<   2014年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

秋の戸隠

e0183106_1291240.jpg
すごく久しぶりに戸隠に来た。
ペットの進入禁止領域が拡大されて、サチを連れて行ける場所がどんどん無くなって来たので、もう数年来てなかったはず。
カラマツの紅葉がきれいです。
e0183106_12141314.jpg

明け方はマイナス5度。
e0183106_1215582.jpg


もちろん、「よつかど」のそばとそば団子は外せません(笑)。
e0183106_12123166.jpg

e0183106_12595485.jpg



■この戸隠旅行で見た鳥はこちらにあります。




by river_kingfisher | 2014-10-31 07:13 | ZIL480旅 | Trackback | Comments(4)

サファリ・4日目PMその3(ヒョウ2個体)

ガイド兼ドライバーのケイザーが、ヒヒ・インパラ・ホロホロチョウ等の警戒の鳴き声を頼りにしながら、ヒョウを探す。

Crested Francolin カミナガシャコ (Peliperdix sephaena)



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(400mm), 1/750s, f/5.6, ISO400, Trim


Impala インパラ (Aepyceros melampus)



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(330mm), 1/1000s, f/5.6, ISO400


正直言って、鳴き声なんかでヒョウが探せるものなのかと疑惑の目で見ていたのだが、ヤブの中をバリバリかき分けながらランクルを進めた先に、ちゃんとヒョウがいた!

陰りゆく夕日をバックに神々しく輝くヒョウ。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(270mm), 1/750s, f/5.6, ISO400

疑ってすいませんでしたm(__)m、ケイザー様!

我々のことは気にする様子もなく、悠々と歩いて行く。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(185mm), 1/350s, f/5.6, ISO400


時々止まってはマーキング。自分のテリトリーの見回り中らしい。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(220mm), 1/750s, f/5.6, ISO400, Trim

涸れ川を超えてヤブの中に入っていってしまったので、ケイザーは先回りするために大回りをする。
ちょっと手こずったが、先読みして車を止めた横にちゃんとヒョウが出てきた。凄い!



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(185mm), 1/500s, f/5.6, ISO4500, Trim

しかし、ケイザーは「これはさっきのヒョウではない」と言う。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(135mm), 1/500s, f/5.6, ISO4500, Trim

私には違いがさっぱり分からないが、写真をじっくり眺めてみたら確かに模様が違う。
e0183106_1752362.jpg
こういう細かい部分を見分けるのは何度も見てないと難しいですね。
ちなみに、どちらかがメスだと言っていたような気がするが、メモを取ってなかったので違っているかもしれない。

後の個体も、あちこちでマーキングしながら移動していた。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(155mm), 1/350s, f/5.6, ISO4500, Trim


MalaMalaに続いて、Mashatu初日にいきなりヒョウを2個体見てしまった。
あまりにも簡単に見ることが出来過ぎて。ちょっと拍子抜けするくらいだ。



■この旅行のIndexはこちらにあります。



by river_kingfisher | 2014-10-30 06:46 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

サファリ・4日目PMその2(オウカンゲリなど)

道ばたにアミメキリンの子供がいたので、車を止めたらオウカンゲリがけたたましく鳴きながら車の周りを飛び回った。

Crowned Lapwingオウカンゲリ (Vanellus coronatus)



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(400mm), 1/2000s, f/5.6, ISO400, Trim


なんと、足元の道路にオウカンゲリの巣が有った。もうちょっとで踏み潰す所だった。
場所はいっぱい有るのに、なんで道路に巣を作るのか…
e0183106_21312190.jpg


オウカンゲリはひょうきんな顔をしていてかわいい。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(400mm), 1/750s, f/5.6, ISO400, Trim


これがReticulated Giraffe アミメキリン (Giraffa camelopardalis reticulata)の子供。
大人と比べると、パーツの比率が大きい。



Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G, 1/2000s, f/4, ISO400, Trim


Lilac-breasted Roller ライラックニシブッポウソウ (Coracias caudata)



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(400mm), 1/1000s, f/5.6, ISO400, Trim


Blue Wildebeest オグロヌー (Connochaetes taurinus)はもっと大群で居て欲しい!



Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G, 1/1000s, f/4, ISO400


Red-billed Quelea コウヨウチョウ (Quelea quelea)の巣だと思うのだが、家主がいないので間違っているかも。
e0183106_21332137.jpg

入り口が大きすぎるので、これは途中で放棄した巣じゃないかと思う。
e0183106_1743377.jpg


Namaqua Dove シッポウバト (Oena capensis)
左がオスで、右がメス。小型のかわいいハトだ。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(400mm), 1/1000s, f/5.6, ISO400, Trim


Southern Ground Squirrel ケープアラゲジリス (Xerus inauris)
ジリスは時々見るのだが、なかなか写真を撮らしてくれない。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(400mm), 1/350s, f/5.6, ISO400, Trim


MashatuはMalaMalaよりも開けた植生で見通しが良い。そのせいか、動物の多くいるように感じる。


■この旅行のIndexはこちらにあります。




by river_kingfisher | 2014-10-29 06:41 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

サファリ・4日目PMその1(Mashatu)

リンポポ空港からランクルで40分ほど走ると、マシャトゥのメインロッジに到着する。
e0183106_21232643.jpg

ウェルカムドリンクをもらう。
e0183106_21233313.jpg
※写真は山形豪プロ提供。

部屋に荷物を置いたら、すぐに準備をしてランチ。
e0183106_21242399.jpg
※写真は山形豪プロ提供。

我々のカメラ機材がやたら物々しくて、周りから浮きまくっていた(笑)。
e0183106_21245591.jpg


3時半にMashatuの初サファリに出発する。前にも書いたが、Mashatuのサファリカーはトヨタのランクル。MalaMalaのランドローバーと比べて、乗り心地が固いような気がしたが、地形のせいかもしれない。
e0183106_2126886.jpg
※写真は山形豪プロ提供。

崖の上にバオバブの木があったが、距離が離れていたので巨大さが実感できなかったのが残念。他にはあまり見かけなかった。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(280mm), 1/750s, f/5.6, ISO200


Klipspringer クリップススプリンガー (Oreotragus oreotragus)
小柄でかわいいレイヨウで、岩場に住んでいる。



Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G, 1/250s, f/4, ISO400, Trim


Green Woodhoopoe ミドリモリヤツガシラ (Phoeniculus purpureus)
飛ぶととてもきれいな鳥で、ロッジの庭にも居てすぐそばをウロウロしていたが、その時は残念ながらカメラを持ってなかった・・・。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(400mm), 1/180s, f/5.6, ISO400, Trim


Ostrich ダチョウ (Struthio camelus)のメス。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(330mm), 1/750s, f/5.6, ISO200, Trim


Black Backed Jackal セグロジャッカル (Canis mesomelas)



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(310mm), 1/710s, f/5.6, ISO400, Trim



■この旅行のIndexはこちらにあります。




by river_kingfisher | 2014-10-28 06:43 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

MalaMalaからMashatuへ移動:その2

約1時間の飛行で、ポロクワネ空港に着陸。
e0183106_22343975.jpg

サッカーのワールドカップのために造られた空港のようで、やたらきれいだけど閑散としている。
e0183106_22344234.jpg

出国手続きをするまで少し時間が有ったのでロビーの外に出てみたら、ハクセキレイがうろちょろしていた。念の為に証拠写真を撮っておいたら、初見のCape Wagtail サメハクセキレイ (Motacilla capensis) だった。やっぱり写真は撮っておくものだ。
e0183106_22372593.jpg

出国手続きをして12:10に出発。タクシングしている時に滑走路脇に何やら変な飛行機が並んでいるのが見えた。枯れ木も山のにぎわいで、用廃機を並べているように見える。
e0183106_2241255.jpg

こちらは完全な727のスクラップ。ワールドカップの時にテロ訓練に使ったらしいです。
e0183106_22413211.jpg

大規模な灌漑システムの農場。中心部から放射状に水パイプをはわせ、外周をぐるりと回すことで畑全体に水をやるらしいけど、何しろ半端なサイズじゃないです。
e0183106_22472794.jpg
Google Mapだとここですが、これによると直径700mくらいありそうです。こんなのがそこいらじゅうに有って、空から見ると地上に丸い地上絵が描かれているようで不思議な光景でした。

もうすぐ着陸というときに、地上にいたヌーが飛行機に向かって威嚇をしていた。ちょっと笑えた。
e0183106_2314636.jpg

ポロクワネから50分ほどの飛行で、素朴な佇まいのリンポポ国際空港に着陸。
e0183106_2332498.jpg

それでも、化学消防車らしき車が置いてあった!
e0183106_2333338.jpg

とにかく素朴。でも、ちゃんと入管審査がある国際空港です。
e0183106_234668.jpg

MalaMalaの車はTOYOTAランクル。この車でこれから4日間Mashatu Game Riserveをサファリする。
e0183106_2341825.jpg
※写真は山形豪プロ提供。


