知床

標津からオホーツク海沿いに羅臼に移動し、知床横断道路で斜里町側に抜けます。
途中の路肩にはエゾジカがそこいらじゅうで食事中。

増えすぎて困っていると聞いたいたけど、日光並み(いや、以上かな?日光は明るいうちはあまり姿を見ないですから)にシカが増えているみたいです。日本中どこも天敵がいないせいでシカが増えすぎて困ってますね。
e0183106_13122738.jpg
Nikon D5000, AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR(18mm), 1/25s, f/5.3, ISO1000, jpeg Norm, NoTrim

バスのガラス窓越しなので画質は良くないですが、とりあえず「そこにいたから撮った」って感じです。

昼間からこんなにいるんじゃ、夜は危なくってスピードを出して走れないでしょうね。こいつらはアスファルトの上ではヒヅメが滑って迅速な行動が出来ないから。


斜里町に抜けたらそのままホテルに入ります。
宿泊したホテル知床は何年か前に嫁さんが母親と泊まった時に食べた夕食が非常に良かったということなので、期待をしていたけど団体客はバイキングでガッカリ。
e0183106_13124926.jpg

そんなに悪い食材じゃないとは思うけど、けっして良くも無い。
しかもお皿が変な仕切りの付いた四角いプレートしかないので、盛り合わせ良く取ることが出来ない。
食事中に何度も席を立っていちいち取りにくのは面倒なので、ついついお盆に載せすぎてしまい、ますます貧乏臭い食卓になってしまう。

どうもバイキングは苦手だ。
# by river_kingfisher | 2010-09-04 17:00 | 旅行 | Comments(0)

標津町

e0183106_22531531.jpg前のエントリーに書くのを忘れていたのでタイトルと異なりますが・・・、利尻空港を飛び立つ前に、空港で配られたのが北海弁当(名前は違ったかも)。

写真を見てのとおり、カニ・ウニ・イクラの豪華なお弁当で、とっても美味しかったです。


e0183106_22553428.jpg中標津空港に着陸し、またまた観光バスに詰め込まれて次に向かったのは標津町。
まずは「しべつ秋鮭解禁祭り」会場に出かけます。

ツアーには写真のクーポン券が一人一枚付いていて、タダで飲み食い出来ます。

e0183106_22552151.jpgとりあえず鮭三平汁、鮭ハムカナッペ、鮭とばを貰い、¥100円追加してサッポロクラシックを頂きます。

自分で運転しなくても良いバスツアーは、好きな時にアルコールが飲めるのがGoodですね(^_^)。

このカナッペの上に乗せてある鮭ハムはとても美味しくて、お土産に買って帰ろうと思って探したが見つからない。
近くにいた祭りの実行委員長の観光協会長に聞いたら「あまり量が作れなくて、次回の製品が出来るのは来週です」とか言われて一気に意欲がしぼんでしまった。
送ってもらうほどの量を買わないからねえ・・・

e0183106_22555530.jpg
標津町の海岸からはオホーツク海越しに国後島が見えます。この向きからでは小さいですが、実際には細長く大きな島です。

戦後65年、こんなに時間が経ってしまったんじゃ、もう帰っては来ないでしょうねえ・・・あいつらアメリカ人のようにお人好しじゃないから。

お腹もふくれたところでまたまたバスに乗って標津サーモンパークに、標津川を遡上する鮭を見に行きます。
今年は暑さのせいでまだ本格的な遡上は始まっていない、という説明でしたが・・・いるいる!

e0183106_2256960.jpg
Nikon D5000, AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR(18mm), 1/160s, f/13, ISO800, jpeg Norm, NoTrim

