<   2016年 06月 ( 39 )   > この月の画像一覧

かくれんぼ

e0183106_10235933.jpg
iPhone 6 Plus back camera


見えてますよ。



by river_kingfisher | 2016-06-30 10:26 | 動物 | Trackback | Comments(6)

自然界はキビシイ

e0183106_17174234.jpg


雨の切れ目を狙ってサチの散歩に出かけたら、公園の水場でシジュウカラの巣立ち雛の躯。

一度に6〜9個の卵を産む多産のシジュウカラだが、巣立ちの成功率は60〜80%、巣立ち雛の1年間の生存率は20〜30%しかないという。

自然界では弱い者は淘汰され、残った強い個体だけが遺伝子を残せる。



by river_kingfisher | 2016-06-29 09:12 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

マシンでヨレヨレ

e0183106_12080700.jpg

自宅の近所に市の体育館が有り、エクササイズマシンが安価に使えるというので、先週から使い始めた。と言っても、今日で2回目だけど(笑)。

使用料は一時間半で¥150円の格安で、夜間は会社帰りの人達で混み合うらしいが、平日の午前中は写真のように人は少ない。私がスタートした時は他に4人居たけど、後半は一人っきり。
e0183106_12080707.jpg

初心者なので負荷は少なくしているけど、一時間もやってると汗びっしょりでヨレヨレ。
もう体力増強では無く、体力キープが目的なのだけど、なかなかシンドイです。




by river_kingfisher | 2016-06-28 11:59 | その他 | Trackback | Comments(4)

今年も巨峰に袋掛け

e0183106_17453142.jpg

今年も巨峰に袋掛けをした。去年より遅いかと思ったら、去年は7/6だった。去年の方が豊作でしたね。

傷ついたり、虫がイタズラしたりしたのをはじいて、それなりにまとまったのに袋をかけていったけど、首が疲れたので途中で放棄。20袋くらいかけたかなぁ。 今朝数えたら42もかけてあった。

隣りと折り重なっているのを解いていたら、先に袋をかけてあったのが根本から折れて落下・・・結構形良かったのに残念!
落下の衝撃で1/4くらいが房から外れたので、最初はもっとびっしりだったんですよ shit!! 凸(-_-#)

e0183106_17454197.jpg




by river_kingfisher | 2016-06-27 17:53 | その他 | Trackback | Comments(2)

昼寝


e0183106_2257172.jpg

iPhone 6 Plus back camera




by river_kingfisher | 2016-06-27 12:54 | ペット | Trackback | Comments(0)

若者はバカじゃない




Nikon D4, AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR(85mm)
1/499s, f/6.3, ISO400, trim, 2016/6/11 kasai


日経新聞の参院選序盤情勢調査で、18~19歳の44%が「比例代表で自民党に投票」という結果が出たそうだ。全世代平均は36%なので、若い人たちは思ったよりもマスコミに扇動されていないことが分かって、ホッとしている。

恐らく彼らはスマホ世代なので、TVや新聞よりもネットでの情報を頼りにしているのだろう。そしてそれに気付いた左翼勢力はSEALDsなどという、民青の若手組織を作って若者にアッピールしているが、引っかかっている若者は少ない。

民進党は相変わらず対案も出せずに、上げ足取り(にもなってないが…笑)ばかりしているし、今度の選挙は組織が盤石(でもないか、老齢化が進んでいるからこそSEALDsなんか作ってるんだから)な共産党以外に野党は見るべきところは無さそうだ。
と言っても、共産公認が一本化候補になっているのは香川選挙区だけなので、1人区の一本化で得をする野党は無さそうな予感です。



by river_kingfisher | 2016-06-26 09:21 | 政治 | Trackback | Comments(0)

水中をゆらゆら




Nikon D4, AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR(42mm)
1/1000s, f/8, ISO400, 2016/06/11 Kasai


今日の東京は曇りなのに湿度が高くムシムシします。
こんな日はプールにでも行って、水中でゆらゆら揺れながら水着の女の娘を見ていたいものですね。



by river_kingfisher | 2016-06-25 14:27 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

窓枠工事:その4

なんとか構想をまとめて、枠作りを開始する。
材料は2011年11月に紀伊半島に旅行した時に、熊野古道センターでもらってきた熊野ヒノキ。一人4枚までとか書いてあった板材の端材を貰ってあったのだ。ちなみにこのヒノキはカヤックをZILっぺの屋根に引っ張り上げる時の補助具にも使った。


まずは寸法に合わせて切り出し。

e0183106_19575473.jpg


いきなり内枠のほぼ完成状態。きっちり寸法を出しているので、はめ込んだだけで崩れること無く形を保ってます。問題の下側はこれから。

e0183106_205240.jpg


最後の隙間をカバーする飾り枠をどうしようかと悩んでいたら、建築家さんが無料で1本提供してくれた。見積りをお願いした時に回答が高くて遅くなったことのお詫びとの事。助かった。
きっちり45度で切りたいので、珍しくテーブルソーを引っ張りだしてカット。

e0183106_2072357.jpg


下側はあまり考えずに広い板を付けて、L字金具を付けて、物を吊るす場所っぽくごまかす事にした。
材料の勢揃い。

e0183106_2011142.jpg


内枠を接着剤で固定する。

e0183106_20115625.jpg


飾り枠を付ける前にすき間をコーキングで埋めておく。室外と室内の気圧差でこういう場所からすきま風が入るのを防ぐため。すきま風に乗ってチリが出入りするので、10年位すると汚れるんですよ。

e0183106_20123636.jpg


きっちりコーキングして隙間無し。

e0183106_2014518.jpg


飾り板を貼り、隠し釘で止めておく。
隠し釘は接着剤が固まったらハンマーで横から叩いて折り取ると、釘の頭は木部の中に隠れてしまう。

e0183106_20143580.jpg


隠し釘の穴をとの粉で埋めて、マスキングをしてクリアラッカーで塗装。

e0183106_20161567.jpg


塗装完了。
ここで重大なミスを発見する。半ツヤ消しだと思って塗ったクリアはツヤありクリアだった・・・
テカテカに光ってカッコ悪い!

