曲がっている。
取りあえず走るから、トンネルを抜けたところで相手と相談して警察に届けて、近くの派出所で事故処理。それから保険屋に電話して保険処理。そして家に電話して奥さんにあやまる、トホホ。

気分は最低状態だけど、もう静岡まで来ているし、帰ってもしょうがないからそのまま伊良湖に向かうことにする。あーーーあ、東名に入っていればなあ、と後悔先に立たず。

まあ、人身事故にならなかったのがせめてもの救いと思って、あきらめることにする。

■2000/11/10追記:
修理代金の支払いが保険会社から郵送されてきました。
¥310,506円でした。思ったよりも高かったなあ・・・。




# by river_kingfisher | 2001-07-28 00:15 | Comments(0)

鳥眺豚

閉鎖した昔のサイトの復活ページです。(元稿は2004/11/28に投稿)



リベ郎を8年ほど乗った時に、嫁さんが「あんた、定年まで後8年ちょっとじゃない。リベ郎はまだまだ走るけど、例えばあと2年乗って買い換えたら、次の車を乗り始めて6年で定年だよ。定年でキャンピングカーに乗り換えるなら、そろそろ変えたほうが良いんじゃないの?」とおっしゃる。
まあ、そうなんだけど、別にリベ郎で満足してるしなぁ・・・

なんていう日々を過ごしていた2004年9月23日(木)秋分の日、ベランダのブドウの剪定も終わって、少し遅めのお昼ご飯にカレーライスを食べている時に、嫁さんが新聞のチラシを引っ張り出して「小さい車だったら安いんだよね~」と言い出した。

どれどれとそのチラシを見ると、確かに安い。こんなに安いなら2台買おうか、と言うくらい安い。
e0183106_2320250.jpg

ちなみに嫁さんは旅行に行った時にレンタカーで良くこの車に当たるらしいので、この車にはなじみがあるようだ。

んでも、4駆じゃないし、後ろで寝られないし・・・と思ってチラシを眺めていたら、有りました!4駆で後ろで寝られるのが。トリビュートXLイモビライザー付きで159.8万円!
e0183106_23202771.jpg

安いじゃない?と思いつつチラシの文字を読むと、小さく2WDと書いてある。こんなSUVデザインで2WDなんてサギじゃないか!と思いつつ、嫁さんの嬉しそうな顔を見て、「冷やかしに行ってみる?」と聞いてみる。




・・・・・20分経過・・・・・




やって来ましたマツダ展示場。

手ぐすね引いて待っているセールスのお姉さんは、頼りにならない感じだけど、一生懸命説明している。とりあえず嫁さんを運転席に座らせて、「車高が高いから大きく見えるけど実際のサイズはそんなに変わらないんだよ~。それより見晴らしが良いから運転しやすいんだぜ。」と説明して、自分は後部座席をたたんで横になれるかどうかをチェック。

後部座席を簡単に外して、横になって寝た時に頭がつかえないかどうかをチェック。さらに完全なフルフラット状態になるかも重要なポイント。 車内で起きあがっても屋根に頭がつかえないことも大事だ。ここで頭がつかえると、雨の日に車内でカップラーメンを食べるのに、かなり苦しい姿勢を強いられるのだ。
これらのポイントをチェックし終わったら、さっさとお店に入ってオプションの選定に入る。オプションを決めないと値段が出せないからね。

日曜に伊良湖で鷹待ちをしている時にforestさんにDVDナビの話を聞いておいたから、ポイントを抑えた質問をするのだが、お姉さんの返事はかなりあやふやなだ。ま、あまり気にせず適当に聞き流しながらサクサクとオプションを選んでいく。嫁さんはバックモニターを希望する。ワシの希望はDVDとETC以外は窓のひさしとフロアマット等のささやかな物だけ。しかもほとんど愛車セットに含まれてしまっている。

さあ問題の値段は?
お姉さんはチェックした伝票を持って階下の事務所に駆け下りていく。


その間に嫁さんと見積価格の予想を行う。

チラシに書かれた値段は2WD仕様で159万8千円。価格表によるとその仕様は定価197万4千円らしいので、チラシ価格は19%OFF(37万6千円引き)である。
e0183106_23202771.jpg

