<   2016年 09月 ( 58 )   > この月の画像一覧

トヨタ産業技術記念館:その3

◼︎2016/10/01 追記有り
トヨダAA型にはエンブレムが付いてます。漢字で「豊田」なのが良いですね。
e0183106_20070859.jpg

そしてインパネと窓枠は鋼板に木目プリント。
当時は木製のインパネが主流だったのに、鋼板を使ったところが先進的だったようです。
e0183106_20070875.jpg
プリントは再現車では木目の水転写を使ってましたが、当時はそんな技術がある筈が無いので、説明員のお姉さんに聞いてみたら「恐らく手描きだったのではないか」という事でした。お姉さん、水転写がよく分かって無いみたいだった(笑)


懐かしの初代セリカ1600GT。
「未来の国から来た車」のキャッチフレーズでしたよね?
e0183106_20070904.jpg

インパネは今からするとあっさりしてますが、当時としては並んだ丸型メーターがカッコよかったです。
e0183106_20070998.jpg

給油口がこんな所に有ったとは知りませんでした。
でも2代目のコロナはリアナンバーフレームの後ろだったから、ビックリはしません。
追突時の火災を避けるために、現在ではこの位置に給油口を持ってくる事は無いそうです。
e0183106_20071037.jpg



これまた懐かしのパブリカ800の空冷2気筒水平対向エンジン。
空冷だったせいで、燃焼式のヒーターの効きが悪かった記憶があります。そして、1速ギアがノーシンクロで、ヒールアンドトゥで華麗にshift downしてやらないと入らなかった覚えが…って、走行中にファーストギアに入れるかって(笑)
e0183106_20071075.jpg


車館の入り口でバイオリンを弾いていたパートナーロボット。演奏中は体を揺らして欲しかった…
e0183106_20071170.jpg

指の関節は一箇所のみ稼働。
e0183106_20071185.jpg


そして、駐車場に居たセリカ・リフトバック。
オリジナルはタイヤが中の方に隠れていてカッコ悪いので、かなりオフセットしてます。
この車は、恐らく従業員の物と思われます。三河ナンバーだし(笑)。隣のレクサスより欲しい!!
e0183106_20071202.jpg


◼︎2016/10/01 追記
トヨタ博物館の新館にセリカリフトバックの展示があったので、やっと違和感の原因が分かった。
このリフトバックはオプションの衝撃吸収バンパーが装備されてます。確か、コロナに初装備されて話題になった、時速15km辺りまでの衝撃は吸収してボディに伝えない機構を持っているはずです。
セリカにオプション設定が有ったとは知らなかった…
このバンパーはかなり重たいので、重量バランスが変わってハンドリングに影響するので、走り屋にはお勧めしないと開発主査がCGのインタビューに答えていたような気がする。



by river_kingfisher | 2016-09-30 19:41 | Noble旅 | Comments(8)

トヨタ産業技術記念館:その2

午後は自動車館に入ります。
お姉さんの案内付きのツアーに参加してみました(無料・所要時間45分)。
e0183106_17005162.jpg

要所要所のポイントを絞り込んだ説明で分かりやすいです。
e0183106_17005287.jpg

ジオラマが作り込んであって感動的です。
e0183106_17005221.jpg

ちょっといじくれば、今でも通用する凄みのあるトヨダAA型。現在の価値で一千万円位の価格だったみたいです。
e0183106_17005348.jpg

組み立て工場の再現部分。
e0183106_17005398.jpg

ガラスも一枚ずつ型紙に合わせて切ってたらしい。
e0183106_17005406.jpg

とにかく面白かったです。びっしり5時の閉館まで居ました(笑)。
明日は長久手のトヨタ博物館に行く予定です。



by river_kingfisher | 2016-09-30 16:50 | Noble旅 | Comments(2)

トヨタ産業技術記念館

屏風山PAで晩メシを食べながら、次はどこに行こうか考えて、名古屋の「トヨタ産業技術記念館」に行ってみることにした。
なので、そのまま屏風山PAでお酒を飲んで就寝。

e0183106_13141698.jpg

名古屋駅からも近い、都心の一等地に広い無料駐車場があって、さすがに天下のトヨタの博物館です。
トヨタ自動車の母体となった豊田織機の工場のレンガ造りの建物がそのまま利用されてます。
e0183106_13141666.jpg

入場料は¥500円。
各所に説明員がいて、実際に機材を動かして、ていねいに説明してくれます。
e0183106_13142328.jpg

豊田佐吉さんが最初に発明した織機。カラクリが素晴らしい。
e0183106_13142307.jpg

紡織機の歴史と構造が学べるようになってます。
e0183106_13142352.jpg

興味の無い人には気持ちは分からないだろうけど、とても面白い!
e0183106_13142419.jpg


織機展示の次に金属加工を実際に見せてくれる展示があった。お客は私一人だったけど、鍛造の実演の時間だったので個別サービス。
e0183106_13142501.jpg