うようよ泳いでました。



# by river_kingfisher | 2010-09-04 15:30 | 旅行 | Comments(0)

礼文島:その5

澄海(スカイ)岬の次は北端のスコトン岬に行きます。
ここからは無人島のトド島が見えます。




Nikon D5000, AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR(20mm)
1/200s, f/13, ISO200, jpeg Norm, NoTrim




e0183106_11393253.jpgやはりトド島を見たらトド肉の串焼きを食べない訳にはいきません。

一串¥200円のかわいい串焼きです。
味はクジラに近い感じです。イルカよりは美味しいと思います。





Nikon D5000, AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR(24mm)
1/250s, f/16, ISO200, jpeg Norm, Trim




スコトン岬を見たら、もう礼文島の一般的な観光コースは終了で、またフェリーに乗り利尻島に戻ります。




Nikon D5000, AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR(35mm)
1/800s, f/9, ISO200, jpeg Norm, Trim



港に戻ったら、昨日はいなかった豪華客船が停泊していました。
いつかこんな船に乗ってクルーズ旅行をしてみたいという気もしますが、船での生活はかなり退屈なことが予想されるので、あまり私には向いてないでしょうね。




Nikon D5000, AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR(18mm)
1/1000s, f/8, ISO200, jpeg Norm, NoTrim



利尻空港は我々が乗るチャーター機がいるだけで、ほかには機体は無し。
過疎が進んでいますね・・・

e0183106_11482597.jpg

飛び立ってすぐに利尻島、礼文島、北海道本島が見えます。
すぐ近くなんですねぇ。



# by river_kingfisher | 2010-09-04 13:10 | 旅行 | Comments(0)

礼文島:その4

ホテルで朝ご飯を食べたあとは、観光バスに乗って澄海(スカイ)岬に行きます。
ガイドさんは相変わらず道端に咲いている花を解説してくれますが、緩んだ頭はどんどんこぼれ落ちて、今じゃ写真を見ても花の名前はさっぱりです。




Nikon D5000, AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR(18mm)
1/1600s, f/5.6, ISO400, jpeg Norm, NoTrim


澄海岬はとても眺めが良くてきれいでした。
若かりし頃の某氏は、ここも野郎4人で歩いたのだろうか?


そんな澄海岬も当然ながらアマツバメがびゅんびゅん飛んでます。
う~~ん、やっぱりサンヨンに付替えてくれば良かったかな・・・と後悔しますが、そんなに撮影時間がある訳でもないので、きっと同じように欲求不満になるだろうから、これで良しとします。




Nikon D5000, AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR(55mm)
1/1250s, f/5.6, ISO400, jpeg Norm, Trim


本当はもう少しスローシャッターでバックを流したいところですが、そんな事を言ってられないです。
一桁ボディと比べると、明らかに反応が鈍いシャッターだと、ちゃんとファインダーに入っているものが写っているだけ良いと思わなければ。



# by river_kingfisher | 2010-09-04 08:30 | 旅行 | Comments(0)

礼文島:その3 夜明け

e0183106_728396.jpg

礼文島の夜明けです。
写真は対岸の利尻富士。(対岸というのは違うかなぁ…)

携帯でホテルの部屋の窓から撮影して、適当に縮小して送信したのですが、思ったよりきれいに撮影されていた。


この日は朝5時に起床して、ホテルの近くをぶらぶらと散歩。
朝ご飯まで1時間ほど歩いたのですが、ホテル以外に食事をするようなお店はフェリー乗り場しかなさそうな感じです。




Nikon D5000, AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR(55mm)
1/80s, f/10.0, ISO200, jpeg Norm, NoTrim


利尻も礼文も人口がどんどん減っているとの事で、廃屋も結構ありました。
この写真はまだ住んでいるようですが、冬の寒さ対策はたいへんでしょうね。


e0183106_13452529.jpgホテルの朝ご飯はバイキング。
私も嫁さんもバイキングは余り好きではない。
年を取ると量はいいから、質の良いものを食べたくなるのだ…
(だったらもっと高いツアーに参加しろ!という意見も・笑)


2010/09/10:題名変更、写真追加、文章変更、追記



# by river_kingfisher | 2010-09-04 07:28 | 旅行 | Comments(0)