■この旅行のIndexはこちらにあります。




by river_kingfisher | 2014-10-27 07:08 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

MalaMalaからMashatuへ移動:その1

9/7(4日目)の午前のサファリが終わり、朝食も済んだ後、荷物をまとめてMashatuへ移動します。
e0183106_21162811.jpg
※写真は山形豪プロ提供。

滑走路の横で待っていると、7月にナスカの地上絵を見た時に乗ったのと同じ小型の飛行機(大型のセスナ?)が降りてきた。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(300mm), 1/500s, f/5.6, ISO100


位置関係のおさらいですが、MalaMalaは南アフリカのこの位置にあります。
e0183106_21163863.png
首都のプレトリアのすぐ南にあるヨハネスブルグから陸路でMalaMalaに入り、ここからボツワナのMashatuへ行く途中で、ポロクワネで一旦降りて南アを出国し、同じ機体でMashatuへ飛びます。
e0183106_21164036.png

と、言うわけで、この小さい荷物室にはスーツケースは入りませんね。旅行社からソフトケース限定ときつく言われた訳が分かります。
e0183106_21593638.jpg

乗り込んだらさっさと離陸。シートベルトとか酸素マスクの説明なんか当然有りません(笑)。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(28mm), 1/640s, f/7.1, ISO400

なにげに窓の外を写しましたけど、良く見たらゾウが写ってます。撮影した時は気付きませんでした。
e0183106_221471.jpg
ここにも群れでいますね。どっちも上の写真のピクセル等倍切り出しです。
e0183106_2214968.jpg

眼下に網目のように広がるケモノ道。上から見るとこんな風に見えるんですね。この写真もじっくり等倍で見ていたら、インパラの群れが写っていることに気付きました。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(28mm), 1/640s, f/7.1, ISO400

右下の部分に15-6頭のインパラが写ってますが、拡大してもよく分からないですね。
e0183106_22244631.jpg

何か動物が見えないかと目を凝らしていたら、ゾウの親子が直ぐ下を歩いているのを発見!ちょっと撮りにくかったのだけど、何とか撮影成功。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(300mm), 1/800s, f/7.1, ISO400

高度を上げながら旋回して川を超えて逆方向に進むと、先ほど出てきたMalaMalaのベースキャンプが見えてきました。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(58mm), 1/1000s, f/7.1, ISO400

ゲストの使うエリアの何倍もの広さのバックヤードが有ることが分かります。エコロッジといいますけど、実際にエコに管理をするのは大変でしょうね。
写真の左に見える橋で傷ついたヒョウとオオヤマセミのホバリングを見ました。拡大しても流石にヒョウは見えませんでした(笑)。


■この旅行のIndexはこちらにあります。




by river_kingfisher | 2014-10-26 06:14 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

学園祭撮影

e0183106_12335212.jpg

いつものように学園祭で仮装写真撮影。
ぱんたさん一家が来てびっくりした。





by river_kingfisher | 2014-10-25 12:40 | カメラ | Trackback | Comments(0)

サチはずいぶん良くなりました

サチが10/8に腫瘍削除手術をして10日後の経過報告をしたままになってましたので、その後を報告します。

10/21(火)に抜糸をして、10/24にやっとお風呂解禁(サチとしてはずっと禁止のままが良かったみたいだが…)で、きれいになりました。
e0183106_15131113.jpg

肝心の傷口ですが、肉が盛り上がってきれいに張り付いてます。
e0183106_15145221.jpg

ただ、「皮膚の中も縫ってあります。溶ける糸なので心配ないです。」と言われても、傷口から糸がはみ出しているのは気になりますね。
e0183106_15161143.jpg
最初はもっと長く出てたんですが、短くなってきました。
でも、これが中まで続いていると思うと、あんまり気持ちよくないです。引っ張ったら抜けるかな?

あんまり登場しないので、たまにはノンタンも・・・
e0183106_15183996.jpg

外に出さない家猫なので、肉球が柔らかくて気持ちいい!