実際にはそれに登録料・税金等が30万円ほどかかるので、支払い価格は190万円ほどのはずだ。

それに対してWebmasterの希望の車種は4WD仕様なのでチラシ仕様に16万アップ。DVDナビ/Backモニターその他でTL240万円くらいになりそうだ。これを20%OFFで192万円にして、諸費用税金30万を足すと222万だから、220万が攻防の山になるだろう。
それをどこまで引くか・・・


・・・・・5分経過・・・・・



プリントアウトを持ってセールスのお姉さんが戻ってきた。
e0183106_23253549.jpg

見積もりスペース 定価の積み上げは予想通りで、DVDナビ/Backモニター16万+ETCその他3万+愛車セット12万+消費税12.5万+登録諸費用29.4万等々で、TL定価¥285.5万になる。

税金と諸費用の42万弱はちょっと予想外で、実はたじろぐ。この部分は政府に払うお金を立て替えるだけだからディーラーは値引き対象には出来ないからだ(細かく言うと消費税は値引きによって多少変動するが・・)

お姉さんは¥285.5万円のTLを見せながら「おいくらなら契約して頂けるでしょう?」と困った顔をしながら聞いてくる。

最初は定価だけを見せて、こちらの反応を見て値引きを行う作戦なのか・・・・


これは最初にガツン!と叩いておいた方がよかろう。


「私は車に200万円以上払う気はしない。このチラシの車にDVDナビを付けて諸費用込みで180万円なら即金で払う気で来たのだ。」と厳かに話す。


クールだ・・・



ちなみに今乗っているALCEDO号のリベ郎は8年落ちで査定価格はマイナスである。(恐らく現時点で三菱と言うだけで、新車同様でも査定価格は・・・)(※2016/7/27注記:当時も三菱はリコール隠しで叩かれていた時期です。懲りない会社ですねぇ〜)

泣きそうな顔をして、お姉さんは階下の店長のもとに走っていく。


・・・・・5分経過・・・・・



嫁さんと「まあ220万ならいいかなあ・・」などと話していると、またヒールを鳴らしながら駆け戻ってくる。

「200万以上払いたくないと言うお気持ちは分かりますが、定価がこれなのでどうしても無理です。ぎりぎり、これでお願いできないでしょうか?」と、手書きで220万と書いた見積りを差し出す。

ん、まずい。さっきの会話をどこかで聞いていたのか?


オマエはCIAか??



一瞬ひるむが、ここで弱みを見せてはいけない。(横の嫁さんは、「これで決まった」と思ったんだそうな。)
予想決着価格¥220万円ぴったりの回答を出されてたじろぐWebmaster。しかし、ここで簡単にOKを出してしまっては男が廃る。

「220万ですか・・・・(と渋い顔でつぶやく)」









2004年9月23日(木)秋分の日の午後4時頃

予想決着価格¥220万円ぴったりの回答を出されてたじろぐWebmaster。しかし、ここで簡単にOKを出してしまっては男が廃る。

「220万ですか・・・・(と渋い顔でつぶやく)」



(この間沈黙約20秒)



Webmasterは無言でいきなり220万円と書かれた伝票の220の数字に二本線を引き、余白に「210万円」と書き直し、さらに横に電話番号を書く。

「即金で¥210万円で手を打ちましょう。しかし、即答は無理でしょう?ここに私の自宅の電話番号を書くから、いい返事を聞かせてください。」と席を立とうとする。

彼女はまたしても泣きそうな顔をして階下の店長のところに駆け去ったのだった。


・・・・・5分経過・・・・・



泣きそうな顔をして駆け下りていった彼女が、硬い表情で戻ってきた。
「210万円でやらせて頂きます。ただ・・・」
「ただ?」
「うちも赤字でやらせて頂きますので、1万でも2万でもお気持ちを付けて頂けませんか?」

顔はまた泣きそうな顔である。若い女の子を泣かせるのは何年ぶりか・・・いや、いいもんですねえ('o゜)\バキ

この1~2万が彼女の努力賞なのだろう。ここであくまでも鬼になって210万を主張したら、それはそれで通るとは思うが、この1万円が後で「ALCEDOさんって、ほんとはいい人だ」と彼女は個人的に思うかも知れない。