丸棒鋼材を目の前で1,200度に熱して、120トンプレスでプレスして見せてくれる。
e0183106_13142562.jpg

そしてプレスして作ったミニチュアのコンロッドを特別にお土産で貰えた!!
e0183106_13142679.jpg


お腹が減ったので、野舞探に一旦戻って昼食を取り(もちろん館内にも軽食からフルコースまでちゃんとしたレストランがある)、午後は自動車ゾーンに突入します。



by river_kingfisher | 2016-09-30 12:35 | Noble旅 | Comments(4)

恵那峡

昨日(9/29)は午前中は馬籠宿の駐車場でダラダラして、午後は恵那峡に移動した。
大学を卒業して、最初に就職した会社の工場が恵那にあり、入社研修と称して1ヶ月の寮生活をおくった懐かしい場所だ。

で、とりあえず恵那峡のジェットボートに乗ってみた。
e0183106_10375505.jpg

料金は¥1,280と微妙な価格で、まずは乗ってみるしか無いと…
e0183106_10375507.jpg

けっこうなスピードでさかのぼって、奇岩という岩群を見て回るのだけど、はっきり言ってそれほど大したことは無い。

屏風岩だったっけかなぁ…
e0183106_10375608.jpg


これが恵那峡のシンボルの「品の字岩」。
e0183106_10375658.jpg


ついでに駐車場から歩いて、特別天然記念物「傘岩」も見てくる。
e0183106_10375702.jpg


こっちは千畳敷岩。
e0183106_10375743.jpg


このあとどうするか悩んで、とりあえず中央高速に乗り、屏風山PAで「ソースカツ丼・ミニうどんセット」¥780を食べる。うどんはなぜかマツタケの香りがした(笑)。
e0183106_10375764.jpg




by river_kingfisher | 2016-09-30 10:13 | Noble旅 | Comments(0)

馬籠宿:その3

◼︎12:30追記あり
今日の馬籠宿は雨がひどいですが、サチの散歩は行かねば成りませぬ。
e0183106_08452813.jpg


さすがに8時前は観光客はいない。
e0183106_08452940.jpg


雨に煙る馬籠宿。
e0183106_08453044.jpg


でも、妻籠宿に比べて、撮って絵になる場所が少ない気がします。
e0183106_08453074.jpg



◼︎12:30追記
お昼前になって青空が出たので、もう一度出撃。
e0183106_12282591.jpg





by river_kingfisher | 2016-09-29 08:41 | Noble旅 | Comments(0)

馬籠宿:その2

前にも書いたけど、妻籠宿に比べて馬籠宿は世俗化しているように思える。
e0183106_18075677.jpg


建物の復元状況も、勝手にやっている感じで、妻籠宿と比べると統一感が無い。
e0183106_18075794.jpg


メインロードの敷石だけが立派な感じです。
e0183106_18075840.jpg




by river_kingfisher | 2016-09-28 18:03 | Noble旅 | Comments(0)

馬籠宿

馬籠宿に移動。
e0183106_13585394.jpg


とにかくお腹が減ったので、手っ取り早く、下入り口の白木屋食堂でランチ。
3年前に食べた五平餅定食を頼もうと思ったら、¥750円に値上がりしていた。
e0183106_13585400.jpg

味も落ちた気がする。もう食べることは無いだろう。



by river_kingfisher | 2016-09-28 13:54 | Noble旅 | Comments(0)

秘境 柿其(かきぞれ)渓谷

観光案内チラシを見ていたら、近くに秘境 柿其(かきぞれ)渓谷というのが有ったので行ってみた。
e0183106_13442934.jpg

雨がひどくなってきたので、ちょっと後悔しつつとにかく滝までは行ってみようと前進。
e0183106_13442936.jpg

秘境の雰囲気たっぷりです。
e0183106_13443120.jpg

目的地の牛ヶ滝。
e0183106_13443158.jpg





by river_kingfisher | 2016-09-28 13:33 | Noble旅 | Comments(1)

桃介橋(ももすけばし)

国道19号線を走っていて、南木曽町を通ると嫌でも目に付く桃介橋。

妻籠宿からも近いので寄ってみました。
夜はライトアップされてキレイです。
e0183106_08562158.jpg

ちょっと遅かったので暗すぎましたね。
もう少し早く行くべきでした。
e0183106_08562280.jpg

生活に利用されていて、高校生の通学路になってます。
e0183106_08562289.jpg

橋の近くの公園の駐車場でP泊。
翌朝は残念ながら曇り空。
e0183106_08562391.jpg


e0183106_08562344.jpg


e0183106_08562473.jpg





by river_kingfisher | 2016-09-28 08:28 | Noble旅 | Comments(0)

妻籠宿:その3

千本格子の向こうには、普通の生活がある。
e0183106_09062756.jpg


e0183106_09062769.jpg


e0183106_09062889.jpg


郵便配達も歴史を感じさせる服装でやって来る。
e0183106_09062879.jpg


e0183106_09062937.jpg


向こうに見えるのは「おじいちゃんのシダレザクラ」だと思う。
e0183106_09062942.jpg




by river_kingfisher | 2016-09-28 08:26 | Noble旅 | Comments(0)