■サチの腫瘍手術の経過
10/8:腫瘍削除手術
10/18:経過報告
10/21:抜糸
10/25:経過報告
12/2:経過報告




by river_kingfisher | 2014-10-25 07:11 | ペット | Trackback | Comments(2)

サファリ・4日目AM(岩山で朝日)

今日はMalaMala最後の日。午前中のサファリで終わりなので、朝の軽食を岩山の上で朝日を見ながら食べようという事になった。
e0183106_11124498.jpg


昨日も見た、傷ついたヒョウ。橋のたもとの同じ場所にじっとしている、もう長くないのかもしれない。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(135mm), 1/20s, f/5.6, ISO1600


ジョーは常にライフルを携行する。
e0183106_11124818.jpg


岩山といっても、足で登るのはほんの少しだけ。
e0183106_11125041.jpg

上からのぞいたら、足元にCape Porcupine ケープタテガミヤマアラシ (Hystrix africaeaustralis)がゴソゴソ。非常に珍しいらしいが、ブッシュの中なので全体像が良く分からない。動画で撮っておけば良かった。
e0183106_11131394.jpg

コーヒーとクッキーのサービス。
e0183106_11132070.jpg

たいして高い山ではないが、他に高い場所がないので見通しが良く、非常に気持ちいい。
e0183106_11132286.jpg
※写真は山形豪プロ提供。


シロハラタイヨウチョウ White-breasted Sunbird (Nectarinia talatala)



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(400mm), 1/3000s, f/5.6, ISO1600, Trim


アフリカコサメビタキ African Dusky Flycatcher (Muscicapa adusta)



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(400mm), 1/3000s, f/5.6, ISO1600, Trim


Yellow-breasted Apalis キムネイロムシクイ (Apalis flavida)



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(400mm), 1/4000s, f/5.6, ISO1600, Trim


アフリカズキンコウライウグイス African Black-headed Oriole (Oriolus larvatus)、逆光だったのでとりあえず証拠写真レベルです。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(400mm), 1/1000s, f/5.6, ISO400, Trim


何か動物が出ないかと期待していたら、アミメキリンが出てきた。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(400mm), 1/180s, f/5.6, ISO400


しばらくすると、どこからとも無くアフリカゾウも登場。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(400mm), 1/180s, f/5.6, ISO400


せっかくなので、ちょっとカッコつけた写真を山形プロにシャッターを切ってもらって撮影。
e0183106_1114979.jpg


帰りの橋のところで、昨日に引き続きオオヤマセミ Giant Kingfisher (Megaceryle maxima)のホバリング。昨日のノドが茶色のオスとは異なり、お腹から翼裏が茶色のメス。



Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G, 1/8000s, f/4, ISO1600, Trim


ハトよりも大きなヤマセミなので、飛ぶ姿に迫力がある。



Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G, 1/8000s, f/4, ISO1600, Trim


メスが狩りをしていたら、突然オス(右)が現れてモビング、メスは遠くに逃げ去った。ここは昨日のオスのテリトリーなのかもしれない。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(400mm), 1/1500s, f/5.6, ISO400


でも、同じ場所で狩りをするヒメヤマセミ Pied Kingfisher (Ceryle rudis)にはちょっかいを出さない。胸の黒帯が2本有るのでオスです。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(400mm), 1/2000s, f/5.6, ISO400


ロッジに戻って朝食。
e0183106_11164642.jpg
※写真は山形豪プロ提供。

ベランダから見える樹の枝にハダダトキ Hadada Ibis (Bostrychia hagedash)がいた。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(300mm), 1/40s, f/8, ISO100, Trim


ここの事務所の前には面白い掲示があった。
その一つは、MalaMala Game Reserve内にテリトリーを持つヒョウの一覧。
見分けるための顔の斑点の特徴と血統図、そしてテリトリー図が書かれている。
e0183106_21162435.jpg
写真はオスの一覧で、左側のテリトリーが赤いのがメスの一覧。

もう一つは、過去のBig5の出現リスト。Big5というのはヒョウ・ライオン・サイ・水牛・ゾウの5種類で、写真の2013年はBig5のどれかが見られなかった日が66日有ったと書いてある。ただし、1/20〜25は洪水で閉鎖していたと注意書きあり。
e0183106_21162647.jpg
この表を見る限り、Big5の中で一番見るのが難しいのはライオンで、次がヒョウ、ゾウ、水牛と続き、サイは洪水の4日間以外は全ての日で見られたらしい。

私はMalaMalaでの4日間でヒョウ・ゾウを毎日、ライオンを3日、サイを2日、見られたが結局水牛は見ることができなかった。
でも、ツアーのベテランに言わせると、水牛はいる所に行けば嫌というほど見られるし、そもそもBig5というのは狩りをする対象としての危険度などからランクが付いているのであって、ウォッチングの難しさとは関係ないと慰められたのでした。