若い女性には基本的には親切なWebmasterは、ここで1万円で暖かい関係を若い女性と作っておくことにしたのだ(笑)


結局遅めの昼飯を食べている時に発見したチラシの車(それまで、その車種の存在を知らなかった・・・・いや、ひょっとしたら知り合いが乗っているかも知れない。見たこと無いけど)をあれよあれよという間に買ってしまった。

途中で家に戻ったら気持ちが醒めてエクストレイルに戻っていたのかも知れないのだから、結局最後に勝ったのは泣きそうな顔をしてみせたセールスの女の子なのだろう。


やっぱ、Webmasterってば、女の子に弱いわ・・・

 




2004年10月8日(金)

昼間に嫁さんの所に、件のセールスレディから電話があったようだ。

実は10月5日にこちらから電話して「10日経っても未だに納車日の連絡が無いのはお客に対して無神経ではないか?未定ならそれなりに連絡するのが、すでに210万円支払っているお客に対する誠意であろう。」と、なじったのだ。

予想通り言い訳する彼女は涙声である。

ひどい奴だとお思いであろう。しかし、Webmasterは単に若い女の子を泣かしたくて、かような嫌みな電話をしたのではない。これから先の彼女に立派なプロセールスになってもらいたくて、心を鬼にしていたのである。

と言うのはまるっきりウソではないけど、実際は伊良湖オフで皆さんから「純正のナビは走行中に操作が出来ないから使えない、通は後付を選ぶ。」とか散々言われてへこんだので、最初にガツンと弱みを突いた上でこちらの要望を通そうという作戦だったのだ。

彼女がしどろもどろになった所で「納車日が決まらないのはあなたの責任ではないからそれを責める気はない。日程が決まらない事を連絡してくれれば、お客は気が済むのだ・・」と慰めた上で、「ところでナビだが・・・」と本題を持ち出した。

ナビを選ぶ際にも彼女から適切なアドバイスが無かったことをちょっと薬味にしながら「走行中に操作が出来るようにする方法があるはずだから、サービス工場の人と相談して何とかして欲しい。」と交渉を行った。

彼女自身はもちろんこのような改造(と言うほどのことはない)に関しては無知だが、私に対する失点回復を狙って「がんばってみます」と請け負ったのだ。



そんな電話での会話をした数日後、日中に嫁さんに電話があって「電話をして欲しい」と伝言を残して言ったらしいので、これはナビの件で進捗があったに違いないと休み時間に携帯から電話してみた。

「工場での生産日が10/15日に決まりました。なので納車は10月末頃になります。一番遅くなると11月中頃だと思います。」今日はなかなかテキパキしている。さらに「ナビの件はサービス工場の者が説明します。」とサービスに変わる。


・・・・ナビの件は省略して・・・・



またセールスレディと電話を替わって、「もう少し日程がはっきりしたらまた電話を差し上げます。」という言葉で電話終了。

何故か今日はあの娘にしては妙に段取りが良かったなあ・・・



そして夜家に戻ったところで嫁さんから話を聞いて、疑問は解けた。

嫁さんに電話がかかってきた時には「生産日が決まりました。10/15です。」とだけ報告したんだそうな。それですぐにナビの話に移ろうとするから、嫁さんは「ナビの話は私が聞いても分からないから主人から電話させます。でも、その前に・・・・」

「生産日を言われてもこちらには意味がない。納車日はいつになるの?」
「・・・・・はぁ・・・・月末・・・頃になると思います。」
「それじゃ、一番遅くなったらいつ頃になるの?」
「・・・・・はぁ・・・・・・・11月の・・・中頃には・・・・・」
と事前に予行演習を済ませていたらしい。なるほど、昼間の彼女はいつになく自信がある口調でテキパキと答えたわけだ。

嫁さんは「私の口頭演習通りに答えたんだねえ。」と笑いながら満足していた。うちに子供がいたらあのくらいかな?と言う年齢の女の子を相手にしていると、ついつい感情移入しちゃうんだよね、わしら(笑)








