蓼科高原

夏休みの旅行から帰ってきました。
嫁さんが適当に予約した蓼科高原のペンションに3泊してたんですが、その間鳥見は全くせずにだらだらとサチの散歩をしていただけです。
このペンションは嫁さんがネットで探したのですが、犬はともかく「ネコも可」というのがなかなか無くて、自動的にここになったようです。

鳥見はしなかったのですが、なんと初見のアナグマを見る事が出来ました。
e0183106_2014293.jpg
Nikon D5000, AF-S NIKKOR 55-200mm f/4-5.6VR(110mm), 1/125s, f/4.5, ISO200, Jpeg Norm, Trim, Hand

とってもひょうきんな奴で、嫁さん共々アナグマファンになってしまったけど、そうそう会える相手ではないのが残念なところです。

どのくらいひょうきんな奴なのかの説明は次回にでも書きます。
# by river_kingfisher | 2010-08-19 20:20 | 旅行 | Comments(0)

石割温泉

e0183106_1348452.jpg

お盆休み休み第一弾は石割温泉。

とは書いたものの、名前はうろ覚えなので間違っているかも。


携帯から更新出来る事を思い出して、白樺湖畔のレストランのテラスでランチしながら書いてます。


2010/8/19追記:予想通り間違ってました。正しくは「石遊の湯」でした(全然違う・・・)。
# by river_kingfisher | 2010-08-17 13:48 | 旅行 | Comments(0)

iPod classic取り付け終了

8/6に届いたiPod classicだけど、「鳥眺豚」にどうやって固定しようか悩んでいた。

e0183106_16363665.jpg前の車の「リベ郎」の時は、左の写真のようにちゃんとした固定器具を作って使用していた。

2004年に車を「鳥眺豚」に切り替えた時に適当な固定位置が見当たらず、新しいのを作るのも面倒で灰皿を外した後に転がしていたのがデフォになってしまい、とうとう6年もそのままで過ごしてしまった。

e0183106_16491850.jpg転がしてあったのが故障の原因とは思わないけど、やはり見た目も悪いしちゃんと固定する事にした。

いろいろ考えて上から差し込む形のホルダーをアルミで作って、これから仕上げて固定のアームを作って・・・という所まで進んだところで、ひょっとして昔のホルダーが捨てずに取ってあったんじゃないかと思い出した。

e0183106_16425056.jpg押し入れの中のがらくた箱をかき混ぜたら、やはり外してあったのが出てきたので、早速iPod classicをはめてみたら厚さ以外は同寸なので、ちょっと加工するだけで使える事が判明。

この写真は前のホルダーを作った直後に撮影したもの。

新しく作ったのは、この後の仕上げとアーム作成にまだ時間がかかるので、あっさりあきらめてこちらを使用する事にする。


e0183106_1653923.jpgiPod classicは車用電源とFMトランスミーッターが一体になったので取り回しがすっきりしており、取り付け位置が前の第2世代と比べてかなり融通が利く。

結果的に前と同じような位置に取り付けて、工事終了!



2010/8/19追記:この位置だとETCカードを抜き差しするのに非常に不便だという事が判明。
しかし、ちょっと無理すればカードを抜き差し可能なので、場所を変えるかどうかはちょっと検討。

# by river_kingfisher | 2010-08-14 16:31 | PC | Comments(3)

お盆休み

今日から一週間お盆休み。
e0183106_1326498.jpg
Nikon D1, AF-S NIKKOR 600mm f/4D, 1/250s, f/4, ISO200, Jpeg, NoTrim, Tripod
とりあえず、今日はダラダラしてます。

写真は昨日に引き続き2000/1/19のバリ島。
フォーシンズンズ・ジンバランベイの庭から撮影。
# by river_kingfisher | 2010-08-14 13:28 | その他 | Comments(0)

Javan Kingfisher

更新しようにもネタが無いし写真も無い。

昔の写真を載せてお茶を濁す事にする。



Nikon D1, AF-S NIKKOR 300mm f/2.8D + TC-20E, 1/320s, f/5.6, ISO200, Jpeg, Trim, Tripod


2000/1/22のバリ島で撮影したJavan Kingfisher ジャワショウビン (Javan Fulvetta)。
前日に自然観察ツアーに嫁さんと二人で参加して、若干の土地勘を得てから早朝にタクシーでホテルから出かけて撮影した。
この当時はまあまあの数の個体がいて、比較的楽に撮影できた。


ところで、なるべく撮影データを付けているけど参考になっているのかな?
私がデータを付けるのは、最初に購入した写真図鑑「山渓カラー名鑑 日本の野鳥」がそれぞれの写真にデータが付いていて、「こんな写真を撮るにはこんな機材で、こんなシャッター速度で・・・」とずいぶん参考にしたからなんだけど、今時の人はそんなことは無いんですかね?

これに関してあまりコメントをもらった事は無いんだよね。




# by river_kingfisher | 2010-08-13 22:57 | 野鳥 | Comments(0)