この後、荷物をまとめて軽飛行機でMashathuへ移動します。


■この旅行のIndexはこちらにあります。




by river_kingfisher | 2014-10-24 06:50 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

サファリ・3日目PM(ゾウの群れ)

ジョーが枯れ川で何か見つけたので、周りの様子をうかがってから車から降りて撮影。
e0183106_23234124.jpg
※写真は山形豪プロ提供。

撮っていたのはこれ。ニャラ? グレータークドゥの骨。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR, 180mm, 1/320s, f/8, ISO200

ラプター(捕食者)に倒されてから、数日で清掃者(スカベンジャー)によって骨だけにされてしまう。しかし、ハイエナに見つかっていれば骨すら残らないという。

川のそばにゾウの群れがいた。まとまった数のゾウの群れを見るのはこれが初めて。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR, 240mm, 1/350s, f/9.5, ISO400

水浴びだけでなく、砂浴びもやっていた。鼻で砂を吸い込んで吹きかけていたが、間違って奥まで吸い込んでしまうことはないのだろうか?



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR, 85mm, 1/80s, f/9, ISO200

キバの長い、長老と呼べるような個体はいなかったが、やはり威風堂々とした面構え。



Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G, 1/750s, f/6.7, ISO400


川の上ではLesser Striped-Swallow コズアカコシアカツバメ (Hirundo abyssinica) がビュンビュン飛んでいた。ツバメを撮るのは難しい!



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR, 400mm, 1/750s, f/11, ISO400, Trim

皆さんはゾウを一生懸命撮影しているが、鳥屋の私はこっちの比率が高い(笑)。

White-fronted Bee-eater シロビタイハチクイ (Merops bullockoides) は決まった枝からの飛行が多いので、時間さえあれば比較的簡単に撮影出来そう。



Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G, 1/1000s, f/6.7, ISO400 ,Trim


移動途中で止めた車の横に、Jameson's Firefinch ハシジロコウギョクチョウ (Lagonosticta rhodopareia) がいた。普段は小鳥ごとしではなかなか車を止めてくれないのでうれしい。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR, 400mm, 1/250s, f/13, ISO800, Trim


珍しくキツツキがいた。Bearded Woodpecker クロヒゲゲラ (Dendropicos namaquus) だと思うが、ちょっと判別材料に欠けるので間違っているかもしれない。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR, 400mm, 1/180s, f/16, ISO800, Trim


普通に良く見たDwarf Mongoose コビトマングース (Helogale parvula)



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(400mm), 1/45s, f/16, ISO800, Trim


背中に縞模様のある、Banded Mongoose シママングース (Mungos mungo)。横顔はちょっと憎たらしいんだが、正面顔は愛嬌があってかわいい。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR, 400mm, 1/45s, f/16, ISO6400, Trim


日が暮れてナイトサファリになってから、White-tailed Mongoose シロオマングース (Ichneumia albicauda) が出た。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR, 400mm, 1/60s, f/5.6, ISO12800, SB-900, Trim

名前の通り白い立派な尾を持つ大型のマングースで、個体数はそれほど多くない上に夜行性なので山形プロも写真が撮れて嬉しそうだった。
私が見た感じでは、キツネかタヌキに近い感じだった。

ウサギは夜しか見れなかった。この写真では見えてないけど、シッポの上側が黒いScrub Hare アカクビノウサギ (Lepus saxatilis)



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR, 400mm, 1/60s, f/5.6, ISO1600, SB-900, Trim


道路にはたまにヨタカが止まっていて、車が近づくと飛び立つ。これはRufous-cheeked Nightjar ホオアカヨタカ (Caprimulgus rufigena) だと思うが、後のチャエリヨタカと逆かもしれない。



Nikon D4, AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR, 400mm, 1/60s, f/5.6, ISO1600, SB-900, Trim

こちらはFiery-necked Nightjar チャエリヨタカ (Caprimulgus pectoralis) のはず。文献やらネットの写真を見比べたが、どっちがどっちだか決定的な識別点が分からないので、感性で同定した。間違っていたら教えて欲しい。



Nikon D3, AF-S VR Nikkor 500mm F4.0G, 1/30s, f/4, ISO1600, Trim


この日のサファリはこれで終了。
夜になると急速に気温が下がり、フリースの上にウィンドブレーカーを着こまないと寒かった。


■この旅行のIndexはこちらにあります。




by river_kingfisher | 2014-10-23 06:35 | 旅行 | Trackback | Comments(0)