e0183106_20165872.jpg


しかたないので、またマスキングしてツヤ消しクリアを重ね塗りしましたが、なんかほんとにツヤ消しになるのか?って感じの乾き具合。でも、もう面倒なのでこれ以上は手を加えません(キッパリ!)。

e0183106_18261575.jpg


まだ乾いてないけど窓を開けたいのでマスキングを剥がして、L字金具を付けて完了。しかし、完全に乾いたら本当にツヤは消えるんだろうか・・・

e0183106_18263610.jpg


そう言えばこの窓増設工事の費用は、ペンキ屋さんは当初は「10万くらいと思うが、壁の内側構造が分からないからやってみてから…」と言っていたのだけど、最終仕上がりに関して非常に責任を感じたみたいで、追加料金は無しでした。
そもそもTL見積もり自体が安い上に、値引き額がアッと驚く価格なので、儲けは出てないんじゃないかと逆に心配になります。

ちなみに、このペンキ屋さんの息子さんは、嫁さんが居酒屋さんをやっていた時の常連さんで、それ以来30年近いお付き合い。
お店・自宅の外壁塗装をお願いした以外にも、ボイラー煙突の板金仕事(昔本業だったらしい)など色々お願いしたり、ご近所さんの塗替えを紹介したりしているので、恩義に感じているのかなぁ〜って感じです。日本的ですね。



 窓枠工事:その1
 窓枠工事:その2
 窓枠工事:その3
 窓枠工事:その4



by river_kingfisher | 2016-06-24 18:00 | 日曜大工 | Trackback | Comments(11)

窓枠工事:その3

出来上がってしまった窓枠を見て、どうやって他の窓との差を少なくしてインテリアの協調性を保つかしばし悩む。

e0183106_19551335.jpg

なにしろ下側部分は隠さなくてはいけない幅が20cmも有る。この幅で全て隠してしまったのがペンキ屋さんの作品(左)。
当家の窓枠(右)は幅5.5cmの飾り枠でカバーするようになっているので、その差は約15cm。これをどうやって誤魔化すか・・・

アイデアは出ないが、窓枠を外すなら接着剤が完全に固まる前にやったほうがいいので、取り敢えず撤去を始める。ものすごく慎重に作業したが、屋根傾斜で刃物が入らない上側を外す時に壁のシナベニアを大きく剥がしてしまった・・・

e0183106_18542058.jpg


ものすごいショックなのだが、悩んでもしょうがない。

e0183106_1856547.jpg


この部分の化粧合板を新しいものに張り替えることにして、シナベニアを剥がす。

e0183106_18575358.jpg


きれいに剥ぎとって、ピッタリ嵌め込めばそれほど目立たないだろうと推測して作業を進める。

e0183106_18583611.jpg


ちなみに、現在私の部屋はZILっぺから降ろした荷物で足の踏み場も無いくらいになっているので、作業はとてもやりにくい。早く次期FXが導入されないものか・・・

e0183106_18593978.jpg


剥した寸法にきっちり合わせてシナベニアを切り出して、継ぎ目が見えにくくなるようしっかり合わせて貼りこむ。

e0183106_1942074.jpg


これで、とりあえず、ペンキ屋さんの窓枠を取り払う作業が終了。
これからしばし、構想を練ります。
下側も広いけど、右側も結構幅広いなぁ・・・


窓枠工事:その4に続く…



by river_kingfisher | 2016-06-23 18:00 | 日曜大工 | Trackback | Comments(0)

窓枠工事:その2

そんなこんなで、3階の屋根裏部屋に新しく窓を付けることになった。

内側の電気の配線と外側のスペースの関係で、かなりシビアな位置決めをしつつ、大胆に壁に穴を開けるペンキ屋さん。
自分だともっと悩んで時間をかけただろう。

e0183106_18273382.jpg


とりあえず、この日は窓サッシを取り付けるところまでは作業して終了。
押出窓が予想よりも少ししか開かずに、換気が予想したよりも非効率ということが分かり、少しでも開口部を多く取るために付ける位置を紆余曲折して、結局開口サイズに対して上側ギリギリに付けたためアンバランスになっている。

e0183106_18293063.jpg


窓枠の造作を付けた所。
下側の空白部分をどうやって埋めるつもりなのか、事前によく聞いておくべきだったのだけど…

e0183106_18322912.jpg


気がついたら、もう出来ちゃってました・・・
こ、これは、、、

e0183106_18341551.jpg


案の定、翌日にペンキの揮発成分から逃げ出していた嫁さん(化学物質過敏症です)が検分して、NG出し・・・

e0183106_18363435.jpg


確かに、他の窓と比べると、まるで小学生の工作のようだ・・・

e0183106_18365046.jpg


実は自分も心の中ではダメ出ししていたのだが、出来上がっちゃったものをやり直すのは大変だし、ペンキ屋さんにやり直させてもそれほど代わり映えしないのは予想できたし、だったから見ないふりをしておこうと考えていたのだ。

しかし、嫁さんのシビアなNGが出たので、プロの大工さんに頼むか検討して、最終的に自分でやり直すことにした。
枠寸法がバラバラで、下側が特に大きいので単純に誤魔化すのは難しいから、センスが必要になると考えたからだ。


窓枠工事:その3に続く…



by river_kingfisher | 2016-06-22 18:00 | 日曜大工 | Trackback | Comments(3)