2004年11月6日(土)

車がやっと納車になった。

トリビュートスペース なんと発注したのは9/23だから、発注から納車まで足かけ2ヶ月がかりである。恐れ入った。

例によって脳天気なお姉さんが朝10時にやって来て、マニュアルをチェックしながら説明していく。当然ながらナビの説明は「取り説を読んで下さい」で終わりである。ちょっと不安。

で、試運転を兼ねて昼飯を食べに出かけたら、不安的中でいつまで経っても衛星を認識しないようで、現在位置が出ない。
車速センサーは生きているので、出発地点が見当違いの営業所のままどんどん立川に向かって走っていく。なまじっか動いているから混乱する。GPSが切れているときは素直に最後の位置に止まっていて欲しいもんだ。

衛星を認識しないのはこっちの使い方が悪いのかと、取り説を何度も何度も読み直してから販売店に電話で聞いてみる。

件のセールスレディは接客中で、電話に出たサービスマンが「とりあえず持ってきてくれ」と言うので、メシを食べたらそのまま昭島の営業所へ。
これがなかなか原因が分からず、1時間ロスト。はぁ~

後加工したときの接続がキチンとされて無くてアンテナコードがゆるんでいたらしい。納車に持ってきた姉ちゃんが気付くべき凡ミスだ。きっと慣れてないから気付かなかったんだろうなあ・・・


最後の最後まで気をもませてくれたが、とりあえず車は走っているので、まあ良しとしよう(笑)。
ヒマが出来たら乗り始めて気付いた点などレポートしようと思う。





■2016/7/27追記:
このセールスのお姉さんは私達の愛を受けて立派に成長し、1児の母になって今もマツダでセールスを続けてます。嫁さんの車(キュートちゃん)も彼女から買ってあげたしね。いい子なんだよ。

鳥眺豚の色に関しては、リベ郎に続いて嫁さんが「赤がいい!」とおっしゃるので、赤を選んだのだけど、結果としてはまた同じメタリックのあずき色…。嫁さんはフェラーリみたいな赤が良かったみたい(笑)。
嫁さんのキュートちゃんを買った時に、やっとソリッドな赤の車に乗れて嬉しそうでした。



# by river_kingfisher | 2001-07-28 00:00 | その他 | Comments(0)

リベ郎

昔乗っていた、三菱自動車のリベロです。
適当にHDを漁ってみたけど、事故を起こした時の写真しか見つからなかったので、へんてこな写真ですがこの車です。
e0183106_22484635.jpg

この前に乗っていたトヨタのカリブが、走行中にエンジンが止まるという、しょうもない事態になって、大慌てで'96/01/29に購入(というか納車)。

メーカーはどこでもいいけど、ディーラーは点検に出すのに会社か自宅の近くがいいだろうと探したら、たまたまお正月の新聞のチラシに安いのが出ていたので、翌日に販売店に行って契約して購入。オプションは荷室カバー(ロールカーテンみたいにひき出す奴)と荷室のマットだけだったと記憶してます。
色は嫁さんが赤がいいと言っていたので、赤に一番近い色を選んだけど、納車された時に「赤じゃない!」と怒られた記憶が…

写真の時にはまだ付いてなかったけど、窓の雨除けを付けなかったおかげで、雨の日の車中泊で窓を全く開けられないという問題点が発覚し、当時参加していたリベロのメーリング・リストで廃車する人から頂いて付けたのが懐かしいです。次の車ではオプションに絶対に外せないと心に決めました(笑)。

リベロ郎は1600ccながらよく走ってくれました。
リアシートを折りたたむと荷台からフラットになって、ゆうゆう横になって寝られたので鳥見の遠征に重宝しました。
問題点としては4WDでは無かったので雪道に弱いことと、天井高さが低かったので荷室で食事をする時にかがむか仰向け気味にならないといけなかった事。
次の車を買うときは、上記2点を絶対にクリアした車を選ぼうと思った。

リベ郎は2004/11に次の車の鳥眺豚に切り替えました。



# by river_kingfisher | 2001-07-24 00:00 | その他 | Comments(0)