<   2015年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧

ちゃんりぉ

e0183106_22565492.png

サンリオのサイトで作るちゃんりぉyukiちゃんを真似て作ってみた。

基本的にサンリオテイストになるように作られているから、どうがんばってもおっさん顔にはならない(笑)。

とりあえず、かわいいおっさんにしてみました。



by river_kingfisher | 2015-07-31 23:03 | PC | Comments(4)

海賊と呼ばれた男

e0183106_22203257.jpg百田尚樹著の「海賊と呼ばれた男」。

出光興産創業者の出光佐三をモデルとした小説。
小説なんだから、読む人に感動を与えようと作っている部分も多いのだろうと想像するが、実際に明治生まれの人はこんな人がいたんだろうなぁ…と思わせる部分が多くて、かなり感動で涙がにじみました。

出光さんに限らず、一代で財を築いた人はそれなりに魅力的な人が多いし、それだからこそ人が付いて行って財を築けたんでしょうね。
私自身にはそんな魅力は無いから、魅力のある人の下で働いてみたかった気はします。きっと苦労しただろうけど(笑)。

何かと問題発言の多い百田尚樹氏ですが、まとめサイトでその「トンデモ発言」集を読む限りでは、まあ普通の人って感じですね。
少なくとも、私には「トンデモ発言」とまでは言えないように感じました。

とりあえず「永遠の0」も読んでみよう。
と、思ったら今晩地上波で放送されますね。とりあえず録画しておこう!





by river_kingfisher | 2015-07-31 19:00 | | Comments(2)

セミの抜け殻

e0183106_81342.jpg

サチの散歩から帰ってきたら、郵便受けにセミの抜け殻が付いているのに気付いた。
駐車場の床はコンクリートで固めてあるので、お隣の庭から侵入して来たと思われるが、なぜこんな所を選ぶのだろうか?
羽化が終わって飛び立つ時に、邪魔になる枝が無い開けた場所が良いのかな?





by river_kingfisher | 2015-07-30 08:00 | 動物 | Comments(4)

二寧坂(二年坂)




Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(28mm)
1/2000s, f/5.6, ISO800


「ぶぶ漬けでも・・・」に代表される(という)京都特有の決まり事があまり好きではないので、京都自体もあまり好きになれずにどちらかと言うと奈良志向の私ですが、久しぶりに京都をぶらついてみて、少しだけ京都を見直しました。

きっと、観光客がゾロゾロ来すぎてうっとうしいんでしょう。


でも、やはり伝統を笠に着るイメージは拭えませんね・・・


■この旅行のIndexはこちら




by river_kingfisher | 2015-07-27 22:47 | ZIL480旅 | Comments(4)

2015京都旅行

e0183106_9435229.jpg2015/7/18から、6月の山陰カヤック旅行で行けなかった山口方面に出かけましたが、途中でエアコンが故障して京都観光だけで帰ってきてしまった旅行のIndexです。

7/22 99999km[ 2015-07-22 13:58 ]
7/22 またエアコンが…[ 2015-07-22 09:13 ]
7/21 お昼はおいなり[ 2015-07-21 12:54 ]
7/21 伏見稲荷[ 2015-07-21 11:16 ]
7/21 久しぶりにOM-1[ 2015-07-24 14:38 ]
7/21 右側通行[ 2015-07-25 12:19 ]
7/20 龍安寺[ 2015-07-20 20:55 ]
7/20 金閣寺[ 2015-07-20 19:34 ]
7/20 二寧坂(二年坂)[ 2015-07-27 22:47 ]
7/20 清水寺・三十三間堂[ 2015-07-20 11:20 ]
7/19 エアコンがまたまた壊れた[ 2015-07-19 17:57 ]
7/19 足柄SAでエヴァ[ 2015-07-19 08:53 ]


■他の旅行のIndexはこちら



by river_kingfisher | 2015-07-27 13:00 | 旅行Index

シーバスリーガル

e0183106_2216413.jpg

眠れないのでナイトキャップ」のエントリーで「次回はこれを買ってみようと思う。」と書いたのに、なかなか売っているお店がない。
で、考えてみればわざわざ実売店を探すよりも、Amazonで買った方が早いし、安い。

ミズナラ(右)は700mlで¥3,235。
スタンダードのシーバスリーガル12年は1Lボトル¥ 3,065にしてみた。



by river_kingfisher | 2015-07-26 19:00 | 買ってみた | Comments(4)

サイフにダメージ:その20 懐石料理「鶯啼庵」

八王子インター入り口のすぐ近くにある懐石料理「鶯啼庵(おうていあん)」にランチに行ってきました。

入ってすぐのロビーからお庭の滝が見えます。
e0183106_1462322.jpg

部屋は2階の八畳間で、掘りごたつなので足は楽です。
e0183106_1462554.jpg

窓からお庭の全景が見えます。
金・土の夜は、正面に見える東屋で琴の生演奏が有るそうです。
e0183106_1462427.jpg

本日のメニューは、ランチメニューの「雪(7品)」¥5,000円です。
e0183106_21384069.jpg

食前酒の梅酒。
e0183106_1462730.jpg

前菜は、、テナガエビ以外は忘れました。どれも美味しかったです。
e0183106_1462735.jpg

お造りは鮪とサーモン。
e0183106_146284.jpg

椀物の鱧、冬瓜。木の芽がちょっと育ちすぎててえぐかった。
e0183106_1462961.jpg

焼物は太刀魚と丸茄子田楽。肉厚の大きな太刀魚が美味しかったです。
e0183106_1463076.jpg

鉢物は茄子と鰊の旨煮、梅素麺、巻湯葉、里芋、隠元。
e0183106_146311.jpg

お姉さんが取り分けてくれます。
e0183106_1463232.jpg

ちなみに、私は豆は好きですが鞘は食べないことにしているので、隠元は残しました。
e0183106_1463365.jpg

お食事は焼き鱧ご飯。
ちょっと歯ごたえのある穴子みたいでとても美味しかったです。
e0183106_21464186.jpg

デザートのフルーツトマトの蜜煮と葛まんじゅう。
e0183106_1463591.jpg


食後にお庭を回ってみましたが、思ったよりも広くてきれいに整備されていて、何より流水の水量が多いのに驚きました。
e0183106_21544770.jpg

お琴の演奏があるという東屋も見てきました。
e0183106_21552046.jpg

全ての客室が庭に面しているようです。値段がそれなりなのもしょうがないですね。
e0183106_21563911.jpg


ランチの一番安いコースをチョイスしましたが、質量共に私たち夫婦にはちょうど良かったです。
消費税¥400、サービス料¥500がプラスされて、TL¥5,900/1人のダメージでした。




by river_kingfisher | 2015-07-25 14:00 | 料理 | Comments(0)

右側通行

e0183106_0193368.jpg


ZILっぺを運転して伏見稲荷の駐車場に入ろうとしたら、ものすごく違和感があった。
駐車した後で境内に入るために進入路に行って、初めて違和感の正体に気づいた。
なんと右側通行なのだ。

写真正面のJR伏見稲荷駅前の道路は写真左手から右手への一方通行になっている。そのため、駐車場に入ろうとする車と出る車が道路で交錯しないように、駐車場の進入路はあえて右側通行にしてあるようだ。

ちょっと驚いた。
歴史を重んじる=融通がきかない、と思っていたが、意外にやるな、京都。


■この旅行のIndexはこちら



by river_kingfisher | 2015-07-25 12:19 | ZIL480旅 | Comments(0)

夕涼み

e0183106_2133679.jpg

ここら辺が涼しいんでしょうか?




by river_kingfisher | 2015-07-24 21:01 | ペット | Comments(0)

久しぶりにOM-1

e0183106_14184449.jpg

伏見稲荷の駐車場にZILっぺを止めて、ネットでサチを連れていけるのを確認してからカメラの準備。

恐らく接近戦になると思うので、レンズは17-35mmをD600に付けていく。
そして、ブレが怖い銀塩のネオパンは50mmf1.4をOLYMPUS OM-1に付けて出撃。

3時間ほど稲荷山をさまよって、あっちでパチリ・こっちでパチリと吟味してOM-1のシャッターを押したが、戻ったらフィルムカウンターは14。ちょっと撮り過ぎたかな〜と思ったが、D600は112コマ撮影しているので、こんなところだろう。


OM-1の露出計はMR9という水銀電池を使用するのだが、当然もう入手できないので露出はカン任せになる。でも、オートばっかり使っているので、カンはとっくに錆び付いているので、ネットで検索して「Light Meter Free」というアプリをあいぽんにDLしておいた。

e0183106_1345531.png写真を取るのに面倒な操作はしたくないので、単純にISOと絞りをセットしたらシャッタースピードを出してくれるというソフトだ。(もちろん、TVも可能)
事前にD600の露出と比べたら、まあまあの精度だったのであてにすることにした。


露出計として使っている時の画像。実際には上部にCMが入るが無料だからしょうがないし、それほどうるさくもない。
中央の四角で囲まれている部分を重点的に側光しているようで、この部分に極端に輝度差があるものを入れると数値がかなり変化する。
e0183106_13564529.jpg
iPhoneのカメラを利用しているので、35mm換算29mmの画角の露出を測っている。これをトリミングしてもう少し望遠系の画角も測れるようになると嬉しい。
ちなみに、測光中に画面をクリックするとそこで固定され、もう一度クリックで戻るので、カメラを設定する時に迷わなくて便利。


そして今日、カメラを片付けていたらバッグからネオパンの箱がポロリ!

ヽ( ゚д゚)ノ ワッ!!



肝心のフィルムを詰めるのを忘れてた!!!


■2015/7/27追記
ページを読み返していて思い出しましたが、私のOM-1は若気の至りで他人との違いを出すために、軍艦部の色埋め文字に自分でホワイトのエナメルを入れてます。何しろ買ったのは大学時代だからなぁ…


■2015/10/30追記
OLYMPUS OM-1の記事を書きました。


■この旅行のIndexはこちら




by river_kingfisher | 2015-07-24 14:38 | カメラ | Comments(14)